« ネバネバ成分(粘液、ムチン)を含む食物、ヤマノイモ、ナットウ、コンブ、ナメコ、トロロアオイ、サトイモ、レンコン、オクラ、モロヘイヤ、ツルムラサキ、粘液の働き、とは(2012.4.16) | トップページ | 農業(農産物貿易)、世界の穀倉地帯(米、小麦、トウモロコシ)、世界の農産物の輸出入、日本の主な農産物の輸入相手国、日本の高関税率(%)の農産物と主な産地、とは(2012.4.26) »

2012年4月20日 (金)

囲碁(国際大会)、世界の囲碁人口(約70ヵ国、3800万人)、プロ棋士の世界棋戦(10タイトル)、プロ棋士の世界ランキング(韓国、中国が上位独占)、とは(2012.4.20)

   日本は、20年ほど前までは、囲碁の世界最強国であったが、その後、中国韓国に追い上げられ、最近では、プロ・アマともに全く歯が立たなくなっているなど、よく耳にするようになってきました。その原因は、中韓との違い、特に若手の層の厚さといわれていますが、実情はどうなっているのか、改めて調べてみました。

○ 世界の囲碁人口分布(約70ヵ国、3800万人)

 世界中で囲碁を打って楽しむ人々は、約3800万人いるといわれています。囲碁人口の多い国(10ヵ国)は、①中国(2000万人)、②韓国(900万人)、③日本(500万人)、④台湾(60万人)、⑤アメリカ(20万人)、⑥ロシア(10万人)、⑦ドイツ(5万人)、⑧イギリス(4万人)、⑨オランダ(3万人)、⑨ブラジル(3万人)、⑨フランス(3万に)、となっています。

 また、囲碁の各国間の交流も次第に盛んになり、1955年(昭和30年)、5ヶ国のアマチュア棋士が参加しての国際囲碁トーナメント大会、1963年(昭和38年)~1964年(昭和39年)、9ヶ国によるインターナショナルアマチュア•碁•トーナメントの開催がありました。1979年(昭和54年)、世界アマチュア囲碁選手権戦となり、15ヶ国の参加で開始、2007年(平成19年)、68ヶ国•地域が参加するまでになっています。 棋戦(囲碁、ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%8B%E6%88%A6_(%E5%9B%B2%E7%A2%81).

○ プロ棋士の世界棋戦(10タイトル)

 囲碁は、現在では約70ヵ国・地域にまで広がりを見せています。 プロ棋士が出場する最も伝統のある世界戦は、1988年(昭和63年)創設の世界囲碁選手権・富士通杯です。その後、テレビアジア(1989年)、応氏杯(1989年)、東洋証券杯(1992年)、三星火災杯(1996年)、LG杯(1997年)、春蘭杯(1999年)、トヨタ&デンソー杯(2003年)、中環杯(2005年)、BCカード杯(2009年)などが創設されました。

 また、世界戦(世界棋戦)各国優勝回数は、1988年(昭和63年)~1994年(平成6年)まで、日本11,韓国7,中国0など、日本は世界一の囲碁強国でした。 が、1995年(平成7年)~2005年(平成17年)まで、韓国40,日本9,中国7など、韓国1強時代となり、2006年(平成18年)~2011年(平成23年)では、中国18,韓国15,台湾1,日本0など、現在中韓並立時代となっています。

 主要国際プロ棋戦の囲碁世界タイトルの獲得者一覧表

年 度富士通杯三星火災杯LG杯春蘭杯トヨタ杯中環杯[2]応氏杯東洋証券杯TVアジア備考
1988年 武宮正樹 日本の旗
1989年 武宮正樹 日本の旗 曺薫鉉 韓国の旗 武宮正樹 日本の旗
1990年 林海峰 日本の旗 梁宰豪 韓国の旗 武宮正樹 日本の旗 東洋証券杯は日本2、台湾2名が招待
1991年 趙治勲 日本の旗 徐奉洙 韓国の旗 武宮正樹 日本の旗 東洋証券杯は日本3、中国3、台湾2名が招待
1992年 大竹英雄 日本の旗 李昌鎬 韓国の旗 武宮正樹 日本の旗 東洋証券杯が本格的な国際戦に移行
1993年 劉昌赫 韓国の旗 徐奉洙 韓国の旗 李昌鎬 韓国の旗 依田紀基 日本の旗
1994年 曺薫鉉 韓国の旗 曺薫鉉 韓国の旗 大竹英雄 日本の旗
1995年 馬暁春 中華人民共和国の旗 馬暁春 中華人民共和国の旗 李昌鎬 韓国の旗
1996年 李昌鎬 韓国の旗 依田紀基 日本の旗 劉昌赫 韓国の旗 李昌鎬 韓国の旗 李昌鎬 韓国の旗
1997年 小林光一 日本の旗 李昌鎬 韓国の旗 李昌鎬 韓国の旗 曺薫鉉 韓国の旗 兪斌 中華人民共和国の旗
1998年 李昌鎬 韓国の旗 李昌鎬 韓国の旗 王立誠 日本の旗 李昌鎬 韓国の旗 依田紀基 日本の旗
1999年 劉昌赫 韓国の旗 李昌鎬 韓国の旗 李昌鎬 韓国の旗 曺薫鉉 韓国の旗 依田紀基 日本の旗 東洋証券杯が終了
2000年 曺薫鉉 韓国の旗 劉昌赫 韓国の旗 兪斌 中華人民共和国の旗 王立誠 日本の旗 曺薫鉉 韓国の旗
2001年 曺薫鉉 韓国の旗 曺薫鉉 韓国の旗 李昌鎬 韓国の旗 劉昌赫 韓国の旗 李昌鎬 韓国の旗 曺薫鉉 韓国の旗
2002年 李世乭 韓国の旗 曺薫鉉 韓国の旗 劉昌赫 韓国の旗 李昌鎬 韓国の旗
2003年 李世乭 韓国の旗 趙治勲 日本の旗 李世乭 韓国の旗 李昌鎬 韓国の旗 李昌鎬 韓国の旗 周鶴洋 中華人民共和国の旗
2004年 朴永訓 韓国の旗 李世乭 韓国の旗 李昌鎬 韓国の旗 朴永訓 韓国の旗 兪斌 中華人民共和国の旗 中環杯準決勝~決勝は2005年1月
2005年 李世乭 韓国の旗 羅洗河(中) 張栩 日本の旗 李昌鎬 韓国の旗 李世乭 韓国の旗 崔哲瀚 韓国の旗 常昊 中華人民共和国の旗 張栩 日本の旗
2006年 朴正祥 韓国の旗 常昊 中華人民共和国の旗 古力 中華人民共和国の旗 王檄 中華人民共和国の旗
2007年 朴永訓 韓国の旗 李世乭 韓国の旗 周俊勲 台湾の旗 古力 中華人民共和国の旗 李世乭 韓国の旗 李昌鎬 韓国の旗 李世乭 韓国の旗
2008年 古力 中華人民共和国の旗 李世乭 韓国の旗 李世乭 韓国の旗 BCC杯 李世乭 韓国の旗
2009年 姜東潤 韓国の旗 孔傑 中華人民共和国の旗 古力 中華人民共和国の旗 常昊 中華人民共和国の旗 古力 中華人民共和国の旗 崔哲瀚 韓国の旗 古力 中華人民共和国の旗 孔傑 中華人民共和国の旗 トヨタ杯が終了
2010年 孔傑 中華人民共和国の旗 古力 中華人民共和国の旗 孔傑 中華人民共和国の旗 李世乭 韓国の旗 孔傑 中華人民共和国の旗
2011年 朴廷桓 韓国の旗 朴文尭 中華人民共和国の旗 李世乭 韓国の旗 李世乭 韓国の旗 孔傑 中華人民共和国の旗
2012年 江維傑 中華人民共和国の旗
年 度富士通杯三星火災杯LG杯春蘭杯トヨタ杯中環杯応氏杯BCC杯TVアジア備考
  1. 囲碁の国際棋戦に厳密な「主要」「公式」の定義は無いため、ここでは日本棋院ホームページのプロ棋戦情報に掲載されている棋戦を「主要」として扱う。
  2. 中国棋士は政治的理由のため不参加。

囲碁世界タイトル獲得者一覧(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%B2%E7%A2%81%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%E3%81%AE%E7%8D%B2%E5%BE%97%E8%80%85%E4%B8%80%E8%A6%A7.

 ○ プロ棋士の世界ランキング(韓国、中国が上位独占)

 2012年(平成24年)4月でのプロ棋士の世界ランキングが発表されています。囲碁棋士世界総合レーティング: http://sports.geocities.jp/mamumamu0413/total.html.によれば、世界の上位10名は、①(韓国、19才)、②(韓国、29才)、③(中国、27才)、④(中国、22才)、⑤(中国、15才)、⑥(中国、29才)、⑦(中国、20才)、⑧(中国、24才)、⑨(中国、29才)、⑩(韓国、23才)となっています。

 日本の棋士は、30位井山(日本、22才)、56位(日本、32才)、57位山下(日本、33才)、67位河野(日本、31才)、73位高尾(日本、35才)、81位羽根(日本、35才)、106位結城(日本、40才)、114位依田(日本、46才)、123位(日本、55才)、127位村川(日本、21才)、131位坂井(日本、39才)など、となっています。ということで、残念なことですが、現在では、中国と韓国の若手の台頭がめざましく、日本は大きく立ち後れていることが分かりました。

 なぜ日本は勝てないのか。井山は答えた。「日本は中国、韓国に比べ、僕より若い世代に強い棋士が少ない。僕も含め、もう少し頑張らなければいけない」。いまは日本が中国、韓国に学ぶ時代になっているという。

(参考文献) 朝日新聞: 囲碁界 中韓2強時代、若手育成遅れ、落日の日本、国家チームで養成(中国)、逸材出現でブーム(韓国)、2011年(平成23年)9月6日(火)朝刊より.

(追加説明) 近年は、世界中の人々と、インターネットと電子メールを使って囲碁を楽しむことができます。電子のメール碁は、インターネト囲碁(日本棋院): http://u-gen.nihonkiin.or.jp/; 日本メール碁会(JMGS): http://e-mail-go.sunnyday.jp/など、時代の流れを感じます。

« ネバネバ成分(粘液、ムチン)を含む食物、ヤマノイモ、ナットウ、コンブ、ナメコ、トロロアオイ、サトイモ、レンコン、オクラ、モロヘイヤ、ツルムラサキ、粘液の働き、とは(2012.4.16) | トップページ | 農業(農産物貿易)、世界の穀倉地帯(米、小麦、トウモロコシ)、世界の農産物の輸出入、日本の主な農産物の輸入相手国、日本の高関税率(%)の農産物と主な産地、とは(2012.4.26) »

● 囲碁(起源、棋話、歴史対局、儀式、遊び、近代碁、世界棋戦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ネバネバ成分(粘液、ムチン)を含む食物、ヤマノイモ、ナットウ、コンブ、ナメコ、トロロアオイ、サトイモ、レンコン、オクラ、モロヘイヤ、ツルムラサキ、粘液の働き、とは(2012.4.16) | トップページ | 農業(農産物貿易)、世界の穀倉地帯(米、小麦、トウモロコシ)、世界の農産物の輸出入、日本の主な農産物の輸入相手国、日本の高関税率(%)の農産物と主な産地、とは(2012.4.26) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ