« 春の詩(英訳詩、漢詩)、時は春 日はあした、春眠 暁を覚えず、国破れて 山河在り、とは(2013.11.23) | トップページ | 世界文化遺産、富士山(山梨、静岡)、諺 一富士二鷹三茄子、唱歌 ふじの山 富士は日本一の山、浮世絵風景画 富嶽三十六景  赤富士、山岳信仰 日本三名山の富士山、とは(2013.12.1)  »

2013年11月25日 (月)

クラシック音楽、ヘンデル(ドイツ)の見よ勇者は帰る(聖譚曲)、バッハ(ドイツ)のメヌエット(舞曲)、ハイドン(オーストリア)のセレナーデ(夜曲)、偉大な音楽家の個性的な頭髪スタイルはカツラ(鬘)である! とは(2013.11.25)

 かつて、私の中学校の音楽教室には、ヘンデルバッハハイドンといった、ヨーロッパのクラッシク音楽(古典的な芸術音楽)の大家たちの肖像画が飾ってありました。

 その時、一番目に付いたのが、偉大な音楽家の個性的髪スタイルで、今でも強く印象に残っています。その髪型カツラ(鬘)であることは、ずっと後になって知り、エッ! と驚きました。

● ヘンデルGeorg Friedrich Händel,)

250pxhaendel1

ヘンデンル(1685~1759、ドイツ、肖像画、1733、Google画像

○ 見よ勇者は帰るhttp://www.worldfolksong.com/classical/handel/thine-glory.html

 この曲は、ヘンデルオラトリオ聖譚曲)、「ユダス・マカベウス」に登場するメロディーの一つですが、特に、表彰式BGMとしても有名です。

● バッハJohann Sebastian Bach

250pxbach1_2

バッハ(1685~1750、ドイツ、肖像画、1746、Google画像)

 メヌエット(ト長調):http://www.worldfolksong.com/classical/bach/menuet.htmlYouTube(Classic MusicE): http://www.youtube.com/watch?v=7eiWH7f3Lbg.

 この曲は、バッハが後妻アンナのために捧げた音楽帳「アンナ・マクダレーナ・バッハのためのクラヴィーア曲集」に収録されたメヌエット舞曲)です。

● ハイドン(Franz Joseph Haydn)

Haydn_portrait_by_thomas_hardy_smal

ハイドン(1732~1809、オーストリア、肖像画、1792、Google画像

 セレナーデ: http://www.worldfolksong.com/classical/haydn/haydn-serenade.htmlYouTube(noboru1947): http://www.youtube.com/watch?v=HIe8kNP68yg.

 この曲は、ハイドンセレナーデ夜曲、小夜曲)、「弦楽四重奏曲第17番 へ長調、 第2楽章アンダンテ・カンタービレ」がよく知られています。 夕べに、恋人の窓下で歌い奏でられる音楽とのことです。が、実際作曲者は、ロマン・ホフシュテッター(Roman Hofstetter/1742-1815)、オーストリアの修道士、アマチュア作曲家と言われています。

(参考資料) ○ 有名なクラシック音楽 解説と視聴http://www.worldfolksong.com/classical/..

○ 音楽の森 クラシック音楽 動画視聴サイト: http://pacem.web.fc2.com/

« 春の詩(英訳詩、漢詩)、時は春 日はあした、春眠 暁を覚えず、国破れて 山河在り、とは(2013.11.23) | トップページ | 世界文化遺産、富士山(山梨、静岡)、諺 一富士二鷹三茄子、唱歌 ふじの山 富士は日本一の山、浮世絵風景画 富嶽三十六景  赤富士、山岳信仰 日本三名山の富士山、とは(2013.12.1)  »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の詩(英訳詩、漢詩)、時は春 日はあした、春眠 暁を覚えず、国破れて 山河在り、とは(2013.11.23) | トップページ | 世界文化遺産、富士山(山梨、静岡)、諺 一富士二鷹三茄子、唱歌 ふじの山 富士は日本一の山、浮世絵風景画 富嶽三十六景  赤富士、山岳信仰 日本三名山の富士山、とは(2013.12.1)  »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ