« 大相撲初場所(1月12日)、相撲の起源(豊作祈願の信仰、しめ綱を巻いてシコを踏む、塩を撒く)、江戸時代、第6代横綱の阿武松(おうのまつ、能登、石川県)は、長州藩(山口県)毛利家のお抱え力士、シコ名は萩(山口県)の名勝「阿武の松原」に由来、とは(2015.1.12) | トップページ | 白山比咩神社の左義長祭(1月15日)、小正月(正月15日)の恒例行事、どんど焼き((お正月にお迎えした年神を送り返すための火祭り)、火を神聖視する信仰、とは(2015.1.16) »

2015年1月14日 (水)

冬の雲(1月14日)、寒い空にじっと凍ったように動かない冬雲は、凍雲(いてぐも)、寒さが強くて快晴のときは、凍晴(いてばれ)、とは(2015.1.14)

 北陸の冬は、曇天の日が多く、いやな気分になるものですが、いっとき太陽が顔を出す晴れ間には、美しい色と姿の雲が見られます。

 この冬雲は、寒い空にじっと凍ったように動かずにいるので、凍雲(いてぐも、寒雲とも)と呼ばれています。また、凍空で、寒さが強くて快晴のときは、凍晴(いてばれ)という。

 は、空気中の水分が凝結(ぎょうけつ)し、微小な水滴(すいてき)または氷晶(ひょうしょう、氷の微細な結晶)からできた雲粒(くもつぶ)が集まって、大気中に浮かんで見えるものです。水滴の場合、ふつう半径10ミクロン(0.000001メートル)程度のものが1立方センチに50~500個浮かんでいます。

 今日(1月14日)午前中の金沢は、久しぶりに太陽が顔を出し、青空に美しい冬雲も見られましたので、それらの光景をデジカメに収めました。

https://www.facebook.com/honjo1003

P1140021

10405394_394364654071882_3215886204

P1140019

P1140020

P1140018

P1140003

P1140001

P1140007

冬の雲、凍雲(いてくも)の光景、鞍月、金沢市、石川県、2014年1月14日

(参考資料) ○ 四季折々の雲の形(春の霞・夏の雲の峰・秋の鰯雲・冬の凍雲など)、飛行機雲、地震雲、とは(2010.10.10): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/132.html

○ 白山山麓(東)からの日の出、白山の主峰と冬の雲(凍雲)、日本海(西)への日の入り、などの風景、とは(2014.1.22): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-77c2.html

« 大相撲初場所(1月12日)、相撲の起源(豊作祈願の信仰、しめ綱を巻いてシコを踏む、塩を撒く)、江戸時代、第6代横綱の阿武松(おうのまつ、能登、石川県)は、長州藩(山口県)毛利家のお抱え力士、シコ名は萩(山口県)の名勝「阿武の松原」に由来、とは(2015.1.12) | トップページ | 白山比咩神社の左義長祭(1月15日)、小正月(正月15日)の恒例行事、どんど焼き((お正月にお迎えした年神を送り返すための火祭り)、火を神聖視する信仰、とは(2015.1.16) »

● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/58579631

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の雲(1月14日)、寒い空にじっと凍ったように動かない冬雲は、凍雲(いてぐも)、寒さが強くて快晴のときは、凍晴(いてばれ)、とは(2015.1.14):

« 大相撲初場所(1月12日)、相撲の起源(豊作祈願の信仰、しめ綱を巻いてシコを踏む、塩を撒く)、江戸時代、第6代横綱の阿武松(おうのまつ、能登、石川県)は、長州藩(山口県)毛利家のお抱え力士、シコ名は萩(山口県)の名勝「阿武の松原」に由来、とは(2015.1.12) | トップページ | 白山比咩神社の左義長祭(1月15日)、小正月(正月15日)の恒例行事、どんど焼き((お正月にお迎えした年神を送り返すための火祭り)、火を神聖視する信仰、とは(2015.1.16) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ