« コーヒー(珈琲)にまつわる歴史伝承、コーヒーの原産地はエチオピア、日本へは江戸中頃に伝わる、おいしくて健康によいコーヒー、とは(2010.11.26) | トップページ | 冬を迎える風物詩、兼六園の雪吊り(ゆきづり)、武家屋敷の土塀の薦掛け(こもかけ)、とは(2010.12.6) »

2010年12月 2日 (木)

落葉の季節(2010年12月はじめ)、わが家(桜田、金沢)近くの金沢幹線道路沿いのヤマボウシ(山法師)、葉柄(枝)のもと近くの冬芽、中国の諺の樹高千丈、落葉帰根、落地生根、とは(2010.12.2)

Images2_7

Images1_12

ヤマボウシ(山法師)の落葉と冬芽 上辰巳(東北、金沢中心街)歩道沿い、 観音道(西北、日本海)歩道沿い、桜田、金沢、石川、2010年(平成22年)12月2日撮影)

 落葉したヤマボウシ(山法師)の葉柄(枝)の付け根(離層、りそう)には、冬期を越え春になって成長する冬芽(ふゆめ、とうが、越冬芽休眠芽とも)が形成されているのが見られました。

冬芽や葉痕の観察(富山県総合教育センター、富山): http://rika.el.tym.ed.jp/cms/751f7269/188abf7814/51ac82bd306830ed30c330c8

愉快な冬芽・葉痕達(鎌倉発、旬の花、神奈川):http://shizuka.sakura.ne.jp/kobo/fuyume_index.htm

 中国の諺樹高千丈(じゅこうせんじょう)、落葉帰根(らくようきこん)は、樹木がどんなに高くても、落ちる葉は、また、根元に帰り、腐葉土となり、木を育てると言う。

 これは、中国禅宗六祖、慧能(えのう)、638年(貞観12年)~713年(先天2年)の言葉で、人間が年老いて昔を懐かしみ、生まれ育った故郷に帰りたくなる思いを、高木の落ち葉に喩えた、とも言われています。 一方、落地生根(らくちせいこん)は、地に落ち、そこで根を下ろす、すなわち、自分がいま生きている場所が故郷である、という言葉です。

 私は12月はじめ、わが家の近くを散策したところ、金沢幹線道路(観音堂・上辰巳線)沿いのヤマボウシ山法師)の街路樹は紅葉の葉を落として枝だけの姿になっていました。

(参考文献) 新村出: 広辞苑、岩波書店(1991); 樋口清之: 生活歳時記、三宝出版(1994); 岩瀬徹、大野啓一: 写真で見る植物用語、全国農村教育協会(2004).

« コーヒー(珈琲)にまつわる歴史伝承、コーヒーの原産地はエチオピア、日本へは江戸中頃に伝わる、おいしくて健康によいコーヒー、とは(2010.11.26) | トップページ | 冬を迎える風物詩、兼六園の雪吊り(ゆきづり)、武家屋敷の土塀の薦掛け(こもかけ)、とは(2010.12.6) »

● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ