« 湧水、神子清水(動画)、神子清水集落(白山市)の近くで目にしたユリに似た艶やかな花、アルストロメリア(ユリ科、ユリズイセン、百合水仙とも)の風景(2013.6.23) | トップページ | 山開きの季節、犀川土手のガクアジサイ(額紫陽花)、ヒメジョオン(姫女菀)、アベリア、近くの歩道、車道沿いのシナノキ(科木)、マツバギク(松葉菊)、オオバコ(大葉子)、アガパンサス、タイサンボク(泰山木)の花咲く風景(2013.7.1) »

2013年6月27日 (木)

方丈記(鴨長明、平安末期から鎌倉初期)、序(ゆく河の流れは絶えずして)、天災(大火、大風、遷都、地震)、人災(政治的変乱、出家遁世)、方丈の住居、とは(2013.6.27)

 方丈記(ほうじょうき)といえば、今から800年前、鴨長明(かものちょうめい)が、はじめに(すみか)の無常を説き、次いで、大火地震など見聞した災害の様子、権威にへつらう人間姿自ら半生を紹介。後半で、出家後方丈(いおり)の間取り生活ぶりを描写した随筆です。 

Photo_2

長明法師画像鴨長明、伝土佐広周筆、google画像)

(解説) 鴨長明(かものちょうめい、かものながあきらとも、1155年(久寿2年)?~1216年(建保4年)は、鎌倉初期の歌人・文学者です。下鴨神社の禰宜(ねぎ)の家に生まれ、管弦の道にも通じていました。和歌を俊恵(しゅんえ、1113年~ ?)に学び、1201年(建仁1年)和歌所寄人(よりうど)となり精勤しましたが、法然(ほうねん、1133~1212)の弟子のもとで1204年(元久1年)出家し遁世(とんせい)、法名、蓮胤(れんいん)。大原山に隠れ、のち日野の外山(とやま)に方丈の庵を結び著作に専念しました。随筆「方丈記」、仏教説話集「発心集」、歌論集「無名抄」などが有名です。

 方丈記

(序)  ゆく河の流(なが)れは絶(た)えずして、しかも、もとの水にあらず。淀(よど)みに浮(うか)ぶうたかたは、かつ消(き)えかつ結(むす)びて、久(ひさ)しくとどまりたる例(ためし)なし。世中(よのなか)にある人と栖(すみか)と、またかくのごとし。

(解説) 川の流れは絶(た)えることなく、いつも流れつづけている。そして、その水はといえば、すでにもと流れていた水ではない。よどみに浮(うか)んでいる水の泡(あわ)も、こちらで消えたかと思えばあちらで浮(う)いていて、決してもとのままではない。世の中の人や、その住居にしてもまったくこれと同じことだ。 ---

方丈記(鴨長明、がんばれ凡人、古典に親しむ): http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/houjouki.htm

001_3_3

方丈記(ほうじょうき、主な五大災害、安元の大火、元暦の大地震、治承の竜巻、福原遷都、養和の飢饉、朝日新聞:2011年(平成23年)6月20日(月)朝刊)

(解説) 方丈記は、鎌倉初期、1212年(建暦2年)頃の随筆です。人生無常を、仏教的な無常観をもとに、いろいろ実例を挙げて述べ、最後に日野山の方丈の庵に閑居、隠遁するさまを、優れた和漢混交文(漢字交じり片仮名文)で描いています。

 その内容は、(すみか)の無常主題とし、仏教的な無常観をもとに、保元の乱(1156)、平治の乱(1160)、安元の大火(1177)、治承の辻風(1180)、平清盛(たいらのきよもり、1118~1181)の福原遷都(1180)、養和の飢饉(1181)、元暦の大地震(1185)、平家滅亡(1185)のほか、河川氾濫、落雷、疫病流行などを描いています。

001_6

方丈記(ほうじょうき、方丈、朝日新聞:2011年(平成23年)6月20日(月)朝刊)

(解説) 鴨長明は、余生を京の郊外に構えた方丈で過ごし、都を遠く望み、川の流れを見ながら世の中や人生を省察(しょうさつ)しました。

 そして、災厄を生々しく描き、非常時生き方を模索し、無常という思想を引き出し、少欲知足ほどほどの生活を良しとする、生活を実践しました。その無常感は、世をはかなむものではなく、見えない力によって常に変化を強いられる世の中というような意味で、長明はその無常に立ち向かっていく行動の人だったと語られています。 

(参考文献) 新村出編: 広辞苑(第四版)、岩波書店(1991); 朝日新聞: ことばの旅人、京都・下鴨神社、鴨長明「方丈記」、ゆく河の流れは絶えずして、やっぱりいるぜ こんなやつ、be on Saturday、2004年(平成16年)7月31日(土)朝刊; 世界文化社CULTURE編集部(編)、島尾敏雄、堀田善衛(解説): 徒然草、方丈記世界文化社(2006); 北陸中日新聞: こちら編集委員室、長明に学ぶ「無常」への挑戦、、2011年(平成23年)5月17日(火)朝刊; 朝日新聞:文化の扉、はじめての 方丈記、中世襲った災害的確にルポ、2011年(平成23年)6月20日(月)朝刊.

(参考資料) 下鴨神社(世界遺産、ホ-ムページ、下鴨泉川町、左京区、京都): http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

« 湧水、神子清水(動画)、神子清水集落(白山市)の近くで目にしたユリに似た艶やかな花、アルストロメリア(ユリ科、ユリズイセン、百合水仙とも)の風景(2013.6.23) | トップページ | 山開きの季節、犀川土手のガクアジサイ(額紫陽花)、ヒメジョオン(姫女菀)、アベリア、近くの歩道、車道沿いのシナノキ(科木)、マツバギク(松葉菊)、オオバコ(大葉子)、アガパンサス、タイサンボク(泰山木)の花咲く風景(2013.7.1) »

● 人の世(方丈記、辞世、徒然草、論語、坐禅)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/52164459

この記事へのトラックバック一覧です: 方丈記(鴨長明、平安末期から鎌倉初期)、序(ゆく河の流れは絶えずして)、天災(大火、大風、遷都、地震)、人災(政治的変乱、出家遁世)、方丈の住居、とは(2013.6.27):

« 湧水、神子清水(動画)、神子清水集落(白山市)の近くで目にしたユリに似た艶やかな花、アルストロメリア(ユリ科、ユリズイセン、百合水仙とも)の風景(2013.6.23) | トップページ | 山開きの季節、犀川土手のガクアジサイ(額紫陽花)、ヒメジョオン(姫女菀)、アベリア、近くの歩道、車道沿いのシナノキ(科木)、マツバギク(松葉菊)、オオバコ(大葉子)、アガパンサス、タイサンボク(泰山木)の花咲く風景(2013.7.1) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ