« 兼六園の噴水(10月21日)、日本最古(約170年前)の噴水、導水石管、上の霞ヶ池の水位と連動し、自然の水圧で吹き上がっている、とは(2015.10.27) | トップページ | 金沢城探訪(10月21日)、河北門、石川門と鉛瓦、耐鉛性のヘビノネゴザ、東の丸東面石垣、玉泉院丸庭園、とは(2015.11.6) »

2015年11月 3日 (火)

兼六園の湧水(10月21日)、金城霊澤、金沢の名の由来,、日本各地の同名の金沢、とは(2015.11.3)

 金沢城は、もと真宗(一向宗)の本拠地、金沢御坊跡地と言われています。特に、兼六園から金沢城址に至る小立野台地は、大量の砂金層を含み、砂金台地と呼ばれていました。戦国期には、流浪の金屋たちが砂金を採掘していました。

 現在の犀川浅野川は、10数万年前には大きな一つの川であって、洪水による川の氾濫が繰り返され、砂金を含む土壌を堆積した後、二つの川が両側を侵食し、小立野台地砂金台地!)が形成されたことが地質調査で確認されています。

犀川上流には、倉谷鉱山の鉱脈(少量の金と銀を含む黄銅鉱など)があり、砂金は、鉱脈が風化作用を受け、鉱物から分離し、金の粒として残ったものと考えられます。

Photo_3


砂金台地 (兼六、小立野、土清水など)     

Pa217593

金城霊沢  加賀藩12代藩主、前田斉広が、江戸後期、1823年(文政6年)、清水が湧き出る泉の周囲に、丸い石の枠と覆屋(おおいや)をつくりました。

Pa217599_2

1839年(天保10年)、13代藩主、前田斉秦の時、金城霊沢の額が掲げられました。

Pa217600

覆屋(おおいや)の天井絵、龍之図 広田百豊(1876~1955)加賀市出身、日本画家が1936年(昭和11年)に描いたもの、もとは江戸初期、狩野派の絵師、狩野探幽の筆による竜の絵であったが、傷みがひどくなり、広田が描き直しました。

Pa217602

Pa217604

金城霊沢  湧水  兼六園東南端  何かの願いを込めて、多くの一円硬貨が投げ込まれています!

  水鉢の端のところで一円玉をそっと浮かべ、手で少し波立たせると、一円玉は沈まず、
水鉢の中央まで動かすことができます。これができると、願いが叶うという!

また、よきご縁を求めたのか、5円硬貨も散見されます!

Pa217610

Pa217607_3

金城霊沢の石碑  金城霊沢の背後 多くの奇石から鳳凰の形に作った洞窟

(解説) 兼六園には、昔から東南端に、清水が湧き出る泉がありました。この沢水を利用して、小立野台地の砂金層を採掘し、わんかけ法砂金を採取していました。そこで、この湧き水は、金堀沢、金洗沢と呼ばれ、金沢の名の由来となっています。

 加賀藩12代藩主、前田斉広が、江戸後期、1823年(文政6年)、清水が湧き出る泉の周囲に、丸い石の枠覆屋をつくりました。その後、1839年(天保10年)、13代藩主、前田斉秦の時、金城霊沢の額が掲げられ、今も絶えることなく水鉢の底から清水が湧き出しています。 

  立札の伝説では、芋掘藤五郎が、山芋根毛を洗うと、多くの砂金がとれたので、この泉は金洗沢と呼ばれ、金沢地名起源となったという。

 金沢という地名は、石川のほか、全国各地約60ヵ所あり、岩手、秋田、山形、福島、茨木、栃木、神奈川、長野では金の産出に関係があります。また、愛知、青森、埼玉、滋賀、静岡、千葉、徳島、鳥取、奈良、新潟、兵庫、北海道にも金沢の名が見られます。 

(参考資料) 

 〇 兼六園の中の名水、、金城霊沢と金沢神社の手水舎の水、金沢市内の湧水の水質(ヘキサダイヤグラム)、とは(2009.6.7): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-b450.html

〇 金沢の名前の由来(ビューティーホクリク、観光情報マガジン): http://beauty-hokuriku.com/p/kanazawa-origin

(追加説明)

 イタリアのローマの観光名所、トレビの泉は、18世紀に建設され、後ろを向いて泉の中にコインを投げ入れると願いがかなうという言い伝えで知られています。

« 兼六園の噴水(10月21日)、日本最古(約170年前)の噴水、導水石管、上の霞ヶ池の水位と連動し、自然の水圧で吹き上がっている、とは(2015.10.27) | トップページ | 金沢城探訪(10月21日)、河北門、石川門と鉛瓦、耐鉛性のヘビノネゴザ、東の丸東面石垣、玉泉院丸庭園、とは(2015.11.6) »

● いしかわ(名水、湧水、金城霊沢、上の清水、白山霊水、弘法池の水、杉森地蔵水、神子清水、柳原の湧水、金沢の水、末浄水場、弘法の水、満濃池)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/62317385

この記事へのトラックバック一覧です: 兼六園の湧水(10月21日)、金城霊澤、金沢の名の由来,、日本各地の同名の金沢、とは(2015.11.3):

« 兼六園の噴水(10月21日)、日本最古(約170年前)の噴水、導水石管、上の霞ヶ池の水位と連動し、自然の水圧で吹き上がっている、とは(2015.10.27) | トップページ | 金沢城探訪(10月21日)、河北門、石川門と鉛瓦、耐鉛性のヘビノネゴザ、東の丸東面石垣、玉泉院丸庭園、とは(2015.11.6) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ