« ノーベル賞、ダイナマイト発明の遺産を基に、ノーベルの遺言により、人類の福祉に最も貢献した人々に授与するため、1896年(明治29年)設けられた国際的な賞(6部門)、とは(2015.10.9) | トップページ | 落葉樹の紅葉と常緑樹(10月20日)、県民の杜の庭木と街路樹のケヤキの紅葉、紅葉のドウダンツツジと常緑のヒラドツツジの生け垣、緑葉の間から新芽の紅葉が出たカナメモチの生け垣、とは(2015.10.21) »

2015年10月15日 (木)

紅葉の季節(10月15日)、 紅葉があざやかな落葉樹、イロハモミジ(いろは紅葉、カエデ科)、とは(2015.10.15)

 秋になると、落葉樹は、赤(紅とも)や黄、茶色などに色付きます。モミジと言えば、一般に、紅葉があざやかなイロハモミジ(いろは紅葉、カエデ科、イロハカエデとも)のことで、公園や庭園、寺院などに植えられています。葉は手のひら状に5~9裂し、この裂片を、いろはにほへと、と数えたのが、その名の由来となっています。  

 葉が赤くなるのは、気温が10℃以下になると、葉の緑色のクロロフィル(葉緑素)が分解し、葉に貯まった糖からアントシアニンができるためです。 また、葉が黄色くなるのは、葉緑素が分解し、もともと葉に含まれていたカロチノイドという黄色の色素が出てきたからです。  

 秋の紅葉は、葉の1枚1枚で微妙に色合いが異なり、美しさを引き立てています。秋も深まり、霜が降りるようになると、紅葉は一段とあざやかになります。 が、この葉の紅色や黄色の意味については、まだよく分かっていません。

Pa157213

Pa157233

Pa157243

Pa157234_2

Pa157221

Pa157229

Pa157241_2

Pa157214

イロハモミジ(いろは紅葉、カエデ科、イロハカエデ、タカオモミジとも) 兼六園(国指定名勝)イロハカエデの苗木    県民の杜の庭園、鞍月、金沢市、石川県 2015.10.15

(参考資料)

○ 紅葉の季節(2014.10.21)、県庁の近く、駅西ケヤキ大通りのケヤキの紅葉と県庁北側の歩道沿いのイチョウの黄葉、とは(2014.10.22): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/201410212014102.html

 

« ノーベル賞、ダイナマイト発明の遺産を基に、ノーベルの遺言により、人類の福祉に最も貢献した人々に授与するため、1896年(明治29年)設けられた国際的な賞(6部門)、とは(2015.10.9) | トップページ | 落葉樹の紅葉と常緑樹(10月20日)、県民の杜の庭木と街路樹のケヤキの紅葉、紅葉のドウダンツツジと常緑のヒラドツツジの生け垣、緑葉の間から新芽の紅葉が出たカナメモチの生け垣、とは(2015.10.21) »

● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/62059403

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の季節(10月15日)、 紅葉があざやかな落葉樹、イロハモミジ(いろは紅葉、カエデ科)、とは(2015.10.15):

« ノーベル賞、ダイナマイト発明の遺産を基に、ノーベルの遺言により、人類の福祉に最も貢献した人々に授与するため、1896年(明治29年)設けられた国際的な賞(6部門)、とは(2015.10.9) | トップページ | 落葉樹の紅葉と常緑樹(10月20日)、県民の杜の庭木と街路樹のケヤキの紅葉、紅葉のドウダンツツジと常緑のヒラドツツジの生け垣、緑葉の間から新芽の紅葉が出たカナメモチの生け垣、とは(2015.10.21) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ