« 鬼門(きもん)、金沢城の鬼門を守る宇多須神社(もと卯辰山八幡宮)、加賀100万石 藩祖の前田利家は、遺言により野田山墓地に埋葬され、のち宇多須神社(もと卯辰山八幡宮)に合祀され、さらに金沢城の西側の新社殿、尾山神社の祭神として祀られた、とは(2014.10.31) | トップページ | 晩秋(11月4日)、金沢駅の西側にある駅西ケヤキ大通り、ステンレス製の大型モニュメント、駅西口、及び東側にある、ポルテ金沢、もてなしドームと鼓門、駅東口の景観、北陸新幹線の金沢開業のマスコットキャラクター、ひゃくまんさん、とは(2014.11.5) »

2014年11月 3日 (月)

晩秋(11月3日)、県庁の中央公園付近の遊歩道で目にした、落葉低木のニシキギ(ニシキギ科)とドウダンツツジ(ツツジ科)の鮮やかな紅葉の生垣、美しい黄色の花のツワブキ(キク科)の群生の光景、とは(2014.11.3)

  晩秋、文化の日(11月3日)の午後、雨天後の曇天で、気温も19℃と少し寒かったのですが、晴れ間を見はからって、近くの県庁の中央公園(鞍月セントラルパーク)の付近を散策しました。

  そこの遊歩道沿には、落葉低木のニシキギ(ニシキギ科)とドウダンツツジ(ツツジ科)の鮮やかな紅葉の生垣(いけがき)、また、美しい黄色の花を咲かせたツワブキ(キク科)の群生が目につき、しばし眺めた後、その光景をデジカメに収めました。

Photo_12

Photo_15

Img_19876531f6_01

10310661_362537153921299_14707493_2

Photo_16

Photo_13

落葉低木のニシキギ(ニシキギ科)とドウダンツツジ(ツツジ科)の鮮やかな紅葉の生垣、美しい黄色の花のツワブキ(キク科)の群生(鞍月セントラルパーク、鞍月、金沢市、石川県、2014年11月3日(月)撮影)

(参考資料) ○ 晩秋(2013.11.15)、犀川土手の遊歩道沿いの野草の花、タデ(蓼) ツワブキ(石蕗、艶蕗)、リュウノウギク(竜脳菊)、 オギ(荻)、アシ(葦)、とは(2013.11.19): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-ce4a.html

(追加説明) ○ 世界三大紅葉樹は、晩秋、紅葉が鮮やかな、ニシキギ(錦木、ニシキギ科)、モミジ(紅葉、カエデ科、カエデとも)、スズランノキ(鈴蘭の木、ツツジ科、ゼノビア プルベルレンタとも、花がドウザンツツジと類似!)の落葉低木のことです。

« 鬼門(きもん)、金沢城の鬼門を守る宇多須神社(もと卯辰山八幡宮)、加賀100万石 藩祖の前田利家は、遺言により野田山墓地に埋葬され、のち宇多須神社(もと卯辰山八幡宮)に合祀され、さらに金沢城の西側の新社殿、尾山神社の祭神として祀られた、とは(2014.10.31) | トップページ | 晩秋(11月4日)、金沢駅の西側にある駅西ケヤキ大通り、ステンレス製の大型モニュメント、駅西口、及び東側にある、ポルテ金沢、もてなしドームと鼓門、駅東口の景観、北陸新幹線の金沢開業のマスコットキャラクター、ひゃくまんさん、とは(2014.11.5) »

● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鬼門(きもん)、金沢城の鬼門を守る宇多須神社(もと卯辰山八幡宮)、加賀100万石 藩祖の前田利家は、遺言により野田山墓地に埋葬され、のち宇多須神社(もと卯辰山八幡宮)に合祀され、さらに金沢城の西側の新社殿、尾山神社の祭神として祀られた、とは(2014.10.31) | トップページ | 晩秋(11月4日)、金沢駅の西側にある駅西ケヤキ大通り、ステンレス製の大型モニュメント、駅西口、及び東側にある、ポルテ金沢、もてなしドームと鼓門、駅東口の景観、北陸新幹線の金沢開業のマスコットキャラクター、ひゃくまんさん、とは(2014.11.5) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ