« ひょんな言葉の語源、けりがつく、へっぴりごし、てんやわんや、たたら踏む、とは(2014.5.29) | トップページ | ニシンの漢字、鰊とか鯡の語源、鰊(れん)の字は中国では「小魚の名」、鯡(ひ)の字は「フナに似た魚の名」、または「魚卵」、アイヌ語では「数の子(かずのこ)」、とは(2014.6.1) »

2014年5月30日 (金)

黄砂(こうさ)、中国大陸(砂漠、黄土地域)から飛来した大気エアロゾル(微粒子)で霞む金沢市内の景色(2014.5.30)

 今日(5月30日)は、好天気ですが、朝方から外の景色が白く霞(かす)んで見えました。これは、金沢地方気象台によると、中国大陸から飛来した黄砂(こうさ)によるものです。そこで、黄砂で霞(かす)む金沢市内の景色をデジカメで撮影しました。

 この黄砂の本体は、大気エアロゾル微粒子、固体粒子や小粒の液滴が大気中に分散している状態)というものです。発生源は、中国大陸乾燥地帯(ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠など)、黄土地域(黄土高原)で、上空の偏西風に乗って運ばれて来ます。

P5300002

P5300003

P5300005

P5300013

P5300010

P5300020

中国大陸(砂漠、黄土地域)から飛来した大気エアロゾル(微粒子)で霞む金沢市内の景色(桜田、金沢、2014年5月30日撮影)

(解説) 一昨日、5月28日、石川県内は高気圧に覆われて晴れ、金沢地方気象台は、金沢で今年初めて黄砂を 観測したと発表しました。昨年は3月9日でした。

黄砂(北國新聞ニュース): http://www.hokkoku.co.jp/subpage/TR20140529701.htm

(参考資料)  PM2.5、大気中に漂う直径が2.5μm(マイクロメートル、1ミリの千分の一)以下の微小粒子状物質、PM2.5でかすむ犀川近くの金沢市内の風景、とは(2014.3.8): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/pm25mpm-d487.html

« ひょんな言葉の語源、けりがつく、へっぴりごし、てんやわんや、たたら踏む、とは(2014.5.29) | トップページ | ニシンの漢字、鰊とか鯡の語源、鰊(れん)の字は中国では「小魚の名」、鯡(ひ)の字は「フナに似た魚の名」、または「魚卵」、アイヌ語では「数の子(かずのこ)」、とは(2014.6.1) »

● 天災(地震、津波、台風、洪水、一発雷、豪雪、春一番、フェーン現象、火山、大火、黄砂、PM2.5)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/56355737

この記事へのトラックバック一覧です: 黄砂(こうさ)、中国大陸(砂漠、黄土地域)から飛来した大気エアロゾル(微粒子)で霞む金沢市内の景色(2014.5.30):

« ひょんな言葉の語源、けりがつく、へっぴりごし、てんやわんや、たたら踏む、とは(2014.5.29) | トップページ | ニシンの漢字、鰊とか鯡の語源、鰊(れん)の字は中国では「小魚の名」、鯡(ひ)の字は「フナに似た魚の名」、または「魚卵」、アイヌ語では「数の子(かずのこ)」、とは(2014.6.1) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ