« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の9件の記事

2013年11月25日 (月)

クラシック音楽、ヘンデル(ドイツ)の見よ勇者は帰る(聖譚曲)、バッハ(ドイツ)のメヌエット(舞曲)、ハイドン(オーストリア)のセレナーデ(夜曲)、偉大な音楽家の個性的な頭髪スタイルはカツラ(鬘)である! とは(2013.11.25)

 かつて、私の中学校の音楽教室には、ヘンデルバッハハイドンといった、ヨーロッパのクラッシク音楽(古典的な芸術音楽)の大家たちの肖像画が飾ってありました。

 その時、一番目に付いたのが、偉大な音楽家の個性的髪スタイルで、今でも強く印象に残っています。その髪型カツラ(鬘)であることは、ずっと後になって知り、エッ! と驚きました。

● ヘンデルGeorg Friedrich Händel,)

250pxhaendel1

ヘンデンル(1685~1759、ドイツ、肖像画、1733、Google画像

○ 見よ勇者は帰るhttp://www.worldfolksong.com/classical/handel/thine-glory.html

 この曲は、ヘンデルオラトリオ聖譚曲)、「ユダス・マカベウス」に登場するメロディーの一つですが、特に、表彰式BGMとしても有名です。

● バッハJohann Sebastian Bach

250pxbach1_2

バッハ(1685~1750、ドイツ、肖像画、1746、Google画像)

 メヌエット(ト長調):http://www.worldfolksong.com/classical/bach/menuet.htmlYouTube(Classic MusicE): http://www.youtube.com/watch?v=7eiWH7f3Lbg.

 この曲は、バッハが後妻アンナのために捧げた音楽帳「アンナ・マクダレーナ・バッハのためのクラヴィーア曲集」に収録されたメヌエット舞曲)です。

● ハイドン(Franz Joseph Haydn)

Haydn_portrait_by_thomas_hardy_smal

ハイドン(1732~1809、オーストリア、肖像画、1792、Google画像

 セレナーデ: http://www.worldfolksong.com/classical/haydn/haydn-serenade.htmlYouTube(noboru1947): http://www.youtube.com/watch?v=HIe8kNP68yg.

 この曲は、ハイドンセレナーデ夜曲、小夜曲)、「弦楽四重奏曲第17番 へ長調、 第2楽章アンダンテ・カンタービレ」がよく知られています。 夕べに、恋人の窓下で歌い奏でられる音楽とのことです。が、実際作曲者は、ロマン・ホフシュテッター(Roman Hofstetter/1742-1815)、オーストリアの修道士、アマチュア作曲家と言われています。

(参考資料) ○ 有名なクラシック音楽 解説と視聴http://www.worldfolksong.com/classical/..

○ 音楽の森 クラシック音楽 動画視聴サイト: http://pacem.web.fc2.com/

2013年11月23日 (土)

春の詩(英訳詩、漢詩)、時は春 日はあした、春眠 暁を覚えず、国破れて 山河在り、とは(2013.11.23)

 春として、ロバート・ブラウニング(1812~1889、イギリス)、「Pippa Song」の英訳詩である上田敏(1874~1916)の「春の朝」、また、高校生の頃に学んだ漢詩として、孟浩然(もうこうぜん、689~740)の「春暁」(五言絶句)、春眠不暁覚、及び杜甫(とほ、712~770)の「春望」(五言律詩)、国破山河在など懐かしく、思いつくまま、改めて調べて見ました。

Images7

ロバートト・ブラウニング(1812~1889、ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0

 Pippa Song 春の朝ロバート・ブラウニング劇詩 「ピパが通る」(1841、天保12年)、 上田敏翻訳 「春の朝」(訳詩集、海潮音、1905、明治38年) 小さな資料室:http://www.geocities.jp/sybrma/05pippa.htm

    Pippa Song                     春の朝

The year!s at the spring         時(とき)は春

And day's at the morn         日は朝(あした)

Morning's at seven             朝は七時

The hill-side's dew-pearl'd     片岡(かたおか)に露みちて 

The lark's on the wing          揚雲雀(あげひばり)なのりいで 

The snail's on the thorn       蝸牛(かたつむり)枝に這(は)

God's in His heaven            (かみ)そらに知ろしめす

All's right with the world       すべて世は事(こと)も無し

  ロバート・ブラウニング代表作、劇詩「ピパが通る Pippa Passes」(1841年)の一節、「God's in his heaven. All's right with the world.」(神は天に在り、この世は総てよし)」が広く知られています。  

 この歌は、悪に入り込んだ人たちの心に清流を流す少女ピパの歌として劇詩に現れます。

春の朝(ロバート・ブラウン原作、上田敏、平井正穂ほか、訳詞): http://pistis.jp/textbox/tyosaku/ssc/01robart-a.html

春の詩(古今東西・すてきな詩の世界へ):http://homepage3.nifty.com/kukkie/newpage5.html.

Images4

孟浩然(もうこうぜん、689~740、ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%9F%E6%B5%A9%E7%84%B6.

〇 春眠暁を覚えずー孟浩然 春暁」(しゅんぎょう、春の明け方、5言絶句、5言と起承転結の4句)

春眠不覚暁  春眠(しゅんみん) 暁(あかつき)を覚(おぼ)えず (春の夜のねむり いつ夜が明けたのか気づかない) 起

処処聴啼鳥  処処(しょしょ) 啼鳥(ていちょう)を聞(き)く (あちらこちらから 鳥の鳴き声が聞こえてくる) 

夜来風雨声  夜来(やらい) 風雨(ふうう)の声(こえ) (昨夜は 風まじりの雨の音) 

花落知多少  花落(はなお)つること 知(し)る 多少(たしょう)ぞ (花は いかほど散ったことか) 結

 孟浩然は、役人になるための科挙(かきょ)の試験にも受からず、世間的には不遇な一生を送りました。が、同時代の有名な詩人(王維、李白、杜甫など)から、尊敬され慕われていました。

Images4_2

 杜甫とほ、712~770、ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%9C%E7%94%AB

〇 国破れて山河在り杜甫 春望」(春の眺め、5言律詩、5言と8句)

国破山河在  国破(くにやぶ)れて 山河在(さんがあ)り (国は破れたけれども、山河は、もとのままに、傷つかずにある)

城春草木深  城春(しろはる)にして 草木深(そうもくふか)し (長安の町に春が来たけれども 草木だけが深々と茂っている)

感時花濺涙  時(とき)に感(かん)じては 花(はな)も涙(なみだ)を濺(そそ)ぎ (不幸な時節に感じて 花を見ても涙を流し)

恨別鳥驚心  別(わか)れを恨(うら)んでは 鳥(とり)も心(こころ)を驚(おどろ)かす (家族の離散に心痛んで 鳥の声にもおどおどす)

烽火連三月  烽火(ほうか) 三月(さんがつ)に連(つら)なり (戦局の急を告げるのろしの火も三月の間つづく)

家書抵万金  家書(かしょ) 万金(ばんきん)に抵(あた)る (家からの手紙は 途方もなく高い価値にあたる)

白頭掻更短  白頭(はくとう) 掻(か)けば 更(さら)に短(みじか)く (しらが頭は 髪の毛がうすくまだらになっている)

渾欲不勝簪  渾(すべ)て簪(しん)に勝(た)えざらんと欲(ほつ)す (すっかり髪がうすくなってヘアピンで冠をとめられなくなった)

 杜甫は、戦乱の世を平和にもどす事業に参加するため、早く役人生活にもどりたい。しかし今は年老いて、それもかなわぬのか、と嘆いています。

(参考文献) 一海知義: 漢詩入門(第21刷)、岩波書店(2013).

(参考資料) 〇 室生犀星(金沢出身の作家)にまつわる歴史実話、ふるさとは(小景異情)、山のあなたの(カール・ブッセ、上田敏訳、海潮音)、桃源郷(陶淵明、宏村、中国)、とは(2009.7.6): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/kagakufudoki14.html

〇 木羽敏泰

Kiba_toshiyasu1_2

木羽敏泰先生(教員プロフィール): http://www.kanazawa-it.ac.jp/kyouinroku/m/kiba_toshiyasu.htm

100_3

 2013年(平成25年)11月1日、金沢大学名誉教授、木羽敏泰先生(理学部、化学教室、分析化学研究室)は、お元気で、めでたく、100歳を迎えられました。

 百寿のお祝いのとき、次のような漢詩送杜少府之任蜀川 王勃(おうぼつ、649~676、初唐)(五言律詩、五言と8句の中の5句、6句)の墨書をいただきました。Photo

 

海内存知己  海内(かいだい)に  知己(ちき)を存(そん)すれば

天涯若比隣  天涯(てんがい)も  比隣(ひりん)の若(ごと)し

 この句の意味は、「この世の中で、自分を理解してくれている友がいるかぎり、世界のはても、隣り近所のようなもの」とのことです。語の「四海皆兄弟」のをうたう、優れた対句として名高いものです。 

送杜少府之任蜀川 王勃(詩詞世界、碇豊長):http://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/pbt_shi00.htm.

2013年11月21日 (木)

世界文化遺産、中国安徽省(あんきしょう)の古村落、宏村(こうそん)、桃源郷のモデル、陶淵明(とうえんめい)の漢詩、「飲酒」、悠然として南山を見る、心遠地自偏、とは(2013.11.21)

 中国安徽省(あんきしょう)の山に囲まれた盆地の中に、桃源郷(とうげんきょう)のモデルにもなったと言われる村々があります。 その中でも宏村(こうそん)は、最も美しいと言われる水に囲まれた村で、明清代(1400~1900、室町~明治)に建てられた伝統的な古民家が100軒以上残っています。

 2009年(平成21年)5月、2000年(平成12年)に世界文化遺産に登録された桃源郷伝説とされる宏村を、NHKのテレビ放送で見たことがあります。

 NHK世界遺産(ライブラリー、2000年、文化遺産)、「安徽省の宏村」-NHKオンライン:http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/card/cards650.html.

 NHKの取材班が、宏村を離れる朝、旅の終わりに、王道根(おうどうこん)さん(76才)に聞いておきたいことがありました。

 おじいちゃんにとっての理想ふるさとはどんなとこですか、と尋ねたところ、お茶畑にいた、おじいちゃんの答えは、そんなこと考えたことないね、毎日畑に出て家族と暮らす。ただそれだけ。でも充分満足している、と天地人をからだに感じて生活している姿でした。

 中国桃源郷(ユートピア理想郷!)と呼ばれる宏村については、中国の詩人、陶淵明(とうえんめい365年(興寧3年) ~427年(元嘉3年)、の有名な「飲酒」の第五首の中の、「心遠地自偏」心遠ければ地おのずからなり)がよく当てはまるという。

 その心は、「どこで暮らしていようと、心の持ち様で、そこは自分にとっての理想のすみかとなる」の意で、そのこと(住めば都!)に気づいた時、理想ふるさと桃源郷への入り口は、もう見つかっているかもしれない、とのことです。

Images8

陶淵明(365~427、ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B6%E6%B7%B5%E6%98%8E

(解説) 陶淵明の「飲酒(いんしゅ)」と題する二十首の連作(五言古詩)、その第五首の漢詩には、「心遠地自偏」、悠然見南山」など、有名な詩句が見られます。

   悠然(ゆうぜん)として南山(なんざん)を見(み)る陶淵明 「飲酒」五言古詩

結蘆在人境  蘆(ろ)を結(むす)んで人境(じんきょう)に在(あ)り (人里に庵(いおり)かまえて)

而無車馬喧  而(しか)も車馬(しゃば)の喧(かまびす)しき無(な)し (しかも車馬のざわめきもなし)

問君何能爾  君(きみ)に問(と)う 何(なん)ぞ能(よ)く爾(しか)るやと (人はいう なぜそうなのかと)

心遠地自偏  心遠(こころとお)ければ 地(ち)も自(おのずか)ら偏(へん)なり (気の持ちようで 土地もへんぴに)

采菊東籬下  菊(きく)を采(と)る 東籬(とうり)の下(もと) (東の垣根で菊をつみ)

悠然見南山  悠然(ゆうぜん)として 南山(なんざん)を見(み)る (悠然と 南山を見る)

山気日夕佳  山気(さんき) 日(ひ)の夕(ゆうべ)に佳(よ)く (山の気配(けはい)は夕暮れが最上)

飛鳥相与還  飛鳥(ひちょう) 相与(あいとも)に還(かえ)る  (飛ぶ鳥うちつれて塒(ねぐら)に帰る)

此中有真意  此(こ)の中(うち)に真意有(しんいあ)り  (ここにこそある 真実への希(ねが)い)

歌弁已忘言  弁(べん)ぜんと欲(ほつ)して 已(すで)に言(げん)を忘(わす)る  (語ろうとして 言葉さがせず)

 陶淵明は、若い頃10年あまり、断続的に地方の役人をしていましたが、40歳を過ぎると役人生活にいや気がさして、さっさとやめてしまいました。そのとき作ったのが、有名な「帰去来((ききょらい)の辞(じ)」です。

(かえ)りなん いざ 田園将(でんえんまさ)に蕪(あ)れんとす 胡(なん)ぞ帰(かえ)らざる  ---------

 その後63歳で亡くなるまで、地方政府からたびたびの出仕要請にもかかわらず頑(かたく)なにこれを拒(こば)んで、田園生活から離れず、田園の中で労働し、自然と酒を愛して一生を送り、「田園詩人」とか「酒の詩人」と呼ばれています。 

(参考文献) 一海知義: 漢詩入門(第21刷)、p.38~40、  悠然(ゆうぜん)として南山(なんざん)を見(み)るー陶淵明「飲酒」、岩波書店(2013).

(参考資料) 室生犀星(金沢出身の作家)にまつわる歴史実話、ふるさとは(小景異情)、山のあなたの(カール・ブッセ、上田敏訳、海潮音)、桃源郷(陶淵明、宏村、中国)、とは(2009.7.6): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/kagakufudoki14.html

 

2013年11月19日 (火)

晩秋(2013.11.15)、犀川土手の遊歩道沿いの野草の花、タデ(蓼) ツワブキ(石蕗、艶蕗)、リュウノウギク(竜脳菊)、 オギ(荻)、アシ(葦)、とは(2013.11.19)

 晩秋犀川の下流の示野中橋(示野中町)から上流の若宮大橋(若宮町)まで、土手の遊歩道沿いを散策し、目についた四季の変化の目印となる野草をデジカメで撮影しました。

○ 風景画像マウスを当て、左クイックすると拡大画像となります。

Pb140017  

Pb020164

 犀川の示野中橋付近に見られる遊歩道 示野中橋、示野中町、金沢

Pb140026

Pb140027

タデ(蓼、タデ科、イヌタデ、アカマンマとも)、花は小さくて目立たず、がく(萼)が花弁状になっている。また、がくの切れ込みは一定でない。

Pb020112

Pb020113

ツワブキ(石蕗、艶蕗、キク科、イシブキ、ツワとも)、海岸の岩上や崖などにも生える。庭に植えられていることも多い。葉につや(艶)があり、葉の形がフキ(蕗)に似ている。

Pb140034_2

Pb140035_2

リュウノウギク(竜脳菊、キク科)、葉を揉(も)むと竜脳香(竜脳樹から得る香料樟脳のような芳香)に似た香りがする。それで、竜脳菊という。

Pb140004_2

Pb020063  

 オギ(荻、イネ科)、花の集団の花序(かじょ)が馬の尾に似ている。湿地に自生し、昔は木に思えたので尾木と書いたが、のち中国名の荻の漢字が当てられました。古くから屋根葺き材として知られています。

Pb020087

Pb020096

Pb020095  

アシ(葦、イネ科、ヨシとも)、湿地に群生し、アシは悪しに通じるので、ヨシ(良し)とも呼ばれる。若芽は食用、茎がすだれ(簾)、根茎が薬用になります。

Pb140033

Pb020102  

犀川の若宮大橋から眺めた遊歩道 (若宮大橋、若宮町、金沢)

(参考文献) 高橋勝雄(写真、解説): 野草の名前、秋冬、山と渓谷社(2003).

 

2013年11月18日 (月)

紅葉の季節(2013.11.14 )、金沢市内歩道沿い(桜田)と金沢大学キャンパス内歩道沿い(角間)の街路樹の紅葉と黄葉、ケヤキ(欅)、ヤマボウシ(山法師)、サクラ(桜)、シナノキ(科木)、ナンキンハゼ(南京櫨)、ニワトコ(接骨木)、とは(2013.11.18)

  晩秋になると、街路樹は紅葉と黄葉の色に彩られます。そこで、天気のよい日を見はからって、11月14日(木)、自宅(桜田、金沢)近くを散策し、街路樹の紅葉の景色をデジカメ写真で撮りました。

 また、11月7日(木)、金沢大学附属中央図書館(角間、金沢)に寄贈図書(囲碁書籍、17冊)を届けたときのキャンパスの紅葉の景色をデジカメ写真で撮りました。

○ 風景画像マウスを当て、左クイックすると拡大画像となります。

Pb140005

犀川遊歩道沿い オオシマザクラ(大島桜、バラ科)

Pb020168

左手前 ケヤキ(欅、ニレ科)、右後方 ヤマボウシ(山法師、ミズキ科)

Pb020052

ヤマボウシ(山法師、ミズキ科)

Pb010037

ケヤキ(欅、ニレ科)

Pb010029

サクラ(桜、バラ科)

Pb070002_7

金沢大学角間キャンパス左後方 自然科学5号館、中央少し見えるのが中央図書館、右手前 人間社会2号館、角間、金沢)

Pb010025_2

Pb010023

シナノキ((科木、シナノキ科)

Pb010027

ナンキンハゼ(南京櫨、トウダイグサ科)

Pb010017

Pb010018

ニワトコ (接骨木、スイカズラ科)

(解説) くなるのは(ケヤキヤマボウシ、ナンキンハゼ、サクラのほか、イロハカエデなどのカエデ類、コナラ、カシワ、ブドウなど)、気温の低下や一日の日照時間が短くなるにつれ、10℃以下では葉と枝の間に木が葉を落とす離層(りそう)ができ始め、根から吸い上げた水や、葉で合成して作った(とう)などの養分が行き来できなくなります。

 同時に葉の細胞の中で、光合成に使われていた緑色クロロフィル分解して減り、行き来できない(とう)はたまっていきます。この(とう)」からアントシアニンが作り出されるので、葉が赤くなります。 鮮やかな色になるには一日の寒暖差が大きいこと、適度な日照量や降水量が必要とのことです。

 黄色くなるのは(シナノキカツラ、サイカチのほか、イチョウ、ポプラなど)、糖からアントシアニンが形成されない葉の細胞の中にもともと、クロロフィルのほかにカロチノイドという黄色色素が含まれています。

 離層(りそう)ができるとクロロフィルは急速に分解し、減っていきます。すると残っているカロチノイドが浮かび上がるとというわけです。なぜ赤や黄色なのか、色の意味には諸説があり、まだよく分かっていないそうです。

(参考資料) 初冬(2011年11月中旬から下旬のころ)、街路樹のケヤキ(欅)とヤマボウシ(山法師)の紅葉、シナノキ(科木)の黄葉、犀川遊歩道沿いのクズ(葛)で覆われたサイカチ(皀莢)、弧が二本ある半円状の副虹の風景(2011.11.20): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/20111120-a911.html

2013年11月15日 (金)

人生、様々な歌(コミックソング、童謡、演歌、漫談)、だまって俺について来い、帰って来たヨッパライ、走れコウタロー、黒ネコのタンゴ、およげたいやきくん、だんご3兄弟、人生いろいろ、ウクレレ漫談、とは(2013.11.15)

 人生、様々な歌コミックソング、童謡、演歌、漫談など)、特に印象深いコミックソング滑稽味のある歌)ほか思いつくまま、その曲のエピソードなどGoogleで検索しました。そして、YouTubeで視聴したところ、笑い、涙、夢、希望、勇気などいろいろ、懐かしく心に響きました。

コミックソング

○ だまって俺について来い 

 この曲は、1964年(昭和39年)、作詞 青島幸男(1932~2006) 作曲 萩原哲晶(1925~1984)のコミックソングの作品です。ハナ肇(1930~1993)とクレージーキャッツに在籍していた植木等(1926~2007)が歌った、1964年(昭和39年)の東宝映画「ホラ吹き太閤記」の主題歌です。YouTubehttp://www.youtube.com/watch?v=LB6ODl5dUvc

○ 帰って来たヨッパライ 

 この曲は、1967年(昭和42年)、作詞 松山猛(1946~ )、北山修(1946~ ) 作曲 加藤和彦(1947~2009)のグループの代表的なコミックソングですが、もとザ・フォーク・クルセダーズのデビューシングルでした。特に、早回しのテープと奇想天外な歌詞で反響を呼びました。 YouTube:http://www.dailymotion.com/video/x7r55r_%E3%82%B6-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF-%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BA-%E5%B8%B0%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%9D%A5%E3%81%9F%E3%83%A8%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%A4-%E6%87%90%E3%81%8B%E3%81%97%E3%81%84_shortfilms

 帰って来たヨッパライ(ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B0%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%9D%A5%E3%81%9F%E3%83%A8%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%A4.

○ 走れコウタロー 

 この曲は、1970年(昭和45年)、作詞作曲 池田謙吉(1970年5月、急死)のコミックソングの作品です。日本のフォークグループ、ソルティー・シュガーのシングルで、最終的に100万枚近いヒットとなり、第12回日本レコード大賞新人賞を受賞しています。YouTube: http://www.youtube.com/watch?v=rtXyggWHNpI

 走れコウタロー(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B0%E3%82%8C%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%83%BC

童謡

 黒ネコのタンゴ 

 1969年(昭和44年)、作詞作曲 フランチェスコ・パガーノイタリアの童謡、原題は「Volevo un gatto nero黒い猫が欲しかった!)」の日本語カバー曲(童謡、歌謡曲)です。日本では皆川おさむ(1963~ )のデビュー曲として発売され、大ヒットしました。YouTube: http://www.youtube.com/watch?v=9C7gwEzKxvA

 黒ネコのタンゴ(ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E3%83%8D%E3%82%B3%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B4.

○ およげたいやきくん YouTube (furoseru): http://www.youtube.com/watch?v=zNC1SpEqcxw.

1975年昭和50年)、作詞 高田ひろお(1947~ ) 作曲 佐瀬寿一(1949~ )の童謡の作品です。フジテレビの子供向け番組「ひらけポンキッキ」のオリジナルな童謡ですが、子門正人(1944~ )の歌唱により発表され、大ヒットしました。 およげたいやきくん(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%92!%E3%81%9F%E3%81%84%E3%82%84%E3%81%8D%E3%81%8F%E3%82%93

○ だんご3兄弟 YouTube (Yuna9492): https://www.youtube.com/watch?v=mofp1iNRlAo

 1999年平成11年)、作詞 佐藤雅彦(1954~ ) 作曲 内野真澄(?)の童謡の作品です。NHK教育テレビの「おかあさんといっしょ」のオリジナルなタンゴ系童謡ですが、当時のうたのおにいさん、速水けんたろう(1962~ )、うたのおねえさん、茂森あゆみ(1971~ )が歌って特に子供たちの間で人気となり、大ヒットしました。 だんご3兄弟(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A0%E3%82%93%E3%81%943%E5%85%84%E5%BC%9F

演歌

○ 人生いろいろ YouTube (kokoro enkano)http://www.youtube.com/watch?v=F2JaJF02o0M.

 1987年(昭和62年)、作詞 中山大三郎(1941~2005) 作曲 浜口庫之助(1917~1990)の演歌の作品で、島倉千代子(1938~2013)のシングルとして発表されました。 はじめ酒で憂さを晴らす歌詞を、酒を飲まない島倉に合わせて一部歌詞を変更、レコーディング時にタイトルを「人生いろいろ」に変更したという。

 もと、TBS(Tokyo Broadcasting System)テレビドラマ、「三どしま」の主題歌の楽曲でした。浜口が函館の街をイメージして作った「坂のある町」が原曲で、はじめ作詞者の中山が予定した曲名は「笑いばなしにして」であったという。 人生いろいろ(ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%84%E3%82%8D 

ウクレレ漫談

○ ウクレレ漫談 

 これは、牧伸二(1934~2013)のウクレレ漫談(2013年自死)です。YouTubehttp://www.youtube.com/watch?v=Q9T7-_KDnEM

 牧伸二(ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%A7%E4%BC%B8%E4%BA%8C

(参考資料) コミックソング 滑稽味のある歌

○ コミックソング(ニコニコ大百科): http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%B0

○ コミックソングCategory, ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/Category%3A%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%B0

2013年11月11日 (月)

秋の歌(唱歌、童謡、フォークソング)、旅愁、虫の声、紅葉(もみじ)、秋の子、小さい秋見つけた、誰もいない海、とは(2013.11.11)

 唱歌(しょうか)は、主として明治初期から第2次大戦終了時まで学校教育用につくられた歌のことです。

 一方、童謡(どうよう)は、大正中期から昭和初期にかけて、詩人・歌人・童謡作家の北原白秋(1885~1942、福岡)らが文部省唱歌を批判して作成し、運動によって普及させた子どもの歌です。 

Fall0011

 秋の童謡・唱歌・日本の歌: http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/autumn.htm

唱歌

 旅愁(りょしゅう)  YouTube (jonankazu) :http://www.youtube.com/watch?v=MT7fW2ZbXCo..

 この曲は、1907年(明治40年)、犬堂球渓(1879~1880)の翻訳唱歌で、原曲は、1868年(明治元年)、ジョーン・P オードウェイ(John P. Ordway, 1824-1880)の「Dreaming of home and mother」の作品です。

 虫の声

 この曲は、1910年(明治43年)、尋常小学校唱歌で、作詞・作曲は不詳の作品です。YouTubehttp://www.youtube.com/watch?v=72QNkpsVfoo

 紅葉 (もみじ ) 

この曲は、1911年(明治44年)、尋常小学校唱歌で、 作詞 高野辰之(1876~1947)、作曲 岡野貞一(1878~1941)の作品です。 YouTubehttp://www.youtube.com/watch?v=QPQYWyKm-uI

童謡

○ 秋の子  

この曲は、1954年(昭和29年)、アサヒグラフ連載の「新童謡歳時記に掲載された作詞 サトウハチロー(1903~1973) 作曲 末広恭雄(1904~1988)の作品です。YouTube: http://www.youtube.com/watch?v=hNnhXmWlkkE

 小さい秋見つけた  YouTube (Qaiqab) : http://www.youtube.com/watch?v=FwCGwrqtBAU

この曲は、1955年(昭和30年)11月3日、NHKの特別番組、「秋の祭典」の楽曲の一つとして作曲され、伴久美子(1942~1986)がソロで歌った、作詞 サトウハチロー(1903~1973) 作曲 中田喜直(1923~2000)の作品です。

フォークソング

○ 誰もいない海 

 この曲は、1967年(昭和42年)、「木島則夫モーニングショー」に出演していた歌手のジェリー伊藤(1927~2007)の「今週の歌」のために書かれた曲です。1970年(昭和45年)、トワ・エ・モア白鳥英美子(1950~ )と芥川澄夫(1948~ )のデュオコンビ)の曲としてヒットした、作詞 山口洋子(1937~ ) 作曲 内藤法美(1929~1988)の作品です。YouTube: http://www.youtube.com/watch?v=0SUJPpVLq4c

(参考資料) 日本の懐かしい歌

 日本の民謡・童謡・唱歌秋のうた): http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/autumn.htm

○ 日本のポップス、フォークソング: http://www.youtube.com/playlist?list=PL23D5F4E5CFD06C52

2013年11月 4日 (月)

水俣病(水俣、熊本)、アセトアルデヒド合成触媒の水銀のメチル水銀化中毒、水銀による金の精錬、水銀を微量含む石炭の燃焼など、水銀の環境汚染、水俣条約という名の国際的な水銀規制、とは(2013.11.4)

 水俣病(みなまたびょう)は、1953(昭和28)~1960(昭和35)にかけ水俣市(熊本県)において集団発生した有機水銀中毒です。 2013年(平成25年)1月19日、水俣条約と呼ばれる、水銀による環境汚染や健康被害を防ぐ条約制定にジュネーブでの国連の政府間交渉があり、約140ヵ国が合意しました。

 そこで、改めて、水俣病の発症金の製錬石炭燃焼での水銀放出などの環境汚染について調べて見ました。

○ 有機水銀による水俣病の発症

 水俣病原因は、新日本窒素(現名チッソ水俣工場アセチレンから触媒無機水銀を使ってアセトアルデヒドを合成していた時、これを含んだ工場廃液で海が汚染され、その一部が微生物(バクテリア)によりメチル水銀となり、食物連鎖によりプランクトンから魚介類に濃縮され、それを人が摂取(せっしゅ)して発症しまし

 中毒症状は、聴力・視力障害、言語障害、手足のふるえ、運動失調、神経疾患などを起こし、重傷では死亡しました。 

 1964(昭和39)~1965(昭和40)、阿賀野川(新潟県)の河口付近でも同様の集団有機水銀中毒事件第二水俣病)が発生し、河川上流の昭和電工鹿瀬工場でも同じ方法でアセトアルデヒドを合成していたので、その工場排水が原因とされました。

 なお、アセトアルデヒドは、かっては酢酸のほか、多くの有機工業原料(酢酸エチル、プラスチックの可塑剤の主要な原料など)として重要なものでした。 また、人体ではエタノールの酸化によって生成し、一般に2日酔いの原因と見なされています。

○ 無機水銀による環境汚染

 また、金鉱山の金採掘の際の水銀アマルガムによる金の精錬、これは鉱石に水銀を混ぜて金との合金にした後、バーナーで水銀を蒸発させる金抽出方法ですが、抽出過程で水銀が大気に拡散し、環境汚染を生じます。そのため、現在、インドネシア、ラオス、ベトナム、ブラジル、中国、タンザニアやマリなどアフリカ諸国での金採掘における水銀汚染(大気への放出や下水処理がなく、土壌や川、海を汚染など)が懸念されています。

 古くは、無機水銀は、8世紀の奈良大仏建立の頃から利用され、低温で気化しやすいため、大気を汚染し、呼気を通して脳などの健康被害が考えられます。

 が、このことに関し、大仏全身鍍金(キンメッキ)作業は、金4187両(当時一般に用いられていた1両は40,5g)を水銀に溶かした25134両の金アマルガム(金1に対して水銀5の割合)を用い、5年を要する大事業でした。

 金アマルガムを塗った後、表面は白色ですが、350℃の高温で焼き、ヘラ状のもので磨くと黄金色になります。

 すでに完成が間近の大仏殿の中での作業では、水銀の有毒ガスが発生し、金夫役(きんぶやく)の514902人の中には多くの人が中毒の病気になり、また死亡したと考えられますが、水銀中毒の記録は見られないと言う。 

 現在、金の製錬、また石炭にも微量の水銀が含まれているので、石炭燃焼での水銀放出が大気の環境汚染の発生源として大きな割合を示しています。 

○ 水銀に関する水俣条約

 2013年(平成25年)10月10日、約140の国・地域が参加して熊本県で開かれた国連環境計画(UNEP)の外交会議で、人の健康と環境を守るため、水銀の使用や輸出入を包括的に規制する「水銀に関する水俣条約」が採択され、2016年(平成28年)発効目標としています。

 2013年(平成25年)10月27日(日)、熊本県を訪問中の天皇、皇后両陛下は、水俣市初めて訪れ、水俣病患者たちと懇談しました。患者の多くが差別を恐れて病気を隠してきた実態を聞いた天皇陛下は、「真実に生きることができる社会をみんなで作っていきたいと改めて思いました」と、約1分間にわたって思いを語りました。

(参考文献) 下中邦彦編: 小百科事典(初版)、平凡社(1973); 新村出編: 広辞苑(第四版)、岩波書店(1991); 北陸中日新聞: 香取忠彦、文化、日本めっき事始め、2006年(平成18年)2月9日(木)朝刊; 渡邉泉: 重金属のはなし、中公新書(2012); 北陸中日新聞: 水銀規制へ「水俣条約」、電池や体温計製造禁止、国連10月採択、2013年(平成25年)1月19日(土)朝刊; 朝日新聞: 水俣条約 多くの課題、人力金精製の水銀、深刻、子どもの脳を守る責任、日本の技術でリード、2013年(平成25年)10月24日(木)朝刊; 朝日朝刊: 両陛下 水俣初訪問、真実に生きる社会を、患者らに異例の発言、2013年(平成25年)10月28日(月)朝刊.

(参考資料) 水俣病

 水俣病資料館(水俣市、熊本県): http://www.minamata195651.jp/ 

○ 無機水銀(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E9%8A%80

 アセトアルデヒド(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%92%E3%83%89

○ メチル水銀(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%81%E3%83%AB%E6%B0%B4%E9%8A%80..

 水溶性無機水銀水銀単体、生体内メチルコバラミン(ある種のバクテリアによって産生される酵素)によりメチル化されてメチル水銀を生じるという。

○ 奈良の大仏開眼供養にまつわる歴史実話、東大寺大仏の造立、鍍金、大仏殿の建立、お水取り、とは(2010.2.8): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-d92b.html

2013年11月 1日 (金)

土呂久鉱山(高千穂、宮崎)、鉱石(硫砒鉄鉱)を焼いて亜ヒ酸を製造、慢性砒素中毒を発症、はじめ亜ヒ酸はアメリカ南部の綿花畑の農薬として輸出、綿花は主にイギリスに輸出、とは(2013.11.1)

 土呂久鉱山(とろくこうざん)は、高千穂町宮崎県)にある鉱山です。16世紀中頃から銀・銅・錫(スズ)などを産出し、また、明治中期から亜ヒ酸の鉱石(硫砒鉄鉱)の採掘と製錬が行われていました。

 大正中期から(1920~1941)、アメリカ南部綿花畑にまく殺虫剤として亜ヒ酸の需要が高まり、製造が始められ輸出されていました。それには、アメリカ南部から綿花の輸出先として、イギリス綿花需要がありました。

 イギリス産業革命による綿布綿織物の原料の綿花需要が増え、1800年初頭にはイギリスで消費される綿花の80%をアメリカ南部の綿花栽培が供給し、その労働力を支えたのが黒人奴隷でした。

 昭和終戦後も(1955~1962)、露天で鉱石を焼いて亜ヒ酸を精製し、猛毒のヒ素を含む煙をふりまき、慢性砒素中毒で死者や患者が続出し、環境汚染も著しく、土呂久砒素中毒症公害病として認定されました。

 慢性中毒では、食欲不振、嘔吐(おうと)、下痢、発疹(ほっしん)、角質増殖(爪の成長異常)、色素沈着(皮膚の色素異常)、神経症状をきたし、その治療には酸化マグネシウム(緩下剤) などが投与されました。

 1971年(昭和46年)、地元の小学校教師(岩戸小学校、斎藤正健教諭)が告発し、それまでの50余年間、病死した住民101人のうち、享年のわかる92人は、平均39歳の短命でした。

 1962年(昭和37年)に土呂久鉱山閉山し、1975年(昭和50年)、鉱業権を買った住友金属鉱山に対して裁判が始まり、その15年後に和解しました。

(参考文献) 下中邦彦編: 小百科事典(初版)、平凡社(1973); 新村出編: 広辞苑(第四版)、岩波書店(1991); 渡邉泉: 重金属のはなし、中公新書(2012); 朝日新聞: ひと、土呂久ヒ素公害を研究する米ロードアイランド大教授、ティモシー・S・ジョージさん(58)、2013年(平成25年)10月11日(金)朝刊より).

(参考資料) 土呂久ヒ素公害の歴史

○ 土呂久(トロク)の地名の由来(碇 てんつく、川崎市、神奈川);http://www.geocities.jp/jihyoutei/k050301-1.htm

○ 土呂久公害語り継ぐ宮崎 高千穂町ー(全国各地のニュース、動画、2009年(平成21年)6月11日):http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?movie=j_miyazaki_20090611_1789. 

○ 土呂久ヒ素公害(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E5%91%82%E4%B9%85%E7%A0%92%E7%B4%A0%E5%85%AC%E5%AE%B3

 硫砒鉄鉱(りゅうひてっこう、FeAsS、ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E7%A0%92%E9%89%84%E9%89%B1

○ 亜ヒ酸(あひさん、As(OH)3ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%9C%E3%83%92%E9%85%B8

○ 酸化マグネシウム(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0

 アメリカ南部の綿花栽培(奴隷制プランテーション)、週刊スモールトーク(第92話): http://www.benedict.co.jp/Smalltalk/talk-92.htm

(追加説明) 土呂久鉱山は、森田三弥(豊後、大分)が発見し、江戸時代にはを中心に採掘されていました。

 なお、地名の土呂久(トロク、川の小盆地)は、(トロ、川の流れが緩やかな所)の縄文語由来と言われています。

 その後、明治、大正と経営者がかわり、大正年間から副産物である亜ヒ酸の生産が主となり昭和の戦時中には(スズ)の生産も伴って町も繁盛しましたが、1962年(昭和37年)には閉山しました。

宮崎県高等学校社会研究会歴史部会編: 宮崎県の歴史散歩(1版4刷)、p.50、土呂久鉱山跡、山川出版社(2000)より)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ