« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の9件の記事

2015年11月28日 (土)

兼六園の雪吊り 唐崎松(からさきのまつ)(2015.11.28)

    兼六園の雪吊り 唐崎松 

2014114_3


                   兼六園の雪吊り 唐崎松(からさきのまつ)(2014.11.4撮影) 

(解説加賀13代藩主前田斉泰(1811~ 1884)が近江八景の一つ、琵琶湖畔の唐崎から松の種子を取り寄せて育てた黒松で、兼六園の中で最も枝ぶりの見事な木です。

 

2015年11月24日 (火)

冬の季節(11月23日、24日)、雪吊り、高木のマツ(松)のりんご吊り、幹吊り、低木のツツジ(躑躅)の竹又吊り、竹ばさみ、ムクゲのしぼり、とは(2015.11.24)

 北陸の雪は、水分の多いベタ雪です。高木では葉に付着し、枝折れを起こします。一方、低木は、積雪に押しつぶされ、変形します。その害は、竹と縄を使い、雪吊りで防ぎます。

 高木のりんご吊りは、マツ(松)の枝を支柱と縄で吊り上げ、幹吊りは、直接、枝に縄を張ります。一方、低木の竹又吊りは、ツツジ(躑躅)の生垣に三つ又あるいは四つ又の竹を立て、縄を張ります。低木のしぼりは、枝を全て上に集め、縄で下から巻き上げて結びます。
 昨日(11月24日)金沢は、晴れ、今日(24日)は曇り、気温は17℃ほど、少し寒く、風の強い中、県民の杜の周辺を散策し、冬場の樹木や生垣の雪吊りを眺め、その光景をデジカメに収めました。
 
〇 マツのリンゴ吊り、幹吊り

Pb239008

Pb249079_2

リンゴ吊り、マツ

Pb249037_2

Pb249066_2


幹吊り、マツ


〇 ツツジの竹又吊り、竹ばさみ

Pb238888

Pb238896
Pb238907
竹又吊り、ツツジ

Pb238914


Pb238911

竹ばさみ、ツツジ

〇 ムクゲのしぼり

Pb238924

Pb238923
しぼり、ムクゲ

(参考資料)

 〇  冬の季節(11月24日)、近くの県庁や工業試験場の周辺で目にした、冬支度の雪吊り、また、カンツバキ(寒椿)の花咲く風景、とは(2014.11.26): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-f894.html

 

 












2015年11月21日 (土)

冬花壇(11月20日)、いしかわ緑と花の会、花壇とスタンディング、ビオラ(スミレ科、白)、アリッサム(アブラナ科、白)、ハボタン(アブラナ科、白、紫、緑)の植込み、寄植え、とは(2015.11.21)

 昨日(11月20日)金沢は、曇りのち晴れ、日中は16℃と暖かく、県庁近くの鞍月セントラルパークを散策中、いしかわ緑と花の会による、多彩な冬の草花の花壇が目につきました。

 2015(H27)冬の花壇のテーマとして、ビオラ(スミレ科、白)、アリッサム(アブラナ科、白)、ハボタン(アブラナ科、白、紫、緑)などの植込み、寄植え、スタンディングにより、冬の白山の源流をデザインしたもので、しばらく見惚れたのち、その光景をデジカメに収めました。

F1000014

F1000006

F1000017

F1000013

F1000002

F1000001_2

2015(H27) 冬花壇 デザインテーマ: 冬の白山の源流、 スタンディング: ハボタン(アブラナ科、白、紫、緑)、ビオラ(スミレ科、白)、アリッサム(アブラナ科、白)

(参考資料)

〇 初冬の花木、草花(11月16日)、県民の杜のカンツバキ、サザンカ、鞍月セントラルパークの花壇、サルビア、マリーゴールド、アキランサス、ベニチガヤなどの植え込み、寄せ植え、ヤツデ、ベニシダ、オオバジャノヒゲ、タマリュウ、ナナカマド、とは(2015.11.17): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-f622.html

2015年11月17日 (火)

初冬の花木、草花(11月16日)、県民の杜のカンツバキ、サザンカ、鞍月セントラルパークの花壇、サルビア、マリーゴールド、アキランサス、ベニチガヤなどの植え込み、寄せ植え、ヤツデ、ベニシダ、オオバジャノヒゲ、タマリュウ、ナナカマド、とは(2015.11.17)

 初冬の季節ですが、昨日(11月16日)は快晴、日中の気温も18℃と暖かく、近くの県民の杜周辺をを3.3kmほど散策しました。そこの生垣には、紅色のカンツバキ(寒椿)、庭園には、清楚な紅色、淡紅色のサザンカ(山茶花)の花が咲き、一部落花していました。

 また、鞍月セントラルパークの遊歩道沿いの花壇には、いしかわ緑と花の会による、サルビア(鮮紅)、マリーゴールド(黄橙)、アキランサス(赤、黄)、ベニツガヤ(赤紫)など、多彩な草花の花植え込みが目につき、しばらく見惚れたのち、その光景をデジカメに収めました。

〇 カンツバキ

Pb107917

Pb168712_2

Pb107915_7

(解説) カンツバキ(寒椿)は、ツバキ(椿)とサザンカ(山茶花)の交雑種で、冬に紅色の八重の花を開きます。なお、カンツバキとサザンカの花びらは、1枚ずつばらばらに散ります。一方、春に咲くツバキ(椿)の花びらは、丸ごと地面に落ちます。

〇 サザンカ

Pb168537_2

Pb168535

Pb168533

Pb108107

Pb107822

Pb107819

Pb107825

Pb108101

(解説) サザンカ(山茶花、ツバキ科)は、日本特産の花木で、庭木や生垣に利用されています。 初冬のころ、紅色、淡紅色、白色など、清らかな5弁花を開き、花びらは1枚ずつばらばらに散ります。 

 山茶花、山茶花咲いた道、焚火だ、焚火だ、落ち葉焚き、---、と童謡にも歌われています。 なお、和名のサザンカは、山茶花(さざんか)に由来したものです。

草花 

〇 花壇の植え込み

Pb168574

Pb168577

Pb168579_2

Pb107935

Pb168607_2

Pb168606_2

(解説) 鞍月セントラルパークの遊歩道沿いの花壇には、いしかわ緑と花の会による、サルビア(鮮紅)、マリーゴールド(黄橙)、アキランサス(赤、黄)、ベニツガヤ(赤紫)など、多彩な草花の植え込みがあり、ひときわ美しい光景となっています。 

 サルビア(シソ科)は、1年草、多年草、ブラジル原産、花色は鮮紅、紫、ピンク、白色など、多くの園芸品種があります。 マリーゴールド(キク科)は、1年草、中央アメリカ原産、花色は黄橙、赤褐色、白色など、園芸品種もあります。  

アキランサス(ヒユ科)は、多年草、メキシコからアルゼンチン原産、花色(葉色)は赤、黄の斑入り葉などがあります。 ベニチガヤ(イネ科)の多年草、原野に群生する多年草で、 赤紫がかった葉先の美しさを楽しみます。園芸品種で、葉の先端が赤くなるので紅チガヤと呼ばれます。

(参考資料)
 〇 冬の季節(11月24日)、近くの県庁や工業試験場の周辺で目にした、冬支度の雪吊り、また、カンツバキ(寒椿)の花咲く風景、とは(2014.11.26): 
http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-f894.html

 〇 冬景色(11月27日)、県庁西近くの庭園の散策路、北敷地内の日本庭園の遊歩道で見かけたヤツデ、サザンカ、ヤブツバキの花咲く風景、また、太陽光と風力による自然エネルギー照明システムの景観、とは(2014.11.27): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/20141127-ce9c.html

〇 追加、花木、草花、庭草

Pb168501

Pb168529

Pb168497

ヤツデ

Pb168496

Pb168492

Pb168494

ベニシダ

Pb168705

  • Pb168704

    Pb168701

    オオバジャノヒゲ

    F1000088_2

    F1000091_2

    タマリュウ

    F1000033


    F1000028

    ナナカマド



2015年11月13日 (金)

初冬の風景(11月12日)、県庁19階展望台から遠望、金沢港、金沢駅、北陸自動車道、県民の杜、県庁駐車場、街路樹などの風景、とは(2015.11.13)

 先日(11月8日)は立冬、、朝晩は冷え込むようになりました。昨日(11月12日)は、久しぶりの快晴に恵まれ、日中の気温は7.6~17℃と少し寒かったです。

 が、家内と近くの県民の杜を散策し、県庁19階展望台から、初冬の金沢港、北陸自動車道、金沢駅、県民の杜、県庁駐車場の街路樹など、しばらく見惚れたのち、それらの風景をデジカメに収めました。  

〇 県庁19階展望台

Pb128438

Pb128434

石川県庁 展望ロビー(19階)  喫茶店 展望       金沢市鞍月

〇 金沢港

Pb128321

Pb128324

金沢港   手前は、戸水劈頭 1号上屋(戸水町) 背後は、JX日鉱日石エネルギー油槽所、東西オイルターミナル金沢油槽所(五郎島町)    金沢市

Pb128301

Pb128303

Pb128297

〇 金沢駅、北陸自動車道

Pb128354

Pb128335

Pb128353

金沢駅  背後にポルテ金沢、日航金沢ホテル(広岡)、 中央の高架道路、北陸自動車道(西都)  金沢市

〇 県民の杜、県庁駐車場の街路樹

Pb128308

Pb128293

Pb128291

背後に遠く 、金沢港、日本海                 金沢市鞍

Pb128333

Pb128351

Pb128358

Pb128390

県民の杜、県庁西、北口駐車場、紅葉はアメリカフウ、黄葉はイチョウ、緑葉はタブノキ、街路樹                           金沢市鞍月

(参考資料)

〇 晩秋の落葉樹(11月10日)、紅葉、黄葉から落葉、樹高千丈、落葉帰根、落地生根、とは(2015.11.11): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-8b50.html
 

2015年11月11日 (水)

晩秋の落葉樹(11月10日)、紅葉、黄葉から落葉、樹高千丈、落葉帰根、落地生根、とは(2015.11.11)

 落葉樹は、晩夏から秋にかけ、冬芽を形成し、晩秋から冬にかけ、緑葉が紅葉、黄葉、橙褐葉に変化し、ことごとく葉を落として、冬を越して、春の芽吹きを待つことになります。

 ケヤキ(ニレ科)は、空に向かって手を伸ばす樹形で、春の新緑、夏には緑葉で、大気の浄化や風を防ぐ街路樹ともなり、秋から冬にかけ、紅葉、黄葉、橙褐葉となり、落葉します。

Pb108185

駅西けやき大通(俗称50m道路、石川県道60号、金沢田鶴浜線)

Pb108186

Pb108187

Pb108162

Pb108190_3

 ケヤキ   鞍月街路 、駅西けやき大通(俗称50m道路、石川県道60号)

Pb108022

Pb108023Pb108092

Pb108078

Pb108052

 ケヤキ                       県民の杜、金沢市鞍月

 (解説) 中国の諺樹高千丈(じゅこうせんじょう)、落葉帰根(らくようきこん)は、樹木がどんなに高くても、落ちる葉は、また、根元に帰り、腐葉土となり、木を育てる、とのことです。

 これは、中国禅宗六祖、慧能(えのう)、638年(貞観12年)~713年(先天2年)の言葉で、人間が年老いて昔を懐かしみ、生まれ育った故郷に帰りたくなる思いを、高木の落ち葉に喩えた、と言われています。 

 一方、落地生根(らくちせいこん)は、地に落ち、そこで根を下ろす、すなわち、自分がいま生きている場所が故郷である、という言葉です。

(参考資料) 

〇 晩秋の紅葉、黄葉(10月から11月)、緑葉から紅葉、黄葉、橙褐葉へ、イロハモミジ、アメリカフウ、ニシキギ、ヒイラギナンテン、イチョウ、ケヤキ、とは(2015.11.10): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-0535.html

〇 白山スーパー林道(石川)の蛇谷渓谷と紅葉(こうよう)、秋の夕日に照る山紅葉(やまもみじ)、冬芽、落葉帰根、とは(2009.11.4): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/38.html

〇 落葉の季節(2010年12月はじめ)、わが家(桜田、金沢)近くの金沢幹線道路沿いのヤマボウシ(山法師)、葉柄(枝)のもと近くの冬芽、中国の諺の樹高千丈、落葉帰根、落地生根、とは(2010.12.2): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/147.html

2015年11月10日 (火)

晩秋の紅葉、黄葉(10月から11月)、緑葉から紅葉、黄葉、橙褐葉へ、イロハモミジ、アメリカフウ、ニシキギ、ヒイラギナンテン、ナンキンハゼ、イチョウ、ケヤキ、とは(2015.11.10)

 晩秋(10月から11月)になると、落葉樹は、緑葉から紅葉、黄葉、橙褐葉に変化し、野山、公園、街路の多彩な風景は、見応えがあります。

 紅葉(こうよう)は、葉の細胞の液胞(えきほう)中のアントシアニンが増し、葉緑素(クロロフィル)が分解するために起こり、一方、黄葉(こうよう)は、葉の葉緑素が分解し、黄色色素(カロチノイド)が残るために見られます。葉が枯れると橙褐色となります。

 晩秋(10月から11月)となり、紅葉には、イロハモミジ、アメリカフウ、ニシキギ、ヒイラギナンテン、ドウダンツツジ、ナンキンハゼ、黄葉には、イチョウ、紅葉、黄葉、橙褐葉などが混じった葉には、ケヤキなどが著明となっています。


〇 イロハモミジ(いろは紅葉、カエデ科)

Pa217554

   イロハモミジ                                                               兼六園 

Pa157229

Pa157215_2_2

Pa157214_2

 イロハモミジ                            県民の杜                                                                                             

〇 アメリカフウ(アメリカ楓、マンサク科) 

F1000033                                

F1000028

 アメリカフウ                                                        県庁駐車場 

Pa217753_2


Pa217673

Pa217758

 アメリカフウ                           広坂街路

Pb108206

F1000001

  アメリカフウ                            鞍月街路 

〇 ニシキギ(錦木、ニシキギ科)

F1000048

Pb107891

Pb107893

Pb107892

  ニシキギ                     鞍月セントラルパーク

〇 ヒイラギナンテン(柊南天、メギ科)

F1000083_2

F1000080

  ヒイラギナンテン                         鞍月街路

〇 ドウダンツツジ(満天星躑躅、ツツジ科)

Pb107868

Pb107869


Pa157321

 ドウダンツツジ                          県民の杜

F1000043

F1000117

F1000119

 ドウダンツツジ                             県庁駐車場 

Pa157349

Pb107779_5

   ドウダンツツジ                                           鞍月磯のひろば公園

〇 ナンキンハゼ(南京櫨、トウダイグサ科)

Pb107795

Pb107788

Pb107790

 ナンキンハゼ                            鞍月街路

〇 イチョウ

F1000053

Pa157336

F1000050

 イチョウ                              鞍月街路

〇 ケヤキ

F1000076

F1000075 

F1000004_2

F1000002

     ケヤキ                                                                   鞍月街路

(参考資料)

〇 紅葉の季節(10月15日)、 紅葉があざやかな落葉樹、イロハモミジ(いろは紅葉、カエデ科)、とは(2015.10.15): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-9f84.html

〇 落葉樹の紅葉と常緑樹(10月20日)、県民の杜の庭木と街路樹のケヤキの紅葉、紅葉のドウダンツツジと常緑のヒラドツツジの生け垣、緑葉の間から新芽の紅葉が出たカナメモチの生け垣、とは(2015.10.21):http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-191f.html 

2015年11月 6日 (金)

金沢城探訪(10月21日)、河北門、石川門と鉛瓦、耐鉛性のヘビノネゴザ、東の丸東面石垣、玉泉院丸庭園、とは(2015.11.6)

金沢城探訪

〇 河北門金沢城の実質的な正門

 河北門は、金沢城の実質的な正門でです。高麗門の一の門、櫓門の二の門、枡形土塀で構成された枡形門で、屋根は鉛瓦です。金沢城三の丸の入口で、真向かいの石川門へと通じています。

Pa217428

Pa217432

Pa217439

〇 石川門、金沢城の搦手(裏口)門、城下町金沢のシンボル

 石川門は、金沢城の搦手門(裏口)門で、兼六園の真向かいにあり、城下町金沢のシンボルとなっています。この白い薄い雪化粧を思わせる屋根は、3代藩主前田利常の頃から鉛瓦となっています。

 金沢城三の丸への入口で、 高麗門の一の門、櫓門の二の門、続櫓とニ層二階建ての石川櫓で構成された枡形門で、屋根は鉛瓦です。

Pa217486

Pa217483

Pa217450

Pa217452

 金沢城の鉛瓦の屋根は、加賀藩が、いざというときに備え、銃弾資材を、このような形で備蓄していたとか、鉛瓦の中に蓄財用の金、銀を鋳込んであった、との言い伝えがありました。また、土塀の鉄砲狭間と鉛瓦屋根の石落としで金沢城を守りました。

 現在、国の重要文化財、石川門、三十間長屋のほか、近年、再建された、河北門、二の丸の橋爪門と続き櫓、菱櫓、五十間長屋など、全て鉛瓦葺きで、今も江戸期の面影を残しています。

〇 鉛に耐性のあるシダ植物、金山草、ヘビノネゴザ(蛇の寝御座)

Pa217477

Pa217473

Pa217471_2

Pa217476

 鉛瓦の白い物質は鉛白(塩基性炭酸鉛)ですが、酸性の雨水や降雪に溶けるので、鉛瓦の下の石垣には、鉛に耐性のある、金山草の異名をもつ、シダ植物、ヘビノネゴザ(蛇の寝御座)が散生しています。

〇 東の丸東面石垣、金沢城最古の高石垣

Pa217640

Pa217641

Pa217642

 加賀藩初代藩主、前田利家の頃から、加賀藩お抱えの穴生(あのう、石垣専門職人)として、穴太家、後藤家、戸波、正木などがありました。

 金沢城は、石垣の博物館とも呼ばれ、主な石組みの技法は、最古の自然石積みのほか、粗加工石積み、切石積みなど、各時代の様々な技法が見られます。

〇 2代藩主利長正室、玉泉院の屋敷跡、玉泉院丸庭園

Pa217689

Pa217700

Pa217704

Pa217741_2

Pa217711

Pa217694_13

   玉泉院庭園は、3代藩主前田利常の頃、城内に引かれた辰巳用水を水源とし、池底から周囲の石垣の最上段までの距離が、高低差22mの立体的な池泉回遊式庭園となっています。

(参考資料)

〇 金沢城の石川門と屋根の鉛瓦にまつわる歴史伝承、金沢城の歴史、逸話(利常と幕府、綱紀と幕府)の関係、とは(2009.5.30):
http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/2009530-9dd2-1.html

〇 金沢城石川門の鉛瓦とシダ植物ヘビノネゴザ(蛇の寝御座)、土壌とヘビノネゴザ組織内の鉛の分布状態、
自然環境の鉛汚染と浄化:、とは(2009.5.30): 
http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/2009530-db44-1.html

〇 金沢城の石垣と戸室石(戸室山、金沢)、石曳き(運搬の再現、金沢城三の丸)、野面積み(本丸北面石垣)、打込接ぎ
(本丸南面石垣)、切込接ぎの石垣(石川門枅形東面石垣)、とは(2010.7.22): 

http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/102.html

〇 冬の雪を氷室に納め夏に江戸の徳川将軍に献上、金沢城(玉泉院丸の穴蔵)と兼六園(山崎山裏の凹地)の氷室、
日本最古の噴水、とは(2009.7.16):
http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/fuyu.html

 

2015年11月 3日 (火)

兼六園の湧水(10月21日)、金城霊澤、金沢の名の由来,、日本各地の同名の金沢、とは(2015.11.3)

 金沢城は、もと真宗(一向宗)の本拠地、金沢御坊跡地と言われています。特に、兼六園から金沢城址に至る小立野台地は、大量の砂金層を含み、砂金台地と呼ばれていました。戦国期には、流浪の金屋たちが砂金を採掘していました。

 現在の犀川浅野川は、10数万年前には大きな一つの川であって、洪水による川の氾濫が繰り返され、砂金を含む土壌を堆積した後、二つの川が両側を侵食し、小立野台地砂金台地!)が形成されたことが地質調査で確認されています。

犀川上流には、倉谷鉱山の鉱脈(少量の金と銀を含む黄銅鉱など)があり、砂金は、鉱脈が風化作用を受け、鉱物から分離し、金の粒として残ったものと考えられます。

Photo_3


砂金台地 (兼六、小立野、土清水など)     

Pa217593

金城霊沢  加賀藩12代藩主、前田斉広が、江戸後期、1823年(文政6年)、清水が湧き出る泉の周囲に、丸い石の枠と覆屋(おおいや)をつくりました。

Pa217599_2

1839年(天保10年)、13代藩主、前田斉秦の時、金城霊沢の額が掲げられました。

Pa217600

覆屋(おおいや)の天井絵、龍之図 広田百豊(1876~1955)加賀市出身、日本画家が1936年(昭和11年)に描いたもの、もとは江戸初期、狩野派の絵師、狩野探幽の筆による竜の絵であったが、傷みがひどくなり、広田が描き直しました。

Pa217602

Pa217604

金城霊沢  湧水  兼六園東南端  何かの願いを込めて、多くの一円硬貨が投げ込まれています!

  水鉢の端のところで一円玉をそっと浮かべ、手で少し波立たせると、一円玉は沈まず、
水鉢の中央まで動かすことができます。これができると、願いが叶うという!

また、よきご縁を求めたのか、5円硬貨も散見されます!

Pa217610

Pa217607_3

金城霊沢の石碑  金城霊沢の背後 多くの奇石から鳳凰の形に作った洞窟

(解説) 兼六園には、昔から東南端に、清水が湧き出る泉がありました。この沢水を利用して、小立野台地の砂金層を採掘し、わんかけ法砂金を採取していました。そこで、この湧き水は、金堀沢、金洗沢と呼ばれ、金沢の名の由来となっています。

 加賀藩12代藩主、前田斉広が、江戸後期、1823年(文政6年)、清水が湧き出る泉の周囲に、丸い石の枠覆屋をつくりました。その後、1839年(天保10年)、13代藩主、前田斉秦の時、金城霊沢の額が掲げられ、今も絶えることなく水鉢の底から清水が湧き出しています。 

  立札の伝説では、芋掘藤五郎が、山芋根毛を洗うと、多くの砂金がとれたので、この泉は金洗沢と呼ばれ、金沢地名起源となったという。

 金沢という地名は、石川のほか、全国各地約60ヵ所あり、岩手、秋田、山形、福島、茨木、栃木、神奈川、長野では金の産出に関係があります。また、愛知、青森、埼玉、滋賀、静岡、千葉、徳島、鳥取、奈良、新潟、兵庫、北海道にも金沢の名が見られます。 

(参考資料) 

 〇 兼六園の中の名水、、金城霊沢と金沢神社の手水舎の水、金沢市内の湧水の水質(ヘキサダイヤグラム)、とは(2009.6.7): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-b450.html

〇 金沢の名前の由来(ビューティーホクリク、観光情報マガジン): http://beauty-hokuriku.com/p/kanazawa-origin

(追加説明)

 イタリアのローマの観光名所、トレビの泉は、18世紀に建設され、後ろを向いて泉の中にコインを投げ入れると願いがかなうという言い伝えで知られています。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ