« 囲碁の格言、囲碁十訣(王積新、中国)、貪れば、小を捨て、謹んで(本因坊秀策の座右銘)、王積新一子解二征、とは(2010.6.18) | トップページ | 夏至、犀川の中洲近く、わが家から眺めた鮎釣りの風景(2010.6.22) »

2010年6月21日 (月)

夏至(2010年6月21日)、犀川の示野中橋と対岸から眺めたわが家の周辺の風景

  今日、6月21日は、暦の上では夏至で、一年中で日中の時間が一番長い日となっています。地元のNHKの放送によれば、金沢の日中時間は、14時間40分とのことでした。そこで、午後5時頃、近くの犀川を散策しながら、わが家(桜田町一番館)の風景をデジカメで撮影しました。

Images_11

Images5_3
Images2_17

犀川沿いのわが家の風景 犀川の示野中橋からの眺め、手前が桜田町二番館、その向こうが桜田町一番館、 犀川の中州に遊ぶ小鳥、ヨシキリ、  犀川対岸からの眺め、右は桜田町一番館(11階)、左は桜田町二番館(13階)、2010年6月21日撮影)

 私は午後5時頃、近くの犀川を散策しながら、わが家(桜田町一番館、金沢)の風景をデジカメで撮影しました。この地域の犀川の堤防には、クズ、イタドリなどの野草のほか、ヨシの群生が見られ、小鳥のさえずりも賑やかで、近くの古老のお話によると、ここはヨシキリには格好の住み家とのことでした。

 また、6月22日午前8時頃、水量が少なくなった犀川の中州近くで、いつもながら鮎釣りする光景が見られました。

« 囲碁の格言、囲碁十訣(王積新、中国)、貪れば、小を捨て、謹んで(本因坊秀策の座右銘)、王積新一子解二征、とは(2010.6.18) | トップページ | 夏至、犀川の中洲近く、わが家から眺めた鮎釣りの風景(2010.6.22) »

● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ