« サイエンス(科学)から眺める歴史散歩の話題(2012.7.17.歩道沿いの下野の花) | トップページ | 乳酸菌(にゅうさんきん)、乳酸菌の働きによって作られている食品(ヨーグルト、チーズ、乳酸飲料、漬物、醤油、味噌など)、ポリ乳酸(プラスチックの素材)、とは(2012.7.27) »

2012年7月20日 (金)

頁岩(けつがん、シェール)と呼ばれる泥岩層に含まれている新たな資源、シェールガス、シェールオイル(シェールガス革命!)、とは(2012.7.20)

   最近、新たな資源として、地下にある頁岩(けつがん、シェール)と呼ばれる泥岩(でいがん)の層に含まれている天然ガス、シェールガス、またシェールガスと同じ泥岩の層に含まれて石油、シェールオイルのことをよく耳にします。これらは、シェールガス革命と呼ばれていますが、いかなるものか、改めて調べて見ました。

 頁岩(けつがん、泥板岩とも)は、広辞苑によれば、堆積岩の1つで、泥が固結した岩石(泥岩)のうち、一定方向に薄くはがれる性質をもつもので、色は淡灰、暗灰、黒褐色などです。石灰岩、砂岩などと相重なり、中生層、第三紀層などの地層をなしています。

 頁岩油(けつがんゆ、シェール油とも)は、オイルシェールを乾留(かんりゅう)、または水蒸気蒸留して得られる油です。石油の原油に似ていて、各種炭化水素のほか、タール酸(フェノール酸、クレゾール酸、キシレノール類など)、タール塩基(主成分はピリジン類、キノリン類など)を含み、原油と同じように使えます。

○ シェールガス

 シェールガスは地下にある「頁岩(けつがん)、シェール」と呼ばれる硬(かた)い泥岩(でいがん)の中に閉じ込められています。泥岩の中の有機物(ゆうきぶつ)が地下の温度と圧力の上昇で熟成(じゅくせい、長時間放置して分解されること)し、残ったものです。

 原油価格が高騰(こうとう)し、高かった井戸掘りでも採算(さいさん)がとれるようになりました。ここ数年、加えて井戸掘り技術も進み、強い水圧で岩盤(がんばん)に割れ目を入れて、米国(アメリカ)やカナダで安くたくさん採掘されるようになりました。が、地下水汚染や、採掘で地震を誘発(ゆうはつ)する可能性もあり、課題の克服も大切です。

Images1_50

シェールガス埋蔵量(世界全体では456兆立方メートル、JOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)のまとめによる)

(解説) 天然ガスの埋蔵量(まいぞうりょう)は60年分ほどでしたが、それがシェールの登場で、経済性も踏まえ、人類が活用できる量は少なくとも250年以上にまで伸びたと言われています。たくさんシェールが出るようになった米国(アメリカ)では、液化天然ガス(LNG)を輸入する必要がなくなりました。

 シェールガス北米(北アメリカ)のほか、欧州(ヨーロッパ)や豪州(オーストラリア)、中国アフリカなど世界中にあります。国際石油資本(メジャー)も続々と進出しています。米国(アメリカ)はガス輸出の解禁を考え始め、大手商社や東京ガスも輸入を準備中です。

○ シェールオイル

 シェールオイルは、地下にある「頁岩(けつがん)、シェール」と呼ばれる泥岩(でいがん)の層に含まれている石油のことで、基本的にシェールガスと同じ技術で採れます。これまで採掘が難しかったが、強い水圧をかけて岩盤層に亀裂(きれつ)を入れて取り出す方法が開発され、生産しやすくなりました。

 原油価格の高騰で採掘コストも見合うようになり、米国(アメリカ)では、シェールオイルは盛んに生産されるようになっています。泥岩の中のシェールオイルは石油になった後、さらに熟成(じゅくせい)が進んでシェールガスになります。これらはシェ-ルガス革命と呼ばれています。

 日本では、石油やガスの採掘会社「石油資源開発」が秋田県由利本荘市の「鮎川油ガス田」の岩盤層に、米国(アメリカ)と同じような良質のシェールオイルがあることを確認しました。石油資源開発は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の協力を得て、来年にも地下1000~1500mで試験生産を始め、生産が軌道に乗れば、国内で順次販売する予定です。  国内の油ガス田(JAPEX、石油資源開発株式会社): http://www.japex.co.jp/business/japan/field.html

 関係者によると、総量で500万バレル程度の石油が採掘できる見込みという。なお、鮎川油ガス田は、すでに1995年(平成7年)から石油資源開発が石油と天然ガスを生産しています。秋田県内にはほかにも有望なシェールオイル田が複数あるとみており、これらを合わせ、1億バレルの石油が5年以内をめどに開発されると、国内の年間石油消費量の1割弱にあたる規模になり、国内の自給率も高まることが期待されています。

{参考文献) 下中邦彦編: 小百科事典(初版)、平凡社(1973); 新村出編: 広辞苑(第四版)、岩波書店(1991); 大木道則・大沢利昭・田中元治・千原秀昭編: 化学事典(第1版)、東京化学同人(1994); 朝日新聞(朝刊): 秋田でシェールオイル 国内初、試験生産へ、2012年(平成24年)7月7日(土); 朝日新聞(朝刊): ニュースがわからん! シェールガスが話題になているね 泥岩の中の天然ガスを採掘できるようになった、2012年(平成24年)7月20日(金).

 

« サイエンス(科学)から眺める歴史散歩の話題(2012.7.17.歩道沿いの下野の花) | トップページ | 乳酸菌(にゅうさんきん)、乳酸菌の働きによって作られている食品(ヨーグルト、チーズ、乳酸飲料、漬物、醤油、味噌など)、ポリ乳酸(プラスチックの素材)、とは(2012.7.27) »

● 資源(オイル、天然ガス、ウラン、レアメタル)、エネルギー(火力、原子力)、核分裂生成物、溶媒抽出(放射性トレーサー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/48409813

この記事へのトラックバック一覧です: 頁岩(けつがん、シェール)と呼ばれる泥岩層に含まれている新たな資源、シェールガス、シェールオイル(シェールガス革命!)、とは(2012.7.20):

« サイエンス(科学)から眺める歴史散歩の話題(2012.7.17.歩道沿いの下野の花) | トップページ | 乳酸菌(にゅうさんきん)、乳酸菌の働きによって作られている食品(ヨーグルト、チーズ、乳酸飲料、漬物、醤油、味噌など)、ポリ乳酸(プラスチックの素材)、とは(2012.7.27) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ