« 土呂久鉱山(高千穂、宮崎)、鉱石(硫砒鉄鉱)を焼いて亜ヒ酸を製造、慢性砒素中毒を発症、はじめ亜ヒ酸はアメリカ南部の綿花畑の農薬として輸出、綿花は主にイギリスに輸出、とは(2013.11.1) | トップページ | 秋の歌(唱歌、童謡、フォークソング)、旅愁、虫の声、紅葉(もみじ)、秋の子、小さい秋見つけた、誰もいない海、とは(2013.11.11) »

2013年11月 4日 (月)

水俣病(水俣、熊本)、アセトアルデヒド合成触媒の水銀のメチル水銀化中毒、水銀による金の精錬、水銀を微量含む石炭の燃焼など、水銀の環境汚染、水俣条約という名の国際的な水銀規制、とは(2013.11.4)

 水俣病(みなまたびょう)は、1953(昭和28)~1960(昭和35)にかけ水俣市(熊本県)において集団発生した有機水銀中毒です。 2013年(平成25年)1月19日、水俣条約と呼ばれる、水銀による環境汚染や健康被害を防ぐ条約制定にジュネーブでの国連の政府間交渉があり、約140ヵ国が合意しました。

 そこで、改めて、水俣病の発症金の製錬石炭燃焼での水銀放出などの環境汚染について調べて見ました。

○ 有機水銀による水俣病の発症

 水俣病原因は、新日本窒素(現名チッソ水俣工場アセチレンから触媒無機水銀を使ってアセトアルデヒドを合成していた時、これを含んだ工場廃液で海が汚染され、その一部が微生物(バクテリア)によりメチル水銀となり、食物連鎖によりプランクトンから魚介類に濃縮され、それを人が摂取(せっしゅ)して発症しまし

 中毒症状は、聴力・視力障害、言語障害、手足のふるえ、運動失調、神経疾患などを起こし、重傷では死亡しました。 

 1964(昭和39)~1965(昭和40)、阿賀野川(新潟県)の河口付近でも同様の集団有機水銀中毒事件第二水俣病)が発生し、河川上流の昭和電工鹿瀬工場でも同じ方法でアセトアルデヒドを合成していたので、その工場排水が原因とされました。

 なお、アセトアルデヒドは、かっては酢酸のほか、多くの有機工業原料(酢酸エチル、プラスチックの可塑剤の主要な原料など)として重要なものでした。 また、人体ではエタノールの酸化によって生成し、一般に2日酔いの原因と見なされています。

○ 無機水銀による環境汚染

 また、金鉱山の金採掘の際の水銀アマルガムによる金の精錬、これは鉱石に水銀を混ぜて金との合金にした後、バーナーで水銀を蒸発させる金抽出方法ですが、抽出過程で水銀が大気に拡散し、環境汚染を生じます。そのため、現在、インドネシア、ラオス、ベトナム、ブラジル、中国、タンザニアやマリなどアフリカ諸国での金採掘における水銀汚染(大気への放出や下水処理がなく、土壌や川、海を汚染など)が懸念されています。

 古くは、無機水銀は、8世紀の奈良大仏建立の頃から利用され、低温で気化しやすいため、大気を汚染し、呼気を通して脳などの健康被害が考えられます。

 が、このことに関し、大仏全身鍍金(キンメッキ)作業は、金4187両(当時一般に用いられていた1両は40,5g)を水銀に溶かした25134両の金アマルガム(金1に対して水銀5の割合)を用い、5年を要する大事業でした。

 金アマルガムを塗った後、表面は白色ですが、350℃の高温で焼き、ヘラ状のもので磨くと黄金色になります。

 すでに完成が間近の大仏殿の中での作業では、水銀の有毒ガスが発生し、金夫役(きんぶやく)の514902人の中には多くの人が中毒の病気になり、また死亡したと考えられますが、水銀中毒の記録は見られないと言う。 

 現在、金の製錬、また石炭にも微量の水銀が含まれているので、石炭燃焼での水銀放出が大気の環境汚染の発生源として大きな割合を示しています。 

○ 水銀に関する水俣条約

 2013年(平成25年)10月10日、約140の国・地域が参加して熊本県で開かれた国連環境計画(UNEP)の外交会議で、人の健康と環境を守るため、水銀の使用や輸出入を包括的に規制する「水銀に関する水俣条約」が採択され、2016年(平成28年)発効目標としています。

 2013年(平成25年)10月27日(日)、熊本県を訪問中の天皇、皇后両陛下は、水俣市初めて訪れ、水俣病患者たちと懇談しました。患者の多くが差別を恐れて病気を隠してきた実態を聞いた天皇陛下は、「真実に生きることができる社会をみんなで作っていきたいと改めて思いました」と、約1分間にわたって思いを語りました。

(参考文献) 下中邦彦編: 小百科事典(初版)、平凡社(1973); 新村出編: 広辞苑(第四版)、岩波書店(1991); 北陸中日新聞: 香取忠彦、文化、日本めっき事始め、2006年(平成18年)2月9日(木)朝刊; 渡邉泉: 重金属のはなし、中公新書(2012); 北陸中日新聞: 水銀規制へ「水俣条約」、電池や体温計製造禁止、国連10月採択、2013年(平成25年)1月19日(土)朝刊; 朝日新聞: 水俣条約 多くの課題、人力金精製の水銀、深刻、子どもの脳を守る責任、日本の技術でリード、2013年(平成25年)10月24日(木)朝刊; 朝日朝刊: 両陛下 水俣初訪問、真実に生きる社会を、患者らに異例の発言、2013年(平成25年)10月28日(月)朝刊.

(参考資料) 水俣病

 水俣病資料館(水俣市、熊本県): http://www.minamata195651.jp/ 

○ 無機水銀(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E9%8A%80

 アセトアルデヒド(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%92%E3%83%89

○ メチル水銀(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%81%E3%83%AB%E6%B0%B4%E9%8A%80..

 水溶性無機水銀水銀単体、生体内メチルコバラミン(ある種のバクテリアによって産生される酵素)によりメチル化されてメチル水銀を生じるという。

○ 奈良の大仏開眼供養にまつわる歴史実話、東大寺大仏の造立、鍍金、大仏殿の建立、お水取り、とは(2010.2.8): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-d92b.html

« 土呂久鉱山(高千穂、宮崎)、鉱石(硫砒鉄鉱)を焼いて亜ヒ酸を製造、慢性砒素中毒を発症、はじめ亜ヒ酸はアメリカ南部の綿花畑の農薬として輸出、綿花は主にイギリスに輸出、とは(2013.11.1) | トップページ | 秋の歌(唱歌、童謡、フォークソング)、旅愁、虫の声、紅葉(もみじ)、秋の子、小さい秋見つけた、誰もいない海、とは(2013.11.11) »

● 金属鉱山(尾小屋、神岡、足尾、別子、生野、石見、佐渡、菱刈、土呂久)、神社仏閣(池上本門寺、吉田神社)、浄化(ヘビノネゴザ、ホンモンジゴケ、リョウブ、鉄バクテリア、藻類)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 土呂久鉱山(高千穂、宮崎)、鉱石(硫砒鉄鉱)を焼いて亜ヒ酸を製造、慢性砒素中毒を発症、はじめ亜ヒ酸はアメリカ南部の綿花畑の農薬として輸出、綿花は主にイギリスに輸出、とは(2013.11.1) | トップページ | 秋の歌(唱歌、童謡、フォークソング)、旅愁、虫の声、紅葉(もみじ)、秋の子、小さい秋見つけた、誰もいない海、とは(2013.11.11) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ