« 冬の歌(童謡、唱歌)、たきび(童謡)、かきねの かきねの まがりかどーー、さざんか さざんか さいたみち ーーこがらし こがらし さむいみちーー(晩秋から初冬) 、雪(ゆき、唱歌)、 雪やこんこ 霰やこんこ  降つては降つては ずんずん積る--(冬最中)、とは(2014.2.4、立春)  | トップページ | 豪雪、豪雪地帯の対策特別措置法、1962年(昭和37年)制定、豪雪の記録、1963年 (昭和38年)- 2014年(平成26年)、三八豪雪の金沢駅、1963年(昭和38年)1月27日)、とは(2014.2.20) »

2014年2月 6日 (木)

第22回 冬季オリンピック(ソチ、ロシア)、スキーとスケートの滑る原理、スキー(ノルディック、アルペンなど)、スケート(スピード、フィギュアなど)の歴史、とは(2014.2.6)

 第22回 冬季オリンピックが、 2014年(平成26年)2月6日(木)~23日(日)まで、ソチ(ロシア)で開催されます。オリンピック競技には、スキー(アルペン、ノルディックなど6種目)、スケート(フィギュア、スピードなど3種目)、その他(アイスホッケー、バイアスロンなど6種目)の競技があります。

そこで、改めて、スキーとスケートの氷雪、氷の上で滑る原理、また、その歴史について調べて見ました。

 スキーとスケートの滑る原理

0000000233_discussion_0021_2

氷の結晶構造(左 氷の表面が融解、 右 氷の結晶構造、灘 浩樹氏 提供Google画像) 古川義純(こだわりアカデミー、北海道大学低温科学研究所): http://www.athome-academy.jp/archive/mathematics_physics/0000000233_all.html

(解説) 氷に一定の圧力が加えられると、氷の表面が融解し、乱れた水の分子構造(擬似液体層)になることで、スキーやスケートが滑るようになります。

 スキーは雪氷の上で、また、スケートは氷の上で滑り、スピードや演技を競います。この氷の上で滑る原理としては、両足には用具を付け、氷に体重による圧力が加えられ、その部分の融点が下がります。すると、周囲から熱を吸収して氷が解けて水になります。 

 が、滑り去り、圧力がなくなると、直ちに潜熱を放出して、もとの氷にもどります。ということで、滑るとき復氷(ふくひょう)現象が繰り返されていると考えられます。(圧力融解説)  これは、凍結した路面のスリップ事故の原因ともなっています。

 一方、両足にスキー板やスケートのブレード(刃)を付け、氷の表面を滑ると、用具と氷との間に摩擦熱が発生し、接触面の氷がわずかに融けて、これが潤滑の役割を果たすという説もあります。(摩擦融解説) 現在では、これら2つの説の両方が関与して滑る、と説明されています。 

 ○ スキーの歴史

 スキー(もとノルウェー語)は、雪の上を歩き、滑って進むために、それぞれ両足にはく細長い板状の用具、また、これを用いて行う雪上のスポーツのことです。

 北欧~アジア北部で古くから雪上歩行に用いられていたのが起源とされています。江戸時代、1770年(明和7年)前後に、ノルウェーのクリスチャニア(現オスロ)を中心に近代スポーツとして発達しました。 のち中欧に伝えられ、険しいアルプス山系を背景として、オーストリアのM.ツダルスキー(1856~1940)によりシュテム技術を特徴とする新スキー術が編み出されました。彼は「アルペン・スキーの父」と呼ばれています。

 この技術はさらにオーストリアのH.シュナイダー(1890~1955)に受け継がれ、1920年(大正9年)頃、アールベルク・スキー術としてまとめられました。これはアルペン競技の起源となりました。

 ノルディック競技はノルウェーを中心に北欧の丘陵地帯で発達したスキー競技です。その種目には距離競技、ジャンプ競技、複合競技などがあり、1924年第1回(シャモニー)より冬季オリンピック種目となっています。

 アルペン競技は、中欧のアルプス山系をを背景に発達したスキー競技です。その種目には、滑降競技、回転競技、大回転競技、新複合競技(アルペン複合競技)などがあり、いずれも急峻な山から滑り降りるダイナミックな競技で、1936年の第4回(ガルミッシュ・パルテンキルヘン)大会より冬季オリンピック種目となっています。

 1924年(大正13年)、世界スキー連盟(FIS)が結成されました。日本では1911年(明44年)、オーストリアのレルヒ少佐が新潟県高田市((現、上越市)で講習したのに始まります。

 現在、スキーリフト等の完備したゲレンデが各地に作られ、観光事業と相まって冬季レクリエーションとして人気を博しています。 スキー板は合板、メタル(ジュラルミンなど)、グラスファイバー製などが用いられています。 

 スケート の歴史

 スケート(アイス⁻スケート、スケーティングとも)は、編上げ靴の底に鋼製のブレード(金具)を取り付けた氷上滑走用具、また、これを用いて氷の上を滑走するスポーツです。

 古くから北欧等で交通の手段遊戯として行われ、17世紀ころからスポーツ化しました。1892年(明治25年)、国際スケート連盟が設立されました。日本には1877年(明治10年)に初めて紹介されました。

 競技には、スピードスケート、フィギュアスケート(ショート、2分およびフリー、4分)、ホッケーなどがあり、スケート靴もスピード用、フィギュア用、ホッケー用の別があります。

(参考文献) 下中邦彦編: 小百科事典(初版)、平凡社(1973); 新村出編: 広辞苑(第四版)、岩波書店(1991).

(参考資料)  ○ 冬季オリンピック(ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%AC%E5%AD%A3%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF

○ 第22回 オリンピック冬季競技大会(日本オリンピック委員会): http://www.joc.or.jp/games/olympic/sochi/

« 冬の歌(童謡、唱歌)、たきび(童謡)、かきねの かきねの まがりかどーー、さざんか さざんか さいたみち ーーこがらし こがらし さむいみちーー(晩秋から初冬) 、雪(ゆき、唱歌)、 雪やこんこ 霰やこんこ  降つては降つては ずんずん積る--(冬最中)、とは(2014.2.4、立春)  | トップページ | 豪雪、豪雪地帯の対策特別措置法、1962年(昭和37年)制定、豪雪の記録、1963年 (昭和38年)- 2014年(平成26年)、三八豪雪の金沢駅、1963年(昭和38年)1月27日)、とは(2014.2.20) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 冬の歌(童謡、唱歌)、たきび(童謡)、かきねの かきねの まがりかどーー、さざんか さざんか さいたみち ーーこがらし こがらし さむいみちーー(晩秋から初冬) 、雪(ゆき、唱歌)、 雪やこんこ 霰やこんこ  降つては降つては ずんずん積る--(冬最中)、とは(2014.2.4、立春)  | トップページ | 豪雪、豪雪地帯の対策特別措置法、1962年(昭和37年)制定、豪雪の記録、1963年 (昭和38年)- 2014年(平成26年)、三八豪雪の金沢駅、1963年(昭和38年)1月27日)、とは(2014.2.20) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ