« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の6件の記事

2014年4月29日 (火)

行く春(季題)、花もみな 散りぬる宿は 行く春の 故郷とこそ なりぬべらなれ (和歌、紀貫之)、 行く春や 鳥啼き魚の 目は泪 (俳句、松尾芭蕉)、ゆさゆさと 春が行くぞよ 野べの草 (俳句、小林一茶)、とは(2014.4.29)  

 行く春(ゆくはる)とは、広辞苑によれば、暮れてゆく春、過ぎゆく春、晩春、まさに終ろうとする春で、惜春の心をこめていう。は、とりわけ楽しく明るい季節だけに、それが尽きようとする、行く春は、なぜか物寂しい気持ちにさせられ、昔から多くの歌人や俳人により、季題として詠まれています。

○ 花もみな 散りぬる宿は 行く春の 故郷とこそ なりぬべらなれ   

   紀貫之(872~945?) 拾遺和歌集77、春 (平安時代)                

(解説) 花もすべて散ってしまったわが家は 過ぎ去って行く春の 旧跡になってしまったようだ。

○ 行く春や 鳥啼き魚の 目は泪 

   Photo_3 

  松尾芭蕉(1644~1694) 行く春や 鳥啼き魚の 目は泪 奥の細道 (大迫閑歩解説、江戸時代) :http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/basho/okunohosomichi/okuno02.htm.  

(解説) 春が過ぎ去るのを惜しんで 鳥も魚も目に涙を浮かべている。この句は、1689年(元禄2年)3月27日、芭蕉が旅立ちの心境を詠んだもので、人のみならず、鳥や魚までも別れを惜しんでいる、という。

○ ゆさゆさと 春が行くぞよ 野べの草 

  小林一茶(1763~1827) 七番日記 (江戸時代)

(解説) 風にゆすられて 春が過ぎ去り 野辺の草が、音を立てゆれ動いている。

(参考文献) 新村出編: 広辞苑(第四編)、p.2615 ゆくはる(行く春)、岩波書店(1991);樋口清之: 生活歳時記(第2版)、p.240 行く春(ゆくはる)、三宝出版(1994).

2014年4月25日 (金)

春の草花、犀川の歩道沿いに群生して咲く、ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)、ヘラオオバコ(箆大葉子 )、セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)、シバザクラ(芝桜)、チュウリップ(Tulipa )、とは(2014.4.25)

 ここ数日、北陸地方は高気圧に覆われています。金沢は朝から晴れていて、朝晩はひんやりするのですが、日中は暖くなっていました。

 そこで、近くの犀川堤防を散歩したところ、遊歩道沿いには、春の到来を告げる、面白い姿の草花も群生し、咲いていましたので、デジカメで撮影しました。

P4240005_2

 ○ 犀川堤防の遊歩道沿いに群落をなす草花(桜田、金沢、2014年4月24日)

P4240030 

○ ヒメオドリコソウ(姫踊り子草、シソ科、ヨーロッパ原産) 花穂の姿は東北地方の鹿踊りの格好によく似ています。

P4240008

○ ヘラオオバコ(箆大葉子、オオバコ科、ヨーロッパ原産 )  葉の形がヘラ形であるのが特徴で、日本各地に広がっています。

P4240035

 セイヨウタンポポ(西洋蒲公英、キク科、ヨーロッパ原産) 総苞(そうほう)の外側が下へめくれるのが特徴です。明治時代、北海道で食用・牧草として輸入したのが始まりです。

P4240032

○ シバザクラ(芝桜、ハナシノブ科、北アメリカ東部原産) コケのように土壌を匍匐(ほふく)する草姿の形と燃えるような花の色から名付けられました。

P4240037

○ チュウリップ(Tulipa 、ユリ科、中央アジア、北アフリカ原産) 学名のチューリッパはターバンのトルコ名に由来し、花形が似ていることによるものです。

(参考文献) 高橋勝雄: 野草の名前、春、山と渓谷社(2002); 浜田豊: 花の名前、日東書院(2011).

2014年4月17日 (木)

春の歌(童謡、唱歌)、チュウリップ(童謡)(さいた さいた チューリップの花が、--)、春が来た(唱歌)(春が来た 春が来た どこに来た、--)、春一番(キャンディーズのヒット曲)、とは(2014.4.17)

童謡

 童謡(どうよう)は、大正中期から昭和初期まで、北原白秋(1885~1942、詩人・歌人・童謡作家)らが、文部省唱歌を批判して普及させた、子どもの歌です。 

○ チュウリップ 

F1001024  

チュウリップ (犀川近く、歩道沿い、桜田、金沢、2014年4月17日) チュウリップは、ユリ科、中央アジア、北アフリカ原産。

YouTube(日本の童謡・唱歌: http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/tulip.htm

1.さいた さいた    チューリップの花が
ならんだ ならんだ  あか しろ きいろ
どの花見ても      きれいだな

2.ゆれる ゆれる   チューリップの花が
風に ゆれて      にこにこ 笑う
どの花見ても      かわいいな

3.風に ゆれる    チューリップの花に
とぶよ とぶよ     ちょうちょが とぶよ
ちょうちょと花と    遊んでる

(解説) この曲は、1932年(昭和7年)、絵本唱歌 夏の巻(日本教育音楽協会編)として発表されました。作詞近藤宮子(1907~1999)、作曲井上武士(1894~1974)です。

唱歌

 唱歌(しょうか)は、明治初期から第2次大戦終了時まで、主として学校教育用につくられた、文部省唱歌のことです。

○ 春が来た 

J02226461

春が来た (桜の花) サクラ(桜)は、バラ科、日本原産。

YouTube(日本の童謡・唱歌): http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/harugakita.htm

1.春が来た 春が来た どこに来た   山に来た 里に来た 野にも来た

2.花がさく 花がさく どこにさく     山にさく 里にさく 野にもさく

3.鳥がなく 鳥がなく どこでなく     山でなく 里でなく 野でもなく

(解説) この曲は、1910年(明治43年)年、尋常小学読本唱歌として発表されました。春が来た、花が咲く、鳥が鳴くなど、単純な歌詞を繰り返して、春の到来の喜びを素直に表現された名曲です。作詞は、岡野貞一(1878~1941)、作曲は、高野辰之(1876~1947)です。

(参考資料) ○ 春の童謡・唱歌・日本のうた(解説と試聴、世界の民謡・童謡): http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/spring.htm

○ 春一番(キャンディーズのヒット曲): この楽曲は、1976年(昭和51年)3月1日、作詞・作曲 穂口雄右(1948~ )、 唄 キャンディーズとして、CBSソニーから発売された作品です。 YouTube: http://www.youtube.com/watch?v=KJYPpSLIdoA

春一番

.雪がとけて川になって 流れて行きます
つくしの子が恥ずかしげに 顔を出します
もうすぐ春ですねえ
ちょっと気どってみませんか
風が吹いて暖かさを 運んできました
どこかの子が隣の子を 迎えにきました
もうすぐ春ですねえ
彼をさそってみませんか
泣いてばかりいたって 幸せはこないから
重いコートぬいで でかけませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか

.日た゜まりには雀たちが 楽しそうです
雪をはねて猫柳が 顔を出します
もうすぐ春ですねえ
ちょっと気どってみませんか
おしゃれをして男の子が 出かけて行きます
水をけってカエルの子が 泳いで行きます
もうすぐ春ですねえ
彼をさそってみませんか
別れ話したのは 去年のことでしたね
ひとつ大人になって 忘れませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか

.雪がとけて川になって 流れて行きます
つくしの子が恥ずかしげに 顔を出します
もうすぐ春ですねえ
ちょっと気どってみませんか
別れ話したのは 去年のことでしたね
ひとつ大人になって 忘れませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか

2014年4月 7日 (月)

春の季節(4月7日)、犀川堤防沿いの満開のサクラ並木、犀川近くの民家の庭と公園のモクレンの白色と暗紫色の花、とは(2014,4.7)

 北陸地方の金沢(石川)のサクラバラ科、日本原産)の花は、日本気象協会により、4月3日頃に開花し、4月7日頃に満開になると予想されていました。

 その後、犀川堤防沿いのサクラ並木は、予想通り、4月3日に咲き始め、4月7日に満開を迎えました。また、この日には、民家の庭と公園のモクレン木蓮モクレン科、中国原産)の白色と暗紫色の花も見られました。

P4070004 P4070005 P4070008

犀川堤防沿いの満開のサクラ並木(桜田町、金沢、2014年4月7日撮影)

P4070029 P4070033

P4070036

犀川近くの民家の庭と公園のモクレンの白色と暗紫色の花(示野中町、金沢、2014年4月7日撮影)

(参考資料) ○ さくら開花予想(2014年、北陸、金沢地方気象台、日本気象協会):http://sakura.weathermap.jp/area.php?city=Kanazawa

○ 春、わが家(桜田、金沢)近く犀川土手の満開の桜の景色(2013.4.4):  http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/201344-b313.html. 

2014年4月 1日 (火)

桜の開花、金沢気象台(金沢市西念)は1日、金沢でソメイヨシノが開花したと発表! (2014.4.1)

 金沢市内は1日、朝から晴れ、最高温度も14・7℃となり、春らしい陽気に包まれまし

た。 金沢気象台(金沢市西念3丁目)は、開花の目安となる標本木ソメイヨシノ)に5、6

輪の花 が咲いているのが観測され、金沢で桜が開花したと発表しました。 

 昨年は3月30日に開花したので、2日遅いが、平年より3日早いという。気象台による

と、北陸では例年、開花から5日ほどで満開を迎えるので、週末ごろが見ごろという。 

 なお金沢市内の犀川堤防沿いの桜並木は、まだ、淡いピンクのつぼみをほころばせ

ていました

Et201404010711

花を咲かせた標本木のソメイヨシノ(2014年4月1日、午後0時10分、金沢地方気象台、西念3丁目、金沢、石川)

(参考文献) 北國新聞(ニュース、4月1日15時32分): 金沢の桜、開花宣言 平年より3日早く ; 北陸中日新聞夕刊): 金沢で桜開花2014年(平成26年)4月1日(火).

春一番(3月12日)、立春(2月4日)から春分(3月21日)までの間に初めて吹く暖かい南よりの強い風、三寒四温、中国では冬季、日本では春先の頃の寒暖の周期的変化、春一番(キャンディーズのヒット曲)、とは(2014.4.1)

 立春以後、初めて吹く強い南よりの風は「春一番」と呼ばれています。この頃からいよいよ春の近づいた暖かさを感じられるようになります。が、その後は、本格的な春の到来まで、低気圧と高気圧が交互にやってきて、寒暖を繰り返す「三寒四温」の日々が続きます。そこで、改めて、冬から春への季節変化について調べて見ました。

 春一番

 春一番(はるいちばん、はるいちとも)は、気象庁によれば、立春(2月4日)から春分(3月21日)までの間に、日本の広い範囲(関東甲信・北陸から九州地方)で初めて吹く、暖かくて、やや強い南よりの風、と説明されています。この言葉は、古くから壱岐(いき、長崎)の漁師が使っていたという。 

 
 2月も中旬を過ぎると、低気圧が日本海側を通って発達し、北東に進み、これに向かって太平洋側から強い南風が吹き込み、その後には強い北風が吹いて、突風を伴うことも多いようです。 

 この時、気温が上がるので、雪崩や融雪による洪水などの気象災害、また、低気圧や寒冷前線の接近と通過に伴う、大雨、雷、突風、竜巻などによる海難事故警戒する必要があります。

 金沢地方気象台は、3月12日(水)、全国で最も早く北陸地方で「春一番」を観測したと発表しました。昨年より33日遅かったようです。南よりの暖かい風の影響で、石川県内各地で最高気温が前日より5℃以上も上回り、4月上旬並みの陽気となりました。

 また、関東および四国地方では、18日(火)、昨年より17日遅れて、「春一番」が吹き荒れたとの発表がありました。

Fig41_5

春一番が発生した時の天気図(2009年(平成21年)2月13日15時、Google画像)

(解説) 2009年(平成21年)は、2月13日、低気圧が発達しながら日本海を北東に進み、各地で春一番が観測されました。この日、東京では最大風速(秒速)が南南西9.6メートル(最大瞬間風速20メートル)、最高気温は翌14日にかけて23.9℃まで上昇し、5月下旬の陽気となりました。

 2013年(平成25年)は、2月7日、日本海を低気圧が北東に進み、北日本の日本海側で雪となり、低気圧に吹き込む南寄りの風により北陸地方で春一番が観測されました。この日は、新潟県佐渡市両津で最大瞬間風速は30.5メートルでした。

風に関する用語春一番含む、気象庁、国土交通省、東京): http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/kaze.html; 春一番気象庁、国土交通省、東京): http://www.google.com/cse?cx=016796445706378902463%3Aisv-jgw0mhw&ie=Shift_JIS&q=&imageField.x=34&imageField.y=11&siteurl=www.jma.go.jp%2Fjma%2Findex.html#gsc.tab=0&gsc.q=%E6%98%A5%E4%B8%80%E7%95%AA

○ 三寒四温

 三寒四温(さんかんしおん)は、3日ほど寒い日が続くと、その後に4日ほど暖かい日が続き、これを交互にくりかえす現象のことです。中国北部東北、朝鮮方面冬季に見られます。これは、シベリア高気圧1週間位の周期強くなったり、弱くなったりするためと解釈されています。

 が、日本付近天候は、シベリア高気圧だけでなく、太平洋の高気圧影響も受けるので、三寒四温が日本でははっきりと現れることはなく、一冬に一度あるかないかという程度です。

 そのため近年では本来の意味から外れて、春先低気圧と高気圧が交互にやってきたときの気温の周期的な変化、という意味合いで使用されることが多くなっています。 

(参考文献) 下中邦彦編: 小百科事典(初版)、平凡社(1973); 新村出編: 広辞苑(第四版)、岩波書店(1991); 樋口清之監修: 生活歳時記(第2版)、p.100 春一番、三宝出版(1994).

(参考資料) ○ 春一番(はるいちばん、ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E4%B8%80%E7%95%AA 

気象庁は、気象用語になっている「春一番」の語源について、諸説があるが、石川県能登地方や三重県志摩地方以西で、昔から使われていた、と説明しています。

 その中で、長崎県郷ノ浦町では1859年(安政6年)旧暦2月13日(新暦3月17日)に長崎県五島沖に出漁した漁師53人が、春の強い突風にあい全員遭難しました。このときから郷ノ浦の元居地区では、春の初めの強い南風を「春一」または「春一番」と呼ぶようになったそうで、今では町内の岬に「春一番の塔」が建てられています。

 また、宮本常一(1907~1981、民俗学者)は、1775年(安永4年)に刊行された越谷吾山(1717~1788、俳人・国学者)の「物類称呼」の中に「ハルイチ」が掲載されていると指摘しています。

○ 春一番(キャンディーズのヒット曲):  この楽曲は、1976年(昭和51年)3月1日、作詞・作曲 穂口雄右(1948~ )、 唄 キャンディーズとして、CBSソニーから発売された作品です。 YouTube: http://www.youtube.com/watch?v=KJYPpSLIdoA

春一番

.雪がとけて川になって 流れて行きます
つくしの子が恥ずかしげに 顔を出します
もうすぐ春ですねえ
ちょっと気どってみませんか
風が吹いて暖かさを 運んできました
どこかの子が隣の子を 迎えにきました
もうすぐ春ですねえ
彼をさそってみませんか
泣いてばかりいたって 幸せはこないから
重いコートぬいで でかけませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか

.日た゜まりには雀たちが 楽しそうです
雪をはねて猫柳が 顔を出します
もうすぐ春ですねえ
ちょっと気どってみませんか
おしゃれをして男の子が 出かけて行きます
水をけってカエルの子が 泳いで行きます
もうすぐ春ですねえ
彼をさそってみませんか
別れ話したのは 去年のことでしたね
ひとつ大人になって 忘れませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか

.雪がとけて川になって 流れて行きます
つくしの子が恥ずかしげに 顔を出します
もうすぐ春ですねえ
ちょっと気どってみませんか
別れ話したのは 去年のことでしたね
ひとつ大人になって 忘れませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ