« 懐かしい愉快な音楽、楽しき農夫、草競馬、大きな古時計、フニクリ・フニクラ、ユーモレスク、かっこうワルツ、森の水車、ゆかいな牧場、ひとりぽっちの羊飼い、とは(2013.9.19) | トップページ | 彼岸の頃の野草の花、犀川(桜田、金沢)の土手を散策中に見かけた、ツユクサ(露草)、キクイモ(菊芋)、クズ(葛)、ヒガンバナ(彼岸花)、花の色、とは(2013.9.21) »

2013年9月20日 (金)

夏秋の野草、古代から織物の布の代表的な繊維ともなった、犀川土手の遊歩道沿いに群生している、カラムシ(茎蒸、苧麻とも、イラクサ科カラムシ属)、とは(2013.9.20)

 先日、犀川の近く(桜田、金沢)を散策していると、夏秋の野草、カラムシ(茎蒸、幹蒸、イラクサ科カラムシ属)が土手の遊歩道沿いに群生しているのを見かけ驚きました。

 この植物は、木綿以前には、古代から布の代表的な繊維として利用され、現在も栽培されています。この種は、多年草、花期は8~10月、日本各地の野山の土手、道端、草むらに自生しているとのことです。そこで、改めて、カラムシについて調べて見ました。

P9190006

P9190005

P9190009

カラムシ茎蒸、苧麻とも、イラクサ科カラムシ属、犀川遊歩道沿いに群生、桜田、金沢) 

(解説) カラムシ(茎蒸、苧麻とも、イラクサ科カラムシ属)の茎は多少木質で、葉は広卵円形で、先はとがる。葉の裏面は、白色、細毛が密生。夏秋の頃、葉腋に淡緑色の小花を穂状につける。雌雄同株。果実は楕円形で毛が多い。

 古代人には、カラムシは大切な植物で、弥生時代の遺跡(下関市)からもカラムシの繊維による布の一部が発見されています。その呼び名は、奈良時代の日本書紀では、苧麻(ちょま)、平安時代の延喜式(えんぎしき)では、枲(けむし)とか苧(からむし)の名前で掲載されています。

 カラムシの名前の由来には、2説があり、第1は、昔は茎(くき)を”カラ”と言い、この茎を”蒸し(むし)”て、皮をむき、繊維をとりましたので、”茎蒸(からむし)”と言うとの説です。 第2は、”カラ”は韓(から、古代の朝鮮)を意味し、”ムシ、枲、mosi”は朝鮮語で、この草を指すとの説です。

 なお、カラムシには、真麻(まお)、山麻(やまそ)、牟斯(むし)、衣草(ころもぐさ)、白麻(しらそ)など方言名、別名も多く、朝鮮を表す名前は1つもないことから、第1説の可能性が高いとのことです。

 カラムシの茎からは丈夫な繊維青苧、あおそ)が採れ、織物ののほか、水にも強いので、漁網、ロープ、消化ホースにも使用されました。福島県産のものは越後上布(えちごじょうふ、越後縮とも)の材料として知られています。

(参考文献) 下中邦彦編: 小百科事典(初版)、p.272、カラムシ(苧麻)、平凡社(1973); 新村出編; 広辞苑(第四版)、p.548、からむし(苧、枲)、岩波書店(1991); 高橋勝雄(写真・解説): 野草の名前 秋冬、p.105、カラムシ(茎蒸、幹蒸)、p.316~317、ヤブマオ(藪苧麻)、山と渓谷社(2003).

(参考資料) ○ カラムシ(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%B7

○ からむし(google画像検索): https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%80%E3%81%97&hl=ja&rlz=1T4GGNI_jaJP523JP523&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=exk8UsrUJsfAkgX7w4HQDQ&ved=0CDgQsAQ&biw=1366&bih=588&dpr=1

 からむし織について(昭和村、福島県): http://www.vill.showa.fukushima.jp/making.stm

○ 小千谷縮・越後上布からむしの織物、ユネスコ無形文化遺産、南魚沼市、新潟県):http://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/soshiki/shakai-kyoiku/bunka-johu-unesco.html. 

« 懐かしい愉快な音楽、楽しき農夫、草競馬、大きな古時計、フニクリ・フニクラ、ユーモレスク、かっこうワルツ、森の水車、ゆかいな牧場、ひとりぽっちの羊飼い、とは(2013.9.19) | トップページ | 彼岸の頃の野草の花、犀川(桜田、金沢)の土手を散策中に見かけた、ツユクサ(露草)、キクイモ(菊芋)、クズ(葛)、ヒガンバナ(彼岸花)、花の色、とは(2013.9.21) »

● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/53317199

この記事へのトラックバック一覧です: 夏秋の野草、古代から織物の布の代表的な繊維ともなった、犀川土手の遊歩道沿いに群生している、カラムシ(茎蒸、苧麻とも、イラクサ科カラムシ属)、とは(2013.9.20):

« 懐かしい愉快な音楽、楽しき農夫、草競馬、大きな古時計、フニクリ・フニクラ、ユーモレスク、かっこうワルツ、森の水車、ゆかいな牧場、ひとりぽっちの羊飼い、とは(2013.9.19) | トップページ | 彼岸の頃の野草の花、犀川(桜田、金沢)の土手を散策中に見かけた、ツユクサ(露草)、キクイモ(菊芋)、クズ(葛)、ヒガンバナ(彼岸花)、花の色、とは(2013.9.21) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ