« 春の息吹(2月8日)、早春の花木の芽吹き、花芽、ミツマタ(三又)、マンサク(満作)、ハクモクレン(白木蓮)、雪に覆われた白山連峰及び立山連峰、金沢市街を遠望、とは(2016.2.9) | トップページ | 懐かしい早春、青春の癒しの歌  早春賦、萌春は名のみの 風の寒さや、萌ゆる想い、ゆるやかな坂道を のぼりつめたこの広場で、とは(2016.2.13) »

2016年2月12日 (金)

建国記念日(2月11日)、早春の 花木の芽吹き、花芽、ベニバナアセビ(紅花馬酔木)、ヒューガミズキ(日向水木)、コブシ(辛夷)、鞍月セントラルパークでの遊び光景、県民の杜の景色、とは(2016.2.12)

 建国記念の日は、国民の祝日の一つで、2月11日です。この日は、旧紀元節にあたり、1872年(明治5年)、神武天皇即位の日(紀元前660年2月11日)を設定して祝日としたものでGHQ後に廃止されました。 が、1966年(昭和41年)、建国記念の日という名で復活し、翌年から実施されています。今年は、数えて建国2676年に当たります。

 金沢は2月11日(建国記念日)、3~8℃、珍しく1日中、快晴に恵まれました。そこで、3日前と同様に、近くの県民の杜の遊歩道を散策しました。 その途中、県庁の県民の杜の近く、鞍月セントラルパークでは、多くの子供が、サッカーを楽しんでいました

 また、早春の花木として、ベニバナアセビ(紅花馬酔木、ツツジ科)、ヒューガミズキ(日向水木、マンサク科)、コブシ(辛夷、モクレン科)、などの芽吹き、花芽を観察し、浅い春の光景をデジカメに収めました。 

P2110223

F1000036_2

                ベニバナアセビの花    2016.3.12

P2110234

P2110227

P2110236

                    ベニバナアセビ(紅花馬酔木、ツツジ科)、県民の杜、 2016.2.11 

P2110203_9

F1000015
           ヒューガミズキの花   2016.3.12
P2110207_3
P2110206_3
P2110211

                  ヒュウガミズキ(日向水木、マンサク科)、県民の杜、 2016.2.11   

P2110238_2
P2110245_2

P2110244
P2110246
                          コブシ(辛夷、モクレン科)、民の杜、 2016.2.11

P2110185_2

P2110190

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P2110188_5      

                                  鞍月セントラルパークでの遊び、 2016.2.11

P2110281_2
P2110280_2

P2110279

P2110276

                          県民の杜の景色、県庁の西南地域、2016.2.11

(参考資料)

〇 建国記念日(2月11日)、戦前は紀元節、神武天皇が即位した日を陽暦に換算した日(紀元前660年2月11日)、1966年(昭和41年)、国民の祝日として復活、とは(2015.2.11): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-2950.html

〇 春の息吹(2月8日)、早春の花木の芽吹き、花芽、ミツマタ(三又)、マンサク(満作)、ハクモクレン(白木蓮)、雪に覆われた白山連峰及び立山連峰、金沢市街を遠望、とは(2016.2.9): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-6a73-1.html

〇 中の早春の花(3月24日)、小さな多くの花穂をつけた淡黄色の花のヒュウガミズキ(日向水木、マンサク科)、また、清楚な黄色と白色の花のスイセン(水仙、雪中花とも、ヒガンバナ科)、とは(2015.3.24): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-e635.html

(追加説明)

〇 ベニバナアセビ(紅花馬酔木、ツツジ科

 アセビ(馬酔木、ツツジ科)は、常緑低木で、白い花が普通ですが、ここで見られたのは、スズランに似た、小さな壺形のピンク色の花を穂のように下げて咲いた、ベニバナアセビ(紅花馬酔木、ツツジ科、アケモノアセビとも)です。馬が葉を食べると、毒にあたり、酔(よ)うように、ふらつく木がその名の由来で、アセボトキシン(有毒ジテルペン、グラヤノトキシンとも)を含む有毒植物です。

〇 ヒューガミズキ(日向水木、マンサク科)

 ヒュウガミズキ(日向水木、マンサク科)は、落葉低木で、淡黄色の花穂の短い、2~3個の花がつきますが、枝数が多いため、花数が多くなり、半球状の花姿は見応えがあります。トサミズキ(土佐水木、マンサク科)の近縁種です。 

〇 コブシ(辛夷、モクレン科)

 コブシ(辛夷モクレン科)は、葉が出る前の枝の先に、香のよい白い6弁の花を開きます。このとき、花の下に小さな葉を1枚つけるのが特徴です。

 

« 春の息吹(2月8日)、早春の花木の芽吹き、花芽、ミツマタ(三又)、マンサク(満作)、ハクモクレン(白木蓮)、雪に覆われた白山連峰及び立山連峰、金沢市街を遠望、とは(2016.2.9) | トップページ | 懐かしい早春、青春の癒しの歌  早春賦、萌春は名のみの 風の寒さや、萌ゆる想い、ゆるやかな坂道を のぼりつめたこの広場で、とは(2016.2.13) »

● かなざわ(四季折々、県民の杜、鞍月、金沢市、石川県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の息吹(2月8日)、早春の花木の芽吹き、花芽、ミツマタ(三又)、マンサク(満作)、ハクモクレン(白木蓮)、雪に覆われた白山連峰及び立山連峰、金沢市街を遠望、とは(2016.2.9) | トップページ | 懐かしい早春、青春の癒しの歌  早春賦、萌春は名のみの 風の寒さや、萌ゆる想い、ゆるやかな坂道を のぼりつめたこの広場で、とは(2016.2.13) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ