« 夏至、犀川の中洲近く、わが家から眺めた鮎釣りの風景(2010.6.22) | トップページ | 徒然草(吉田兼好、鎌倉末期)、つれづれなるままに、ある人が法然上人に、仁和寺にいたある法師、高徳の僧侶たちの言い置いたこと、八つになった年私は父に、とは(2010.6.27) »

2010年6月23日 (水)

夏至の翌々日(2010年6月23日)、金沢の幹線道路から眺めたわが家の周辺の風景

   金沢の都市計画道路、観音堂・上辰巳線は、犀川上流の上辰巳から、金沢市の中心街の片町スクランブル交差点を経由し、犀川下流の観音堂町で金沢外環状道路、海側幹線に接続される幹線道路であり、金沢を縦断する大動脈道路となっています。

Images_9

Images3_8

Images1_20

桜田町一番館周辺の風景 市道右の高い建物が桜田町一番館、中 桜田町一番館(わが家は右側の中央部、10階)、  背後の高い建物の左が桜田町一番館(11階)、右が桜田町二番館(13階)、2010年6月23日撮影)

 幹線道路の車道は、観音堂・上辰巳線(金沢市道)、片側2車線で、東の金沢市街から西の日本海側へ走り、突き当たりで海側幹線(金沢外環状道路)に結ばれていてます。

 また、直進の途中、示野交差点で、国道8号線(中環状線含む)を左折、途中、西インターから福井へ、また、国道8号線(中環状線含む)を右折、途中、東インターから富山へ、北陸自動車道とも結ばれています。

Images4_5

北陸自動車道周辺の風景示野交差点、左折は福井方面、2010年6月23日撮影)

 金沢都市計画道路、観音堂・上辰巳線は、片側2車線で、県都、金沢の都心部と海側にある新県庁舎等とのアクセスの便もよくなっています。

 国道8号線(中環状線含む)は、高速自動車道の東、金沢から福井に向かう3車線、その途中、高速道の西インターと結ばれています。また、高速自動車道の西、国道8号線(中環状線含む)は、金沢から富山に向かう3車線、その途中、高速道の東インターと結ばれ、交通体系が整備されています。

 私は、夏至の翌々日、6月23日は、午後2時頃、近くの車道、観音堂・上辰巳線(戸板、桜田、松村域)を散策しながら、わが家(桜田町一番館)の周辺の風景をデジカメで撮影しました。1943年(昭和18年)金沢市に編入された、近くの旧戸板村は、加賀梨の名産地として知られていましたが、次第に宅地化が進み、風景は一変しています。 

« 夏至、犀川の中洲近く、わが家から眺めた鮎釣りの風景(2010.6.22) | トップページ | 徒然草(吉田兼好、鎌倉末期)、つれづれなるままに、ある人が法然上人に、仁和寺にいたある法師、高徳の僧侶たちの言い置いたこと、八つになった年私は父に、とは(2010.6.27) »

● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ