« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の8件の記事

2013年7月30日 (火)

犀川の河川敷、歩道沿いのオギ(荻、イネ科)の草刈り、河川敷のムクゲ(木槿、アオイ科)の花、河川中洲のサギ(鷺、コウノトリ目サギ科)の集団営巣地(コロニー)、犀川のダム放流の警告、あゆ(鮎)の禁魚区域などの立て札の風景、とは(2013.7.30)

○ 犀川の河川敷、歩道沿い(桜田町、金沢)のオギ(荻、イネ科、多年草)の草刈りと除草立て札

P7130003

P7200116

P7130001

P7160045

P7160042

P7300002_2

○ 犀川の河川敷(示野中町、金沢)のムクゲ(木槿、アオイ科、耐寒性落葉低木、中国、東南アジア原産)の花

P7300009_2P7300014_2

P7250139

P7250140

P7160049

P7150035

P7160051

○ 犀川の中洲のサギ(鷺、コウノトリ目サギ科準絶滅危惧種)の集団営巣地(コロニー、示野中橋から国道8号付近まで、約800メートル、北側の示野中町と南側の高畠に挟まれた流域、金沢)と川幅を広げる工事の立て札

P7160052_2

P7300050_2

P7160057

P7160059

P7160046

P7300065

P7300074_2

○ 犀川のダム放流の警告、あゆ(鮎)の禁魚区域などの立て札(北陸自動車道と国道8号線の犀川橋から歩道の雪吊橋、歩道と車道の示野橋、県立野球場近く)

P7300081_2

P7300083_2

P7160061

P7300094

P7300096_2

P7160063_2

(解説) 犀川の河川敷、歩道沿いのオギ(荻、イネ科、多年草)の草刈り、河川敷のムクゲ(木槿、アオイ科、耐寒性落葉低木、中国、東南アジア原産)の花、河川中洲のサギ(鷺、コウノトリ目サギ科)の営巣地(コロニー)、犀川のダム放流の警告、あゆ(鮎)の禁魚区域などの立て札の風景(2013.7.30)

2013年7月26日 (金)

ナンキンハゼ(南京櫨、トウダイグサ科、落葉高木、中国原産)、わが家近く示野中町(金沢)の歩道沿いで、珍しい黄色の総状花序(そうじょうかじょ、黄色い小花が長い穂となって咲く)花をつけたハート形(心臓形)の葉の花木の風景、とは(2013.7.26)

 北陸地方は梅雨明け前で、金沢も35℃を超える猛暑日があり、時折激しいにわか雨があるものの、蒸し暑い日が続いています。 わが家近く示野中町(金沢)を散策中、歩道沿いの街路樹が、珍しい黄色の総状花序(そうじょうかじょ、黄色い小花が長い穂となって咲く)花をつけているのが目につきました。

 その後、この花木は、いろいろな図鑑で調べた結果、葉がハート形(心臓形)をして先が尾状にとがり、互生していることから、ナンキンハゼ(南京櫨、トウダイグサ科、落葉高木、中国原産)であることが分かりました。この緑葉は、草木染のとき、酢酸銅を媒染剤に使うと、美しい鶸色(ひわいろ、黄色みの強い黄緑色)になるそうです。

○ ナンキンハゼ(南京櫨)

P7150029_2

P7250128

P7150026

P7150024

P7150027

P7250136

P7250138

P7250129

P7150028

ナンキンハゼ(南京櫨、トウダイグサ科、落葉高木、中国原産、歩道沿い、示野中町、金沢) この珍しい花びらのない花は、黄色い小花が集まって長い穂のようになり、尾のように垂れ下がっています。

(参考文献) 山崎青樹: 草木染 染料植物図鑑、p.166~167、ナンキンハゼ(南京櫨)、美術出版社(1985).

2013年7月23日 (火)

アイシャドー、古代エジプト(5000年前)では、まぶたに青い孔雀石(塩基性炭酸銅、有毒)の粉を塗っていましたが、これは美しく見せるためとか日除けよりも蠅(はえ)除けのためだった、とは(2013.7.23)

 アイシャドー(eye shadow)は、ご存知のように、まぶたや目じりを青色や灰色などに塗り、目もとに陰影をつけ、美しく見せるための化粧品です。無害の色素を油脂、蝋(ろう)、香料などと練り合わせたもので、固形、クリーム、棒状があります。かっては職業婦人のしるしと考えられていました。

 アイシャドーの歴史は古く、今から5000年も前の古代エジプトの頃からあり、そこでは化粧術が早くから発達し、紅、香油、かつらなどを使い、髪も染めていたそうです。

 古代エジプトの人々が使用したアイシャドーは、おもに孔雀石(くじゃくいし)をすりつぶした青い粉で、それをまぶたに塗っていました。しかし、これはもともと濃艶(のうえん)な美的効果をねらった化粧法というより、もっと実用的な目的を持っていました。

 まぶたを青く塗ることは、強烈なエジプトの日射しをやわらげる働きもありました。が、それ以上に重要だったのは、(はえ)除けになることでした。また、目から悪霊が入るのを防ぐためとも言われています。

 というのは、孔雀石には強い毒性があり、殺虫剤にも使われている炭酸銅を含むからです。ところで、孔雀石は、銅の炭酸塩鉱物ですが、組成はCuCO3・Cu(OH)2(塩基性炭酸銅、緑青(ろくしょう)と同じ、有毒!)、緑色または黒緑色の半透明の結晶で、装飾用、銅鉱石などに利用されています。

 アフリカには今でも人間の分泌物を好む蠅がいて、人の目のふちにとまると、眼病を伝染させます。そこで、孔雀石の粉をまぶたに塗ると、蠅がとまることや眼病の伝染を防ぐことができました。 

 現在、アイシャドーは、美的効果を高めるため、黒、茶、青、緑、白、金、銀などいろいろな色のものが使われています。日本には、明治の頃に西欧から入ってきましたが、女性一般に浸透したのは遅く、昭和になってからだという。

(参考文献) 下中国邦彦編: 小百科事典(初版)、平凡社(1973); 新村出編: 広辞苑〈第4版)、岩波書店(1991); 樋口清之監修: 生活歳時記(第2版)、p.403 アイシャドー事始め、三宝出版(1994).

(参考資料) アイシャドー(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%83%BC

2013年7月20日 (土)

懐かしいヒット曲(1960~1970)、いつでも夢を、こんにちは赤ちゃん、夜空のトランペット、涙くんさよなら、バラが咲いた、今日の日はさようなら、この広い野原いっぱい、夜明けのスキャット、また逢う日まで、YOUNG MAN(YMCA)、知床旅情、リンデンバウム(菩提樹)の歌、話題と出来事、とは(2013.7.20)

 懐かしいヒット曲(1960~1970)ですが、記憶をたどり、その作品の由来、エピソードなどをGoogleで検索し、当時の人気歌手の歌をYouTubeで視聴したところ、今でも何か心に響くものが感じられました。

 また、「歌は世につれ世は歌につれ」とも言われていますが、現在の世相のルーツと思われる話題と出来事についても追加説明しました。

○ いつでも夢を

 作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正

 1962年(昭和37年) いつでも夢を 橋幸夫・吉永さゆり(YouTube): http://www.youtube.com/watch?v=i4jB3H1nj4g.橋幸夫と吉永さゆりとのデュエットソングですが、とりわけ高度成長期を象徴する楽曲となっています。

 こんにちは赤ちゃん 

 作詞 永六輔 作曲 中村八大

1963年(昭和38年) こんにちは赤ちゃん  永六輔が中村八大の第一子生誕をヒントに、パパの心情を歌詞にして、中村にプレゼントした曲であったという。また、皇后・美智子さまのお気に入りの歌であったようです。YouTube: http://www.youtube.com/watch?v=1_cXrf6jBkk

○ 夜空のトランペット 

トランペット奏者・作曲 ニニ・ロッソ(イタリア)  

 1964年(昭和39年) 夜空のトランペット ニニ・ロッソ(YouTube): http://www.youtube.com/watch?v=rGPkOhCtSpg. ナレーションでは、「おやすみなさい 私のいとしい人」とつぶやいています。  

○ 涙くんさよなら、バラが咲いた 

 作詞・作曲 浜口康之助 

 1965年(昭和40年) 涙くんさよなら(Goodbye Mr Tears) (英語版) ジョニーティロットソン(YouTube):  http://www.youtube.com/watch?v=B4NpJQfvKF0. TBS系ドラマ愛の劇場「新・天までとどけ」の主題歌です。

 1966年(昭和41年) バラが咲いた マイク眞木(YouTube): http://www.youtube.com/watch?v=hNHlyGgcpdM. サン=テグジュベリの童話、「星の王子さま」のバラ(薔薇)をテーマにした一節が動機となった創作です。

○ 今日の日はさようなら

 作詞・作曲 金子 詔一

 1966年(昭和41年) 今日の日はさようなら 森山良子 ボーイスカウトやガールスカウトの活動において、団員やリーダーらによるキャンプファイヤーの歌となっています。YouTube: http://www.youtube.com/watch?v=0i2nyMuw4-k

○ この広い野原いっぱい

 作詞 小圜江圭子 作曲 森山良子

1967年(昭和42年) この広い野原いっぱい 森山良子  森山さんが、学生時代にラジオ番組に出演していた頃、この歌が放送で話題となり、フォークソングに進むきっかけとなりました。 YouTube: http://www.youtube.com/watch?v=BZBbi7bUa3M

○ 夜明けのスキャット

作詞 山上路夫 作曲 いずみたく

1969年(昭和44年) 夜明けのスキャット 由紀さおり 歌詞がなく、大半が「ルー、ルールルルーーー」というスキャット(意味のない音をメロディーに合わせて歌う曲)となっています。これは、もと深夜ラジオ番組のBGMに使われていた楽曲であったからだという。YouTube (starflyer2011): https://youtu.be/ZBynPuKTWg0

○ また逢う日まで

 作詞 阿久悠、作曲・編曲 筒美京平

 1971年(昭和46年) また逢う日まで 尾崎紀世彦(YouTube): http://www.youtube.com/watch?v=pSQ7HpOkqhg.当初は、三洋電機、ルームエアコン「健康」の「CMソング」の候補として作られた曲でした。

 YOUNG MAN(YMCA) 

 作詞・作曲(米国) J. Morale、H. Belolo 、V. Willis

 1979年(昭和54年) YOUNG MAN(YMCA) 西条秀樹 ディスコ音楽のグループ、Village People(米、ゲイグループ)のヒット曲(YMCAで素敵な出会いを!)を青春歌謡ポップス風にアレンジしました。 YouTube: http://www.uta-net.com/movie/21209/

 ところで、YMCAの曲は1960年代にはじめて発表され、軽快なこの曲をYMCA活動中の京都の女子高生がよく口ずさんでいたのを覚えています。その当時のニューヨークのY.M.C.A.(Young Men's Christian Association; キリスト教青年会)は、ゲイの有名なたまり場で、それを前提につくられた曲であったことは、ずっと後になって知りました。

(参考資料) ○ ヒット曲(邦楽)ランキング(年代流行): http://nendai-ryuukou.com/song.html

○ 知床旅情

 作詞・作曲 森繁久弥

1960年(昭和35年) 知床旅情 森繁久弥(YouTube):http://www.youtube.com/watch?v=tfjKZD03Ox8. この歌が作られたのは、1960年製作の東宝映画「地の涯(はて)に生きるもの」の撮影時だったという。

○ リンデンバウム(菩提樹)の歌

LINDENBAUM(菩提樹)は、1823年頃、シューベルトの歌曲、冬の旅の第5曲で、失恋した若者が町を捨て、放浪の旅を続けていく姿が描かれていて、全曲を通じて疎外感や絶望と悲しみが強く表現されているという。http://www.worldfolksong.com/classical/schubert/

 

一方、和製の歌曲で、1964年頃にヒットした、梓みちよの「リンデンバウムの歌」(作詞 岩谷時子、作曲山本直純)は、二人の愛の姿をしみじみと歌い上げ、よく耳にしたことが、強く印象に残っています。 https://www.youtube.com/watch?v=pYGrdq_3q1U

(追加説明) ○ 話題と出来事(1960~1970)

1960年(昭和35年) 2月23日 皇太子妃美智子様、親王を出産。浩宮徳仁と命名。(岸内閣)

1963年(昭和38年)10月15日 韓国大統領選で朴正煕韓候補当選。12月17日就任。11月22日 米、ケネディ大統領がダラスで暗殺される。副大統領ジョンソンが昇格。24日 容疑者のオズワルドが射殺される。(池田内閣)

1964年(昭和39年) 4月25日 第1回戦没者叙勲発表。4月28日 第1回生存者叙勲発表。10月1日 東海道新幹線開業。東京ー新大阪間を4時間。10月10日 第18回オリンピック競技大会、東京オリンピック開幕。94ヵ国・5541人参加。10月16日 中国が第1回原爆実験に成功。17日 日本政府が抗議の談話を発表。(池田内閣)

1965年(昭和40年)7月1日 名神高速道路全線開通。11月19日 閣議が戦後初の赤字国債発行を決定(66年1月29日発行開始)(佐藤内閣)

1969年(昭和44年)1月18日 東大闘争で大学側が警官8500人を導入。19日 機動隊が安田講堂の封鎖解除、631人逮捕。1月20日 坂田道太文相が東京大の入学試験中止を加藤一郎学長代行に要望。東京大学当局受け入れ。5月26日 東名高速道路が全線開通。全長346.7キロ。(佐藤内閣)

1970年(昭和45年)3月15日 日本万国博覧会(大阪万博)開幕。77ヵ国参加・6421万8770人入場。日本最古の原子力発電機、敦賀1号炉が万博開幕日に営業運転を開始し、会場に初めて送電。(佐藤内閣)

1971年(昭和46年)7月1日 佐藤栄作首相、朴正煕韓国大統領就任式参列のため訪韓。大統領と会談、ソウル地下鉄建設協力を約束。(佐藤内閣)

1972年(昭和47年)5月15日 沖縄返還。沖縄県発足。(佐藤内閣)、9月25日 田中首相が訪中。周恩来首相と会談、日中正常化達成で合意。27日 毛沢東主席と会見。29日 9項目の共同声明。台湾は日本との外交断絶を宣言。(田中内閣) 

1978年(昭和53年)10月17日 靖国神社が東条英樹、広田弘毅らA級戦犯14人を合祀。(福田内閣)

1979年(昭和54年)6月28日 第5回主要先進国首脳会議(東京サミット)開催。日本・カナダ・EC・西ドイツ・米・英・仏・イタリアの各国首脳が参加。石油輸入抑制などを盛り込んだ東京宣言を採択。10月26日 朴煕韓国大統領が金載圭KCIA部長に射殺される(62歳)(大平内閣) 

戦後史年表 1926ー2006、朝日新聞社(2007)、より)  

(追加説明)

〇 平尾正晃 (1937年12月24日~2017年7月21日) 

 1960年代半ばから作曲家として活躍。布施明さん「霧の摩周湖」などでレコード大賞作曲賞を受けたほか、小柳ルミ子さん「瀬戸の花嫁」が日本歌謡大賞、五木ひろしさん「夜空」が日本レコード大賞を受賞した。

 その他の代表曲に小柳ルミ子さんの「わたしの城下町」、五木さん「よこはま、たそがれ」、梓みちよさん「二人でお酒を」、伊藤ゆかりさん「恋のしずく」など。ポップスから演歌まで幅広く手掛け、ヒットメーカーとして一時代を築いた。

 歌手としての活動も続け、畑中葉子さんとデュエットした「カナダからの手紙」がヒットした。NHK紅白歌合戦で2006年からエンディング曲「蛍の光」の指揮者を務めた。新人歌手育成にも努め、また、音楽活動の傍ら、少年院や福祉施設で慰問ライブを行い、チャリティーゴルフ大会を開くなどボランティアにも力を入れた。2003年紫綬褒章。

 

2013年7月17日 (水)

数と科学のストーリー(桜井進)、素数の数とエラトステネスの篩、クレジット暗号番号への応用、円周率πの数とアルキメデスの円周率の求め方、惑星探査機「はやぶさ」にプログラムされた円周率は16桁、とは(2013.7.17)

 最近、サイエンスナビゲーター、桜井進(1964~)さんによる、素数の数と円周率πの数の探査に関する興味ある記事が、数と科学のストーリーとして、朝日新聞に紹介されていました。そこで、その記事について、改めて勉強させていただき、説明を加えました。

44881

桜井進(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E4%BA%95%E9%80%B2

○ 素数の数の探査

 素数とは、1およびその数自身のほかに約数を持たない正の整数のことです。普通は、1を除いた、100以下の素数は、2、3、5、7、11、13、15、17、19、23、29、31、37、41、43、47、53、59、61、67、71、73、79、83、89、97など、計25個あります。 

  紀元前200年頃、ギリシャの数学者、エラトステネス( 紀元前275年~ 紀元前194年)が、「エラトステネスの篩(ふるい)」を考案して素数を発見し、素数は無限にあることを証明しました。

 エラトステネスの篩(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%AF%A9

(解説) 自然数を1、2、3、4、5、・・・と並べ、1を消し、素数2を残してその倍数4,6,8、10・・・を消し、次の素数3を残してその倍数9,12、15・・・を消します。こうして素数pの倍数を消したとき、pの次の素数がqなら、qの2乗より小さい数で残ったものはすべて素数となります。

 2013年(平成25年)1月25日、約1700万桁というその時点で最大の素数がアメリカで確認されたそうですが、素数が大きくなるにつれ、素数の出現はまばらになる性質があり、巨大な数ほど探査は困難になるという。

 現在、RSA(桁数が大きい素数を掛け合わせてつくった合成素数)暗号が、ネットショッピングにおけるクレジット暗号番号として、送信に利用されています。

○ 円周率πの数の探査

 円周率πとは、円周の長さとその直径との比、または円の面積と半径の平方との比のことです。近似値3.14159で、ギリシャ文字π(ぱい)で表します。円周の長さとその直径との比を数で表そうとすると、小数点以下は無限に数が続くことになります。

○ アルキメデスの円周率の求め方(pdf、数泉編集部):http://www.chikyo.co.jp/maths/pdf/free02.pdf. 

(解説) 2000年前、古代ギリシャのアルキメデスは、直径1の円周の長さをうまく求める、「円の内側に接する多角形の周りの長さを計算する」方法を考え出しました。すなわち、アルキメデスは、正6角形から12角形、24角形・・・・と倍々に角数を増やし、正96角形まで考え、円周率が薬3.14であることを突き止めました。

 2011年(平成23年)、日本人が円周率を小数点以下10兆桁まで計算した記録を打ち立てましたが、10兆目の数は5だったそうです。

 惑星探査機はやぶさ」にプログラムされた円周率は、「3.141592653589793」という、16桁の円周率でした。3億キロ宇宙の旅から帰還するために使う円周率の桁数を、JAXAは、3.14だけでは、15万キロも軌道に誤差が出るので、16桁にしたそうです。

 その他、指輪製作工房では3.14の3桁でしたが、砲丸工場では10桁陸上競技場の円周率は3.1416の5桁とルールブックに決められています。

(参考文献) 下中邦彦編: 小百科事典(初版)、平凡社(1973); 新村出編: 広辞苑(第四版)、岩波書店(1991); 朝日新聞: 桜井進の数と科学のストーリー、素数・円周率・・・数を探査しよう、2013年(平成25年)4月14日(日)朝刊; 朝日新聞: 桜井進の数と科学のストーリー、円周率 アルキメデスはこう考えた、2013年(平成25年)4月28日(日)朝刊.

2013年7月12日 (金)

微生物の利用、微生物と呼ばれるもの、細菌・酵母・カビなどによる発酵食品、医薬品などの生産、微生物電池、水素づくりへの応用、とは(2013.7.12)

 私たちの周りには、肉眼ではほとんど見えない小さな生物がたくさんいます。それらはまとめて微生物(びせいぶつ)と呼ばれています。

 微生物には、細胞DNA(デオキシリボ核酸)の特徴により、細菌(バクテリア、乳酸菌、納豆菌、ブドウ球菌、大腸菌、放線菌、コレラ菌、ペスト菌など)、古細菌(アーキア、高度好熱菌、高度好塩菌、メタン生成菌など)、真菌(カビ、酵母、キノコなど)、原生生物(ゾウリムシ、粘菌、アメーバ、ミドリムシ、藻類など)に分けられています。

 細菌は、1マイクロメートル(1000分の1ミリ)の前後で、球状、棒状、らせん状などの形をしています。 カビ(黴)は綿毛のような胞子が菌糸という糸状の構造の上についた形となっています。 酵母菌(イースト菌)は特徴の少ない円か楕円の形をしています。

○ 微生物の利用

1.発酵食品の生産

  発酵は、人間にとって、微生物を利用して有用物質を生産する手段ですが、微生物には、有機物を分解してエネルギーを得る手段となっています。

 微生物が有機物を分解するとき、人の役に立つときには発酵、有害なときには腐敗と呼んでいます。みそ、しょう油、清酒、ビール、ワイン(ブドウ酒)、パン、チーズなどの発酵食品(はっこうしょくひん)は、微生物の細菌・酵母・カビなどの力を利用したものです。

 日本発酵食品には、カビと細菌類、カビと酵母菌、あるいはそれら3種類の微生物の組み合わせを利用したものが多い。 

 酵母で酒(エタノール)をつくり、発生したガス(二酸化炭素)でパンを膨らませ、乳酸菌でヨーグルトやぬか漬け、キムチをつくり、納豆菌で納豆をつくっています。みそやしょうゆにはコウジカビを使い、多種多様のチーズもさまざまなカビの働きによるものです。というわけで、微生物の存在を知らなかった大昔から、人類は発酵の効用を経験的に知っていました。

 また、カビは、食品の腐敗や、ヌメリや悪臭の発生など有害な面もありますが、枯れた植物や動物の死骸などを分解するなど、自然界の掃除(汚染の浄化)の働きもしています。

2.医薬品の生産

 人に有用な医薬品は、土にいる微生物が有機物を分解する際に出す酵素をもとに開発されてきました。例えば、カビが出す物質から、抗生物質(ペニシリン、セファロスポリンなど)、高脂血症薬(プラバスタチン)、免疫抑制剤(サイクロスポリン)などの医薬品がつくられました。 また、アフリカや中南米の河川盲目症治療薬(イベルメクチン、メクチザン)が米メルクと大村智さん(77歳)チームの共同研究で開発されています。伊豆半島で見つけた放線菌(細菌)が特効薬の元だという。

 カビ酵母、キノコなどの真菌で、実態が分かっているのは約10万種で、地上には、まだ140万種に近い未知な真菌がいると言われています。青カビから抗生物質のペニシリンができたように、有用なものが自然界に潜んでいるかもしれません。

 昨年11月下旬、南シナ海に浮かぶベトナムのコンダオ島で、日本とベトナムの菌ハンターたちがジャングルに分け入り、医薬品や健康食品の開発に役立つ新種の微生物を探しています。

 なお、私たちの腸内には500種類以上、約100兆個の細菌がいて、重さは計1~1.5キロで、病原菌の侵入を防いだり、免疫力を高めたりしています。

 1993年(平成5年)に生物多様性条約が発効し、「動植物や微生物の権利は、それらが生息する国(資源国)にある」との考え方が広まりました。今では、新種を見つけても、資源国への利益配分を考慮する必要があり、それを資源国の外に無断で持ち出して利用することが許されない時代になっています。

3.微生物電池、水素づくりへの応用

 スプーン1杯の土には数十億の細菌がいて、有機物を分解する際に電子を放出するものもいます。その電子を電極に取り込んで電気を起こし、携帯電話を充電したり、LEDライトをともせるようになっています。(米国、ハーバード大学医学部アビバ・アイデンの研究チーム)

 微生物電池による汚水処理装置の開発において、発電菌に工場排水を浄化させ、同時に電気を取り出して、ポンプの稼働や施設内の照明、計器などの電力をまかなう研究が進められています。(日本、東京大学・東京薬科大学・パナソニック・積水化学の研究チ-ム)

 また、食品や農業の廃棄物微生物に分解させて水素をつくるという研究が日本や欧米で進んでいます。 最近では、広島県内の下水処理場の汚泥の中から水素をつくるPEH8菌を発見し、有害なメタン生成菌と乳酸菌をホップを使って取り除き、効率的に水素を生産する研究が進められています。(日本、サッポロビール、三谷優研究チーム)

 ところで、青い地球が生まれたのも微生物の力だという。25億年ほど前、酸素のほとんどなかった地球に、光合成をする微生物が現れ、大気中の酸素が増えていきました。この微生物が、植物の葉緑体の元になったとされています。ということで、微生物を知ることは、生命の起源と進化に迫ることにもなります。

(参考文献) 日本化学会編: 化学ってそういうこと! 夢が広がる分子の世界、p.64~65、発酵と腐ることはどう違うの?化学同人(2003); 太田次郎 山崎和夫編: 理科総合A(改訂版)、物質とエネルギー、p.88~89、微生物の利用、啓林館(2006); The Asahi Shimbun Globe: G-1菌のちから、G-2ケータイを充電する土の電池、G-3ビール会社ならではの知恵、G-4菌ハンターたちの宝探し、G-5台頭する資源ナショナリズム、G-6被災地の文書をカビから救え、G-7菌大国・日本の財産、2013年(平成25年)2月17日(日); 朝日新聞: 科学 熱帯救った日本の菌、大村智さんの発見 抗寄生虫薬に 毎年4万人の失明を防ぐ薬を生んだ男、2013年(平成25年)6月24日(月)朝刊.

(参考資料) ○ 乳酸菌(にゅうさんきん)、乳酸菌の働きによって作られている食品(ヨーグルト、チーズ、乳酸飲料、漬物、醤油、味噌など)、ポリ乳酸(プラスチックの素材)、とは(2012.7.27)http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/264.html.

○ 数字(大数、小数)と図形(黄金比、白銀比)にまつわる歴史実話、東洋、西洋の思考、感性の違い、とは(2009.9.5): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/28.html

(追加説明)

〇 冬虫夏草

 昆虫に寄生し、死骸からキノコを発生させる菌類は「冬虫夏草」と呼ばれている。これはセミやトンボ、ハチなどのさまざまな昆虫を宿主としており、世界の500種類のうち400種類は日本でも確認されている。中国では古くから滋養強壮などの秘薬として重宝され、日本でも漢方薬や健康食品として利用されている。

_20170803_6

冬虫夏草 兼六園で採取された冬虫夏草の「オオセミタケ」、右 会場に並べられた冬虫夏草の標本や写真、標本には県内で採取されたものが多く、中には金沢市の兼六園で採取されたオオセミタケもある。(2017年7月12日(水)、中平雄大、北陸中日新聞より)

2013年7月 8日 (月)

散策中に目にした艶やかな花、サルビアセージ、ストケシア、ハナショウブ、クチナシ、コンボルブルス、オステオスペルマム、ガーベラ、マツバギク、イトバハルシャギク、アルストロメリア、リアトリス、ノウゼンカズラの花咲く風景(2013.7.8)

F1000575

サルビアセージ(シソ科、サルビア属、ヤクヨウ(薬用)サルビアとも、1年草、多年草、非耐寒性、ブラジル原産)

F1000570

ストケシア(キク科、ストケシア属、ルリギク(瑠璃菊)とも、多年草、耐寒性、北アメリカ原産)

F1000566

ハナショウブ(アヤメ科アイリス属、ハナショウブ(花菖蒲)とも、多年草、耐寒性、日本原産)

F1000562

クチナシ(アカネ科、ガーデニア(クチナシ)属、クチナシ(梔子)とも、常緑低木、耐寒性、全世界の熱帯に約250種原産)

F1000506

コンボルブルス(ヒルガオ科、コンボルブルス属、セイヨウヒルガオ(西洋昼顔)とも、多年草、熱帯から温帯、地中海沿岸原産)

F1000436

オステオスペルマム(キク科、オステオスペルマム属、アフリカキンセンカ(金盞花)とも、多年草、非耐寒性~半耐寒性、南アフリカに約70種原産)

F1000447

ガーベラ(キク科、ガーベラ属、アフリカセンボンヤリ(千本槍)、ハナグルマ(花車)とも、多年草耐寒性~半耐寒性、南アフリカ原産)

F1000507

マツバギク(赤紫ツルナ科ランプランサス属、マツバギク(松葉菊)とも多年草、半耐寒性、南アフリカ原産

イトバハルシャギク黄色キク科、ハルシャギク属、イトバハルシャギク(糸葉波斯菊)とも多年草、耐寒性、北アメリカ東部中心に分布原産

F1000522_31

アルストロメリア(アルストロメリア科、アルストロメリア属、ユリズイセン(百合水仙)とも、多年草、半耐寒性、南アメリカ原産)

F1000582

リアトリス(キク科、リアトリス属、ユリ(百合)アザミ、キリンギク(麒麟菊)とも、耐寒性、北アメリカ原産)

F1000591

ノウゼンカズラ(ノウゼンカズラ科、カンプシス(ノウゼンカズラ)属、耐寒性、中国、北アフリカ原産)

散策中に目にした艶やかな花、サルビアセージ、ストケシア、ハナショウブ、クチナシ、コンボルブルス、オステオスペルマム、ガーベラ、マツバギク、イトバハルシャギク、アルストロメリア、リアトリス、ノウゼンカズラの花咲く風景(2013年7月8日)

(参考文献) 主婦の友編: 花木&庭木図鑑200、主婦の友社(2009); 浜田豊: 花の名前 庭の花・花屋さんの花。園芸店の花522種、日東書院(2011).

2013年7月 1日 (月)

山開きの季節、犀川土手のガクアジサイ(額紫陽花)、ヒメジョオン(姫女菀)、アベリア、近くの歩道、車道沿いのシナノキ(科木)、マツバギク(松葉菊)、オオバコ(大葉子)、アガパンサス、タイサンボク(泰山木)の花咲く風景(2013.7.1)

F1000426_2

白山を遠望(桜田、金沢)

P6270011

P6300002

犀川土手下、サーパスマンション、 二番館、 一番館、中洲、アユ釣り、桜田町

P6270005_4

ガクアジサイ額紫陽花、ユキノシタ科、犀川土手、桜田町

P6270008

ヒメジョオン姫女菀、キク科、犀川土手、桜田町

F1000574

アベリアスイカズラ科ハナツクバネウツギとも、犀川土手、桜田町)

P6270049

P6270048

示野中橋(しめのなかばし、歩道、車道、石碑示野中町)

P6270044

P6270027

P6270020

シナノキ科木、アオイ科、歩道、車道沿い、玉鉾町)

P6270022

マツバギク松葉菊、ツルナ科、歩道、車道沿い、玉鉾町

P6270051

P6270056

オオバコ大葉子、車前草とも、オオバコ科

示野中橋(しめのなかばし、歩道、車道示野中町)

P6270059_2

P6270060

アガパンサスユリ科歩道、車道沿い、桜田町

P6270063

P6270076

P6270084

シナノキ科木、アオイ科、歩道、車道沿い、桜田町)

P6270004

P6270003

P6270114

タイサンボク(泰山木、モクレン科、駐車場、歩道沿い、桜田町)

P6270113

P6270112

幹線道路、歩道、街路樹日本海を遠望、桜田町

山開きの季節、犀川土手のガクアジサイ(額紫陽花)、ヒメジョオン(姫紫菀)、アベリア、近くの幹線道路、車道沿いのシナノキ(科木)、歩道沿いのマツバギク(松葉菊)、オオバコ、アガパンサス、タイサンボク(泰山木)など、花咲く風景(2013年7月1日)

○ ガクアジサイ額紫陽花) ユキノシタ科アジサイ属 落葉低木 日本原産 

 ヒメジョオン(姫女菀) キク科ムカシヨモギ属 多年草 北アメリカ原産

 アベリア(Abelia)、ハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)とも、スイカズラ科、耐寒性半常緑低木、中国原産交雑種

○ シナノキ科木、級の木、榀の木とも) アオイ科シナノキ属 落葉広葉高木 ボダイジュ(菩提樹)と同類 日本原産 

○ マツバギク松葉菊、サボテンギクとも ツルナ科マツバギク属 半耐寒性常緑多年草 南アフリカ原産

 オオバコ大葉子、車前草とも、オオバコ科) 多年草日本中に分布

 アガパンサス(Agapanthus)、ユリ科ムラサキクンシラン(紫君子蘭)とも半耐寒性多年草南アフリカ原産

 タイサンボク(泰山木) モクレン科モクレン属 耐寒性常緑高木 北アメリカ原産

(参考資料) 白山(石川、福井、岐阜)、白山比咩神社(石川)にまつわる歴史伝承、白山夏山開き、とは(2010.7.3): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/95.html.

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ