« 寒中の草花、花木(2月22日)、草花、スイセン、ハボタン、花木、マンサク、ヒューガミズキ、サンシュユ、ハナミズキ、ヤマボウシ、アセビ、ドウダンツツジ、ヒラドツツジ、サクラ、ユキヤナギ、とは(2016.2.23) | トップページ | 神子清水(みこしみず)の水汲み(2月28日)、白山山麓の雪解け水(伏流水)、神子清水の湧き水とその周辺の雪景色、とは(2016.3.1) »

2016年2月25日 (木)

寒中の花木(2月24日)、雪が散らつく中で眺めた、ロウバイ(蝋梅、ロウバイ科)、シダレウメ、ニワウメ(梅、バラ科)、ヤブツバキ、ユキツバキ(椿、ツバキ科)の黄色、白色、桃色、赤色の花、とは(2016.2.15)

う 昨日(2月24日)金沢は、朝の冷え込みも1~4℃と強く、雪が散らつき、真冬の寒さでした。が、午後から、晴れ間も出てきたので、寒中の花木の花が観たく、近くの県民の杜の他、東南方向、北西方向、市街、公園、民家、資材館など、1km周辺を散策しました。

 その途中、民家の坪庭、県民の杜の歩道沿い、県産業振興ゾーン、コメリ金沢大友資材館などで、黄色、桃色、赤色の花を付けたロウバイ(蝋梅、ロウバイ科)、ウメ(梅、バラ科)、ツバキ(椿、ツバキ科)などが目に留まり、しばらく観賞したのち、その光景をデジカメに収めました。

〇 ロウバイ(蝋梅、ロウバイ科)  中国原産、耐寒性落葉低木、小

P2241135

P2241133

P2241093

Photo
                                              ロウバイ(蝋梅、ロウバイ科)  

 中国原産。冬のさなか、小枝いっぱいに黄色い花を咲かせ、清々しい香りをあたり一面に漂わせます。ロウ細工のような花の中心部は紫褐色です。庭木としては花全体が黄色のソシンロウバイが普及しています。普通、ロウバイ(蝋梅) の花の芯には、赤みがあるのですが、花の芯に赤みが見られないのは、ソシンロウバイ(素心蝋梅)の花です。

 ウメ(梅、バラ科)、中国湖北省と四川省原産、耐寒性落葉高木

 高貴な香りを漂わせて、寒中、春の花の先駆けとして清楚な、白、桃、赤色など、5弁花を開きます。

・ シダレウメ(枝垂れ梅、バラ科) 中国原産

P2241151_2

P2241148
                        シダレウメ(枝垂れ梅、バラ科) 

 ニワウメ(庭梅、小梅とも、バラ科) 中国原産

Photo_2
Photo_4
                                        ニワウメ(庭梅、小梅とも、バラ科)

  桃色、白色などのウメに似た花が細い枝に沿ってびっしりと咲きます。夏に、赤く熟す球状の果実は食べられます。

〇 ツバキ(椿、ツバキ科)、日本、朝鮮半島、中国原産、耐寒性常緑低木、高木

 日本の代表的な花木で、茶花としても人気があります。日本原産のヤブツバキやユキツバキなどが交配親になり、赤、白、桃色など、多くの園芸種が誕生しています。なお、ツバキ、バラ、シャクナゲは世界3大花木と言われています。

・ ヤブツバキ(藪椿、ヤマツバキとも、ツバキ科)  日本(本州から沖縄)、東アジア原産

P2240988
Photo_5
                               ヤブツバキ(藪椿、ヤマツバキとも、ツバキ科)

 常緑樹林を代表する樹種の1つで、海岸近くから山地まで幅広い標高で見られます。多数の雄しべが下部で合着して筒状になるのも特徴です。花にはメジロなどの野鳥が蜜を吸いに訪れます。

・ ユキツバキ(雪椿、ツバキ科)  日本(東北地方から北陸地方、日本海側多雪地)原産

Photo_6
Photo_7

                                                  ユキツバキ(雪椿、ツバキ科)

 ヤブツバキの変種で、日本海側の多雪地帯に分布し、ブナ樹林でも見られます。多雪地に適応して平たい樹形になります。花はヤブツバキよりもやわらかい印象で、桃色の平開した花びらと、花糸まで黄色い雄しべの組み合わせがとても美しい。葉は、ヤブツバキより薄く、鋸歯が鋭い。果実は稀にしか結実しない。

(参考資料)

〇 早春の花木(3月28日、31日)、県庁近く、郷土の森、市街地で目にした、ハクモクレン(モクレン科)、サクラ(ゼンショウジキクザクラ、ソメイヨシノ、バラ科)、ウメ(バラ科)、コブシ(モクレン科)、サンシュユ(ミズキ科)などの開花状況、とは(2015.3.30):http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-159f.html

(追加資料)

〇 ツバキ(椿) 白色の花の園芸品種

P2241100
P2241101
P2241103
                ツバキ(椿) 白色の花、園芸品種  金沢市大友町 

 

« 寒中の草花、花木(2月22日)、草花、スイセン、ハボタン、花木、マンサク、ヒューガミズキ、サンシュユ、ハナミズキ、ヤマボウシ、アセビ、ドウダンツツジ、ヒラドツツジ、サクラ、ユキヤナギ、とは(2016.2.23) | トップページ | 神子清水(みこしみず)の水汲み(2月28日)、白山山麓の雪解け水(伏流水)、神子清水の湧き水とその周辺の雪景色、とは(2016.3.1) »

● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒中の草花、花木(2月22日)、草花、スイセン、ハボタン、花木、マンサク、ヒューガミズキ、サンシュユ、ハナミズキ、ヤマボウシ、アセビ、ドウダンツツジ、ヒラドツツジ、サクラ、ユキヤナギ、とは(2016.2.23) | トップページ | 神子清水(みこしみず)の水汲み(2月28日)、白山山麓の雪解け水(伏流水)、神子清水の湧き水とその周辺の雪景色、とは(2016.3.1) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ