« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の6件の記事

2014年9月26日 (金)

内灘闘争の今昔、朝鮮戦争の頃の米軍砲弾の射撃指揮所(千鳥台)、第一着弾地観測所(宮坂)、第二着弾地観測所(西荒屋)などの建造物遺跡、基地の返還とその後の発展、とは(2014.9.27)

 内灘(うちなだ)は、石川県河北郡の6村(向粟崎村、大根布村、宮坂村、黒津船地村、西荒屋村、室村)が合併した村(のち内灘町)で、金沢市に隣接しています。ここには、今も米軍砲弾射撃指揮所(千鳥台)や着弾観測所(宮坂、西荒屋)などの建造物遺跡が残っています。先日(9月22日、24日、27日)、久しぶり、インターネットの地図を頼りに、マイカーで現地を訪ね、それらの遺跡をデジカメに収めました。https://www.facebook.com/honjo1003?fref=nf

1381833_343946679113680_232999686_2

米軍砲弾射撃指揮所(千鳥台、内灘町、河北郡、石川県、2014年9月22日撮影) 現在は、海水浴場の監視棟ともなっています。また、ここから見える砂丘の右上の斜面、携帯アンテナタワーのところに宮坂の弾着地観測所跡があります。

Img_a6d7ed3bc5_01

第一米軍砲弾着弾観測所(宮坂、内灘町、河北郡、石川県、2014年9月24日撮影)

P9270079_2_21_2


P9270065_31_2

第二米軍砲弾着弾観測所(西荒屋、内灘町、河北郡、石川県、2014年9月27日撮影)

(解説) 1951年(昭和26年)9月8日、サンフランシスコ調和条約において、日米安保条約締結されました。1952年、(昭和27年)9月、米軍用地接収係が秘かに内灘砂丘地を視察、10日後、日本政府は内灘の砂丘地及び接岸海域の接収決定米軍各種砲弾試射場指定しました。

 これは、小松製作所(小松、石川)で、朝鮮戦争特需砲弾製造され、その試射場として内灘砂丘接収されるというニュースでした。  村民は、「金は1年、土地は万年」を合言葉に、反対闘争が展開されました。 これは、日本さきがけの米軍基地反対闘争となりました。

 1957年(昭和32年)返還後、試射場の補償事業として、公共施設道路が建設されました。そして、砂丘地開墾され、河北潟干拓が進み、現在は金沢近郊住宅地(ニュ-- タウン)としての光景もよく見られます。 

(参考資料) ○ 内灘闘争(内灘砂丘、石川)にまつわる歴史実話、朝鮮戦争、米軍基地反対闘争、非行少女(映画)、とは(2010.1.25): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/57.html

○ 内灘闘争(花もわたしを知らない、ブログ、風と砂の館): http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2013.html

 旧米軍試射場跡(SORA、ブログ、千鳥台、宮坂、内灘町):  http://g4.cocolog-nifty.com/sora/2012/04/2012414-sat-eda.html

2014年9月23日 (火)

上の清水、加賀藩5代藩主、前田綱紀(1643〜1724)に供したという、今も内灘砂丘に水源をもつ湧き水、とは(2014.9.23)

 上の清水(うえのしょうず)は、往来(粟崎道、金沢)辻の200mほど西側の沿道にあり、地元で人気の水飲み場となっています。日本海に近く、内灘の砂丘からの湧水を引いた取り水で、江戸時代、御旅屋(おたや、藩主の別荘)への通り道にあり、その昔、加賀藩主の飲用にも使われたという。

Photo

P9220004_2

上の清水(うえのしょうず、粟崎、金沢、2014年9月22日撮影)

(解説) 御旅屋(おたや)は、1670年(寛文10年)、加賀藩5代藩主、前田綱紀(まえだつなのり、1643〜1724)が鷹狩りなどの休憩地として、粟崎八幡宮旧社地に築造した別荘です。 御亭の建坪80坪、以後も列松植樹し、御舟入場などを拡大しました(「粟崎御旅屋絵図」氏家文庫)。
 その御亭の跡は、粟崎小学校敷地とその西側の丘、往来の辻から約400m南にあり、西側の丘の老松に往時の面影が見られます。

 「上」は南方の意で、背後の砂丘が鬱蒼(うっそう)とした森林であった時期までは、「下」にも数ヶ所の水飲み場があったという。三つに区切った石組水槽は、幅95cm、長さ115cm、板金屋根の幅3m、長さ2mで、近隣住民が共同で管理しています。

 上の清水水質(2005年11月、成分イオン量)は、水温17.0℃、pH6.8、カルシウムイオン3.7ppm、マグネシウムイオン8.6ppm、ナトリウムイオン21.9ppm、カリウムイオン6.2ppm、重炭酸イオン50ppm、塩化物イオン18ppm、硫酸イオン19ppmなどでした。ppmは百万分率(100万の中の1の割合)にあたる量です。

 上の清水水質(2005年11月、ヘキサダイヤグラム解析図)は、淡水性の滞留時間の長い被圧地下水に分類されるナトリウムイオンー重炭酸イオン型とよく似ていました。 が、カルシウムよりマグネシウムの量が多く、またナトリウム及び塩化物イオンの量からも、日本海に近いので、地下水に海水の影響を少し受けていると考えられました

(参考文献) 石川県教育委員会編: 歴史の道調査報告書 第三集 加賀の道Ⅰ(1996).

(参考資料) ○ 上の清水(かみのしょうず、粟崎、金沢)にまつわる歴史伝承、加賀藩主の飲用に供された名水、金沢市の地下水と地盤沈下、とは(2011.5.18): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/179.html

○ 浜往来(沿道の文化財):https://maps.google.com/maps/ms?msa=0&msid=207703400038366514197.0004a71dad6bbf4202f22&hl=ja&ie=UTF8&ll=36.671758,136.668608&spn=0.185616,0.086815&source=embed&dg=feature

2014年9月18日 (木)

秋(2014年9月18日)、県庁北口の歩道沿いを散策したとき目にした彼岸花(ヒガンバナ)の花咲く風景(2014.9.18)

 彼岸花(ヒガンバナ)は、花が咲くとき、葉がないので、この世(此岸、しがん)の花ではなく、あの世(彼岸、ひがん)の花であるという。別名、曼珠沙華(マンジュシャゲ)は、天国の花とのことです。

 今日、9月18日(木)は、朝方は曇り空で、一時小雨でしたが、日中は晴れ間もあり、気持ちのよい一日でした。そこで、近くを散策したところ、県庁北口の歩道沿いに、彼岸花(ヒガンバナ)が咲き始めている光景が目にとまりました。

P9180029_3


20149_3

Img_b768a6ba4e_01_3

彼岸花(ヒガンバナ 、曼珠沙華、マンジュシャゲとも、県庁北口歩道沿い、鞍月、金沢市、石川県、2014年(平成26年)9月18日撮影)

(参考資料) 秋(2010年9月20日)、犀川の遊歩道沿いを散策したときに見られたヒガンバナ(彼岸花)とキクイモ(菊芋)の花咲く風景http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/127.html

2014年9月10日 (水)

中秋の名月(9月8日)の翌日、県庁近くから眺めた満月の光景(2014.9.10)

  中秋の名月は9月8日(陰暦8月15日)でした。が、月は9日に満月となり、地球に近いために大きく見えるという。 

 そこで、翌日の日没後、県庁の近く、雲の切れ間から姿を見せた、まん丸いきれいな満月を、しばし眺めながら、デジカメに収めました。

20149_6


中秋の名月(9月8日)の翌日、県庁近くから眺めた満月の光景(鞍月、金沢、2014年9月9日撮影)

2014年9月 8日 (月)

秋の季節(9月6日)、石川県庁舎19階展望台から眺めた、県庁東(金沢中心街側)からの景観(東から南方向、金沢駅前、ポルテ金沢とサーパス桜田町マンションを遠望、とは(2014.9.6)

 石川県庁舎は、2003年(平成15年)1月に、金沢城下の中心地(金沢市広坂2丁目1番1号)から現在の場所(金沢市鞍月1丁目1番地)に移転しました。

石川県庁舎は、人にも環境にもやさしく、災害にも強い、議会庁舎(4階)、行政庁舎(19階)、警察本部庁 舎(7階)となっています。(石川県のホームページ:  http://www.pref.ishikawa.jp/.)

 石川県庁の行政庁舎19階)の展望台は、普段から開放されており、久しぶりに、2014年9月6日、正面玄関(北側)を入り、左側のエレベーターで19階の展望台へ、そこから眺めた金沢の景観をデジカメに収めました。

1

石川県知事 谷本正憲(たにもとまさのり、1945~ ) 庁舎4階 知事室

Photo

10603421_337387549769593_1150234791

8_2


1_2

2_2

3_2

4_2

9


5_2

6_2

7_2

秋の季節(9月6日)、石川県庁舎19階展望台から眺めた、県庁東(金沢中心街側)からの景観、東から南方向(東方向の金沢駅前、ポルテ金沢から、東南方向のサーパス桜田町一番館と二番館のマンションを遠望、2014年9月6日、鞍月、金沢市、石川県)

2014年9月 3日 (水)

実りの季節、県庁近く、たわわに実った稲穂、実るほど頭が下がる稲穂かな!(2014.9.3)

 実りの季節となってきました。先日(9月1日)、県庁近くを散策したところ、たわわに実った稲穂が目につき、実りの秋を実感しました。 実るほど頭が下がる稲穂かな!

1_6

2_8

3_6

県庁近くの水田でたわわに実った稲穂(コシヒカリ、南新保町、金沢、石川)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ