« アユ釣り解禁(6月16日)、犀川で糸を垂れる太公望、まめだおおはし(大豆田大橋)下の堰堤(えんてい)でアユを口ばしで捕るシラサギとアオサギの光景、とは(2014.6.16) | トップページ | ワルナスビ(悪茄子、ナス科)、犀川の土手の遊歩道で目にとまった、その名とは似ても似つかぬ、可愛い淡紫色の花、とは(2014.6.19) »

2014年6月18日 (水)

アジサイ(紫陽花)、花の色が、白から青紫色、紅紫色と変わるので、俗に七変化(しちへんげ)ともいう、とは(2014.6.17)

 アジサイ紫陽花、ユキノシタ科)は、鑑賞花として庭園などに植える、落葉低木です。梅雨(つゆ)の頃、球形とか額ぶち形に集まって咲きます。 先日、6月16日、犀川堤防の遊歩道を散策中、白、青、淡紫など、色とりどりに咲くアジサイの花が目につきました。

が、から青紫色紅紫色と変わるので、俗に七変化(しちへんげ)ともいう。 花のように見える咢(がく、葉の一種)の中心には、小さな花があります。このような花は、装飾花(そうしょくか)と呼ばれています。

P6160103

P6160104

アジサイ(紫陽花、白色、手まり咲き、ユキノシタ科)

P6160110

P6160111

アジサイ(紫陽花、青色、額ぶち咲き、ユキノシタ科)

P6160101

P6160102

アジサイ(紫陽花、淡紫色、手まり咲き、ユキノシタ科)

明月院(めいげついん、臨済宗、鎌倉市、神奈川県)は、あじさい寺ともいわれるほど、あじさいの名所で、鑑賞客が数多く訪れます。

○ 明月院(めいげついん、あじさい寺とも、鎌倉市、神奈川県、Google画像): https://www.google.co.jp/search?q=%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%B8%82%E3%81%AE%E6%98%8E%E6%9C%88%E9%99%A2&safe=active&hl=ja&rlz=1T4GGNI_jaJP523JP523&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=_s-fU9TnNsf48QXIvYC4Bg&ved=0CAoQ_AUoAw&biw=1366&bih=588

(参考文献) 樋口清之(監修): 生活歳時記(第2版)、p.340 紫陽花(あじさい)、三宝出版(1994).

(参考資料) ○ 落葉低木、アジサイ(紫陽花)にまつわる歴史伝承、アジサイの名前(由来)、アジサイの花(咲き型)、アジサイの花の色(七変化)、とは(2011.6.13)http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/183.html

« アユ釣り解禁(6月16日)、犀川で糸を垂れる太公望、まめだおおはし(大豆田大橋)下の堰堤(えんてい)でアユを口ばしで捕るシラサギとアオサギの光景、とは(2014.6.16) | トップページ | ワルナスビ(悪茄子、ナス科)、犀川の土手の遊歩道で目にとまった、その名とは似ても似つかぬ、可愛い淡紫色の花、とは(2014.6.19) »

● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/56527096

この記事へのトラックバック一覧です: アジサイ(紫陽花)、花の色が、白から青紫色、紅紫色と変わるので、俗に七変化(しちへんげ)ともいう、とは(2014.6.17):

« アユ釣り解禁(6月16日)、犀川で糸を垂れる太公望、まめだおおはし(大豆田大橋)下の堰堤(えんてい)でアユを口ばしで捕るシラサギとアオサギの光景、とは(2014.6.16) | トップページ | ワルナスビ(悪茄子、ナス科)、犀川の土手の遊歩道で目にとまった、その名とは似ても似つかぬ、可愛い淡紫色の花、とは(2014.6.19) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ