« 徳島(阿波)名の由来、阿波国は粟国の意で、祖神はオオゲツヒメ(大宣都比売、五穀神)、とは(2012.11.17) | トップページ | 香川(讃岐、高松)名の由来、さぬきとは小平野の多い狭野の国、水城の高松城(玉藻城とも)、とは(2012.11.19) »

2012年11月18日 (日)

愛媛(伊予、松山)名の由来、古事記に伊予国を愛比売という、是すなわち湯姫なり、とは(2012.11.18)

   愛媛(えいめ、伊予)の県庁、有名な道後温泉(どうごおんせん)は、松山(まつやま)にあります。松山については、1603年(慶長8年)、加藤嘉明(1563~1631)が孤立丘陵である勝山の頂上に築城し、松山城と称し、これをとりまく城下町が発達しました。勝山には、松・杉・檜などの常緑樹が多く、松山嘉名でもあり、松の繁る山という植物景相の上から名づけられたという。 そこで、改めて、愛媛(伊予、松山)名の由来について調べてみました。

○ 愛媛(伊予)名の由来 

E68b9de6aebf1

愛比売命(えひめのみこと、伊豫豆比古命神社椿神社とも、居相(いあい)町、松山、愛媛、google画像 ) 愛比売命(えひめのみこと、伊豫豆比古命神社椿神社とも、松山、愛媛): http://www.tubaki.or.jp/002/002_00_00.php

(解説) 愛媛(えひめ)のは、古事記に、伊予二名(ふたな)、この島は身一つにして(おもて)四つあり、面ごとに名あり、伊予の国を愛比売(えひめ)という、とあるに由来しています。 

  この面四つあり、と書かれているのは、四国における讃岐(さぬき、香川)国の飯依比古(いいよりひこ)と伊予(いよ、愛媛)国の愛比売(えひめ)、土佐(とさ、高知)国の建依別(たけよりわけ)と阿波(あわ、徳島)国の大宜都比売(おおげつひめ)の男女二神ずつがそれぞれ一対となって二ならびを形成しているという。二名島の名称は、二つの特質をもった地域、すなわち北四国南四国の相異なった姿をを象徴的に示していると思われます。

 本居宣長(もとおりのりなが、1730~1801、江戸中後期の国学者)は、兄弟の女子を兄比売・弟比売という例が多いので、この国は女子の始めの意で兄比売といったのか、また、吉(よき)を愛(え)という例も多く、愛はよろしい意であるかもしれぬ、と解釈し、神話を地名起源として肯定しました。

 松岡静雄(まつおかしずお、1878~1936、明治-昭和前期の軍人、言語学者、民族学者)は、は湯の転で、古来、有名な温泉があったので国の名となったもの、伊予のも同じである、と温泉説をとられました。この説はおそらく内山真竜(うちやままたつ、1740~1821、江戸中後期の国学者)の国号考の説を承けたものと思われます。国号考に、古事記伊予国を愛比売というすなわち湯姫なり、と興味ある説が見られます。

(参考文献) 吉崎正松: 都道府県名と国名の起源、古今書院(1972); 山本大、田中歳雄: 四国の風土と歴史、山川出版社(1977); 愛媛県高等学校教育研究会社会部会編: 愛媛県の歴史散歩、山川出版社(1994); 永原慶二: 日本史辞典、岩波書店(1999).

(追加説明) 古事記日本書紀記紀とも)は、681年(天武10年)、飛鳥時代、第40代天武天皇(631?~686)が編纂を命じた、現存する日本最古の歴史書です。記紀には、天上の高天原(たかまがはら)から地上に降臨(こうりん)し、天皇家の先祖となる天つ神(あまつかみ)、天照大神(あまてらすおおみかみ)が、国つ神(くにつかみ)、大国主神(おおくにぬしのかみ)から地上の支配権を譲られた話をはじめ、天皇家を中心とする日本統一の由来が書かれています。神社の多くは、記紀に登場する神々を祀っています。

« 徳島(阿波)名の由来、阿波国は粟国の意で、祖神はオオゲツヒメ(大宣都比売、五穀神)、とは(2012.11.17) | トップページ | 香川(讃岐、高松)名の由来、さぬきとは小平野の多い狭野の国、水城の高松城(玉藻城とも)、とは(2012.11.19) »

● 都道府県(地名の由来、沖縄から北海道まで)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/48412508

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛(伊予、松山)名の由来、古事記に伊予国を愛比売という、是すなわち湯姫なり、とは(2012.11.18):

« 徳島(阿波)名の由来、阿波国は粟国の意で、祖神はオオゲツヒメ(大宣都比売、五穀神)、とは(2012.11.17) | トップページ | 香川(讃岐、高松)名の由来、さぬきとは小平野の多い狭野の国、水城の高松城(玉藻城とも)、とは(2012.11.19) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ