« お水送り(3月2日)、東大寺修二会、二月堂に清水を送る、若狭神宮寺の修二会、遠敷川の上流、鵜の瀬でのお香水流し神事、とは(2015.3.3) | トップページ | 北陸新幹線金沢開業(3月14日)、あと7日、E7系・W7系新型車両、東京まで最速2時間32分、高まる期待の声(2015.3.7) »

2015年3月 6日 (金)

早春の野草(3月5日)、スギナ(杉菜)、その胞子茎はツクシ(土筆)、ツクシ誰の子、スギナの子、とは(2015.3.6)

https://www.facebook.com/ 

 昨日(3月5日)、金沢市内の日当りのよい、落葉低木の近くで、地上に茎を出しているスギナの群生が、目にとまりました。早速、春の訪れを告げる、その光景を、ドコモ(F-09B)のデジカメに収めました。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

スギナ(杉菜)、落葉低木(ムクゲ)傍、示野中町、金沢、2015年3月5日撮影

Photo_8

Photo_9

ツクシ(土筆)、スギナ(杉菜)の胞子茎、半常緑低木(アベリア)傍、鞍月、金沢、2015年3月6日撮影

(解説) スギナ(杉菜)は、3~5月頃に生えてきて、葉がスギ(杉)の細い葉に似ているので、スギという言葉がつきました。この種は、多年草で、シダ(トクサ科)に属する植物です。

  一般に、スギナは、やや酸性の土(~pH3)を好み、表面の乾いた土地によく生えるので、土壌の酸性度を知る植物(指標植物)ともなります。

  このたび、スギナの生育が認められた、落葉低木(ムクゲ)、あるいは、半常緑低木(アベリア)傍は、端っこの方の、手入れもあまりされていない、荒地のようなところでした。一方、スギナが全く見られないところも多く、そこは除草剤と肥料も使って、手入れの行き届いたところでした。

 一方、 ツクシ(土筆)は、昔から「ツクシ誰の子、スギナの子」と言われるように、スギナ胞子茎(ほうしけい)です。これは食べられるので、)となりました。また、その筆に似ているので、土筆とも書きます。

 また、スギナは、全草(根、茎、葉など全て)が、生薬の問荊(もんけい)の名で、利尿薬にも使われています。

(参考資料)

○ ツクシ(土筆)、葉が杉に似ているスギナ(杉菜)の胞子茎で、ナ(菜)は食べられることを意味する、漢字名(土筆)の由来は土から出た形が筆に似ている、とは(2013.3.13): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-6ec1.html

○ スギナ(薬用植物一覧表、イー薬草、ドットコム、新潟)): http://www.e-yakusou.com/sou/soum002.htm

 

« お水送り(3月2日)、東大寺修二会、二月堂に清水を送る、若狭神宮寺の修二会、遠敷川の上流、鵜の瀬でのお香水流し神事、とは(2015.3.3) | トップページ | 北陸新幹線金沢開業(3月14日)、あと7日、E7系・W7系新型車両、東京まで最速2時間32分、高まる期待の声(2015.3.7) »

● かなざわ(四季折々、犀川、桜田、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/59157706

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の野草(3月5日)、スギナ(杉菜)、その胞子茎はツクシ(土筆)、ツクシ誰の子、スギナの子、とは(2015.3.6):

« お水送り(3月2日)、東大寺修二会、二月堂に清水を送る、若狭神宮寺の修二会、遠敷川の上流、鵜の瀬でのお香水流し神事、とは(2015.3.3) | トップページ | 北陸新幹線金沢開業(3月14日)、あと7日、E7系・W7系新型車両、東京まで最速2時間32分、高まる期待の声(2015.3.7) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ