« 桜の名木、八重咲および菊咲(段咲)の花(4月7日)、県庁近く、県民の杜の名木の桜、熊谷桜(クマガイザクラ)、ゼンショウジキクザクラ(善正寺菊桜)、ケタノシロキクザクラ(気多白菊桜)、兼六園菊桜(ケンロクエンキクザクラ)の開花状況、とは((2015.4.7) | トップページ | 春の野草、タンポポ(蒲公英、キク科)、春にハチやチョウに受粉してもらうため群れて生育(群生)する日本在来のタンポポ、一年中ツボミが開かなくてもタネを作り、ひとりで生育(散生)するセイヨウタンポポ、とは(2015.4.16) »

2015年4月10日 (金)

花見(はなみ)、桜を見て遊び楽しむこと、桜は田の神が下りてくる木、花見正月、日本最古の桜、山高神代桜(エドヒガンザクラ、樹齢約2000年、山梨県)、とは(2015.4.10)

(Link)

https://www.facebook.com/honjo1003

http://blogs.yahoo.co.jp/honjo202

 花見(はなみ)については、古代、桜ではなくであったという。を賞する習慣は、平安時代に始まりました。当時はもっぱら貴族の行楽で、酒を飲みながら詩歌を詠いました。花見が庶民の行楽となったのは、江戸時代の元禄(1688~1703)以降のことです。なお、安土桃山時代の豊臣秀吉醍醐の花見は有名です。

 サクラの「」は田の神を、「くら」は依代(よりしろ、神霊が招き寄せられて乗り移るもの)を意味し、田の神が下りてくる木という。

 昔、農村においては、花見は農作に先立って守らねばならぬ春の儀礼の一つで、これを花見正月とも言いました。その時、人々は桜の木の下で豊作を祈り、酒宴を催しました。そして、農作業を前に、士気を高め、団結を図りました。まさに、新年度を迎えて行われる、現在の花見と同じです。

 また、昔の桜は、木により開花時期がバラバラだったので、農作業を始める目印となる木を決めていました。 名木の中で、日本最古巨木は、山高神代桜(エドヒガンザクラ、樹齢約2000年、山梨県)です。この桜は、村の小高い山高地区の実相寺(日蓮宗)境内にあります。

 日本三大桜は、この他、根尾谷淡墨桜(エドヒガンザクラ、樹齢約」1500年、岐阜県)、三春滝桜(ベニシダレザクラ、樹齢約1000年、福島県)などが有名です。

○ お花見特集2015、日本三大桜と五大桜、桜の名所(MAPPLE観光ガイド):http://www.mapple.net/sp_sakura/sandai.asp

Photo_2

山高神代桜(エドヒガンザクラ、樹齢約2000年、実相寺、山梨県、Google画像)

○ 神代桜(実相寺ホ-ムページ、山梨県): http://park8.wakwak.com/~matsunaga/

(解説) 日本最古巨木は、山高神代桜(エドヒガンザクラ、樹齢約2000年、山梨県)で、山高地区の実相寺(日蓮宗)境内で見られます。  

(参考文献) 樋口清之監修: 生活歳時記(第2版)、三宝出版(1994); 稲垣栄洋: 桜が咲いたら、紙つぶて、北陸中日新聞、夕刊(2015年4月7日)

(追加説明) ○ 花見(はなみ)とは、広辞苑によると、① 花(おもに桜)を見て遊び楽しむこと。花逍遥(はなしょうよう、花見に散歩すること)。観花。観桜。② 3月3日か4日(節句)に村人たちが見晴らしのよい丘の上などに集まって飲食する風習花見正月。山磯(やまいそ)遊び。

(参考資料) 

○ 醍醐の花見(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%86%8D%E9%86%90%E3%81%AE%E8%8A%B1%E8%A6%8B

○ 山高神代桜(北杜市ホームページ、山梨県): http://www.hit-no1.com/sakura/

○ 根尾谷薄墨桜(本巣市ホームページ、岐阜県): http://www.city.motosu.lg.jp/sight/

○ 三春滝桜(三春町ホームページ、福島県): http://www.town.miharu.fukushima.jp/soshiki/7/01-0101kaika01.html

« 桜の名木、八重咲および菊咲(段咲)の花(4月7日)、県庁近く、県民の杜の名木の桜、熊谷桜(クマガイザクラ)、ゼンショウジキクザクラ(善正寺菊桜)、ケタノシロキクザクラ(気多白菊桜)、兼六園菊桜(ケンロクエンキクザクラ)の開花状況、とは((2015.4.7) | トップページ | 春の野草、タンポポ(蒲公英、キク科)、春にハチやチョウに受粉してもらうため群れて生育(群生)する日本在来のタンポポ、一年中ツボミが開かなくてもタネを作り、ひとりで生育(散生)するセイヨウタンポポ、とは(2015.4.16) »

● 暦、行事、風俗(伝統文化)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 桜の名木、八重咲および菊咲(段咲)の花(4月7日)、県庁近く、県民の杜の名木の桜、熊谷桜(クマガイザクラ)、ゼンショウジキクザクラ(善正寺菊桜)、ケタノシロキクザクラ(気多白菊桜)、兼六園菊桜(ケンロクエンキクザクラ)の開花状況、とは((2015.4.7) | トップページ | 春の野草、タンポポ(蒲公英、キク科)、春にハチやチョウに受粉してもらうため群れて生育(群生)する日本在来のタンポポ、一年中ツボミが開かなくてもタネを作り、ひとりで生育(散生)するセイヨウタンポポ、とは(2015.4.16) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ