« 徳田秋声(金沢出身の作家)にまつわる歴史散歩、徳田秋声文学碑(日本の文学碑第1号、卯辰山、金沢)、書を読まざること三日(碑文)、あらくれ(通俗小説)、とは(2011.5.1) | トップページ | 野草名にまつわる歴史伝承、雑草ということ(草)はない(昭和天皇のお言葉)、タンポポ(キク科)、カラスノエンドウ(マメ科)、シロツメクサ(クローバーとも、マメ科)、とは(2011.5.9) »

2011年5月 5日 (木)

新緑の季節(2011年5月5日、若葉)、石川県庁、行政庁舎(19階)の展望台から眺めた金沢の風景

 5月の声を聞くと、木々は萌え生ずる若葉をつけ、新緑の美しい季節となります。今日、5月5日(木)は、朝から好天に恵まれ、子どもの日の祝日でしたが、石川県庁の行政庁舎の展望台(19階)が一般に開放されていました。

Images_3

Images2

石川県庁 金沢から富山に向かう8号線沿いの歩道、石川県庁裏側、左から右へ、議会庁舎(4階)、行政庁舎(19階)、警察本部庁舎(7階)、 石川県庁正面玄関、鞍月、金沢、2011年5月5日(木)撮影)

Images1_5

Images2_2

石川県庁舎、行政庁舎(19階)から眺めた金沢の風景 東西に金沢駅港線50間道路、中央の南北に北陸自動車道が交差、背後に金沢市街、卯辰山遠望 県立中央病院眼下、右端の南北の北陸自動車道の背後に立山遠望、鞍月、金沢、2011年5月5日(木)撮影)

 私は午後2時頃、わが家(桜田、金沢)近くの犀川の新緑を眺め、国道8号線沿いを散策しながら徒歩で約30分、石川県庁を訪れ、正面玄関を入り、左側のエレベーターで19階の展望台に約20秒で着き、そこから眺めた金沢の風景をデジカメで撮りました。

 石川県庁舎、行政庁舎(19階)の展望台は、普段から開放されており、今までに何回となく、マイカーで、あるいは徒歩で散策しながら訪れたことがあります。今日は子どもの日、祝日のこともあり、お子さん連れの家族を多く見かけました。

« 徳田秋声(金沢出身の作家)にまつわる歴史散歩、徳田秋声文学碑(日本の文学碑第1号、卯辰山、金沢)、書を読まざること三日(碑文)、あらくれ(通俗小説)、とは(2011.5.1) | トップページ | 野草名にまつわる歴史伝承、雑草ということ(草)はない(昭和天皇のお言葉)、タンポポ(キク科)、カラスノエンドウ(マメ科)、シロツメクサ(クローバーとも、マメ科)、とは(2011.5.9) »

● かなざわ(石川県庁、金沢駅、加賀藩、北陸の交通路、赤門、天下の書府、北前船、河北潟、金沢港、大野お台場、野田山、大乗寺丘陵公園)」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ