« 魏志倭人伝(三国志、中国)に記された倭国の女王(卑弥呼)、邪馬台国は近畿地方なのか、九州地方なのか、カミ(神)、日本にゆかりの地名、とは(2011.12.1) | トップページ | 冬の季節(2011年12月17日)、今年初めての金沢市内、犀川の河川敷と周辺の雪景色 »

2011年12月10日 (土)

仲冬(2011年12月上旬から下旬のころ)、犀川東北部の金沢市内、サクラ(桜)の紅葉と落葉、東南部河川敷のオギ(荻)の枯れ草、遠望する白山の雪景色(2011.12.10)

  仲冬(ちゅうとう)とは、大雪(12月7日)から小寒の前日(1月4日)まで。 大雪(たいせつ)は、もう山の峰々は積雪に覆われているので、大雪という。平地も北風が吹きすさんで、いよいよ冬将軍が感じられる。小寒(しょうかん)は、寒気がまだ最高までいかないという意味ですが、すでに本格的な冬の季節で、寒風と降雪に悩まされる。

 仲冬のころの冬景色として、犀川の東北部の金沢市内と遊歩道沿い、土手のサクラ(桜)の紅葉と落葉、東南部の金沢市内、河川敷の白い穂のオギ(荻)の枯れ草、遠望する冠雪した白山の雪景色などデジカメで撮りました。

Images_36

Images2_43

犀川の東北部の金沢市内、犀川土手のサクラ(桜)の落葉、背後は卯辰山

Images1_68

Images1_69

犀川の東南部の金沢市内、河川敷の白い穂オギ(荻)の枯れ草、背後は野田山

Images2_44

犀川の東南部の金沢市内、背後は冠雪した美しい白山の雪景色

Images2_45

犀川の東北部の遊歩道、犀川土手のサクラ(桜)の落葉、河川敷の白い穂オギ(荻)の枯れ草、背後はサーパスマンション

 私は、わが家(桜、金沢)近くの犀川堤防の遊歩道を散策し、金沢東北部の金沢市内、土手のサクラ(桜)の紅葉と落葉、金沢東南部の金沢市内、背後の卯辰山、犀川の遊歩道、犀川河川敷の白い穂のオギ(荻)の枯れ草、背後の金沢市内と野田山、遠望する冠雪した白山の雪景色、金沢東北部の犀川遊歩道沿いの落葉したサクラ(桜)並木、白い穂のオギ(荻)の枯れ草、背後にサーパスマンションなどの冬景色を眺めながら、四季の移り変わる姿をデジカメで撮影しました。

(参考文献) 新村出: 広辞苑(第4版)、岩波書店(1991); 樋口清之監修: 生活歳時記(第2版)、三宝出版(1994).

« 魏志倭人伝(三国志、中国)に記された倭国の女王(卑弥呼)、邪馬台国は近畿地方なのか、九州地方なのか、カミ(神)、日本にゆかりの地名、とは(2011.12.1) | トップページ | 冬の季節(2011年12月17日)、今年初めての金沢市内、犀川の河川敷と周辺の雪景色 »

● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ