« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月の9件の記事

2015年3月30日 (月)

早春の花木(3月28日、31日)、県庁近く、郷土の森、市街地で目にした、ハクモクレン(モクレン科)、サクラ(ゼンショウジキクザクラ、ソメイヨシノ、バラ科)、ウメ(バラ科)、サンシュユ(ミズキ科)などの開花状況、とは(2015.3.30)

 先日(3月28日)朝、はじめは曇空でしたが、次第に青空が広がり、気温も16.7℃と暖かくなり、昼頃には心地よい晴天となりました。また、今日(3月31日)は、快晴に恵まれ、気温も20.8℃と暖かったです。

 そこで、久しぶりに、県庁近く、郷土の森、市街地を散策し、ふと目にした、ハクモクレン(モクレン科)、サクラ(ゼンショウジキクザクラ、ソメイヨシノ、バラ科)、ウメ(バラ科)、コブシ(モクレン科)、サンシュユ(ミズキ科)などの早春の花木の開花状況を観察し、その光景をデジカメに収めました。

P3280004

P3280003

P3280001

P3280009

P3280013

P3280011

P3280085

P3280087


P3280137

P3280139

P3280141

P3280081

P3280075

P3280076

県庁近く、郷土の森、市街地で目にした、ハクモクレン(モクレン科)、サクラ(ゼンショウジ キクザクラ、善正寺菊桜、ソメイヨシノ、染井吉野、バラ科)、ウメ(バラ科)、コブシ(モクレン科)、サンシュユ(ミズキ科)など、早春の花木の開花状況、2015年3月28日撮影

(追加画像)

P3310035

P3310090_2

ハクモクレン

P3310054

P3310228

サクラ(ゼンショウジキクザクラ、ソメイヨシノ)

ハクモクレン(モクレン科)、サクラ(ゼンショウジキクザクラ、ソメイヨシノ、バラ科)などの開花状況  2015年3月31日撮影

(解説) ハクモクレン(白木蓮、モクレン科)は、葉が出る前の小枝に、香りのある乳白色の雄大な花(径15cm)が上向きに開きます。開花は早春で、桜前線に先駆けて北上します。

 

 

白山連峰と金沢市街(3月28日)、石川県庁19階(80m)から眺めた白山連峰下の金沢市街、北陸新幹線と北陸自動車道の高架橋の景観、とは(2015.3.30)

https://www.facebook.com/honjo1003

 先日(3月28日)朝、はじめは曇空でしたが、次第に青空が広がり、気温も16.7℃と暖かくなり、昼頃には心地よい晴天となりました。

 そこで、久しぶりに、石川県庁の最上階、19階(80m)の展望ロビーを訪れ、そこから白山連峰、金沢市街、北陸新幹線と北陸自動車道の高架橋の眺望を楽しみ、それらの景観をデジカメに収めました。

P3280017

P3280059_3

P3280050

P3280061

P3280046_2

P3280028

金沢駅の西側、日本海側の石川県庁19階(80m)から眺めた、東側の白山連峰下の金沢市街、北陸新幹線と北陸自動車道の高架橋の景観、鞍月、金沢、2015.3.28撮影

2015年3月24日 (火)

寒中の早春の花(3月24日)、小さな多くの花穂をつけた淡黄色の花のヒュウガミズキ(日向水木、マンサク科)、また、清楚な黄色と白色の花のスイセン(水仙、雪中花とも、ヒガンバナ科)、とは(2015.3.24)

https://www.facebook.com/honjo1003

 北陸地方は、昨日(23日)は、寒の戻りで、金沢の日中の気温も7℃と寒く、霙(みぞれ)から小雪になっていました。今日(24日)も、朝は雨もようでしたが、昼から次第に寒くなり、雪が散らつく中、1週間ぶりに、県庁近くの歴史の径、県民の杜を散策しました。

 その途中、遊歩道沿いに、小さな多くの花穂をつけた淡黄色の花のヒュウガミズキ(日向水木、マンサク科)、また、清楚な黄色と白色の花のスイセン(水仙、雪中花とも、ヒガンバナ科)などの個性的な花が目に留まりました。なお、代表的な落葉花木のモクレン(木蓮、モクレン科)の蕾(つぼみ)は膨らみ始め、サクラ(桜、バラ科)の蕾(つぼみ)は堅い状態でしたが、それらの光景もデジカメに収めました。

P3240002

P3240009

P3240011

P3240005

P3240014

P3240035

P3240037

P3240019

P3240018

P3240027

P3240030

P3240033_2

P3240047

P3240055

P3240056

P3240063

P3240061

P3240069

(解説)

ヒュウガミズキ(日向水木、マンサク科)は、落葉低木で、淡黄色の花穂の短い、2~3個の花がつきますが、枝数が多いため、花数が多くなり、半球状の花姿は見応えがあります。トサミズキ(土佐水木、マンサク科)の近縁種です。

スイセン(水仙、雪中花とも、ヒガンバナ科)は、球根性多年草で、黄、白のほか、赤、桃色の花を咲かせます。原産地は、スペイン、ポルトガル、北アフリカ、シリアで、シルクロードを通って中国に渡来し、南宋の頃(鎌倉時代)、日本の修行僧が持ち帰ったという。

(追加画像)

海側環状線近く、街路傍で見られたヒュウガミズキ(日向水木、マンサク科)とサクラ(桜、バラ科)の光景ですが、天気は晴れ、気温は10℃でした。

P3250013_2

P3250014_2

P3250009_2

P3250001_2

ヒュウガミズキ(日向水木、マンサク科)の花とサクラ(桜、バラ科)の蕾、鞍月、金沢、2015.3.25.撮影

2015年3月17日 (火)

早春の花木(3月16日、17日)、アセビ、小さな壺形のピンク色の花のベニバナアセビ(紅花馬酔木、ツツジ科、アケモノアセビとも)、また、ミツマタ、蜂の巣のような淡黄色の花のミツマタ(三椏、三又、ジンチョウゲ科)など、早春を告げる個性的な花、とは(2015.3.17)

https://www.facebook.com/honjo1003

 北陸地方は、昨日(16日)は、日中広く晴れわたり、金沢の日中の気温も16℃ほどの暖かさでした。今日(17日)も、朝から快晴となり、日中の最高気温も20℃となり、風も穏やかでした。そこで、久しぶりに、県庁近くの歴史の径、県民の杜を散策しました。

 その途中、遊歩道沿いに、いち早く春の訪れを告げる、小さな壺形のピンク色の花のベニバナアセビ(紅花馬酔木、ツツジ科、アケモノアセビとも)、また、蜂の巣のような淡黄色の花のミツマタミツマタ(三椏、三又、ジンチョウゲ科)などの個性的な花が目に留まり、その光景をデジカメに収めました。

P3160017

P3160019

P3160022

P3170137_2

ベニバナアセビ(紅花馬酔木、常緑低木、ツツジ科、鞍月、金沢、2015.3.16撮影)

(解説) アセビ(馬酔木、ツツジ科)は、常緑低木で、白い花が普通ですが、ここで見られたのは、スズランに似た、小さな壺形のピンク色の花を穂のように下げて咲いた、ベニバナアセビ(紅花馬酔木、ツツジ科、アケモノアセビとも)です。馬が葉を食べると、毒にあたり、酔(よ)うように、ふらつく木がその名の由来で、アセボトキシン(有毒ジテルペン、グラヤノトキシンとも)を含む有毒植物です。(植村榮:化学よもやま話 6 馬酔木・鹿酔木(あせび) 化学と工業、Vol.68-4 April 2015.)

P3160008_2

P3160009

P3160010

P3170130

P3170168

ミツマタ(三椏、三又、ジンチョウゲ科、落葉低木、鞍月、金沢、2015.3.17撮影)

(解説) ミツマタ(三椏、三又、ジンチョウゲ科)は、落葉低木で、葉より先に、蜂の巣のような、香りのある、淡黄色の花を下向きに咲かせます。また、その枝が必ず3つに分枝するので、三枝とも書き、その名の由来となっています。また、この皮は和紙の原料となり、特に、日本の紙幣として、1879年(明治12年)以来、今日まで使用されています。

 

2015年3月15日 (日)

北陸新幹線開業(3月14日)、 東京~金沢のルートは、江戸時代、加賀藩の参勤交代の江戸~金沢のルートと類似、そのルーツと期待、とは(2015.3.15)

 北陸新幹線は、東京を起点として長野、上越、富山、金沢、福井等の主要都市を経由し、大阪に至る(約700km)ルート(路線)です。2015年(平成27年)3月14日、東京~金沢間(450km)が開業され、約2時間30分で結ばれました。

P3170105_2


   金沢駅ホームでは14日、関係者がテープカットし、くす玉を割り、辻昭夫駅長らの合図で上り一番列車「かがやき500号」が、定刻の午前6時を1分ほど遅れて出発しました。全車指定934席は満席、反対側のホームまで詰めかけた5000人のファンらが手を振って見送り、開業を祝いました。

 また、東京発の下り一番列車が金沢駅に、午前8時46分に到着し、首都圏からの観光客などを、県内関係者が出迎えました。

314

北陸新幹線(東京方面に向かって疾走するE7系、2015年3月14日午前11時6分、富山県魚津市上野で、北陸中日新聞、北陸写真ニュース、河口貞史撮影)

 そのルートは、江戸時代、加賀藩が、参勤交代参覲交代とも)で、金沢から江戸まで、約12泊13日、歩いて参上した3つのルートの中で、越後、信濃を通るコースとよく似ているという

Outemap_img1

○ 北陸新幹線のルート、 北陸新幹線について(北陸新幹線スペシャルサイト); http://hokuriku-w7.com/about/

Photo

○ 加賀藩の参勤交代ルート、大名行列の秘密(ブログ、gee​zen​sta​c の森): http://blogs.yahoo.co.jp/geezenstac/53438026.html 

 江戸時代、参勤交代では、普通は、約12泊13日、2000人、馬200匹の行列で江戸まで歩き、現在の金額にして、片道2億円以上かかったという。

 現代、北陸新幹線のルーツは、1965年(昭和40年)9月、石川県体育館(金沢市)での政府の公聴会、佐藤栄作首相を迎えた「一日内閣」で、岩川毅(中越パルプ工業、富山)による北回り新幹線(東京から富山、金沢経由で大阪へ)の提唱に始まります。これは、東海道新幹線の開業からわずか1年足らずの出来事 でした。

 基本計画は、1972年(昭和47年)6月に決定され、工事が1989年(平成元年)に始まりました。そして、1998年(平成10年)2月の長野オリンピック(第18回オリンピック冬季競技大会)に合わせて、1997年(平成9年)10月、高崎ー長野間(117.4km)が先行開業長野新幹線と呼ぶ)しました。

 そして、北陸新幹線は、2015年(平成27年)3月14日、長野ー金沢間(228km)で延伸開業北陸新幹線に呼び名を統一)されました。2022年(平成34年)には、福井経由で敦賀までの延伸工事が決まっています。が、最終目標は、東京と大阪を日本海側で結ぶことですが、敦賀ー大阪間のルートは、未定です。

 車両はJR東日本とJR西日本が共同開発し、JR東の車両はE7系、JR西はW7系と呼び、その性能(最高時速260km)や外形はほとんど同じです。デザインは、和風で、日本海の空をあらわす青色や、伝統工芸にゆかりの銅色を使っています。

 運行は、JR西日本、JR東日本の共同で、金沢ー東京間(450km)が最速2時間28分で結ばれました。在来特急を乗り継ぐこれまでのルートから1時間20分ほどの短縮となります。 12両編成のうち1両では、グリーン車より上級のグランクラスのサービスがあります。

 地元では、首都圏からの観光客増加、また、沿線の企業活動活性化生活圏拡大など地域振興に大きな効果があると期待されています。

(参考資料)

〇 北陸新幹線、2015年春開業、東京~金沢のルートは、江戸時代、加賀藩の参勤交代のルートとよく似ている、とは(2014.7.14): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-801f.html

 

○ 北陸新幹線金沢開業(3月14日)、あと7日、E7系・W7系新型車両、東京まで最速2時間32分、高まる期待の声(2015.3.7): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/201537-531e.html

 

 

 

2015年3月13日 (金)

お水取り(3月12日)、春を呼ぶ、奈良東大寺二月堂修二会のお水取りの行事、とは(2015.3.13)

https://www.facebook.com/honjo1003

  東大寺修二会(しゅにえ)は、大仏開眼と同じ752年(天平勝宝4年)に始まり、途絶えることなく今年1264回目です。 練行衆(れんぎょうしゅう、こもりの僧)は、3月1日から14日まで毎日6回、本尊の十一面観音菩薩(ぼさつ)に、人々に代わって、1年の罪をひたすら懺悔(さんげ)し、新たな1年の平和や幸福、豊作などを祈ります。

  この行事の一つ、東大寺二月堂のお水取りが、3月(もとは陰暦2月)12日深夜((13日の午前1時半頃)に行われました。この日の本行には、ひときわ大きい籠たいまつが登場し、お堂は大きな歓声に包まれました。

 厳しい修行を勤める11人の僧侶(練行衆)の足元を照らすため、たいまつは14日まで毎晩ともされるますが、長さ約8メートル、重さ60~70キロもある11本の籠たいまつが使われるのは12日だけです。

  午後7時半、童子(どうじ)と呼ばれる男たちが、たいまつ10本を1本ずつ担ぎ、11人の練行衆(れんぎょうしゅう、こもりの僧侶)を堂内に先導し、長い石段を上り、お堂の欄干から突き出し、振り回すと、音を立てて勢いよく燃え上がり、大勢の参拝客を魅了しました。この火の粉を浴びると無病息災になるという。

 この儀式では、呪師(じゅし、役僧)、練行衆が、二月堂前にある閼伽井(あかい)屋の若狭井(わかさい)の水を汲み、加持し、お香水(こうずい)として、ご本尊(十一面観音)に供えました。 この水は、二月堂との間を3往復して運ばれ、内陣須弥檀の下に埋め込まれている瓶の中に納められました。一般参詣者にも礼堂から格子を通して香水が分けられ、頂くと無病息災の霊験があると信じられています。 

 奈良地方では、お水取りがすめが、春がくるという。また、寒さ暑さもお水取といわれ、この日からは日一日と暖かくなるという。

Photo

お水取り(修二会)、大きな籠たいまつが登場し、回廊を走り抜ける、3月12日夜、東大寺二月堂、奈良、2015年(平成27年)3月13日(金)、中日新聞、WEB,共同)http://search-sitenaviplus2.fresheye.com/?cs=sjis&ord=s&id=25616&kw=%82%A8%90%85%8E%E6%82%E8

(参考資料)

 修二会(しゅにえ、東大寺、華厳宗大本山、奈良):http://www.todaiji.or.jp/contents/function/02-03syunie1.html

 東大寺二月堂修二会(お水取り、奈良観光、奈良): http://urano.org/kankou/topics/shunie/index.html

○ お水取り、春を呼ぶ東大寺二月堂修二会(しゅにえ、3月1日~14日)中の12日深夜の行事、おたいまつ(松明)は修二会の行事に参加する11人の練行衆(僧侶)の足元を照らし、二月堂に導く道明かり、五穀豊穣や天下泰平を祈る、とは(2014.3.15): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/omizutori.html

○ 春、弥生(やよい、3月、旧暦2月)、東大寺修二会(本行、3月1日~満行、14日、おたいまつ)、お水送り(3月2日、若狭神宮寺)とお水取り(3月12日、奈良東大寺)、とは(2011.3.1): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-e90f-1.html

○ 奈良の大仏開眼供養にまつわる歴史実話、東大寺大仏の造立、鍍金、大仏殿の建立、お水取り、とは(2010.2.8): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-d92b.html

 

 

2015年3月 7日 (土)

北陸新幹線金沢開業(3月14日)、あと7日、E7系・W7系新型車両、東京まで最速2時間32分、高まる期待の声(2015.3.7)

https://www.facebook.com/

  北陸新幹線金沢開業が、いよいよ残り7日に迫ってきました。昨年12月発表の運行ダイヤによると、始発は、午前6時00分、金沢駅を出発する最速列車「かがやき」に決まりました。 この列車に乗ると、午前8時32分には東京駅に到着できます。

 一方、最終は、東京駅を午後9時04分に出発するので、日帰りでも、東京に12時間以上滞在する、観光やビジネスができます。 

 また、金沢駅は、県外客に分かりやすいように、東口が兼六園口、西口が金沢港口へと名称が変更されるほか、新しい観光情報センターの整備なども進められています。現在、開業に向けてカウントダウンが進む中、期待の声が高まっています。

1_3

4

2_3

3_3

北陸新幹線(3月14日開業、金沢~東京、E7系・W7系新型車両、東京まで最速2時間28分、Google画像)

〇 北陸新幹線(E7系・W7系、ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E9%99%B8%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A

(追加説明) 北陸新幹線の列車名

 北陸新幹線は、東京~金沢間に4タイプの運行体系があり、列車名は一般公募により、4つの列車名、「かがやき」、「はくたか」、「つるぎ」、「あさま」、と名付けられました。

かがやき」は、東京~金沢間、直通列車(速達タイプ)の列車名で、その選定理由は、「輝く光がスピード感と明るく伸びていく未来をイメージさせるため」とされています。この名前は、かつて、北陸本線・信越本線経由で金沢~長岡間を走る特急列車の名称でした。

その他、「はくたか」は、東京~金沢間直通列車(停車タイプ)、「つるぎ」は、富山~金沢間運転列車(シャトルタイプ)と決まりました。が、東京~長野間運転列車(現長野新幹線タイプ)は、引き続き、「あさま」となっています。

〇 北陸新幹線時刻表発表(WOW): http://jp.wow.com/search?s_pt=aolsem&s_it=aolsem&s_chn=42&q=%E5%8C%97%E9%99%B8%20%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A%20%E6%99%82%E5%88%BB%20%E8%A1%A8%20%E7%99%BA%E8%A1%A8&ifmobile=

2015年3月 6日 (金)

早春の野草(3月5日)、スギナ(杉菜)、その胞子茎はツクシ(土筆)、ツクシ誰の子、スギナの子、とは(2015.3.6)

https://www.facebook.com/ 

 昨日(3月5日)、金沢市内の日当りのよい、落葉低木の近くで、地上に茎を出しているスギナの群生が、目にとまりました。早速、春の訪れを告げる、その光景を、ドコモ(F-09B)のデジカメに収めました。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

スギナ(杉菜)、落葉低木(ムクゲ)傍、示野中町、金沢、2015年3月5日撮影

Photo_8

Photo_9

ツクシ(土筆)、スギナ(杉菜)の胞子茎、半常緑低木(アベリア)傍、鞍月、金沢、2015年3月6日撮影

(解説) スギナ(杉菜)は、3~5月頃に生えてきて、葉がスギ(杉)の細い葉に似ているので、スギという言葉がつきました。この種は、多年草で、シダ(トクサ科)に属する植物です。

  一般に、スギナは、やや酸性の土(~pH3)を好み、表面の乾いた土地によく生えるので、土壌の酸性度を知る植物(指標植物)ともなります。

  このたび、スギナの生育が認められた、落葉低木(ムクゲ)、あるいは、半常緑低木(アベリア)傍は、端っこの方の、手入れもあまりされていない、荒地のようなところでした。一方、スギナが全く見られないところも多く、そこは除草剤と肥料も使って、手入れの行き届いたところでした。

 一方、 ツクシ(土筆)は、昔から「ツクシ誰の子、スギナの子」と言われるように、スギナ胞子茎(ほうしけい)です。これは食べられるので、)となりました。また、その筆に似ているので、土筆とも書きます。

 また、スギナは、全草(根、茎、葉など全て)が、生薬の問荊(もんけい)の名で、利尿薬にも使われています。

(参考資料)

○ ツクシ(土筆)、葉が杉に似ているスギナ(杉菜)の胞子茎で、ナ(菜)は食べられることを意味する、漢字名(土筆)の由来は土から出た形が筆に似ている、とは(2013.3.13): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-6ec1.html

○ スギナ(薬用植物一覧表、イー薬草、ドットコム、新潟)): http://www.e-yakusou.com/sou/soum002.htm

 

2015年3月 3日 (火)

お水送り(3月2日)、東大寺修二会、二月堂に清水を送る、若狭神宮寺の修二会、遠敷川の上流、鵜の瀬でのお香水流し神事、とは(2015.3.3)

https://www.facebook.com/honjo1003

 春の訪れを告げる、東大寺修二会二月堂(奈良県)前にある閼伽井屋(あかいや、若狭井)の「お水取り」(3月12日)の清水を送る、若狭神宮寺(福井県小浜市)の修二会の伝統的神事、「お水送り」が3月2日夜、神宮寺と遠敷川(おにゅうがわ)で行われました。

 神宮寺境内では大護摩(おおごま)が焚かれ、やがて、松明(たいまつ)にもらい受けた燃え盛る火を手に、ほら貝の音が鳴り響く中、白装束の僧侶や参拝客ら約3200人が、2キロ余り上流の鵜の瀬(うのせ)に向かいました。

 そこの河原では、住職が祝詞(送水文)を読み上げ、神宮寺の閼伽(あか、仏前に供える水)の井戸からとった、竹筒に入った「お香水(こうずい)」を遠敷川に注ぎました。その水は地下を抜け、10日かけて東大寺二月堂の「若狭井」に湧き出るとされています。

1

お水送り(遠敷川に「お香水」を注ぐ白装束の僧侶、2015年3月2日夜、福井県小浜市、Google画像) お水送りで春訪れ(中日スポーツ、2015.3.3):http://www.chunichi.co.jp/s/chuspo/article/2015030201001837.html

(解説) お水送りは752年(天平勝宝4年)、東大寺二月堂が建立された際、全国の神々が招かれた「修二会(しゅにえ)」に、若狭の遠敷明神だけが漁に夢中になって遅刻し、おわびに清水を送ると約束したとの故事に由来しています。

 初めて参拝した小浜市の主婦(65)は、「たいまつの炎がすてきで、神秘的な気分になった」、と興奮気味に語りました。

(参考文献) 北陸中日新聞: 通風筒(社会、27面)、お水送りの伝統神事、神宮寺、福井県小浜市、2015年(平成27年)3月3日(火)朝刊.

(参考資料) 〇 神宮寺(じんぐうじ)お水送り(ふくい歴史百景、YouTube): http://fukui100kei.dogaclip.com/kanko/Profile-100000052.html

〇 神宮寺「閼伽水(あかすい)」(福井の名水、湧水、霊水スポット): http://water.e291.com/obama/jingu.html

〇 東大寺二月堂、閼伽井屋(若狭井)(いこまいけ高岡、富山): http://takaoka.zening.info/Nara/Nara/Todaiji_Temple/Nigatsudo_akaiya.htm

〇 春、弥生(やよい、3月、旧暦2月)、東大寺修二会(本行、3月1日~満行、14日、おたいまつ)、お水送り(3月2日、若狭神宮寺)とお水取り(3月12日、奈良東大寺)、とは(2011.3.1): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-e90f-1.html

(追加説明) ○ 若狭は朝鮮語のワカソ(行き来)の意味で、ワツソ(来る)とカツソ(行く)との合成語が訛(なま)って、宛字した地名です。奈良は朝鮮語のナラ(国)という意味です。また、ナラして開けた土地、すなわち都という意味にもなり、宛字とされています。

 神宮寺の地域は、若狭の中心で、白鳳以前から開け、遠敷川の谷間は、渡来人が上陸した半島で、大陸の文化が大和(朝鮮語でナラともいう)へ運ばれた最も近い道でした。

○ 奈良の東大寺二月堂3月1日、古都に春を告げる修二会(しゅにえ)「お水取り」の本行が始まりました。午後7時、長さ約6mの松明(たいまつ)が舞台上に次々と登場、火の粉の雨を降らせました。

 松明たいまつ)は、練行衆(れんぎょうしゅう、こもりの僧)を堂内に導く道明かりで、童子(どうじ)と呼ばれる付き人が1本ずつ担いで石段を上がり、舞台の欄干から突き出して打ち振ると、参拝者から歓声が上がりました。

 修二会(しゅにえ)は、大仏開眼と同じ752年(天平勝宝4年)に始まり、途絶えることなく今年で1264回目、練行衆は3月14日まで、1日6度の法要を繰り返し、本尊の十一面観音菩薩(ぼさつ)に世の中の罪を懺悔(ざんげ)し、天下泰平を祈ります。(朝日新聞:古沢博英、炎 脈々と、2015年(平成27年)3月3日(火)朝刊より)

 

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ