« くすり(薬)の語源、くすし(奇し)、古代、病気は神の祟(たた)りとする神気(かみのけ)と呼び、神気をはらう薬は、くすし(奇し、霊妙な)力があると信じられていました、近世、富山の売薬の起源、とは(2014.5.26) | トップページ | 夏の花、桜田(金沢)近くの歩道沿いに咲く、マツバギク(松葉菊、ハマミズナ科、ツルナ科とも、南アフリカ原産)とサツキ(皐月、ツツジ科、日本原産)の美しい花の風景(2014.5.28) »

2014年5月27日 (火)

新緑の季節(5月27日)、示野中橋近く、犀川の遊歩道沿いと堤防斜面に繁茂している野草刈りの風景(2014.5.27)

 新緑の美しい季節ですが、いつもの年と同じように、示野中橋近く、犀川の遊歩道沿いと堤防斜面に繁茂している野草を刈り取る風景が見られました。

P5240031

P5240014

P5240006   

P5240019

P5240020_2

P5240025

犀川の遊歩道沿いと堤防斜面に繁茂している野草刈りの風景(示野中橋、金沢、2014.5.27)

« くすり(薬)の語源、くすし(奇し)、古代、病気は神の祟(たた)りとする神気(かみのけ)と呼び、神気をはらう薬は、くすし(奇し、霊妙な)力があると信じられていました、近世、富山の売薬の起源、とは(2014.5.26) | トップページ | 夏の花、桜田(金沢)近くの歩道沿いに咲く、マツバギク(松葉菊、ハマミズナ科、ツルナ科とも、南アフリカ原産)とサツキ(皐月、ツツジ科、日本原産)の美しい花の風景(2014.5.28) »

● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/56325548

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の季節(5月27日)、示野中橋近く、犀川の遊歩道沿いと堤防斜面に繁茂している野草刈りの風景(2014.5.27):

« くすり(薬)の語源、くすし(奇し)、古代、病気は神の祟(たた)りとする神気(かみのけ)と呼び、神気をはらう薬は、くすし(奇し、霊妙な)力があると信じられていました、近世、富山の売薬の起源、とは(2014.5.26) | トップページ | 夏の花、桜田(金沢)近くの歩道沿いに咲く、マツバギク(松葉菊、ハマミズナ科、ツルナ科とも、南アフリカ原産)とサツキ(皐月、ツツジ科、日本原産)の美しい花の風景(2014.5.28) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ