« ローマ字(アルファベット)の歴史、フェニキア文字(22字、フェニキア)から発達したギリシャ文字(24字、ギリシャ)に由来する世界的なローマ文字(26字、イタリア)、とは(2012.5.8) | トップページ | 語源遺産、のろま(佐渡、越後、新潟)、ごり押し(金沢、加賀、石川)、うだつが上がらない(脇町、阿波、徳島)、ひとりずもう(今治、伊予、愛媛)、とは(2012.5.14) »

2012年5月10日 (木)

漢字の歴史、甲骨文字(殷、中国)、象形(しょうけい、物の形をかたどった字形)と指事(しじ、事柄や数などの抽象的な概念を記号化した字形)から発達した表意文字、とは(2012.5.10)

   漢字の起源は、3000年以前(紀元前16~11世紀)、古代中国文明の発祥地、今の河南省を中心に黄河(こうが)下流域を治めた、中国史上、実在の明らかな最古の王朝、(いん、開祖は湯王)においてつくられた甲骨文字(こうこつもじ)と言われています。 そこで、興味ある漢字の歴史について、改めて調べてみました。

○ 甲骨文字(漢字の祖型、殷、中国)

Photo_2Photo_3

甲骨文字(こうこつもじ、亀甲文字、亀甲獣骨文字とも、漢字の祖型、おもに占いに使った亀甲や獣骨に刻まれた文字、左 甲骨 右 、東京大学総合研究博物館デジタルミュージアム、東京、google画像) 甲骨文字(こうこつもじ、東京大学総合研究博物館デジタルミュージアム、東京): http://archive.fo/ksjd

(解説) 漢字の特徴は、象形(しょうけい)と指事(しじ)から発達した表意文字(ひょういもんじ)で、一字一字が一定の意味をもっています。 象形(しょうけい)は、物の形をかたどって字形とする方法、指事(しじ)は、事柄や数などの抽象的な概念を象徴的に記号化して字形とする方法で、「一」「二」「上」「下」「本」の類です。

○ 漢字の書体

現在、書籍などに使用されている多くの漢字の書体は、明の時代に確立された明朝体(みんちょうたい)が中心で、その起源は、後漢末期に確立された楷書(かいしょ)です。

甲骨文金文大篆書小篆書隷書楷書
馬-oracle.svg 馬-bronze.svg 馬-bigseal.svg 馬-seal.svg 馬-clerical.svg 馬-kaishu.svg

漢字の書体 (字体) 

 漢字(かんじ、ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E5%AD%97#.E6.9B.B8.E4.BD.93

(解説) 漢字書体(しょたい)は、筆者の個人的な風格を越えて、時代や用途に応じてさまざまに変化しています。中国には、周泰の篆書(てんしょ)、漢魏の隷書(れいしょ、八分とも)、六朝以後の楷書(かいしょ、今隷、正書とも)などの正体があり、また漢で興った章草、草書(そうしょ)、行書(ぎょうしょ)などのくずした書体もあります。また南朝末期には装飾性の濃い雑体書(ざったいしょ)が流行しました。

 飛白書(ひはくしょ)は、漢字の書体の一つで、刷毛(はけ)筆でかすれ書きにしたもので、広く解釈すれば雑体書(ざったいしょ)の一つと言えます。後漢の蔡邕(さいよう)の作と言う。宮殿、神社などの扁額(へんがく、横に長い額)に用いられました。

Images2_18

雑体書(十如是、部分) 

 日本へは1世紀頃に伝来、唯一の文字として漢字による言語活動が行われ、以来、国語(日本語、和語、やまとことば)表記の文字としても、語彙(ごい)の面でも国語の上に多大の影響を及ぼしました。漢字訓読(くんどく、漢字に国語をあてて読むこと)や万葉仮名(まんようがな、漢字の音訓を借りて国語の音を表記した文字)の用法が発達しました。

 また、草書(そうしょ)から仮名(かな)を創案し、万葉仮名の簡略化により日本独自の表音文字(ひょうおんもんじ、一字一字は意味をもたず、言語音を表すだけの働きをする文字)の平仮名(ひらがな)、片仮名(かたかな)を生むに至りました。そして、平安時代以後、優雅な書芸術を展開しました。

 現代の中国では、多くの簡体字略体)が用いられています。日本では一般に、「峠」「榊」「辻」「畠」(ふつう訓のみで音がない)等の、いわゆる国字(こくじ、中国にはなく、日本で作られた漢字、倭字とも)を含めて漢字と称しています。

(参考文献) 下中邦彦編: 小百科事典(初版)、平凡社(1973); 新村出編: 広辞苑(第4版)、岩波書店(1991).

« ローマ字(アルファベット)の歴史、フェニキア文字(22字、フェニキア)から発達したギリシャ文字(24字、ギリシャ)に由来する世界的なローマ文字(26字、イタリア)、とは(2012.5.8) | トップページ | 語源遺産、のろま(佐渡、越後、新潟)、ごり押し(金沢、加賀、石川)、うだつが上がらない(脇町、阿波、徳島)、ひとりずもう(今治、伊予、愛媛)、とは(2012.5.14) »

● 文字(漢字、仮名文字、ローマ字の起源)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ローマ字(アルファベット)の歴史、フェニキア文字(22字、フェニキア)から発達したギリシャ文字(24字、ギリシャ)に由来する世界的なローマ文字(26字、イタリア)、とは(2012.5.8) | トップページ | 語源遺産、のろま(佐渡、越後、新潟)、ごり押し(金沢、加賀、石川)、うだつが上がらない(脇町、阿波、徳島)、ひとりずもう(今治、伊予、愛媛)、とは(2012.5.14) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ