« 仲冬(2011年12月上旬から下旬のころ)、犀川東北部の金沢市内、サクラ(桜)の紅葉と落葉、東南部河川敷のオギ(荻)の枯れ草、遠望する白山の雪景色(2011.12.10) | トップページ | 出島(でじま、長崎)、鎖国中のオランダ人居住地、幕府認可の唯一の貿易地、西洋文化流入の窓口、諸藩からの長崎留学(加賀藩、高峰譲吉)、はじめての化学書(舎密開宗)、とは(2011.12.22) »

2011年12月17日 (土)

冬の季節(2011年12月17日)、今年初めての金沢市内、犀川の河川敷と周辺の雪景色

Images_34

Images4_11

金沢市内の雪景色(桜田、金沢、2011年12月17日撮影)

Images3_20

犀川の河川敷の雪景色(桜田、金沢、2011年12月17日撮影) 

Images1_66

犀川周辺の雪景色煙突倉庫精練、犀川中州の積雪、右端は示野中橋、背後に石川県農業会館、近くに北陸自動車道西インター、桜田、金沢、2011年12月26日撮影)

 冬至、(12月22日(木)、24節気の一つ、日南至とも)には、昼が1年中で1番短く、夜が1番長くなります。 この日から一陽来復(いちようらいふく)、冬が去り春が来る! 徐々に日足はのびていきます。 

 私は12月17日(日)朝の7時ころ、今年(2011年)初めて降雪が見られましたので、さっそく、玄関前から金沢市内、ベランダから犀川の曲水及び河川敷の雪景色をデジカメ写真で撮影しました。

« 仲冬(2011年12月上旬から下旬のころ)、犀川東北部の金沢市内、サクラ(桜)の紅葉と落葉、東南部河川敷のオギ(荻)の枯れ草、遠望する白山の雪景色(2011.12.10) | トップページ | 出島(でじま、長崎)、鎖国中のオランダ人居住地、幕府認可の唯一の貿易地、西洋文化流入の窓口、諸藩からの長崎留学(加賀藩、高峰譲吉)、はじめての化学書(舎密開宗)、とは(2011.12.22) »

● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ