« 春の訪れ 立春(2月4日)、節分(2月3日)、白山比咩神社の節分祭と豆まき、追儺(ついな)の鬼、恵方(えほう、歳徳神のいる方向、南南東!)と恵方巻、とは(2016.2.4) | トップページ | 建国記念日(2月11日)、早春の 花木の芽吹き、花芽、ベニバナアセビ(紅花馬酔木)、ヒューガミズキ(日向水木)、コブシ(辛夷)、鞍月セントラルパークでの遊び光景、県民の杜の景色、とは(2016.2.12) »

2016年2月 9日 (火)

春の息吹(2月8日)、早春の花木の芽吹き、花芽、ミツマタ(三又)、マンサク(満作)、ハクモクレン(白木蓮)、雪に覆われた白山連峰及び立山連峰、金沢市街を遠望、とは(2016.2.9)

 金沢は2月8日、気温は2~9℃、朝から快晴に恵まれました。そこで、久しぶり、春の息吹を見つけようと、近くの県民の杜の遊歩道を散策しました。

 その途中、ミツマタ(三又、ジンチョウゲ科)、マンサク(満作、マンサク科)、ハクモクレン(白木蓮、モクレン科)、などの芽吹き、花芽を観察し、浅い春の光景をデジカメに収めました。 また、真っ白な雪に覆われた、白山連峰及び立山連峰、金沢市街を、県庁19階展望台から遠望しました。

F1000026
                     ミツマタの花    2016.3.12

P2080141

P2080140
                      ミツマタ(三椏、三又、ジンチョウゲ科) 、県民の杜、 2016.2.8

F1000021

                 マンサクの花    2016.3.12

P2080117

P2080126
                 マンサク(満作、マンサク科)、県民の杜、 2016.2.8

P2080047

P2080055
                 ハクモクレン(白木蓮、モクレン科)、県民の杜、 2016.2.8

P2080064

P2080066
                 白山連峰と金沢市街、県庁19階展望台、 2016.2.8

P2080077

P2080076
                 白山連峰と金沢市街県庁19階展望台、 2016.2.8
 

(参考資料)

〇 飛行機雲とマンサクの花(2月16日)、真っ青な空の飛行機雲、県庁議会庁舎前の庭園では、真っ先に春の訪れを告げるというマンサク(満作)の花が咲きはじめました(2015.2.17): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/2015216-1a07.html

〇 早春の花木(3月16日、17日)、アセビ、小さな壺形のピンク色の花のベニバナアセビ(紅花馬酔木、ツツジ科、アケモノアセビとも)、また、ミツマタ、蜂の巣のような淡黄色の花のミツマタ(三椏、三又、ジンチョウゲ科)など、早春を告げる個性的な花、とは(2015.3.17): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-ee59.html

〇 早春の花木(3月28日、31日)、県庁近く、郷土の森、市街地で目にした、ハクモクレン(モクレン科)、サクラ(ゼンショウジキクザクラ、ソメイヨシノ、バラ科)、ウメ(バラ科)、サンシュユ(ミズキ科)などの開花状況、とは(2015.3.30):http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-159f.html

(追加説明)

 〇 ミツマタ(三椏、三又、ジンチョウゲ科)

  ミツマタ(三又、三椏とも)は、落葉低木、中国からヒマラヤ原産で、室町時代に渡来し、樹皮の繊維を和紙の原料にするため栽培され、日本の紙幣として、1879年(明治12年)以来、今日まで使用されています。 

 枝が必ず三又になって出ることが名前の由来で、びらに見えるのは萼(がく)です。葉より先に、蜂の巣のような、香りのある、淡黄色の花を下向きに咲かせます。

〇 マンサク(満作、マンサク科)

P2180563

P2180560
                                  マンサク          県民の杜   2016.2.18         

 マンサク(マンサク科)は、日本固有の落葉低木で、早春、葉が開く前に、黄色いヒモ状の花弁の花を、枝いっぱいに咲かせます。早春の花では最も早い方なので、「まず咲く」、または「満作」が名の由来というのが一般的な説です。

〇 ハクモクレン(白木蓮、モクレン科)

 ハクモクレン(モクレン科)は、葉が出る前の小枝に、香りのある乳白色の雄大な花(径15cm)が上向きに開きます。開花は早春で、桜前線に先駆けて北上します。

« 春の訪れ 立春(2月4日)、節分(2月3日)、白山比咩神社の節分祭と豆まき、追儺(ついな)の鬼、恵方(えほう、歳徳神のいる方向、南南東!)と恵方巻、とは(2016.2.4) | トップページ | 建国記念日(2月11日)、早春の 花木の芽吹き、花芽、ベニバナアセビ(紅花馬酔木)、ヒューガミズキ(日向水木)、コブシ(辛夷)、鞍月セントラルパークでの遊び光景、県民の杜の景色、とは(2016.2.12) »

● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 春の訪れ 立春(2月4日)、節分(2月3日)、白山比咩神社の節分祭と豆まき、追儺(ついな)の鬼、恵方(えほう、歳徳神のいる方向、南南東!)と恵方巻、とは(2016.2.4) | トップページ | 建国記念日(2月11日)、早春の 花木の芽吹き、花芽、ベニバナアセビ(紅花馬酔木)、ヒューガミズキ(日向水木)、コブシ(辛夷)、鞍月セントラルパークでの遊び光景、県民の杜の景色、とは(2016.2.12) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ