« 稲作の季節、田植え前にトラクターにより田んぼを整地する、田起こし(たおこし)と代掻き(しろかき)の風景、八十八夜と稲の種まき、とは(2014.5.1) | トップページ | 立夏、トマトが害虫から身を守る仕組み、トマト(ナス科)が互いに香りで害虫の危機を伝え、体内で毒を合成して助け合っている、とは(2014.5.6) »

2014年5月 3日 (土)

田植え、金沢市内の田んぼ、田植え機によりコシヒカリの育苗を植えると同時に、肥料も撒く農作業の風景、とは(2014.5.3)

 今日、5月3日は、憲法記念日の祝日でしたが、金沢市内の田んぼでは、田植え機によりコシヒカリ育苗植えると同時に、肥料撒く農作業が見られました。

 田植えは、稲の苗を数本(3~5本)ずつ一定間隔に植える農作業ですが、田植え機(JAのコシヒカリの育苗)を植えると同時に肥料(JAの一発くん で 窒素、リン酸、カリなど含む)も撒(ま)けるようになっています。

 現在、苗を植え付ると同時に、肥料を投入したホッパーから苗の脇の土中に肥料を置く「側条施肥」機構が付いた田植え機が増加しています。 この後、よい天気が続くと、苗の根付きも早くなるという。 

〇 田植え機(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E6%A4%8D%E6%A9%9F

〇 一発くん(JAの水稲用元肥): http://www.ja-agli.co.jp/hiryo/bb_youtosuitou.php3?mcode=00006&bdcol=CC9933&bgcol=CCCC66; JAアグリライン石川: http://www.ja-agli.co.jp/

 P5030023

P5030025P5030027

P5030029

P5030017

田植え田植え機によりコシヒカリの育苗を植えると同時に、肥料も撒く農作業、藤江北、金沢、石川、2014年5月3日)

(参考文献) 新村出編: 広辞苑(第四編)、岩波書店(1991); 樋口清之: 生活歳時記(第2版)、三宝出版(1994).

(参考資料)  ○ イネ(稲)にまつわる歴史伝承、イネの起源、分類と品種、米の栄養成分、イネの生育と栽培、病虫害、収穫、米の生産と流通、とは(2011.6.17) : http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/184.html. 

« 稲作の季節、田植え前にトラクターにより田んぼを整地する、田起こし(たおこし)と代掻き(しろかき)の風景、八十八夜と稲の種まき、とは(2014.5.1) | トップページ | 立夏、トマトが害虫から身を守る仕組み、トマト(ナス科)が互いに香りで害虫の危機を伝え、体内で毒を合成して助け合っている、とは(2014.5.6) »

● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/56044741

この記事へのトラックバック一覧です: 田植え、金沢市内の田んぼ、田植え機によりコシヒカリの育苗を植えると同時に、肥料も撒く農作業の風景、とは(2014.5.3):

« 稲作の季節、田植え前にトラクターにより田んぼを整地する、田起こし(たおこし)と代掻き(しろかき)の風景、八十八夜と稲の種まき、とは(2014.5.1) | トップページ | 立夏、トマトが害虫から身を守る仕組み、トマト(ナス科)が互いに香りで害虫の危機を伝え、体内で毒を合成して助け合っている、とは(2014.5.6) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ