« 大伴家持(越中国司、歌人)と気多神社(能登、石川)にまつわる歴史実話、能登の国歌(万葉集)、気多神社、入らずの森、とは(2010.1.8) | トップページ | 五箇山(加賀藩の流刑地)にまつわる歴史秘話、加賀騒動(大槻伝蔵)、塩硝(培養法)、合掌造り(白川郷)、国史跡・辰巳用水附土清水塩硝蔵跡(金沢)、とは(2010.1.18) »

2010年1月12日 (火)

米騒動(魚津、富山)にまつわる歴史実話、シベリア出兵、大戦景気、越中女一揆、とは(2010.1.12)

  米騒動(こめそうどう)は、1918年(大正7年)7~9月、米価の暴騰で生活難に苦しむ大衆が、米の安売りを要求し、米屋、富豪邸、警察を襲撃した事件です。

 魚津(うおづ、富山)の漁民の主婦が、県外移出米積込みを阻止、西水橋(にしみずはし)の女一揆と拡大、米騒動となり、全国に波及、労働者、農民を主力とする全国民運動に発展、軍隊が鎮圧に出動しました。

 この事件で、寺内内閣は、1916年(大正5年)10月~1918年(大正7年)9月、総辞職に追い込まれました。

Images

米積込みのモニュメント(米騒動、大町海岸公園、魚津、富山、google画像)

(解説)  第一次世界大戦、1914年(大正3年)7月~1918年(大正7年)11月は、1914年(大正3年)6月28日、オーストリア皇太子夫妻がボスミアのサラエボで暗殺されたのが契機となって、ヨーロッパ諸国がドイツを中心とする同盟国側(ドイツ、オーストリア、イタリア)とイギリスを中心とする連合国側(協商国、イギリス、フランス、ロシア)に分かれた戦いでした。

 日本は、日英同盟を理由にドイツに宣戦、中国におけるドイツの根拠地、青島(ちんたお)を占領し、ドイツ領南洋諸島まで支配を広げました。

 一方、1918年(大正7年)8月~1922年(大正11年)、日本はロシア革命への干渉戦争で、アメリカ、イギリス、フランスと共にシベリアに7万3000名の軍隊を派遣しました。この干渉は、パルチザンの抵抗で失敗、各国は1920年(大正9年)6月までに撤兵しました。このシベリア出兵に際し、米商人による米価上昇を当て込む米の買占め、売り惜みなどが起こりました。、

 また第一次世界大戦による好景気(生糸はアメリカ市場へ、綿織物はアジア市場へ、軍需品はヨーロッパ諸国への輸出増加、また、鉄鋼、造船などの重化学工業、薬品、染料、肥料などの化学工業の発達)、労働者の増加と人口の都市集中などが、物価の上昇を招き、米価を戦前の4倍近く(一石当たり13円6銭から45円89銭へ)に暴騰させました。

Images1_41

米騒動発祥の地(中央は石碑、 背後は旧十二銀行の米倉、魚津、富山、google画像)

 1918年(大正7年)7月23日、富山県魚津町(現、魚津市)で50人ほどの漁師の主婦が、北海道への米の輸送船、息吹丸が米の積出しを行っていた大町海岸近くの十二銀行の米倉庫前に集まり、県外移出米の積出しを止めるよう要求、米の搬出は中止されました。さらにその日の午後、百数十人で米の積出しを行っている大商店に押しかけ、米の移出阻止の要求を行いました。

 こうした米騒動は水橋(みずはし)、岩瀬(いわせ)、滑川(なめりかわ)など沿岸部で次々と起こり、8月3日、西水橋町で米の移出差止め、安売りを求めて米屋などに押しかけました。この事件が、越中女一揆(えちゅうおんないっき、米の暴騰が生んだ富山の女一揆、此処では餓死する生か死の境目だと叫ぶ、引致者の争奪、滑川警察など)として新聞に大きく報じられると、近畿(大阪)、中国(神戸)地方を中心に全国に波及、参加者は60~70万と言われる大騒動となりました。

 また、8月10日以降、六大都市をはじめ、仙台から小倉まで拡大、全体で1道3府32県、36市、129町、145村に及び、9月17日まで続きました。政府は米屋に米の廉売を要請、恩賜金、政府支出金を出して国民を安心させ、また、新聞報道を禁止、警官のほか軍隊(120ヶ所出動)で騒動を鎮圧、農民や労働者の検挙者数2万5000人余、起訴者7700人余に達しました。 

 民衆や言論界の反対を前に、1918年(大正7年)9月、寺内正毅(てらうちまさたけ、陸軍大将、第18代内閣総理大臣、67才、山口)内閣は総辞職に追い込まれ、初の政党内閣、第3代立憲政友会総裁、原敬(はらたかし、平民宰相、第19代内閣総理大臣、63才、岩手)内閣が、1918年(大正7年)9月~1921年(大正10年)11月、成立しました。

 この民衆の動きは、一定の政治的な自由を拡大させ、その後の日本の社会運動(普通選挙による政党政治など、民主主義の実現)の発展の基礎となりました。

(参考文献) 下中邦彦編: 小百科事典、平凡社(1973); 富山県歴史散歩研究会(編集委員長、高井進)編: 富山県の歴史散歩、山川出版社(1992); 石川県の歴史散歩、山川出版社(1993); 永原慶二監修: 日本史事典、岩波書店(1999); 詳説日本史図録編集委員会: 山川 詳説日本史図録(第2版)、山川出版社(2009); 成美堂出版編集部: 図解日本史、成美堂出版(2009).

(参考資料) 米騒動発祥の地(とやま観光ナビ、魚津、富山): http://www.info-toyama.com/_sightseeing/000140.html ; 米騒動発祥の地(発祥の地コレクション、魚津、富山):http://hamadayori.com/hass-col/history/Komesodo.htm; 

米騒動発祥の地(魚津、富山、google画像): http://images.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1T4GGIH_jaJP278JP279&um=1&sa=1&q=%E7%B1%B3%E9%A8%92%E5%8B%95%E7%99%BA%E7%A5%A5%E3%81%AE%E5%9C%B0%E3%80%80%E9%AD%9A%E6%B4%A5%E3%80%80%E5%AF%8C%E5%B1%B1&btnG=%E7%94%BB%E5%83%8F%E6%A4%9C%E7%B4%A2&aq=f&oq=&start=0

(追加説明) ○ 米よこせ運動は、1932年(昭和7年)6~8月、 米価急騰、恐慌下の賃下げ、失業による生活困窮が重なるなか、日本無産者消費組合連盟と共産党の指導により、政府米払下げ要求運動(署名運動、大衆デモ)として全国的に展開されました。

○ 百姓一揆(ひゃくしょういっき)は、江戸時代、農民の集団が行った反領主闘争です。1590年(天正18年)~1877年(明治10年)の間で3700件余発生しました。百姓経営の成立、相続を求め、それを阻害する諸施策、具体的には年貢重課、諸課役負担、専売制などの排除を求め、領主に非合法的に訴願するものです。闘争形態としては、蜂起(ほうき)、強訴(ごうそ)、逃散(ちょうさん)、打毀し(うちこわし)、越訴(おっそ)などがあります。幕末には全国的に激発し、都市の打毀しと相まって、幕府倒壊の要因となりました。 

○ 泣き一揆(なきいっき、安政の騒動)は、江戸時代、町人の登山が禁止されていた、金沢の北東に連なる丘陵の卯辰山(標高141m)で起こった騒動です。1858年(安政5年)7月11~12日の夜、2000人の町人(女、子供含む)が松明(たいまつ)をかざして強行登山、声をかぎりに金沢城に向かって「ヒダルイ(腹が減った)、ヒダルイ」、「米が高(たこ)うてくえんワイ」と絶叫しました。この年は、大地震(1868年、安政5年、2月26日、飛騨地震、M.7.0~7.1)、長雨による凶作などが起こり、一升(1500g)60文だった米が129文に跳ね上がりました。

 加賀13代藩主、前田斉泰(なりやす)は、手持ちの米を供出し、米価を76文に下げることによって、ようやく騒動を抑えましたが、町人の首謀者7人が処刑されました。金沢の東山の近く、七稲地蔵(なないねじぞう)で知られる寿経寺(じゅきょうじ、浄土宗)には、7人の霊を慰めるため、地元の有力者、綿津屋(わたつや)政右衛門が彫らせた7体の地蔵が祀られています。

 

« 大伴家持(越中国司、歌人)と気多神社(能登、石川)にまつわる歴史実話、能登の国歌(万葉集)、気多神社、入らずの森、とは(2010.1.8) | トップページ | 五箇山(加賀藩の流刑地)にまつわる歴史秘話、加賀騒動(大槻伝蔵)、塩硝(培養法)、合掌造り(白川郷)、国史跡・辰巳用水附土清水塩硝蔵跡(金沢)、とは(2010.1.18) »

● 戦争と平和(白村江、蒙古、朝鮮征伐、明治維新、日清、日露、世界第1次、太平洋、朝鮮戦争、満州事変、アメリカ、日本、万国博覧会、人類の起源)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/48330743

この記事へのトラックバック一覧です: 米騒動(魚津、富山)にまつわる歴史実話、シベリア出兵、大戦景気、越中女一揆、とは(2010.1.12):

« 大伴家持(越中国司、歌人)と気多神社(能登、石川)にまつわる歴史実話、能登の国歌(万葉集)、気多神社、入らずの森、とは(2010.1.8) | トップページ | 五箇山(加賀藩の流刑地)にまつわる歴史秘話、加賀騒動(大槻伝蔵)、塩硝(培養法)、合掌造り(白川郷)、国史跡・辰巳用水附土清水塩硝蔵跡(金沢)、とは(2010.1.18) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ