« 大相撲初場所(1月10日)、両国国技館、相撲の始まり、横綱土俵入り、シコを踏む、塩を撒く、弓取り式、石川の大相撲力士、とは(2016.1.13) | トップページ | 白山さん(白山比咩神社)で左義長祭、小正月(1月15日、年神を送る行事)の火祭り、どんど焼き、とは(2016,1,19) »

2016年1月16日 (土)

白山のライチョウ(雷鳥)、特別天然記念物、2009年(平成21年)、約70年ぶりに発見、茶褐色の夏羽、真っ白な冬羽、とは(2016.1.16)

 ライチョウ(雷鳥、キジ目ライチョウ科)は、夕立で雷が鳴り、 天候が悪くなると姿を見せるという。天候がよいと、ワシやタカに 襲われるので、ハイマツのヤブに潜み、朝、夕、あるいは霧の深い時 などに草原に姿を見せ、餌を探します。

 白山において、2009年(平成21年)5月26日、昭和初期に絶滅したと される、国の天然記念物、ライチョウのメス1羽が、約70年ぶりに 発見されました。  その後、2011年(平成23年)、同じ個体が、早足で移動しながら、草木の 新芽の採食を、また砂浴び行動しているのが再々確認されています。  

 このライチョウは、羽根のDNA分析で、富山、岐阜にまたがる北アルプス や南に続く乗鞍岳、御嶽山などに生息するグループと一致し、そこから 飛来したと推定されました。  

 ライチョウの羽根の色は、季節により変化し、夏羽は、オスは全体に 黒く目の上が赤く、メスは茶褐色です。が、冬羽は、メス、オスとも、 全体的に純白となります。

 白山自然保護センターは、今後も調査を継続していく予定です。が、ライチョウ保護の観点から、白山での詳細な確認場所は、非公開とさせていただきます、とのことです。

Photo
                           白山(2702m)のライチョウ、夏期、メス、2010年(平成22年)8月再確認

Photo_2
                    北アルプス白馬乗鞍岳(2437m)、冬期、上がメス、下がオス 2010年(平成22年)2月確認

(Link) 

〇  ライチョウ(雷鳥)、立山(富山)のライチョウ生息数は日本一(留鳥)、白山の雷鳥、氷河期の生き残り(遺存種)、雷鳥の名の由来、霊山の神の使い(霊鳥)、とは(2011.1.24): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/159.html 

〇  白山のライチョウ(雷鳥、環境、自然、石川県): http://www.pref.ishikawa.lg.jp/hakusan/raicyou/

« 大相撲初場所(1月10日)、両国国技館、相撲の始まり、横綱土俵入り、シコを踏む、塩を撒く、弓取り式、石川の大相撲力士、とは(2016.1.13) | トップページ | 白山さん(白山比咩神社)で左義長祭、小正月(1月15日、年神を送る行事)の火祭り、どんど焼き、とは(2016,1,19) »

● いしかわ(白山、白山比咩神社、石川県樹木公園)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1802629/63482681

この記事へのトラックバック一覧です: 白山のライチョウ(雷鳥)、特別天然記念物、2009年(平成21年)、約70年ぶりに発見、茶褐色の夏羽、真っ白な冬羽、とは(2016.1.16):

« 大相撲初場所(1月10日)、両国国技館、相撲の始まり、横綱土俵入り、シコを踏む、塩を撒く、弓取り式、石川の大相撲力士、とは(2016.1.13) | トップページ | 白山さん(白山比咩神社)で左義長祭、小正月(1月15日、年神を送る行事)の火祭り、どんど焼き、とは(2016,1,19) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ