« 金沢(軍都)と日露戦争、北陸の軍事基地、第9師団司令部(金沢城)、北陸本線の金沢駅までの開通、とは(2010.7.30) | トップページ | 金沢城(石川)と太平洋戦争、軍事施設(師団、旅団、連隊)から学問の施設(新制金沢大学)へ、さらに大学移転による金沢城公園へ、真珠湾奇襲攻撃からポッタム宣言受諾、とは(2010.8.3) »

2010年8月 1日 (日)

板東俘虜収容所(德島)と第1次世界大戦、青島(中国)のドイツ兵俘虜、地域住民との友愛の交流、第九演奏と歓喜の歌、近くにドイツ館、大麻彦古神社、霊山寺、賀川豊彦記念館、とは(2010.8.1)

  1914年(大正3年)6月28日、オーストリアの皇太子夫妻がサラエボ(ボスニア・ヘルツェゴビナの首都)で暗殺されました。犯人は19才の学生、プリンチプで、セルビア共和国の秘密結社の分派「黒い手」に属する民族主義者でした。オーストリアはセルビア共和国に強硬に抗議し、7月28日に宣戦布告第1次世界大戦(1914年7月28日~1918年11月11日)が起こりました。オーストリアの背後にはドイツ、イタリア(三国同盟)が、また、セルビアの背後には、ロシア、イギリス、フランス(三国協商)がひかえていました。

 日本は、イギリスと日英同盟を結んでいたため、協商国側に立って参戦、ドイツに宣戦布告し、中国でのドイツの租借地(そしゃくち)、山東半島にある青島(チンタオ)及びドイツ領南洋群島を占領しましたが、真の目的は中国に対する発言権の強化にあり、21ヶ条問題、山東省支配権の獲得で東アジア進出の足場を確保しました

Shuyosho_iriguchi1

Bando21

A19fbd6a1

板東俘虜収容所(ばんどうふりょしゅうようじょ、1917~1920年)正門とドイツ橋、板東町(のち大麻町)、板野郡(のち鳴門市)、德島、google画像)

(解説) 第1次世界大戦の際、青島(チンタオ、中国)で降伏したドイツ兵約5000人が日本各地の収容所(東京、静岡、名古屋、姫路、大阪、大分、久留米、福岡、熊本、松山、丸亀、德島など12ヶ所)に送られました。このうち四国の德島、丸亀(香川)、松山(愛媛)にいた約1000人が今の鳴門市(德島)にあった、德島歩兵第62連隊付、板東俘虜収容所(ばんどうふりょしゅうようじょ)に集められ、1917年(大正6年)から1920年(大正9年)までの2年半余りを過ごしました。

200pxmatsue_toyohisa1_2

松江豊寿(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%B1%9F%E8%B1%8A%E5%AF%BF

 俘虜(ふりょ、捕虜とも)たちは、収容所長の松江豊寿(まつえとよひさ、佐幕派、会津藩士、福島)中佐(のち大佐)、1872年(明治5年) ~1956年(昭和31年)の人道的な扱い(一切の暴力を認めず、武士道をもって俘虜を遇し、彼らの自由を保障)のため、演劇、スポーツ、講演、学習など活発な活動を行っています。また、俘虜たちは散歩などで所外に出ることが許され、地域の人々も、俘虜たちをドイツさんと呼び、牧畜、製菓(パン作りなど)、西洋野菜栽培、建築、音楽、スポーツなどの指導を受けました。収容所跡に近い大麻比古神社裏には、俘虜が造った3mの石積みの「ドイツ橋」が残っています。

 俘虜たちが力を入れたのがオーケストラ活動でした。記念すべき日本初のベートーベン交響曲第9番、「第九(だいく)」の全曲演奏ハンゼン指揮で行われたのは1918年(大正7年)6月1日で、夕方の6時半に開演し、フィナーレの第1楽章「歓喜の歌」は男性80人の力強い合唱でした。ただし、会場は所内で、住民を招いたという記録はありません。

○ ベートーベン交響曲9番、「(第九」(YouTube): http://www.youtube.com/watch?v=T6vEf80UXpc

Doitsumura071

ドイツ兵の墓と慰霊碑(はかといれいひ、桧(ひのき)、大麻町、鳴門市、德島、google画像)

(解説) 太平洋戦争(1941年12月8日~1945年9月2日)後、1948年(昭和23年)、朝鮮の梁山からの引揚者、高橋敏治、春枝夫妻が、収容所跡地の引揚者用住宅「新生寮」に入居し、ある日春枝さんが裏山に分け入り不思議な石碑を発見しました。夫に聞くと、昔、ここにいたと聞くドイツ兵士の墓ではないか、という。以後、春枝さんは、みずから墓守になってその墓石(病没俘虜11人の名が刻まれています)を清め、定期的に下草を刈って線香を、13年供え続けました。

 このことが次第に話題となり、1960年(昭和35年)10月、德島新聞でも報道され、翌11月、ハース駐日西ドイツ大使夫妻とベーグナー神戸総領事夫妻が墓参に訪れました。翌年帰任したハースは、マスコミにバンドーのドイツ兵士の墓のことを繰り返し語り、それを聞いた元俘虜のメンバーや遺族たちが動き始め、日独友好の数々のイベントが催され、数々のモニュメトが作られました。

 1972年(昭和47年)に旧ドイツ館が建設され、1974年(昭和49年)には鳴門市とドイツのリューネブルグ市(俘虜のほとんどがこの市の出身者だったという)との間で姉妹都市同盟が締結され、国際交流を活発に展開するようになりました。鳴門市では、ドイツ村公園始め、ドイツと共同でドイツ兵士合同慰霊碑、ばんどうの鐘などを建立し、1993年(平成5年)には新しいドイツ館が完成しました。そこには、ドイツ兵の遺品が展示されており、その中には「第九」初演のプログラムもあります。

 大麻彦古神社ドイツ館、ドイツ橋、すぐ南の四国88ヶ所1番札所、霊山寺は、私の郷里(引野、松島、のち上板、板野、德島)に近く、何度かそこを訪れたことがあります。

 2006年(平成18年)、映画バルトの楽園(がくえん)」(出目昌信監督)は、ここを舞台に、俘虜と、彼らの人間としての尊厳を守った所長、暖かく迎え入れた住民との交流を描いています。

(参考文献) 永原慶二(監修): 日本史事典、岩波書店(1999): 桂冨士郎: 阿波文学散歩、中村彰彦、二つの山河(1)~(3)、德島新聞社(1999); 朝日新聞朝刊: be on Saturday、 うたの旅人、だれもが兄弟となる、ベートーベン「第九交響曲・歓喜の歌」、2008年(平成20年)12月20日(土); 鳴門市ドイツ館、不思議の国のBANDO、大麻町、鳴門市)パンフレット.

(参考資料) 板東俘虜収容所(板野、のち鳴門、德島、google画像): http://www.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1T4GGIH_jaJP278JP279&q=%E6%9D%BF%E6%9D%B1%E4%BF%98%E8%99%9C%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80%EF%BC%88&um=1&ie=UTF-8&source=og&sa=N&tab=wi

鳴門市ドイツ館(なるとしどいつかん、桧、大麻町、鳴門市):http://www.city.naruto.tokushima.jp/contents/germanhouse/.

大麻彦古神社(おおあさひこじんじゃ、板東、大麻町、鳴門市): http://www.ooasahikojinja.jp/.

霊山寺(りょうぜんじ、真言宗、四国八十八ヶ所霊場1番札所、板東、大麻町、鳴門市): http://www.88shikokuhenro.jp/tokushima/01ryozenji/index.html.

 江戸時代、四国遍路(八十八ヶ所)の1番の霊山寺から始まる札所の番号付けの根拠として、1687年(貞享4年)、真念(しんねん、生没不明、頭陀聖、ずだひじり、遍路門付)が四国遍路道指南(しこくへんろみちしるべ)を執筆し、はじめて札所に番号を打ち、、四国遍路の霊験や功徳にまつわる伝承をまとめて出版、また遍路の便を図るために、遍礼屋、善根宿の開設と普及、標石の設置などを行いました。

 八十八ヶ寺の中には、真言宗系以外のお寺が八ヶ寺(11、15、33、43、76、78、82、87番など)ほどあり、そこにも大師堂があり、不思議な感じがしますが、お寺の改宗もあったと伝えられています。1番霊山寺の開祖は行基(ぎょうき、法相宗)、668年(天智天皇7年)~749年(天平21年)ですが、本尊は釈迦如来、宗派は高野山真言宗となっています。

 この霊山寺は大麻山(おおあさやま、海抜536m)から下りてきたと推定されています。というのは、その山の中腹に大麻比古神社(阿波一宮)があって、ここを奥の院とすることは、江戸時代の初期は神仏習合が残っており、もと霊山寺が大麻比古神社の境内にあった寺であり、そこから1km下って現在地に移ったのだろうということです。また、ここが第1番となったのは、信仰上の問題より、本土より四国に渡るには、鳴門市の撫養(むや)が最も便利だったからです。また、御詠歌は、霊山の釈迦の御前に巡り来て、万の罪も消え失せにけりと、四国遍路は、罪を消すため、減罪のための遍路であることを、歌っています。(五来重、四国遍路の寺、下、角川ソフィア文庫(2009)より)

20071004_21

賀川豊彦(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%80%E5%B7%9D%E8%B1%8A%E5%BD%A6

 鳴門市ドイツ館のすぐ南側には、大正から昭和にかけ、キリスト教社会運動に尽くした賀川豊彦(かがわとよひこ、1880~1960)の業績を顕彰するため、鳴門市民・德島県民はもとより全国から寄付が集められ、2002年(平成14年)3月に開館した鳴門市賀川豊彦記念館があります。 (德島県の歴史散歩編集委員会編、高橋啓監修: 德島県の歴史散歩、p.71、鳴門市賀川豊彦記念館、山川出版社(2009)より) 

鳴門市賀川豊彦記念館(なるとしかがわとよひこきねんかん、桧、大麻町、鳴門市): http://www.tv-naruto.ne.jp/kagawa-kan/.

« 金沢(軍都)と日露戦争、北陸の軍事基地、第9師団司令部(金沢城)、北陸本線の金沢駅までの開通、とは(2010.7.30) | トップページ | 金沢城(石川)と太平洋戦争、軍事施設(師団、旅団、連隊)から学問の施設(新制金沢大学)へ、さらに大学移転による金沢城公園へ、真珠湾奇襲攻撃からポッタム宣言受諾、とは(2010.8.3) »

● 戦争と平和(白村江、蒙古、朝鮮征伐、明治維新、日清、日露、世界第1次、太平洋、朝鮮戦争、満州事変、アメリカ、日本、万国博覧会、人類の起源)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 金沢(軍都)と日露戦争、北陸の軍事基地、第9師団司令部(金沢城)、北陸本線の金沢駅までの開通、とは(2010.7.30) | トップページ | 金沢城(石川)と太平洋戦争、軍事施設(師団、旅団、連隊)から学問の施設(新制金沢大学)へ、さらに大学移転による金沢城公園へ、真珠湾奇襲攻撃からポッタム宣言受諾、とは(2010.8.3) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ