« 白山火山帯(大山火山帯とも)、白山山麓の温泉と噴泉塔(中宮温泉、岩間温泉、岩間噴泉塔、白山温泉など)、とは(2014.1.14) | トップページ | 雑節(ざつせつ)、冬の土用の入り(2014年1月17日)から18日後(2月4日)に立春となる、土用は1年に4回あり、土気(つちけ)が働いて四季が始まり、立春・立夏・立秋・立冬になるという、とは(2014.1.17) »

2014年1月16日 (木)

白山さん(白山比咩神社)で左義長祭、小正月(正月15日)の火祭り、左義長の歴史と名の由来、火を神聖視する信仰、とは(2014.1.15)

 ○ 白山さん(白山比咩神社)で左義長祭

001_4

左義長祭(さぎちょうさい、白山比咩神社、2014年1月15日、三宮町、白山市) 参拝者が200人以上見守る中、激しく燃え上がるどんど焼き  (2014年(平成26年)1月16日(木)、北陸中日新聞)

(解説)  白山比咩神社(三宮町、白山市)で15日、左義長祭があり、竹やむしろを組んだ巨大などんど(直径10m、高さ10mの円すい形)で、200人を超える参拝者が持ち込んだ、正月飾りや書初めなどを焚(た)き上げ、無病息災を願いました。

 火は、地元を代表して、市内の北辰(ほくしん)、鶴来(つるぎ)の両中学生(6名)が、「ろくろきり」とよばれる昔ながらの道具を使って、神前でおこした清浄な火で点火しました。

 神社によると、左義長は民間の風習として、田んぼで行われたが、野焼きが規制されたため、神社が営む神札や神棚の焚き上げに組み込まれるようになったという。

○ 左義長の歴史

001_5

左義長(さぎちょう、三毬杖とも、広辞苑)

 (解説) 左義長(さぎちょう、三毬杖とも)は、小正月の火祭りの行事のことです。その語源には諸説ありますが、最も一般的なのは、三つの竹あるいは木を組んで結び、三脚にして立てたことによるものという。

 広辞苑によれば、もと毬打(ぎっちょう)を三つ立てたことに由来し、 毬打(ぎっちょう、毬杖とも)は、正月行事の童子の遊戯に使用する、毬(まり)を打つ長柄(ながえ)の槌(つち)のことです。

 宮中では、正月15日および18日に、清涼殿の東庭で、青竹を束ね立て、毬打(ぎっちょう)3個を結び、これに扇子・短冊・吉書(きつしょ)などを添え、謡いはやしつつ焼きました。

 民間では、正月14日または15日(九州では6~7日)、長い竹数本を円錐形などに組立、正月飾りの門松・注連飾り(しめかざり、七五三飾とも)・書初めなどを持ち寄って焼きました。

 その火に体を当てると若返る、体が丈夫になる、餅や団子を火で焼いてを食べると病気をしない、火に書初めをかざしてそれが高く舞うと書が上手になるなど、火を神聖視する信仰が見られます。 

 この行事は、左義長のほか、、どんど焼き、さんくろう焼き、さいと焼き、さえのかみ、ほっけんぎょう、ほちょじ、おにび、三毬打など、多くの名で呼ばれています。

(参考資料) 新村出: 広辞苑(第四版)、p.1016、さぎちょう左義長、三毬杖)、岩波書店(1991); 大島、佐藤、松崎、宮内、宮田編: 図説 民俗探訪事典(1版19刷)、p.140~143、左義長、山川出版社(2005); 北陸中日新聞: 白山さんで「左義長祭」、巨大どんどに無病息災願う、2014年(平成26年)1月16日(木)朝刊.

(参考資料) 注連飾り(しめかざり)、お正月(五穀を守る年神のお祭り)、門松(年神が降臨する場)、注連縄(禍神の侵入を禁ずる印)、どんど焼き(年神を送り返すお祭り)、私の初詣、とは(2010.12.24): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/152.html

(追加説明) 左義長という漢字は、江戸時代から使われているので、平安時代の三毬杖の当て字とも考えられています。

 また、日本語大辞典(小学館)によると、「仏教道教との優劣を試みるため、仏教の書を左に、道教の書を右において焼いたところ、仏教の書が残り左の義長ぜり、という訳経図記にある故事」からという俗説(徒然草寿命院抄)がよく知られています。

« 白山火山帯(大山火山帯とも)、白山山麓の温泉と噴泉塔(中宮温泉、岩間温泉、岩間噴泉塔、白山温泉など)、とは(2014.1.14) | トップページ | 雑節(ざつせつ)、冬の土用の入り(2014年1月17日)から18日後(2月4日)に立春となる、土用は1年に4回あり、土気(つちけ)が働いて四季が始まり、立春・立夏・立秋・立冬になるという、とは(2014.1.17) »

● いしかわ(白山、白山比咩神社、石川県樹木公園)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/54627745

この記事へのトラックバック一覧です: 白山さん(白山比咩神社)で左義長祭、小正月(正月15日)の火祭り、左義長の歴史と名の由来、火を神聖視する信仰、とは(2014.1.15):

« 白山火山帯(大山火山帯とも)、白山山麓の温泉と噴泉塔(中宮温泉、岩間温泉、岩間噴泉塔、白山温泉など)、とは(2014.1.14) | トップページ | 雑節(ざつせつ)、冬の土用の入り(2014年1月17日)から18日後(2月4日)に立春となる、土用は1年に4回あり、土気(つちけ)が働いて四季が始まり、立春・立夏・立秋・立冬になるという、とは(2014.1.17) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ