« 初夏の花(6月2日、6日)、県庁近く、県民の杜で目にした、シロバナヤエウツギ(白花八重空木)の純白の花、シモツケ(下野)の淡紅色の花、とは(2015.6.12) | トップページ | 初夏の季節(6月17日)、庭園、公園の樹木、シロダモ、スダジイ、タブノキ、クスノキ、クリ(グナ科)、フジ、サンゴジュ(スイカズラ科)、ヤマボウシ、キリ、ヤマハギ、ヤマモモなどの果実、葉木などの光景、とは(2015.6.20) »

2015年6月18日 (木)

初夏の果樹(6月2日、17日)、クリ(栗、ブナ科)、樹冠を覆う淡黄色の花穂、毬(いが)で包まれた果実、とは(2015.6.18)

 初夏の日(6月2日、17日)、県庁近く、県民の杜、歴史の径を散策中、クリ(栗、ブナ科)の樹冠を覆う、美しい淡黄色の花穂(6月2日)、また、その後、花穂の基部に付いた毬(いが)に包まれた果実(6月17日)など、特に目につき、しばらく見惚れたのち、その光景をデジカメに収めました  

P6020411

P6171204

P6020500

P6020515

P6020522

P6020512

P6020513

P6020517

 クリ(栗、ブナ科、落葉高木、鞍月、金沢市、石川県、2015年6月2日撮影)

P6171277

P6171259

P6171275

P6171253

P6171254

P6020417

クリ(栗、ブナ科、落葉高木、鞍月、金沢市、石川県、2015年6月17日撮影)

(解説) クリ(栗)は、ブナ科クリ族の果樹、高さは約10mに達する落葉高木です。葉は長さ8~12cmの長楕円形、刺状の鋸歯があり、互生しています。

 初夏、6月頃、新枝の葉腋(ようえき、葉の付け根)から花穂(かすい、稲穂のような花)を出し、先に雄花、基部に雌花、独特の臭いがある淡黄色の細花をつけます。単性花で雌雄同株です。というわけで、長い穂は雄(オス)の花、小さな緑色のイガの上に咲くのが雌(メス)の花です。

 果実は、1~3個集まった堅果で、長い刺(とげ)の密生した、毬(いが)で包まれています。熟すれば裂開して内から、普通3個の果実を散出し、8~10月に収穫し、食用、菓子になります。

 主要な栽培種には、中国原産のシナグリ(支那栗)、日本原産のニホングリ(日本栗)などがあります。シナグリは輸入され、甘栗、天津栗の名で市販されています

 ニホングリの品種は200以上といわれるが、クリタマバチ(栗玉蜂)の被害のため、現在は耐虫性を持つ品種に統一されています。代表的なものに、森早生(もりわせ)、銀寄(ぎんよせ)、岸根(がんね)、丹波など、主産地は茨城です。

 木材は、耐久、耐湿性が強く、家屋の土台、杭(くい)、鉄道の枕木(まくらぎ)、艪(ろ)、車、運動具、碁笥(ごけ)など使われています。また、シイタケの原木にもなります。

(参考文献) 下中邦彦(編): 小百科事典(初版)、平凡社(1973): 新村出(編): 広辞苑(第四版)、岩波書店(1991)..

 地方特産の果物、ブドウ(葡萄)、イチゴ(莓)、ウメ(梅)、リンゴ(林檎)、ナシ(梨)、モモ(桃)、クリ(栗)、カキ(柿)、とは(2012.3.16): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/236.html

« 初夏の花(6月2日、6日)、県庁近く、県民の杜で目にした、シロバナヤエウツギ(白花八重空木)の純白の花、シモツケ(下野)の淡紅色の花、とは(2015.6.12) | トップページ | 初夏の季節(6月17日)、庭園、公園の樹木、シロダモ、スダジイ、タブノキ、クスノキ、クリ(グナ科)、フジ、サンゴジュ(スイカズラ科)、ヤマボウシ、キリ、ヤマハギ、ヤマモモなどの果実、葉木などの光景、とは(2015.6.20) »

● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/60418183

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の果樹(6月2日、17日)、クリ(栗、ブナ科)、樹冠を覆う淡黄色の花穂、毬(いが)で包まれた果実、とは(2015.6.18):

« 初夏の花(6月2日、6日)、県庁近く、県民の杜で目にした、シロバナヤエウツギ(白花八重空木)の純白の花、シモツケ(下野)の淡紅色の花、とは(2015.6.12) | トップページ | 初夏の季節(6月17日)、庭園、公園の樹木、シロダモ、スダジイ、タブノキ、クスノキ、クリ(グナ科)、フジ、サンゴジュ(スイカズラ科)、ヤマボウシ、キリ、ヤマハギ、ヤマモモなどの果実、葉木などの光景、とは(2015.6.20) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ