« 実りの季節、、コシヒカリ、県庁近く、たわわに実った稲穂、実るほど頭を垂れる稲穂かな! とは(2015.9. 11) | トップページ | 秋、花木の果実と紅葉(9月15日)、ニシキギ、ヤマボウシ、サンゴジュ、ウメモドキ、コムラサキ、シロシキブ、ムラサキシキブ、ガマズミ、ヤブツバキ、サルスベリ、アベリアなど、美しく色づいた果実と紅葉の景色、とは(2015.9.16) »

2015年9月12日 (土)

初秋、花木の果実(9月3日)、サンゴジュ、ウメモドキ、ハナミズキ、コムラサキ、ムラサキシキブ、サルスベリなど、美しく色づいた果実の景色、とは(2015.9.12)

 最近、朝はひんやりし、先日(9月3日)金沢は、曇天でしたが、県民の杜、おもいでの森、歴史の径、鞍月セントラルパークなどを散策しました。

 その途中、初秋の花木、サンゴジュ(珊瑚樹、スイカズラ科)、ウメモドキ(梅擬、モチノキ科)、ハナミズキ(花水木、ミズキ科)、コムラサキ(小紫、クマツヅラ7科)、ムラサキシキブ(紫式部、クマツヅラ科)、サルスベリ(百日紅、ミソハギ科)などの色づいた果実が目につき、その景色を携帯電話(F-09B)、デジカメ(OLYMPUS SZ-16IDZ-105)に収めました。

〇 サンゴジュ(珊瑚樹、スイカズラ科)

P9034327

P9034328

P9034330


P9034331

〇 ウメモドキ(梅擬、モチノキ科)

F1000034


F1000037

〇 ハナミズキ(花水木、ミズキ科)

P9034409


P9034408

〇 コムラサキ(小紫、クマツヅラ科)

F1000023

F1000024

F1000026_3

〇 ムラサキシキブ(紫式部、クマツヅラ科)

F1000007_7

F1000010_2


F1000009_3

                                                                             2015.8.19

F1000030

F1000026_5

                                                                             2015.9.3

〇 サルスベリ(百日紅、ミソハギ科)

P9034344

P9034339


P9034338

P9034342

P9034351

P9034352_2


P9034357_2

県民の杜、おもいでの森、遊歩道、鞍月、金沢市、石川県 2015.9.3

(解説)

 サンゴジュ(珊瑚樹、スイカズラ科)   秋に赤く熟した果実をたわわに付け、花序まで赤く染まる様子を宝石のサンゴにたとえたのが、その名の由来となっています。  関東地方南部以西~沖縄、朝鮮半島南部、中国、台湾に分布し、生垣や防火樹として利用されています。   

 ウメモドキ(梅擬、モチノキ科)  実の付き方が小さな梅のように感じられることが、その名の由来となっています。 秋に赤く熟す果実が美しく、本州、四国、九州に分布し、庭木や公園樹として植えられています。 

〇 ハナミズキ(花水木、ミズキ科) 秋には赤い楕円形の果実が数個集まって付きます。北アメリカ原産で、街路樹や公園樹として広く植えられています。

〇 コムラサキ(小紫、クマツヅラ科)  初夏のころ、淡い紫色の繊細な花が咲いたあと、秋に細い枝にきれいに並べたように、紫色の果実を固まって付けます。 庭木や公園樹として見かけるのは、ムラサキシキブより本種の方が多い。本州~沖縄、朝鮮半島、中国に分布し、庭木や公園樹としてよく見かけます。

〇 ムラサキシキブ(紫式部、ミムラサキ、コメゴメとも、クマツヅラ科) 初夏のころ、ごく淡い紫色の花が咲いたあとに、紫色の小さな実を固まって付けます。秋に熟した果実は、葉が落ちたあとも残るので、なおさら印象深い。また、紫と白い果実があり、 江戸時代から栽培されています。日本、朝鮮半島、中国、台湾、アフリカなどが産地です。

〇 サルスベリ(百日紅、ヒャクジツコウとも、ミソハギ科) 夏から秋にかけて、鮮やかな赤紫色の花を咲かせ続けます。漢字名は100日間も咲き続けるという意味です。樹皮がはがれ滑らかとなり、サルでも滑り落ちるということが、その名の由来となっています。中国南部が原産で、緑の果実が熟すと割れ、翼のある種子を飛ばします。

(参考文献) 鈴木 庸夫: 樹木図鑑、日本文芸社(2005)

« 実りの季節、、コシヒカリ、県庁近く、たわわに実った稲穂、実るほど頭を垂れる稲穂かな! とは(2015.9. 11) | トップページ | 秋、花木の果実と紅葉(9月15日)、ニシキギ、ヤマボウシ、サンゴジュ、ウメモドキ、コムラサキ、シロシキブ、ムラサキシキブ、ガマズミ、ヤブツバキ、サルスベリ、アベリアなど、美しく色づいた果実と紅葉の景色、とは(2015.9.16) »

● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/61577146

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋、花木の果実(9月3日)、サンゴジュ、ウメモドキ、ハナミズキ、コムラサキ、ムラサキシキブ、サルスベリなど、美しく色づいた果実の景色、とは(2015.9.12):

« 実りの季節、、コシヒカリ、県庁近く、たわわに実った稲穂、実るほど頭を垂れる稲穂かな! とは(2015.9. 11) | トップページ | 秋、花木の果実と紅葉(9月15日)、ニシキギ、ヤマボウシ、サンゴジュ、ウメモドキ、コムラサキ、シロシキブ、ムラサキシキブ、ガマズミ、ヤブツバキ、サルスベリ、アベリアなど、美しく色づいた果実と紅葉の景色、とは(2015.9.16) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ