« 聖徳太子(しょうとくたいし、飛鳥時代)、日本書紀に記された推古天皇(女帝)の皇太子、聖徳太子(摂政)は、実在した人物、それとも創作された人物(実証的歴史学)なのか(2012.1.11) | トップページ | マリモ(毬藻、緑藻類)の遺伝子(DNA)解析、世界のマリモは阿寒湖(釧路、北海道)を起源とする、とは(2012.2.1) »

2012年1月25日 (水)

東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく、江戸後期)、阿波藩(德島)の能役者(斉藤十郎兵衛)と伝えられる謎の浮世絵師(主に歌舞伎の役者絵、相撲絵)、とは(2012.1.25)

   江戸後期、寛政年間(1789~1801)の謎(なぞ)の浮世絵師東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく、生没年未詳)は、1794年(寛政6年)5月~1975年(寛政7年)正月までの10ヵ月間、歌舞伎役者絵相撲絵145点余りを世に出し、こつぜんと姿を消しました。

 写楽は、江戸八丁堀地蔵橋に住み、德島藩主蜂須賀侯(はちすかこう)お抱え能役者、斉藤十郎兵衛(さいとうじゅうろべえ、1820年(文政3年)3月7日没、58才)と伝えられています。写楽が32才の頃に描いたと思われる初期(1期)の役者絵には、似顔表現に強烈な個性描写が見られます。一方、写楽についての伝記的資料はほとんどなく、の浮世絵師と言われていました。

 当時、歌舞伎役者を描く役者絵といえば、全身像で背景に舞台を描くのが常識でした。が、写楽は、美人画で使われ始めた上半身像の大首絵(おおくびえ)で描き、背景には銀色に輝く黒雲母摺(くろきらずり、黒い雲母の粉末を、ニカワと混ぜ、絵の背景にこすりつけたもの)を採り入れました。これは、初期(1期)の役者絵ですが、劇中人物としての表情と役者自身の素顔の両面を強く描き出し、評判を得ました。

 1910年(明治43年)、ドイツの美術研究家、ユリウス・クルトは、著書「Sharaku」において、写楽を「レンブラント、ベラスケスと並ぶ肖像画家」と絶賛しました。以来、国内外での評判が高まりました。

 写楽の浮世絵は、版画を創作・出版する、蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう、1750~1797、江戸の本問屋)の版元から、はじめて28点が売り出されました。その頃は、版元では、下絵師、彫師、刷師らが分業で仕事を行い、すばやく大量に生産することができました。大首絵の成功後、2~4期、画風を上半身の大首絵から全身像へと変えながら、110点以上作品を出しました。

 が、役者絵の紙が、次第に小さく薄く品質が落ち、個性的な描写も消えて売れなくなりました。その原因として、約20業者の版元との競争により、費用を抑えて版数を増やし売り上げを増やそうとしたためとも考えられています。

395pxtoshusai_sharaku_otani_oniji_1

東洲斎写楽筆(とうしゅうさいしゃらく版画、三世大谷鬼次の奴江戸兵衛、東京国立博物館蔵、東京、google画像) 顔が写実的なのに比べ、手の描写がつたない(アンバランス!)、三世大谷鬼次の奴江戸兵衛東洲斎写楽筆、コレクション名品ギャラリー館蔵品、東京国立博物館、東京): http://www.tnm.jp/modules/r_collection/index.php?controller=dtl&colid=A10569.471.

(解説) 大田南畝(おおた なんぽ、1749~1823、文人、狂歌師、別号、蜀山人、しょくさんじん)がまとめた浮世絵師の名鑑、(浮世絵類考(うきよえるいこう、1844年(弘化元年)増補版)によれば、「あまりに真を画んとてあらぬさまにかきなせしかば、長く世に行はれず、一両年にして止む」と作風による不人気により(役者絵は役者を見た目よく描くものですが、写楽は、役者の骨張った輪郭や大きな鼻、老いた顔つきといった実像をあまりに真実に描こうとして、望ましくないように描いてしまった。例えば、女形の絵は、首が太く、いかつい顔つきから、男の女形の姿であることがよく見える!)、短期間で浮世絵の画壇を退くはめになったと伝えられています。写楽の項では、町名主・斉藤月岑(さいとうげっしん、1804~1878)が「俗称、斉藤十郎兵衛(さいとうじゅうろべえ、1763~1820)」「阿波侯の能役者也」と明確に書き入れています。

 初期(1期)大判黒雲母摺(おおばんくろきらずり)28図が最も優れているという。 写楽「特別展」(2011年5~6月、1~4期作品解説、東京国立博物館):.http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=706.

 代表作に、大谷鬼次(おおたにおにじ)の奴江戸兵衛(やっこえどべえ)のほか、市川高麗蔵(いちかわこまぞう)の志賀大七(しがだいしち)、小佐川常世(おさがわつねよ)の桜木(さくらぎ)など、1794年(寛政6年)5月の狂言に取材した大首絵などがあります。

Tky2009061702011 

東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく、肉筆画四代松本幸四郎の加古川本蔵と松本米三郎の小浪、国立コルフ・アジア美術館蔵、ギリシャgoogle画像)  肉筆画ギリシャで発見、注目される写楽論争(asahi. com. 2009年6月17日): http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200906170202.html.

(解説) 2008年(平成20年)夏、アドリア海に浮かぶギリシャのコルフ島のギリシャ国立コルフ・アジア美術館(20世紀初頭にギリシャ人の外交官が集めた日本美術品7000点余りを収蔵)で、それまで調査されずに埋もれていた東洲斎写楽筆の扇に描かれた浮世絵肉筆画が発見されました。 また、三重県津市の石水博物館にも、1934年(昭和9年)に発見され、本物の写楽のものか不明な扇の浮世絵肉筆画が保存されていました。そこで、美術の専門家が、現存する写楽の版画の浮世絵と二つの肉筆画の絵の線の模様、筆使いなどを詳細に解析した結果、全く同じで、全て写楽の作品であると確認されました。

 これらの絵の線の模様、筆使いは、その当時の有名絵師(10名)の個性とも異なるものでした。また、扇の浮世絵の肉筆画は、1800年(寛政12年)に描かれたもので、版元の蔦屋重三郎は、3年前の1797年(寛政9年)に亡くなっていることから、東洲斎写楽は阿波藩の能役者、斉藤十郎兵衛であることが、確認されました東洲斎写楽の菩提寺法光寺(ほうこうじ、浄土真宗、越谷、埼玉)の過去帳には、斉藤十郎兵衛、58才没、と記されています。写楽と法光寺: http://homepage3.nifty.com/shirakobato-network/famous/sharaku.html.

 また、写楽は、武士扱いの能役者と浮世絵師という立場、名前を隠さねばならない時代背景がありました。名前の「さい とう じゅう ろ べえ」の「さい(斎) とう(藤) じゅう(十)」の名字を逆に読むと「とう(東) じゅう(洲) さい(斎)が、うつすのを(写) たのしむ(楽)」と隠し名前が読み取れるという。自らの足跡を後世に残したい気持ちがあったのだろうか?

 私は、2011年(平成23年)5月14日(土)、NHK番組、歴史秘話 写楽 謎の絵師についての放送を見たことがあります。東洲斎写楽という筆名の浮世絵の肉筆画の発見による写楽謎ときのドキュメント(記録映像)が強く印象に残っています。

(参考文献) 下中邦彦編: 小百科事典(初版)、平凡社(1973); 新村出編: 広辞苑(第4版)、岩波書店(1991);  永原慶二監修: 岩波 日本史辞典(第1刷)、岩波書店(1999); 北陸中日新聞: 浮世絵師 東州斎写楽、浮世絵とは?江戸期の庶民文化、正体は? 阿波藩の能役者説、魅力は?人間の内面描く線、なぜ消えた? 封建制が 活動阻む、2011年(平成23年)4月4日(月)、朝刊より; 朝日新聞(井上英樹): 文化の扉、はじめての写楽、役者のリアル描いた「一発屋」、活動は寛政年間の十ヶ月、役者の大首絵で真に迫る、外国人に評価されて脚光、2011年(平成23年)4月25日(月)朝刊より.

(参考資料) ボストン美術館と浮世絵浮世絵名品展、名古屋、ボストン): http://ukiyoe.exhn.jp/history/index.html 

特別展写楽」(2011年5~6月、東京国立博物館、東京): http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=706. 

東洲斎写楽筆、(大判黒雲母摺(おおばんくろきらずり)28図、三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛、哀感にじむアンバランスな魅力、浅野秀剛、アート・アーカイブ探求、2009年10月): http://artscape.jp/study/art-achive/1209401_1982.html.

東州斎写楽 浮世絵(google画像検索): http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1T4GGIH_jaJP278JP279&q=%E6%9D%B1%E6%B4%B2%E6%96%8E%E5%86%99%E6%A5%BD%E6%B5%AE%E4%B8%96%E7%B5%B5&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&biw=1024&bih=584.

(追加説明) ○ 写楽の作品は、制作期順に、1期: 役者大首絵28枚(寛政6年5月取材)、2期: 二人役者絵など38枚(同7、8月取材)、3期: 大首絵など64枚(同11月、閏(うるう)11月取材、4期: 役者絵など12枚(寛政7年1月取材)に分けられます。

 特徴は、人物造形のデフォルメ(特徴を誇張、強調して表現)とよくいわれるが、東京国立博物館の田沢裕賀さんは「写楽の特長は、ほとんどの絵師が描く定型的な線描を避けた独特の線にある。それによって役を演じている役者自身だけでなく、役柄が持つ人間ドラマまで描き出している」と指摘しています。

 こうした表現は、2期までは顕著ですが、3、4期となると急速に薄れていく。2期の線が力強く躍動感に満ちているのに対し、3期は線をたくさん描き込んでいるのに迫力が見られない。これが、写楽が一人でないとする説を後押しする一因になっています。また、価格のことか、紙が次第に小さく薄くなっています。

 写楽の正体は斉藤十郎兵衛であることがほぼ確実ですが、なぜ活動期が10ヶ月と短かった理由については、時代背景も一因と考えられています。当時は寛政の改革が行われ、幕府の財政の安定を目指して、緊縮財政と風紀取り締まり実施されていました。

 斉藤十郎兵衛は能役者ですが、武士階級でした。一方、写楽が題材としているのは歌舞伎役者で、武士が役者と交流していることが発覚すれば、厳しい処分が下される恐れがありました。写楽が評判になったことで、幕府から目をつけられるのを避けるために、早めに浮世絵の世界から手を引いたことが考えられています。(北陸中日新聞: 浮世絵師 東州斎写楽、浮世絵とは?江戸期の庶民文化、正体は? 阿波藩の能役者説、魅力は?人間の内面描く線、なぜ消えた? 封建制が 活動阻む、2011年(平成23年)4月4日(月)、朝刊より)

 

« 聖徳太子(しょうとくたいし、飛鳥時代)、日本書紀に記された推古天皇(女帝)の皇太子、聖徳太子(摂政)は、実在した人物、それとも創作された人物(実証的歴史学)なのか(2012.1.11) | トップページ | マリモ(毬藻、緑藻類)の遺伝子(DNA)解析、世界のマリモは阿寒湖(釧路、北海道)を起源とする、とは(2012.2.1) »

● 絵画(東洲斎写楽、長谷川等伯、山下清、囲碁の絵巻物、源氏物語絵巻、鳥獣人物戯画、芸術と数学、黄金比、富嶽36景、竜安寺石庭)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/48397230

この記事へのトラックバック一覧です: 東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく、江戸後期)、阿波藩(德島)の能役者(斉藤十郎兵衛)と伝えられる謎の浮世絵師(主に歌舞伎の役者絵、相撲絵)、とは(2012.1.25):

« 聖徳太子(しょうとくたいし、飛鳥時代)、日本書紀に記された推古天皇(女帝)の皇太子、聖徳太子(摂政)は、実在した人物、それとも創作された人物(実証的歴史学)なのか(2012.1.11) | トップページ | マリモ(毬藻、緑藻類)の遺伝子(DNA)解析、世界のマリモは阿寒湖(釧路、北海道)を起源とする、とは(2012.2.1) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ