« 春の歌(童謡、唱歌)、チュウリップ(童謡)(さいた さいた チューリップの花が、--)、春が来た(唱歌)(春が来た 春が来た どこに来た、--)、春一番(キャンディーズのヒット曲)、とは(2014.4.17) | トップページ | 行く春(季題)、花もみな 散りぬる宿は 行く春の 故郷とこそ なりぬべらなれ (和歌、紀貫之)、 行く春や 鳥啼き魚の 目は泪 (俳句、松尾芭蕉)、ゆさゆさと 春が行くぞよ 野べの草 (俳句、小林一茶)、とは(2014.4.29)   »

2014年4月25日 (金)

春の草花、犀川の歩道沿いに群生して咲く、ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)、ヘラオオバコ(箆大葉子 )、セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)、シバザクラ(芝桜)、チュウリップ(Tulipa )、とは(2014.4.25)

 ここ数日、北陸地方は高気圧に覆われています。金沢は朝から晴れていて、朝晩はひんやりするのですが、日中は暖くなっていました。

 そこで、近くの犀川堤防を散歩したところ、遊歩道沿いには、春の到来を告げる、面白い姿の草花も群生し、咲いていましたので、デジカメで撮影しました。

P4240005_2

 ○ 犀川堤防の遊歩道沿いに群落をなす草花(桜田、金沢、2014年4月24日)

P4240030 

○ ヒメオドリコソウ(姫踊り子草、シソ科、ヨーロッパ原産) 花穂の姿は東北地方の鹿踊りの格好によく似ています。

P4240008

○ ヘラオオバコ(箆大葉子、オオバコ科、ヨーロッパ原産 )  葉の形がヘラ形であるのが特徴で、日本各地に広がっています。

P4240035

 セイヨウタンポポ(西洋蒲公英、キク科、ヨーロッパ原産) 総苞(そうほう)の外側が下へめくれるのが特徴です。明治時代、北海道で食用・牧草として輸入したのが始まりです。

P4240032

○ シバザクラ(芝桜、ハナシノブ科、北アメリカ東部原産) コケのように土壌を匍匐(ほふく)する草姿の形と燃えるような花の色から名付けられました。

P4240037

○ チュウリップ(Tulipa 、ユリ科、中央アジア、北アフリカ原産) 学名のチューリッパはターバンのトルコ名に由来し、花形が似ていることによるものです。

(参考文献) 高橋勝雄: 野草の名前、春、山と渓谷社(2002); 浜田豊: 花の名前、日東書院(2011).

« 春の歌(童謡、唱歌)、チュウリップ(童謡)(さいた さいた チューリップの花が、--)、春が来た(唱歌)(春が来た 春が来た どこに来た、--)、春一番(キャンディーズのヒット曲)、とは(2014.4.17) | トップページ | 行く春(季題)、花もみな 散りぬる宿は 行く春の 故郷とこそ なりぬべらなれ (和歌、紀貫之)、 行く春や 鳥啼き魚の 目は泪 (俳句、松尾芭蕉)、ゆさゆさと 春が行くぞよ 野べの草 (俳句、小林一茶)、とは(2014.4.29)   »

● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の歌(童謡、唱歌)、チュウリップ(童謡)(さいた さいた チューリップの花が、--)、春が来た(唱歌)(春が来た 春が来た どこに来た、--)、春一番(キャンディーズのヒット曲)、とは(2014.4.17) | トップページ | 行く春(季題)、花もみな 散りぬる宿は 行く春の 故郷とこそ なりぬべらなれ (和歌、紀貫之)、 行く春や 鳥啼き魚の 目は泪 (俳句、松尾芭蕉)、ゆさゆさと 春が行くぞよ 野べの草 (俳句、小林一茶)、とは(2014.4.29)   »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ