« 台場(だいば、お台場とも)、江戸末期に黒船襲来に備え、海防に備えた大砲の砲台、品川台場(江戸、東京)、大野お台場(加賀、石川)、のち大野お台場公園、とは(2014.10.30) | トップページ | 晩秋(11月3日)、県庁の中央公園付近の遊歩道で目にした、落葉低木のニシキギ(ニシキギ科)とドウダンツツジ(ツツジ科)の鮮やかな紅葉の生垣、美しい黄色の花のツワブキ(キク科)の群生の光景、とは(2014.11.3) »

2014年11月 1日 (土)

鬼門(きもん)、金沢城の鬼門を守る宇多須神社(もと卯辰山八幡宮)、加賀100万石 藩祖の前田利家は、遺言により野田山墓地に埋葬され、のち宇多須神社(もと卯辰山八幡宮)に合祀され、さらに金沢城の西側の新社殿、尾山神社の祭神として祀られた、とは(2014.10.31)

 

 鬼門(きもん)とは、広辞苑によると、古代中国の陰陽道(おんようどう)で、鬼が出入りし、万事に忌(い)み嫌う方角で、丑寅(うしとら、艮)すなわち東北(鬼方)です。また、鬼門除け(きもんよけ、丑寅除)は、災難を避けるため鬼門の方角に神仏を祭ること、と説明されています。

11_5

宇多須神社(うたすじんじゃ、もと卯辰山八幡宮、MAPPLE観光ガイド、東山、金沢市、石川県、Google画像) https://www.facebook.com/honjo1003

(解説) 江戸時代、1585年(天正13年)、加賀藩祖前田利家は、金沢城築城し、加賀・能登・越中3ヵ国の中心的な城としての威容(いよう)を備えました。この鬼門北東)にあるのが卯辰山で、その麓には、金沢城鬼門守護神(毘沙門天、びしゃもんてん)を祀る、宇多須神社(うたすじんじゃ、もと卯辰山八幡宮、東山、金沢市)があります。

  前田利家(1537~1599)が亡くなると、遺言通り卯辰山の南となり、野田山の頂上近く、兄の前田利久(?~1587)のすぐ下の地に葬むられました。その後、加賀2代藩主前田利長(1562~1614)は、金沢城鬼門にあたる卯辰山八幡宮に父、利家合祀(ごうし)し、鬼門封じ鬼門鎮守)としました。

Img_5d99d3d5c0_01


Photo_2

加賀藩祖 前田利家公の墓(野田山墓地、標高175m野田山の頂上近く、野田町、金沢市、石川県、2014年9月30日撮影)

(解説) 江戸時代、前田利家はじめ一族は、土饅頭(どまんじゅう)の墳墓として埋葬されていました。前田家の祭祀が神式に改められたのは1874年明治7年)です。1877年(明治10年)5月には、「野田山ノ廟所ナル廟堂ヲ取除け、更ニ碑石及ビ鳥居ヲ建ラレ」となり、藩主の墓の入口には鳥居、その奥にはを築き、その前に石柱墓標が立てられました。

 明治時代、1873年(明治6年)、このを金沢城の西側、金谷出丸跡に新社殿を造営して遷宮、社名を藩祖前田利家を祀る尾山神社(おやまじんじゃ)としました。また、本殿の右手には、金谷神社(摂社)を造り、歴代藩主を祀っています。

(参考文献)  新村出編: 広辞苑(第四版)、岩波書店(1991); 下中邦彦編小百科事典(初版)、平凡社(1973); 東四柳史明、宇佐美孝、本康宏史、出越茂和編 図説 金沢の歴史、北国新聞社(2013).

(参考資料) ○ 宇多須神社(うたすじんじゃ、もと卯辰山八幡宮、石川県の観光と歴史的建築物、東山、金沢市、石川県): http://isitabi.aikotoba.jp/kanazawa/utasu.html; 宇多須神社(まっぷる、MAPPLE観光ガイド): http://www.mapple.net/spots/G01701059601.htm

○ 加賀100万石藩祖前田利家が眠る野田山墓地、菩提寺の宝円寺、神として祀る尾山神社、とは(2009.7.29): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/kaga-4.html

○ 野田山墓地参道、史跡・加賀藩主前田家墓所、野田山墓地の墓守寺・高徳山東雲寺(野田町)、金沢大学附属幼稚園、小学校・中学校・高等学校(平和町)、公務員宿舎(57号棟)、県営住宅(平和町)の景観(2013.5.10): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-abb9.html

(追加説明) ○ 家相(かそう)は、家の地勢、方位、間取りなどが吉凶を支配すという考えです。古代、中国に起こり、陰陽五行説から割り出された一定の法則を持っていました。

 日本では、奈良中期から信じられるようになり、平安京四神相応(しじんそうおう、東に蒼竜、せいりゅう、西に白虎、びゃっこ、南に朱雀、しゅじゃく、北に玄武、げんぶ)の地として選ばれ、丑寅(うしとら)の方角(北東)を鬼門(きもん)として、そのしずめに延暦寺を建てたという。江戸城寛永寺の関係も同様です。

 民間でも鬼門むほか、金神(こんじん)、荒神(こうじん)、熊王神(くまうじ)などの信仰と習合して、川の流れに直角に屋根が向かうことや、三角の敷地を忌んだりしました。(小百科事典より)

〇 鬼門(きもん、北東)の丑寅(うしとら、艮とも)の反対は、裏鬼門(うらきもん、南西)で未申(ひつじさる、坤とも)と言い、この方角も鬼が出入りするといって忌み嫌われていました。ということで、金沢城裏鬼門として、忍者寺のある寺町台寺院群を配置したという。

« 台場(だいば、お台場とも)、江戸末期に黒船襲来に備え、海防に備えた大砲の砲台、品川台場(江戸、東京)、大野お台場(加賀、石川)、のち大野お台場公園、とは(2014.10.30) | トップページ | 晩秋(11月3日)、県庁の中央公園付近の遊歩道で目にした、落葉低木のニシキギ(ニシキギ科)とドウダンツツジ(ツツジ科)の鮮やかな紅葉の生垣、美しい黄色の花のツワブキ(キク科)の群生の光景、とは(2014.11.3) »

● かなざわ(金沢城、兼六園、野田山、加賀藩主前田家墓所)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台場(だいば、お台場とも)、江戸末期に黒船襲来に備え、海防に備えた大砲の砲台、品川台場(江戸、東京)、大野お台場(加賀、石川)、のち大野お台場公園、とは(2014.10.30) | トップページ | 晩秋(11月3日)、県庁の中央公園付近の遊歩道で目にした、落葉低木のニシキギ(ニシキギ科)とドウダンツツジ(ツツジ科)の鮮やかな紅葉の生垣、美しい黄色の花のツワブキ(キク科)の群生の光景、とは(2014.11.3) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ