« ヤマボウシ(山法師、ミズキ科、日本原産)、丸い蕾を法師の坊主頭に、花びらのような白い総苞片を頭巾に見立てた、真っ白い花のようで美しいヤマボウシの街路樹の景色(2014.5.22) | トップページ | 新緑の季節(5月27日)、示野中橋近く、犀川の遊歩道沿いと堤防斜面に繁茂している野草刈りの風景(2014.5.27) »

2014年5月26日 (月)

くすり(薬)の語源、くすし(奇し)、古代、病気は神の祟(たた)りとする神気(かみのけ)と呼び、神気をはらう薬は、くすし(奇し、霊妙な)力があると信じられていました、近世、富山の売薬の起源、とは(2014.5.26)

  くすり()とは、広辞苑によれば、病気や傷を治療するために服用、または塗布・注射するもの。その語源については、一説に、くすし(奇し)と同じか、と説明されています。 また、くすし(奇し)とは、人知でははかり知れない、不可思議である、霊妙である、人間離れしている、などと説明されています。

 くすり(薬)の語源

  古代、古墳から平安時代、医療と呪術(じゅじゅつ)が密接に関係していた時、疫病(えきびょう)は神の意志によるもので、どんな神でも、人間が神を犯すようなことがあれば、祟(たた)って病が起きると信じられていました

 病気神の祟(たた)りであるとするところから、神気かみのけ)と呼んでいたという事実もあります。 神気(かみのけ)をはらう薬は、やはりくすし(奇し、霊妙な)力があると信じられていました。 

 薬物(やくぶつ)という文字は、553年(欽明天皇14年)、日本書紀のところに「ヌト書、暦本、種々の薬物、付送れ」とあるのが最初です。

 江戸中期の国語学者・谷川士清(たにがわことすが、1709~1776、津、三重)は、その著書「日本書記通證」の中で、「久須利(くすり)とよむ、奇験をもって名を得たらしいが、また一説には草作(くさす)の意味もある。 薬(和漢薬など)には草類(薬草)が多いからだろう」と解説しています。 谷川士清(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E5%A3%AB%E6%B8%85

○ 富山の売薬の起源

 Images_27

檀那場廻(だんなばまわり、檀配札活動に出向く衆徒立山山麓、富山、google画像)

(解説) 富山の売薬起源は、近世江戸時代立山信仰に基づく修験者山伏)の檀那場廻(だんなばまわり、檀家の布教など)、諸国配札(しょこくくばりふだ、お札の配付など)だとも言われています。

 立山修験者が行っていた、先用後利(せんようこうり、配置家庭薬)という商売方法に、薬(和漢薬など)安定生産が加わることによって、富山売薬は盛んになりました。

(参考文献) 新村出編: 広辞苑〈第4版)、岩波書店(1991); 樋口清之監修: 生活歳時記(第2版)、p.291 「くすり」の語源、三宝出版(1994).

(参考資料) 富山の売薬にまつわる歴史伝承、反魂丹(腹痛薬)、先用後利(配置家庭薬)、おまけ(土産、進物)、とは(2010.4.14): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/70.html

« ヤマボウシ(山法師、ミズキ科、日本原産)、丸い蕾を法師の坊主頭に、花びらのような白い総苞片を頭巾に見立てた、真っ白い花のようで美しいヤマボウシの街路樹の景色(2014.5.22) | トップページ | 新緑の季節(5月27日)、示野中橋近く、犀川の遊歩道沿いと堤防斜面に繁茂している野草刈りの風景(2014.5.27) »

● 民俗(衣食住、信仰、語源、遺跡、芸能)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマボウシ(山法師、ミズキ科、日本原産)、丸い蕾を法師の坊主頭に、花びらのような白い総苞片を頭巾に見立てた、真っ白い花のようで美しいヤマボウシの街路樹の景色(2014.5.22) | トップページ | 新緑の季節(5月27日)、示野中橋近く、犀川の遊歩道沿いと堤防斜面に繁茂している野草刈りの風景(2014.5.27) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ