« 白山麓の夏の花(7月5日)、白山白川郷ホワイトロード、ふくべの大滝、蛇谷の雪渓、黄色の花、オトギリソウ、また、姥ヶ滝、親谷沿いの遊歩道、白色の花、バイカウツギ、マルバウツギ、コゴメウツギ、とは(2015.7.10) | トップページ | 北陸地方梅雨明け(7月21日)、大乗寺丘陵公園、野田山、金沢市街と日本海を遠望、日野原重明先生百歳記念植樹、秋の七草の筆頭、ハギ(萩)の花、とは(2015.7.22) »

2015年7月16日 (木)

梅雨どきの花木(7月14日)、県庁西街の細い路地通り、珍しい街路樹、大きな葉と小さな淡黄緑色の密集花、カクレミノ(隠れ蓑)、とは(2015.7.16)

 一昨日(7月14日)金沢は、晴れの天候に恵まれ、また、太平洋高気圧、台風(11号)、梅雨前線などの影響で、フェーン現象も見られ、正午頃に気温は34.5℃となりました。

 その頃、近くの県庁西街を散策中、街路樹イチョウ(銀杏、イチョウ科)とタブノキ(椨の木、クスノキ科)の主要道路に挟まれた細い路地通りに、梅雨どき花を付けた珍しい花木、カクレミノ(隠れ蓑、ウコギ科)の街路樹が目に留まり、しばらく観察したのち、その光景をデジカメに収めました。

P7142730_2

P7142731_2

P7142732

P7142739

P7142736_2

P7142737

P7142749

P7142745

P7142748

P7142741

P7142743_2

カクレミノ(隠れ蓑、ウコギ科、常緑小高木) 金沢市鞍月、2015.7.14

(解説) カクレミノ(隠れ蓑、ウコギ科、常緑小高木)は、主に西日本の山地に分布し、高さ約6m、庭木にもなります。葉が大きくて、それを着ると身を隠すことができるという、蓑(みの)に見立てたことが、その名の由来となっています。 

 葉は枝先に集まって互生し、大きなもので12cmほど、卵形で厚く、光沢があり、主脈は3本です。老木の葉は倒卵形で切れ込みがないが、若木では深く3~5裂します。 

 夏、7~8月、小枝の先に丸い花序を出し、花びら5枚の淡黄緑色の小花を多数咲かせます。花後、楕円形の小果を結び、晩秋、10~11月に果実が黒紫色に熟します。

 また、7~9月頃、樹皮を傷つけると、白汁が出てきます。これは黄漆(きうるし)と呼ばれ、家具塗料に用います。

(参考文献) 下中邦彦(編): 小百科事典(初版)、平凡社(1973): 新村出(編): 広辞苑(第四版)、岩波書店(1991)); 鈴木康夫: 樹木図鑑、日本文芸社(2005).

« 白山麓の夏の花(7月5日)、白山白川郷ホワイトロード、ふくべの大滝、蛇谷の雪渓、黄色の花、オトギリソウ、また、姥ヶ滝、親谷沿いの遊歩道、白色の花、バイカウツギ、マルバウツギ、コゴメウツギ、とは(2015.7.10) | トップページ | 北陸地方梅雨明け(7月21日)、大乗寺丘陵公園、野田山、金沢市街と日本海を遠望、日野原重明先生百歳記念植樹、秋の七草の筆頭、ハギ(萩)の花、とは(2015.7.22) »

● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/60760456

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨どきの花木(7月14日)、県庁西街の細い路地通り、珍しい街路樹、大きな葉と小さな淡黄緑色の密集花、カクレミノ(隠れ蓑)、とは(2015.7.16):

« 白山麓の夏の花(7月5日)、白山白川郷ホワイトロード、ふくべの大滝、蛇谷の雪渓、黄色の花、オトギリソウ、また、姥ヶ滝、親谷沿いの遊歩道、白色の花、バイカウツギ、マルバウツギ、コゴメウツギ、とは(2015.7.10) | トップページ | 北陸地方梅雨明け(7月21日)、大乗寺丘陵公園、野田山、金沢市街と日本海を遠望、日野原重明先生百歳記念植樹、秋の七草の筆頭、ハギ(萩)の花、とは(2015.7.22) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ