« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の8件の記事

2015年8月31日 (月)

秋の兼六園  徽軫(ことじ)灯籠と虹(にじ)橋 (2015.8.31)

 

11902476_486184458223234_90390931_2

秋の兼六園  徽軫(ことじ)灯籠 と 虹(にじ)橋   金沢市兼六町(2014.11.4撮影)

2015年8月28日 (金)

晩夏の草花(8月26日)、ワルナスビ(悪茄子)とヘクソカズラ(屁糞蔓)、県民の杜と鞍月磯のひろば公園で目にした、その名とは似ても似つかぬ、可愛い淡紫色と赤色の花、とは(2015.8.28)

 最近、県民の杜を散策中、ワルナスビ(悪茄子、ナス科)という、その名とは似ても似つかぬ、可愛い淡紫色の花が目にとまりました。

 この草は、花や葉の形はナスビに似ていますが、茎に鋭いとげがあり、手で抜くとき、とげが手にささり、手ごわいので、この名がつけられたという。

 また、近くの鞍月磯のひろば公園では、へクソカズラ(屁糞蔓、アカネ科)という、可愛い赤色の花が目につきました。

 このツル性の草の花は、小さなロウト型で、花の中央に灸(やいと)の後のような赤みがあります。が、葉などを押しつぶして匂いをかぐと、ヘクソ(屁糞)という名の通り、悪臭があります。これは、虫や動物が葉をかじった時に、葉が身を守るために発散させる成分(メルカプタン)です。

 これら以外にも、ハキダメギク、オオイヌノフグリ、ママコノシリヌグイなど、まことに品のない名前のものがあります。なお、その名を親しみを込めて付けたのは、植物学者で有名な牧野富太郎博士でした。

○ ワルナスビ悪茄子、ナス科、ナス属、オニナスビとも)

P8264069

P8264082

P8264075

P8264068

P8264065

P8264061

P8264054

P8264048

ワルナスビ(悪茄子、ナス科、多年草、北アメリカ原産、帰化植物、県民の杜、遊歩道ぞい、鞍月、金沢)

(解説) ワルナスビ(悪茄子、ナス科)は多年草で、昭和初期にヨーロッパから渡来した帰化植物(きかしょくぶつ)です。荒地などに繁茂し、害草になったので、この名がつけられたという。茎は高さ30~50cmで、鋭いとげがあります。花は淡紫色でナスに似ています。

○ ヘクソカズラ屁糞蔓、アカネ科、ヘクソカズラ属、ヤイトバナ、サオトメバナとも)

P8263975

P8263984

P8263985

P8263986

P8263992_2

P8264006_2

ヘクソカズラ(屁糞蔓、アカネ科、多年草、鞍月磯のひろば公園、生け垣そば、鞍月、金沢)

(解説) ヘクソカズラ(屁糞蔓、アカネ科、ヘクソカズラ属、ヤイトバナ、サオトメバナとも)は、日本原産の多年草で、カズラ(蔓)の名はツル性の植物を示しています。

 奈良時代、万葉集の一首、皇族の高宮王(たかみやおう、生没不詳)の歌、「さうけふに(さいかちに)はいおほとれる くそかずら たゆることなく みやづかえせむ」と詠まれ、この中の”くそかずら”は”へくそかずら”のことです。江戸時代の草木図説では、ヘクソカズラ(屁糞鬘)になっています。

 葉を傷つけたり、揉んだりすると、強い悪臭が放たれるのは、虫や動物が葉をかじったときに、葉が身を守るために発散させるためのものです。この香りの成分はメルカプタンで、葉をかじった虫や動物には耐えられないものです。

 ツルが伸びて、小さな葉が繁茂したあと、夏に、ロウト型の小さな花が咲きます。この花の中央は、やいと(灸)のあとのような赤味があります。そこで、花の中心部が、暗紅紫の灸の痕(きゅうのあと)のように見えることからヤイトバナの名が付きました。

 また、花を天地逆にすると、早乙女(田植え娘)がかぶった帽子に似ていることから、サオトメバナとも呼ばれています。

(参考文献) 高橋勝雄: 野草の名前 夏、山渓名前図鑑、和名の由来と見分け方、p.283 ヘクソカズラ(屁糞鬘)、山と渓谷社(2003); 田中修: 雑草のはなし、見つけ方、たのしみ方、p.99~100、ヘクソカズラ(アカネ科)、中央公論新社(2007). 

(参考資料) 牧野富太郎(ウィキペディア): http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%A7%E9%87%8E%E5%AF%8C%E5%A4%AA%E9%83%8E

草花図鑑(里山の野草、日本花卉ガーデンセンター): http://tarcyan.yamanoha.com/

(参考文献) 下中邦彦編: 小百科事典(初版)、p.1542 ワルナスビ、平凡社(1973); 田中修; 雑草のはなし、p.100 気になる名前、ワルナスビ、中央公論新社(2007):高橋勝雄: 野草の名前 夏、山渓名前図鑑、和名の由来と見分け方、p.283 ヘクソカズラ(屁糞鬘)、山と渓谷社(2003); 田中修: 雑草のはなし、見つけ方、たのしみ方、p.99~100、ヘクソカズラ(アカネ科)、中央公論新社(2007). 

(参考資料) ○ 品のない名を持つ草花、犀川の土手と近くの街中で目にした、可愛い花を咲かせるワルナスビ(悪茄子)とヘクソカズラ(屁糞蔓)、とは(2013.9.7): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-fa66.html

〇 ワルナスビ(悪茄子、ナス科)、犀川の土手の遊歩道で目にとまった、その名とは似ても似つかぬ、可愛い淡紫色の花、とは(2014.6.19): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-5e3d.html

2015年8月25日 (火)

ラジオ体操(8月25日)、夏休み中の小学生児童、鞍月磯のひろば公園、ラジオ体操の歌、とは(2015.8.25)

 大型の強い台風15号が今朝(8月25日)、熊本、九州北部に上陸し、日本海を北上しています。北陸地方も湿った北東の風が吹き込み、昼過ぎから夕方にかけ、降雨80%とのことです。

 金沢の早朝は、青空も見え、近くの鞍月磯のひろば公園では、6時30分ころ、夏休み中の小学生児童による恒例のラジオ体操がありました。ここは、市民の憩いの場のほか、災害避難場所ともなっています。

P8253962_3

P8253963

P8253965

ラジオ体操、夏休み中の小学生児童、鞍月磯のひろば公園、金沢市鞍月、2015.8.25

〇 ラジオ体操の歌   作詞: 藤浦洸  作曲: 藤山一郎

  1. 新しい朝がきた 希望の朝だ
    喜びに胸をひらけ 大空あおげ
    ラジオの声に 健やかな胸を
    この香る風に 開けよ
    それ 一 二 三

  2. 新しい朝のもと 輝く緑
    さわやかに手足伸ばせ 土踏みしめよ
    ラジオとともに 健やかな手足
    この広い土に 伸ばせよ
    それ 一 二 三

〇 ラジオ体操の歌(Dorita Daishi, YouTube): https://www.youtube.com/watch?v=vepZRXHJV4g

(解説) ラジオ体操は、保険体操の一つで、ラジオ放送による音楽と号令に合わせて行う体操です。1928年(昭和3年)11月、簡易保険局が御大典記念事業の一つとして制定した国民保険体操を、NHKのラジオ放送により、全国に普及指導したのが始まりです。

 第二次世界大戦後廃止されましたが、1951年(昭和26年)5月、新ラジオ体操(第1体操)が生まれ、翌52年5月に第2体操も加えられ、今日に至っています。第1・第2体操とも、基本的な動作を主流として、13種の運動を連続的に編成してあります。

 ラジオ体操の歌(童謡、唱歌)は、作詞: 藤浦洸、作曲: 藤山一郎によるラジオ体操テーマソングです。夏休みの早朝には、小学生児童らが出席カードを持って町内の公演や広場に集まり、ラジカセから流れるラジオ体操の音楽に合わせて体操を行う光景が見られます。

(参考文献) 下中邦彦編: 小百科事典(初版)、平凡社(1973); 新村出編: 広辞苑(第四版)、岩波書店(1991) 

2015年8月20日 (木)

石川県庁の県民の杜、山野草、樹木の管理、県道60号金沢田鶴浜線(50メートル道路、中央分離帯)の草刈り、とは(2015.8.20)

 石川県新庁舎は、県民に広く開放されています。その敷地内( 103,161m² )には、県民の杜(けんみんのもり、36,541m²)の緑地帯を設けて、庁舎閉庁日でも気軽に入りやすくしています。 

 そこには県内の有名な樹木、名木の幼木、各種の山野草などが植えられ、県土木部公園公園緑地課、造園業者によって管理され、市民は杜の中の遊歩道を自由に散策しながら、四季折々の草花、花木の風景を眺めて楽しむことができます。

 県民の杜の議会庁舎前の回遊式庭園では、遊歩道沿いの白色テッポウユリ(鉄砲百合、ユリ科、多年草)のが真っ盛りでした。また、おもいでの森の用水のふちの湿地には、茶色の円柱状ガマ(蒲、ガマ科、多年草)の雌花穂(かすい)が目につきました。

  また、県民の杜の大きな樹木の植穴(しょくあな)には、排水をよくして根腐れを防ぐため、ツインパイル(珪藻土焼成粒充填パイプ)の埋め込みが、至るところで見られました。

〇 県民の杜(回遊式庭園、歴史の径、おもいでの森、用水、遊歩道)

F1000073

F1000077

F1000071_2_2

テッポウユリ(鉄砲百合、ユリ科、多年草)、県民の杜、回遊式庭園の遊歩道沿いに群生

(解説) 蕾(つぼき)の形が、室町時代、ポルトガル人が種子島に伝えたテッポウ(鉄砲)の形に似ているのが、その名の由来となっています。また、このに数多く自生しているユリを、鉄砲ユリと名付けたとも考えられています。

F1000033

F1000044_2

F1000043_2

ガマ(蒲、ガマ科、多年草) 県民の杜、遊歩道沿い用水のふちの湿地

(解説) ガマは、古事記の中の因幡の白兎の物語の中で、白兎の傷を治す薬草として知られています。大国主命は、ガマの花粉をまず傷口に付け、その後にガマの穂綿を敷き、その上に寝るようにと、白兎に助言したという。なお、茶色の円柱状の雌花穂の上に小さな黄色い雄花穂が付いています。

F1000003

F1000004

F1000005

タブノキ(椨の木、クスノキ科、常緑高木)とツインパイル(珪藻土焼成粒充填パイプ)、県民の杜、遊歩道沿いの街路樹

(解説) ツインパイル(イソライト工業株式会社)は、イソライトCGを双筒状の透水シートに充填したもので、植穴(しょくあな)の停滞水を排除し、樹木の根腐れの防止に使っています。

〇 石川県道60号金沢田鶴浜線(50メートル道路、中央分離帯草刈り)

F1000017

F1000016

F1000018

F1000019

草刈り、石川県道60号金沢田鶴浜線(50メートル道路、中央分離帯草刈り) 石川県庁舎前の道路、地元の造園業者による草刈り作業

 

2015年8月15日 (土)

白山麓鳥越の水汲み(8月13日)神子清水と近くの珍しい草花、小松の中ノ峠の岩魚の塩焼き、とは(2015.8.13)

  北陸地方は13日、朝方は雨天で、湿度は高かったのですが、日中の気温は25℃と過ごしやすく、雨は降ったりやんだりでした。昨日から月遅れ盆に入り、久しぶり、白山麓鳥越の湧き水を汲みに行ってきました。 

 が、連日30℃を越す猛暑が続いていたので、杉森地蔵水の湧き水の出が悪く、さらに山手の神子清水の湧き水を汲みに行きました。なお、その付近には、珍しい花姿の草花、ユリ(百合、ヒメサユリとも)、ユリズイセン(百合水仙、アルストロメリアとも)、センニンソウ(仙人草)、ニチニチソウ(日々草)、キバナコスモス(黄花コスモス)などが咲いていて、癒されました。

 

 帰り路は、小松回りの国道360号を走り8号バイパスへ、途中、小松の中ノ峠物産販売所で、囲炉裏の岩魚の塩焼きが目に留まり、それを3匹(一匹500円)買い求め、夕食で美味しくいただきました。今回も、息子の運転による、走行距離77.5kmの快適なドライブとなりました。

神子清水

P8143890


神子清水

P8143925_3

P8143899_2

P8143908_2

P8143914

P8143912_2

P8143912_4

P8143897

夏の草花 、上より ユリ(百合、ヒメサユリとも)、ユリズイセン(百合水仙、アルストロメリアとも)、センニンソウ(仙人草)、ニチニチソウ(日々草)、キバナコスモス(黄花コスモス)、花壇

P8143938

P8143945

岩魚の塩焼き

白山麓の水汲み、神子清水と近くの夏の草花、小松の中ノ峠、囲炉裏の岩魚の塩焼き 2015.8.13

2015年8月10日 (月)

夏の甲子園の大会歌(8月6日)、栄冠は君に輝く(雲はわき 光あふれて)の作詞者、加賀さん(石川県)にまつわる秘話、とは、(2015.8.10)

 第97回 全国高校野球選手権大会は6日、創設100年の節目を迎え、甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕しました。

 開会式は、35000人の観衆が見守る中、地方大会を勝ち抜いた49代表校が参加して行われました。また、1915年(大正4年)の第1回大会に出場した10校の現役部員も復刻ユニホームを着て「高校野球100年」の横断幕を持って入場行進しました。

  選手宣誓は、第1回大会で優勝した、京都二中の流れをくむ、鳥羽(京都)の梅谷成悟主将が「8月6日の意味(広島原爆の日)を胸に刻み、甲子園で躍動することを誓います」と力強く宣誓しました。

 始球式は、会会式後の第一試合のとき、1957年(昭和32年)の春の選抜大会で早実(東京)を優勝に導いた、プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長(75)が努めました。大会は順調に進めば、20日に決勝を迎えます。

97

○ 夏2015 第97回 全国高校野球選手権大会開会式(YouTube): https://www.youtube.com/watch?v=lL3NCyhPEdc

 第97回 全国高校野球選手権大会(朝日新聞社): http://www.asahi.com/koshien/97/gallery_1/

 そして、今年もまた、若者に夢と希望を与える、全国高等学校野球の大会歌、「栄冠は君に輝く」の曲が流れる、球児たちの熱い夏の甲子園が巡ってきました。

 この歌には、作詞者、加賀大介さん(石川県)の当時の境遇を知ると、青春の高校球児に対し、悔いのないようベストをつくしてプレーして欲しい、という熱い思いが込められている感じがします。

 加賀さん(本名、中村義雄)は、1914年(大正3年)10月、根上町(のち能美市、石川県)生まれ、小松製作所(現コマツ)に就職し、仕事の旁ら野球を続けていました。が、はだしでプレーしたことが原因で骨髄炎になり、16才の時に足を切断し、加賀大介のペンネームで文芸活動を始めました。

 1948年(昭和23年)、夏の甲子園の主催者(朝日新聞社、日本高野連)が大会歌歌詞を全国公募し、5252通の中から加賀さんの作品「栄冠は君に輝く」が選ばれました

  歌のタイトルのフレーズ、「栄冠は君に輝く」は、事故で右足のひざ下を切断した加賀さんが「いつかスポーツの歌に使いたい」と、心に決めていたという。

 加賀さんは生涯ただ一度も甲子園に行かなかったが、1973年(昭和48年)、がんのため58才で亡くなりました。 その翌年、同じ根上町で産声を上げたのが、松井秀喜さんでした。 松井さんは、星稜高校で春夏4回の甲子園を経験しています。

 松井選手が巨人に入団する直前、自宅を奥さんの道子さんが訪ねました。この大会歌のテープを手渡すと、あどけなさが残る18才の少年は、はにかみながら、「僕、この曲好きです」と言ったという。

             栄冠は君に輝く

一、 雲はわき 光あふれて 天たかく  純白のたま きょうぞ飛ぶ 

若人よ いざ まなじりは  歓呼にこたえ  いさぎよし ほほえむ希望 

ああ栄冠は 君に輝く 

二、 風をうち 大地をけりて  悔ゆるなき  白熱の  力ぞ技ぞ 

若人よ  いざ 一球に 一打にかけて 青春の 賛歌をつづれ 

あゝ 栄冠は 君に輝く 

三、 空をきる たまのいのちに かようもの 美しく におえる健康 

若人よ いざ みどり濃き しゅろの葉かざす 感激を まぶたにえがけ

あゝ 栄冠は 君に輝く 

 大会歌を作曲した古関裕而さんは、自叙伝の中で、「無人のグランドのマウンドに立って周囲を見回しながら、ここにくり広げられる熱戦を想像しているうちに、私の脳裏に、大会の歌のメロデイーが湧き、自然に形付けられてきた」とのことです。

 また、「幾千幾万の健児がこの歌によって戦い、悲喜交々の青春時代を味わっておられるのであろうか。私もまた今でも胸がときめく」、とその作曲の思い出を語っています。

      全国高等学校野球の大会歌

○ 栄冠は君に輝く(torustage,YouTube): http://www.youtube.com/watch?v=A3pd2U_6Fxk.    

(Link)

  夏の甲子園の大会歌、栄冠は君に輝く(雲はわき 光あふれて)の作詞者(加賀大介、根上町、石川)にまつわる歴史秘話(2010.7.25)、大会行進曲、とは: http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/104.html

2015年8月 7日 (金)

秋の七草(8月6日)   盛夏に花咲く 秋の七草! ハギ、ススキ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウ、とは(2015.8.7)

 昨日(8月6日)金沢は、盛夏、日中は35℃を越す猛暑でした。 が、近くの県民の杜では、早く

、秋の七草と呼ばれる、ハギ)、ススキ尾花とも)に続いてオミナエシ女郎花、フジバカ 

マ(藤袴)、キキョウ桔梗、もと朝顔)などの花が次々と咲いていました。

P8063616

蝶が飛び回る光景が見られた(動画, YouTube)、オミナエシ(女郎花) 県民の杜、金沢市鞍月、2015.8.6

P8063671

P8063673

○ アオスジアゲハ(チョウ目アゲハチョウ科)

P8063672

蝶が飛び回る光景が見られた、オミナエシ(女郎花) 県民の杜、金沢市鞍月 2015.8.6

P8063629

P8063658_2

P8063641_2

                                                                                   2015.8.6

F1000017_2
                                                                                    2015.8.31

フジバカマ藤袴、キク科)  県民の杜、遊歩道沿い、金沢市鞍月 2015.8.6

F1000020

クズ(葛、マメ科) 新大徳川沿い、金沢市鞍月 2015.9.2

風にそよぐススキ尾花とも、イネ科)  県民の杜、遊歩道沿い、金沢市鞍月 2015.8.6

風にそよぐキキョウ桔梗もと朝顔とも、キキョウ科)  県民の杜、遊歩道沿い、金沢市鞍月2015.8.6 

P8063503

P8063525

P8063522

P8063520

ヤマハギ山萩、マメ科 鞍月磯のひろば公園、遊歩道沿い、金沢市鞍月 2015.8.6 

 (LInk)

〇 秋の七草(7月27日)、盛夏に咲いている秋の七草の花、ハギ、ススキ、オミナエシ、キキョウ、フジバカマ、とは(2015.7.29): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-3409.html

 〇 秋の七草(万葉集)にまつわる歴史伝承、春の七草との違い、米国に帰化したクズ(葛)、とは(2010.10.7):  http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/131.html

2015年8月 1日 (土)

豪華な大型クルーズ船入港(7月31日)、日本生まれの大型客船、ダイヤモンド・プリンセス(DIAMOND PRINCESS)が金沢港大浜ふ頭に寄港、金沢市内をバス観光ツァー、とは(2015.8.1)

   昨日(7月31日)、米国の豪華な大型クルーズ客船、ダイヤモンド・プリンセスが、金沢港大浜ふ頭(金沢市大野町新町)に寄港するということで、見学に行ってきました。 横浜を出発して九州、釜山を経由し、日本海側に出て金沢に寄港、その後、津軽海峡を通り横浜に戻る(横浜-長崎-釜山-舞鶴-【金沢】-青森-横浜)、日本一周のクルーズです。

 ダイアモンド・プリンセス(DIAMOND PRINCESS、米国船社)は、2004年(平成16年)2月、日本ではじめて三菱重工により長崎造船所で建造された、外航クルーズの大型客船です。

 乗客数2670名、115875万トンの大きな豪華船でした。乗船客は、観光ボランティアらの出迎えを受け、金沢市内観光などを楽しみました。欧米人もいましたが、バスツァーで瀑買する中国人がメインのような感じがしました.。そこで、しばらく西側の駐車場近くから、その後は西から北、東の方へ歩きながら船体を眺め、その光景をデジカメに収めました。

 また、船内では県などによる歓迎セレモニーがあり、一般見学会では4ヵ所あるプールや700人収容の劇場、公海上で催されるカジノなど豪華な設備が紹介されました。

P7313175

P7313174_3

P7313231

P7313244

P7313179

P7313206_3

P7313208

P7313259

P7313270

P7313265

P7313266

P7313260

P7313263

ダイアモンド・プリンセス(DIAMOND PRINCESS、米国船社)、外航クルーズの大型客船金沢港大浜ふ頭(金沢市大野町新町)、2015.7.31

(参考資料、話題)

○ PRINCESS CRUISES(ホームページ): http://www.princesscruises.jp/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=sp&utm_expid=55672420-0.sAqBo60dSyujYHlbTmiqpA.0&utm_referrer=http%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2Faclk%3Fsa%3Dl%26ai%3DClDQ-xyO8VdX9KpDe8QX7lpn4Cse25q0H3_eK76sC1_yFCwgAEAEgx5j4BWCJg4CAhBSgAbn50MgDyAEBqQKJozLSBFRBPqoEJU_QEsU1KsZuubEmiKjHl8fNBxszDD2k2ZUQ617LYXoHTmpVQ_mABZBOgAevhq83iAcBkAcCqAeiwhuoB6a-G9gHAQ%26sig%3DAOD64_1WJ7ZEKa4qf6uQJ17f_kdWTgqABA%26clui%3D0%26rct%3Dj%26q%3D%26ved%3D0CBsQ0QxqFQoTCNmxzsfghscCFUWVlAodf0AC2A%26adurl%3Dhttp%3A%2F%2Fwww.princesscruises.jp%2F%253Futm_source%253Dgoogle%2526utm_medium%253Dcpc%2526utm_campaign%253Dsp

〇 金沢港の未来 2017.5.7

 五万トン級の大型クルーズ船の入港は、金沢人にとっては、まさに夢の実現だった。金沢港は、豪雪で孤立した金沢市を救うために、約50年ほど前に建設された。掘り込み港湾は、工業用地の活用には利点があるが、弱点は水深にあった。当初は石油 製品や木材の輸入が大きな目的であった。

 昨今、港の再整備が計画されている。私はぜひ金沢みなと会館を三、四階建てにして、クルーズ船から可動式電動桟橋で直接つなぎ、乗り降りできるようにしてほしい。みなと会館には休憩ホールを設け、石川の宣伝ビデオの上映を行い、地元の名物の軽食を出してもよいと思う。 金沢港の将来性のある整備発展を期待する。

(北陸中日新聞(星野忠太郎(金沢市、93歳):モーニング 金沢港の未来、2017年(平成29年)5月7日(日)より)

〇 金沢港(ウィキペディア): https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%B2%A2%E6%B8%AF

〇 (社)金沢港振興協会: http://www.k-port.jp/

〇 金沢港の現状

2_2

金沢港、物流・クルーズの拠点港へ、、2020年は金沢港開港50周年(2017年春季) 

 現在、金沢港は、コンテナ貨物の取扱量とクルーズ船の寄港数が共に大きく増加し、物流・観光の両面で「金沢港」の果たす役割が高まっている。県では、日本海側の物流・クルーズの拠点港を目指し、「金沢港機能強化整備計画(仮称)」の策定に着手しました。2020年は金沢港開港50周年に新たな歴史を刻めるよう、整備が進められている。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ