« 秋の兼六園  徽軫(ことじ)灯籠と虹(にじ)橋 (2015.8.31) | トップページ | 初秋の花(9月5日)、ヒガンバナ(彼岸花)の蕾が姿を現し、早くも一輪開花! あの世(彼岸!)、人の世(此世!)、とは(2015.9.8) »

2015年9月 3日 (木)

初秋の珍しい 草花(9月3日)、ホトトギス(杜鵑、ユリ科)、花びらの小紫点が鳥のホトトギスの羽根の模様によく似た草花、とは(2015.9.3)

 今日(9月3日)、県民の杜を散策中、初秋の珍しい草花、ホトトギス(杜鵑草、ユリ科、多年草)が目に留まりました。この種は、本州、四国、九州に分布し、野山の林の中に自生しています。秋、白色に紫色の斑点が散在した花を開きます。花は開いたまま上を向いています。

 花びらには小紫点が多数あり、その模様が鳥のホトトギス(杜鵑、時鳥、子規、不如帰とも)の羽根、腹の斑紋に似ていることが、その名の由来となっています。

 また、和名の漢字は、中国のホトトギスの鳥名の杜鵑(とけん)の字をあて、杜鵑草をホトトギスと読ませました。なお、新葉が出た頃、葉の表面に油をたらした模様が入るので、油点草(ゆてんそう)とも言います。

P9034267

P9034256

P9034259

P9034257

P9034262

P9034245_2

ホトトギス(杜鵑草、ユリ科、油点草とも、多年草) 県民の杜 金沢市鞍月 2015.9.3

(参考文献) 新村出: 広辞苑(第四版)、p.2370 ほととぎす(杜鵑草)、岩波書店(1991); 高橋勝雄: 野草の名前 秋・冬(初版)、p.232~233 ホトトギス、山と渓谷社(2003).

« 秋の兼六園  徽軫(ことじ)灯籠と虹(にじ)橋 (2015.8.31) | トップページ | 初秋の花(9月5日)、ヒガンバナ(彼岸花)の蕾が姿を現し、早くも一輪開花! あの世(彼岸!)、人の世(此世!)、とは(2015.9.8) »

● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/61448328

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の珍しい 草花(9月3日)、ホトトギス(杜鵑、ユリ科)、花びらの小紫点が鳥のホトトギスの羽根の模様によく似た草花、とは(2015.9.3):

« 秋の兼六園  徽軫(ことじ)灯籠と虹(にじ)橋 (2015.8.31) | トップページ | 初秋の花(9月5日)、ヒガンバナ(彼岸花)の蕾が姿を現し、早くも一輪開花! あの世(彼岸!)、人の世(此世!)、とは(2015.9.8) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ