« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の13件の記事

2016年3月29日 (火)

春の花木の開花状況(3月28日)、ソメイヨシノ(植物季節観測用標本)、モモ、トサミズキ、ヒメコブシ、ハクモクレン、ユキヤナギ、とは(2016.3.29)

 金沢は、3月25日以来、気温は2~10℃と低く、快晴、晴の好天気が続いています。昨日(28日)は、日中5~12℃、このところ少し寒い日が続いています。が、春本番に少しずつ近づいてきました。 

 そこで、金沢気象台の近くのソメイヨシノ(植物季節観測用標本)とモモ、県民の杜の各種のサクラ、モクレン、ユキヤナギ、ケヤキ大通り歩道沿い庭園のヒメコブシ、トサミズキなどの花木の開花状況を観察し、その光景の一部をデジカメに収めました。 

 金沢地方気象台は、1991年(平成3年)10月、金沢市西念のソメイヨシノ(バラ科)を植物季節観測用標本としました。金沢気象台の予報では、ソメイヨシノの開花はあと数日後で、来月の4月上旬から中旬が満開に近く、見頃になるだろうとのことです。

P3281760

P3281791
P3281795
                              ソメイヨシノ(バラ科)

P3281796_2
P3281798
P3281807_8

                                 モモ(バラ科)

P3281750_7

P3281738_8
                                 金沢駅西合同庁舎内  金沢地方気象台 金沢市西念

P3281720

P3281718_5

                                                             トサミズキ(マンサク科)

P3281713

P3281711_2

                                       2016.3.28 

                                                                       P3312049
                                      2016.3.31 

                              ヒメコブシ(モクレン科)  

P3281709
                                        金沢駅西合同庁舎手前   金沢市西念

P3281569

oooo

P3281566_5

                                     2016.3.28

P3311860
                                      2016.3.31


                              ハクモクレン(モクレン科)

P3281635

 P3281632_2
   

                       ユキヤナギ(バラ科)

P3281639

P3281643

P3281649
                       県民の杜   鞍月センtラルパーク  金沢市鞍月

(参考資料)

〇 春の草花、花木(3月16日)、草花、ヒメオドリコソウ、花木、サンシュユ、ユキヤナギ、ハクモクレン、ニワウメ、オオシマザクラ、庭草、ベニシダ、とは(2016.3.17): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-d088.html

〇 早春の花木、ツクシ (3月12日) 、早春に芽吹いていた、マンサク、ミツマタ、ベニバナアセビ、ヒューガミズキなどの花、ツクシの群落、とは(2016.3.13): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/2016313-92f5.html

 

(Link) 歴史散歩とサイエンスー思いつくままにー
 ① Yahoo! (本浄) :http://blogs.yahoo.co.jp/FRONT/mypage.html
 ② Facebook(本浄):https://www.facebook.com/honjo1003
 ③ ココログ(本浄):http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/

 

2016年3月26日 (土)

囲碁、第4回電聖戦、小林光一名誉棋聖vsコンピュータソフト(3子局)は1勝1敗、日本のZen(ゼン)は勝ち、米のdarkforest(ダークフォレスト)は敗け、とは(2016.3.26)

  電気通信大学(東京調布市)で、3月19~20日、第9回UEC杯コンピュータ囲碁大会が、日米欧など計31チームが参加して行われ、日本のZen(ゼン、開発者:チームDeepZen)が2年ぶり3回目の優勝、初参加の米IT企業のdarkforest(ダークフォレスト、開発者:Facebook AI Research)が準優勝しました。 なお、アルファ碁は不参加でした。

 そして、3月23日、コンピュータ囲碁プログラムとプロ棋士が、3子局で対戦する、第4回電聖戦が行われ、 棋士代表として、小林光一名誉棋聖が出場しました。

Zenvs_4

Zenvs_2

Zen

                      Zenが初めてプロ棋士を相手に3子局で勝利

(解説) 対局の3子局は、黒のコンピュータ側が、あらかじめ3個の石を置き、半目コミ出すハンヂキャップの対戦でした。  結果は第1局のdarkforest戦が231手まで、小林の白番中押し勝ち(途中で勝ちを宣言)、第2局のZen戦は、最後の260手まで、Zenの黒番4目半勝ちで、1勝1敗となりました。

 Zenは、序盤から手厚く打ち進めて優勢を堅持し、終盤やや追い込まれたが、劣勢になることなく押し切りました。 この囲碁ソフトは、この1年、先に世界トップ級棋士を破った米グーグル系企業のアルファ碁が活用した、ディープラーニング(深層学習)の技術を取り入れるなど改良を進めてきました。

 Zenの棋力は、日本トップクラスのプロ棋士に3子局で勝ったので、アマトップクラスの実力と推測されます。Zenの開発チームは、今はアルファ碁が三歩先を行っているが、もっと強くして、アルファ碁に立ち向かっていきたい、とi意欲に燃えています。

(参考資料)

〇 小林光一名誉棋聖vsコンピュータソフトは1勝1敗【第4回電聖戦】(日本棋院) : http://www.nihonkiin.or.jp/event/taikai_kekka/vs4.html

〇 囲碁、アルファ碁(グーグルの人工知能) と 李世ドル九段(世界最強レベルの棋士)が対局、李世ドル(イセドル)九段は5番勝負の第4戦でようやく1勝、とは(2016.3.19): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/vs-a0a6.html 

(Link) 歴史散歩とサイエンスー思いつくままにー
 ① Yahoo! (本浄) :
http://blogs.yahoo.co.jp/FRONT/mypage.html
 ② Facebook(本浄):https://www.facebook.com/honjo1003
 ③ ココログ(本浄):http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年3月24日 (木)

春分の日(3月20日)  春の彼岸会(3月17日~23日)の中日、先祖供養と西方浄土、昼夜が等しく、暑さ寒さも彼岸まで、とは(2016.3.24)

春分の日(3月20日)  春の彼岸会(3月17日~23日)の中日、昼夜が等しく、暑さ寒さも彼岸まで、とは(2016.3.24)

24_3
                                                                   二十四節気と主な雑節

Photo           春分の日 太陽が春分点にある日(Google画像)

 (解説) 春分(しゅんぶん)は、24節気のひとつ、春の彼岸の中日で、太陽が赤道上にあり、昼夜が等しく、その後は夏至まで、昼が次第に長くなります。

 暑さ寒さも彼岸まで、この頃から春暖の気が定まります。1948年(昭和23年)7月、春分にあたり、自然をたたえ生物をいつくしむ日ということで、この日が国民の祝日に制定されました。
 

  感動法話  極楽ってどこ?  死ぬんじゃないんだ! (7676amida, YouTube): https://youtu.be/DfU4kDUNyKI

Photo_2   
                         極楽浄土のイメージ(無量寿経曼荼羅、和歌山県立博物館蔵、Google画像)

 (解説) 春分の日を中心にして仏教では彼岸会(ひがんえ)を行ない、祖先の霊を慰める法要を営むことになっています。彼岸の7日間(3月17日、彼岸入り、3月23日、彼岸明け)に行なわれる仏教の法会です。

 中日の日没が真西に当たるので、西方浄土(極楽浄土)への庶民の願いと民俗が結びつき、寺院への参拝と墓参が盛んに行なわれ、江戸時代に年中行事となりました。西方浄土は、阿弥陀仏のいる世界で、西方十万億仏国土の彼方にある、極楽浄土とされています。

(参考資料)

 〇 二十四節気(にじゅうしせっき)、1年間の季節を表す言葉(太陽の通り道を基準とする、太陽暦!)、農耕(種まきから収穫まで、農作業の目安!)に活用、とは(2012.6.23):  http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-d179.html

 〇 春分の日(2013年3月20日)、暑さ寒さも彼岸まで、わが家から眺める犀川の風景: http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-0416.html 

 〇 春分の日(3月21日)、春の7日間の彼岸会(3月18日~24日)の中日に当たる、春に先がけて咲く市内歩道沿いのジンチョウゲ(沈丁花)、まだ蕾もかたい犀川堤防沿いのヤマザクラ(山桜)、とは(2014.3.22): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-97a3.html

 

 

 

2016年3月22日 (火)

懐かしい春を感じる歌曲、どこかで春が(唱歌)、どこかで春が 生まれてる、春の声(演奏、ワルツ)、ヨハン・シュトラウス2世作曲、とは(2016.3.22)

懐かしい春を感じる歌曲 

〇 どこかで春が 

 この曲は、作詞 百田宗治、作曲 草川信による日本の唱歌で、1923年(大正12年)に歌詞が発表されました。厳しい冬も峠を越え、あちこちで生まれ始める春の息吹が感じられる早春の歌となっています。 

   

〇 オカリナ 宗次郎 / どこかで春が (Olive Music TateshimaYouTube):https://www.youtube.com/watch?v=baN5-fUkdP0 

どこかで春が 生まれてる
どこかで水が 流れ出す
 

どこかで雲雀(ひばり)が 鳴いている
どこかで芽の出る 音がする
 

山の三月 そよ風吹いて
どこかで春が 生まれてる
 

〇 春の声 

 この曲は、ヨハン・シュトラウス2世による1882年(明治15年)の作品です。親友フランツ・リスト(当時71歳)と即興演奏パーティで同席した際、余興で作曲とされています。

1987年(昭和62年)のウィーンフィル・ニューイヤーコンサートでは、アメリカ出身のソプラノ歌手キャスリーン・バトル(Kathleen Battle/1948-)の歌声に乗せてこの曲が披露されました。

 〇 ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ《春の声》 (Classica MusicE,YouTube):https://youtu.be/9L11ddOcpFI?list=RD9L11ddOcpFI  ; 2016 OPK New Year " Fruhlingsstimmen" Walzer,ワルツ、春の声(Operaparkensemble, YouTube): https://youtu.be/qTH5ch7QJi8

(参考資料) 

 〇 どこかで春が(春の童謡・唱歌・日本のうた、世界の民謡・童謡):http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/spring.htm 

 〇 春の声(ヨハン・シュトラウス2世(Johann Straus II/1825-1899)、世界の民謡・童謡): http://www.worldfolksong.com/classical/johann-strauss/voices-of-spring.html

(Link)
 ① Yahoo! (本浄) :http://blogs.yahoo.co.jp/FRONT/mypage.html
 ② Facebook(本浄):https://www.facebook.com/honjo1003
 ③ ココログ(本浄):http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/

 

2016年3月19日 (土)

囲碁、アルファ碁(グーグルの人工知能) と 李世ドル九段(世界最強レベルの棋士)が対局、李世ドル(イセドル)九段は5番勝負の第4戦でようやく1勝、とは(2016.3.19)

 米IT企業グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」と、世界で最も強い棋士の一人、韓国の李世ドル(イセドル)九段(33)の対局が、3月9日~15日、いづれもソウル市内のホテルで行われました。

 初戦の第1戦、(9日)、第2戦(10日)、第3戦(12日)、第4戦(13日)、最終戦の第5戦(15日)で、アルファ碁が第4戦以外は全て勝ち、通算成績は、アルファ碁の4勝1敗となりました。 韓国棋院は15日、アルファ碁に「名誉九段」の称号を授与、韓国ではアルファ碁に「アル師範」などの愛称が生まれました。

As20160309003540_comm1

As20160312003037_comm1

12884523_1734169773487040_890227126

Alphago11024x7491_2

     第1局 互先(黒7.5) 持ち時間60分 秒読み30秒3回 271手白3.5目勝ち

(解説) AIではこれまで、コンピューターの計算性能の向上を生かした「力業」で、先を読む方法が使われてきました。そして、ある局面から終局までの手を多数計算し、勝率が高い手を選びました。が、囲碁は終局までの手順が多く、計算が追いつかない。

 そこで、アルファ碁は、強い手を自ら学び取る手法、すなわち、膨大な情報から自ら学習し、判断能力を高めるAIの「ディープラーニング(深層学習)」と呼ばれる新技術などを採用しました。この手法は、プロ棋士の「直感力」や「大局観」に近づいたとされています。

 今回の五番勝負で、勝ち越したグーグル側は、賞金百万ドル(約1億1300万)を獲得し、これを国連児童基金(ユニセフ)などに寄付するという。
 

(参考資料)

〇 アルファ碁(囲碁ソフト)、人工知能(AI)により膨大な過去データで打ち方自習(ディ-プラーニング)、世界で初めてプロ棋士(欧州王者、二段)破る!、とは(2016.1.29):http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-255e.html

 

2016年3月17日 (木)

春の草花、花木(3月16日)、草花、ヒメオドリコソウ、花木、サンシュユ、ユキヤナギ、ハクモクレン、ニワウメ、オオシマザクラ、庭草、ベニシダ、とは(2016.3.17)

 金沢は昨日(3月16日)、曇天で、少し寒かったのですが、今日(17日)は、快晴で、日中も16℃と暖かくなり、近くの県民の杜と周辺の市街地を散策し、路傍、遊歩道沿いの庭園で目にした、草花、ヒメオドリコソウ、花木、サンシュユ、ユキヤナギ、ニワウメ、オオシマザクラ、庭草、ベニシダなどを観察し、その光景をデジカメに収めました。

 草花

〇 ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)

P3161377
P3161375
                          ヒメオドリコソウ(姫踊り子草、シソ科、ヨーロッパ原産) 

花木

〇 サンシュユ(山茱萸)

P3161313
P3161315
                    サンシュユ(山茱萸、ハルコガネバナ、春黄金花とも、ミズキ科)

〇 ユキヤナギ(雪柳)

P3161392

P3161389
                      ユキヤナギ(雪柳、コゴメザクラ、小米桜とも、バラ科)

〇 ハクモクレン(白木蓮)

P3171409_3

P3161284

                          ハクモクレン(白木蓮、モクレン科)

〇 ニワウメ(庭梅)

P3171426

P3171427_4
                              ニワウメ(庭梅、バラ科)

〇 オオシマザクラ(大島桜、バラ科)

P3161276

P3161269
                              オオシマザクラ(大島桜、バラ科)

庭草

〇 ベニシダ(紅羊歯)

P3161248

P3161250_2
P3161251_2
P3161259

                            ベニシダ(紅羊歯、オシダ科)

P3171401

P3171398

                                                          県民の杜 庭園と遊歩道  金沢市鞍月 2016.3.17  

(参考資料)

 〇 早春の花木、ツクシ (3月12日) 、早春に芽吹いていた、マンサク、ミツマタ、ベニバナアセビ、ヒューガミズキなどの花、ツクシの群落、とは(2016.3.13): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/2016313-92f5.html

 〇  寒中の草花、花木(2月22日)、草花、スイセン、ハボタン、花木、マンサク、ヒューガミズキ、サンシュユ、ハナミズキ、ヤマボウシ、アセビ、ドウダンツツジ、ヒラドツツジ、サクラ、ユキヤナギ、とは(2016.2.23): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/1-2db2.html 

 

2016年3月15日 (火)

お水取り(3月12日)、東大寺修二会行事(3月1日~15日)、古都、奈良に春の訪れを告げる風物詩、とは(2016.3.16)

 東大寺二月堂修二会(奈良)のお水取りは、3月(もとは陰暦2月)12日深夜(13日の午前2時半頃)に行われました。この日は、特にひときわ大きい11本の籠松明(長さ約8メートル、重さ60~70キロ)が使われました。 この儀式では、呪師(じゅし、役僧)、練行衆(れんぎょうしゅう、僧侶)が、二月堂前にある若狭井(わかさい)の水を汲み、加持し、お香水(こうずい)として、ご本尊の十一面観音菩薩(ぼさつ)に供えました。この水は、二月堂との間を3往復して運ばれ、また、参詣者にも分けられ、これを頂くと無病息災の霊験があると信じられています。  

 奈良地方では、お水取りがすめば春がくる、と語り継がれ、古都に春の訪れを告げる風物詩になっています。   また、寒さ暑さもお水取とも、この日からは、日一日と暖かくなるという。

 私は、1968年(昭和43年)3月12日、お水取りを見るため、京都大学、銀閣寺近くの下宿先から奈良まで電車で行き、東大寺二月堂にお参りしたことがあります。      

奈良・東大寺、お水取り たいまつの炎に歓声  YouTube、Kyodo News(共同通信社)

_20160314_5   

     東大寺二月堂 お堂の舞台の松明(たいまつ)  北陸中日新聞(共同通信社)

 東大寺二月堂(奈良市)で3月1日、お水取りの名で知られる伝統行事、修二会(しゅにえ)の本行が始まりました。お堂の舞台に大きな松明(たいまつ)が登場すると、激しい炎と降り注ぐ火の粉に参拝客が歓声を上げました。 

 修二会は、東大寺大仏開眼の752年(天平感宝、天平勝宝4年)から一度も途切れずに続き、今年で1265回目になります。練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる11人の僧侶が、15日まで、板に体を打ち付ける、五体投地など、1日6回の激しい修行を行います。  午後7時すぎ、世話役の童子(どうじ)が担ぐ長さ約6m、重さ約40kgの松明を道明かりに、練行衆が二月堂へ、、童子が燃え盛る松明を舞台の欄干から突き出し振り回すと、参拝客の頭上に火の粉が舞いました。 この火の粉を体に浴びると、無病息災になるという。     

(参考資料)

 〇 春、弥生(やよい、3月、旧暦2月)、東大寺修二会(本行、3月1日~満行、14日、おたいまつ)、お水送り(3月2日、若狭神宮寺)とお水取り(3月12日、奈良東大寺)、とは(2011.3.1): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/…/post-e90f-1.ht…

 〇 お水取り(3月12日)、春を呼ぶ、奈良東大寺二月堂修二会のお水取りの行事、とは(2015.3.13): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/…/2015314-7f2c.h

 

 

 

2016年3月13日 (日)

早春の花木、ツクシ (3月12日) 、早春に芽吹いていた、マンサク、ミツマタ、ベニバナアセビ、ヒューガミズキなどの花、ツクシの群落、とは(2016.3.13)

 早春に芽吹いていた、マンサク(満作、マンサク科)、ミツマタ(三又、ジンチョウゲ科)、ベニバナアセビ(紅花馬酔木、ツツジ科)、ヒューガミズキ(日向水木、マンサク科)などの花木の花が咲き、また、ツクシ(土筆、スギナの子、トクサ科)が顔を出していたので、昨日(3月12日)、県民の杜で、その光景を携帯カメラに収めました。 

1 
                      マンサクの花

2
                       ミツマタの花

3
                     ベニバナアセビの花

4
                     ヒューガミズキの花

51

                      ツクシ

6

                         ツクシの群落

2016年3月11日 (金)

日本海上空で日米訓練(3月7日~18日)、 FA18戦闘攻撃機  米軍岩国飛行場(山口県)から航空自衛隊小松基地(石川県)へ飛来、とは(2016.3.11)

 米軍岩国飛行場(山口県)、第12海兵航空群所属、FA18戦闘攻撃機6機(隊員70人)が7日、航空自衛隊との共同訓練参加のため、航空自衛隊小松基地(石川県)に到着しました。 

 小松沖の日本海上空で、小松基地所属303、306両飛行隊、F15戦闘機6機との合同戦闘訓練は、土日、夜間、早朝を除き、8日から18日までの予定です。 

 これは、米軍再編にかかわる訓練移転で、2007年(平成19年)から始まり、小松では8回目、海兵隊との訓練は3回目という。訓練期間中、防衛省近畿中部防衛局(大阪市)が基地内に対策本部を設け、小松市と協力し、基地周辺の4カ所で騒音測定を実施します。 

 一方、基地前では、小松基地爆音訴訟連絡会、石川県平和運動センターなどが抗議活動をし、参加者60人が「日米軍事演習反対」と訓練に反対の声を上げました。また、小松基地爆音訴訟連絡会は、独自に爆音の調査をします。

FA18戦闘機  4機連続アフターバーナー離陸!!  岩国基地(山口)、YouTube(ひでむら):  https://youtu.be/qYuKJpQox54  2015.5.5 

アフターバーナーは、ジェットエンジンの排気に対してもう一度燃料を吹きつけて燃焼させ、高推力を得る  !

Fa18_7

FA18戦闘機(手前)が小松基地に到着、FA15機(背後)は小松基地所属   2016.3.7

(参考文献)
 
〇 北陸中日新聞:FA16戦闘機小松到着 日本海上空で日米共同訓練、2016年3月8日
(火)朝刊.
 

(参考資料) 

〇 飛行機雲の正体(2月16日)、冬の晴れ間、北陸の青空に細い筋を引く、小松基地
(石川県)のF-15Jジェット戦闘機の航跡、とは(2015.2.20): 
http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-5129.html

 

 

2016年3月 9日 (水)

心に響く懐かしい歌、Smile Again 、 映画「ブタがいた教室」劇中歌、命の長さは、誰が決めるの ? (2016.3.9)

 映画「ブタがいた教室」は、うたい文句は、命の長さは、誰が決めるの ? 黒田恭史著、豚のPちゃんと32人の小学生 命の授業900日、ミネルヴァ書房(2003年)が原作で、2008年11月1日公開されました。 

 新任教師、星は4月、担任6年2組の子供たちに「先生はこのブタを育てて、最後には皆で食べようと思います」と提案し、クラスは騒然となります。 

 子供たちは、ブタにPちゃんと名付け、校庭に小屋をつくり、交代しながら、えさをやり、糞尿まで始末し、戸惑いながらもPちゃんの世話をしました。やがて、子供たちは、Pちゃんに、家畜としてではなく、ペットとしての愛着を、抱くようになっていきました。 

 卒業の時が迫り、星は、Pちゃんをどうするか、皆で話し合って決めて欲しいと提案します。が、クラスの意見は「食べる」「食べない」に二分されてしまう! 

 この映画には、主題歌と劇中歌があり、劇中歌、中山真理 作詞作曲、Smile Again の歌には、子供たちが、お互いに励まし合い、自分だけでなく、人を思う優しさ、誰かを温かく見守る子供に成長していく姿が歌われています。                              

映画「ブタがいた教室」劇中歌  Smile Again 作詞作曲、中山真理  楽譜 2007年(平成19年)7月1日

自分がとてつもなく
ちっぽけにみえることがあるよね
自分だけが悪者みたいに
思えるときがあるよね
もう二度と 心から
笑えなくなるんじゃないかと
こわくなるくらい かなしくなることがあるよね
 

明日になって
空が晴れたら
自分を好きになって また歩きはじめようよ
 

Smile Again Smile Again うつむかないで
Smile Again Smile Again 笑ってみせて
Smile Again Smile Again どんなあなたも
みんな すきだから
 

Smile Again Smile Again うつむかないで
Smile Again Smile Again 笑ってみせて
Smile Again Smile Again どんなあなたも
みんな すきだから
 

やさしい言葉なんて
役にたたないことがあるよね
自分だけでたたかわなくちゃ
いけないときがあるよね
つらいこと のりこえて
いつか見えてくるものがあるよ
そしたらあなたは今より きっとすてきになってる
 

明日になって
空が晴れたら
自分を好きになって また歩きはじめようよ
 

Smile Again Smile Again うつむかないで
Smile Again Smile Again 笑ってみせて
Smile Again Smile Again どんなあなたも
みんな すきだから

(参考資料)

〇  Smile Again(作詞作曲、中山真理、YouTube、yajikin7):  https://www.youtube.com/watch?v=NHE4ZqA4y-8

〇 ニコニコ動画(中山真理、GINZA): 
http://www.nicovideo.jp/tag/%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E7%9C%9F%E7%90%86

〇 映画、ブタがいた教室(YouTube): https://www.youtube.com/watch?v=C9BKVBBpQ74

 

 

2016年3月 8日 (火)

蟇目(ひきめ)の神事(3月6日)、,東西南北の空に向けて矢を射るしぐさをして邪気を払い、恵方とされる東南に矢を放つ、重蔵神社(輪島、石川県)、とは(2016.3.8)

  地域や氏子の繁栄を祈る、重蔵神社(輪島市)に伝わる、如月(きさらぎ)祭の神事の1つ、蟇目(ひきめ)式が6日、同市河井町の当屋(当番宅)前でありました。

能登重矩(のとしげのり)宮司が、輪島塗の台から弓と矢を手にし、東西南北の空に向け、矢を射る仕草で邪気を払い、東南(恵方)に矢を射放ちました。

Photo_3

          空に向けて矢を射る仕草をして、邪気払いをする能登重矩宮司 石川県輪島市河井町 2016.3.6

 蟇目の儀(武i射祭とも、YouTube): http://www.youtube.com/watch?v=OFyRZ0hQxc0

 (解説) 蟇目の神事は、日本各所の神社で行われる、鏑矢(かぶらや)を射放つ行事で、代表的なのは日光の二荒山(ふたらさん)神社のもので、2月4日(古くは正月4日)に行われます。

 鏑矢には、蟇(ひきがえる)の目に似た数個の穴があり、矢が空中を飛ぶ時、音を発するので、悪霊の妖魔を降伏させるという。そして、一年間の無病息災と五穀豊穣を祈りました。

(参考文献) 

 〇 北陸中日新聞: 蟇目式で邪気払い 輪島・重蔵神社(2016年3月7日、朝刊) 

(参考資料)
 〇 蟇目(ひきめ)の神事、鏑矢(かぶらや)が空中で音を発して飛び悪霊を退散させる! 二荒山神社(栃木県日光市)、若宮八幡宮(石川県白山市)、とは(2013.4.26):

http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-a426.html

 

 

 

2016年3月 4日 (金)

お水送り(3月2日)   若狭神宮寺修二会、東大寺に清水を送る遠敷川でのお香水流し(2016.3.4)

 春の訪れを告げる、東大寺修二会、二月堂(奈良県)の「お水取り」(3月12日)の前に、若狭地方から東大寺に清水を送る伝統行事、若狭神宮寺修二会、「お水送り」が3月2日夜、若狭神宮寺(福井県小浜市)と遠敷川で執り行われました。

 この水は地下を抜け、10
日かけて東大寺二月堂の「若狭井」に湧き出るとされています。

,

201632_2

 お水送り、 遠敷川でのお香水流し、福井県小浜市  2016,3,2

(解説) 神宮寺境内では大護摩が焚かれ、燃えさかる松明を手に、ほら貝の音が鳴り響中、白装束に身を包んだ僧侶や参拝客が約2800人が、遠敷川の2キロ余り上流、鵜のに向かい、そこで、住職が祝詞を読み、神宮寺の閼伽井の「お香水」を竹筒から遠敷川に注ぎました。 

 愛知県半田市から来た加藤誠さん(60)は「神秘的で厳かだった。伝
統行事を受け継ぐのは難しいことだが、これからも守り通して欲しい」と話されました。 

 修二会は、インドから中国や韓国を経て日本に伝えられた火と水の祭典です。その根本的な目的は、農耕祈願に重点を置く天下泰平、庶民安楽、消災招福を祈願する行法です。 現在、東大寺修二会は、お水取りの俗称で知られ、2月15日(前行)の別火から始まり、3月1日(本行)~14日(満行)(陰暦、2月1日~14日)まで行われます。

 若狭は朝鮮語のワカソ(行き来)、お香水流しの遠敷川の谷間は、渡来人が上陸した半島で、大陸の文化が大和(朝鮮語でナラともいう)へ運ばれた最も近い道でした ! 

 私は、2006年(平成18年)8月28日、マイカーで金沢から奈良二月堂へお水送りの寺、若狭神宮寺に行き、お参りし、そこの住職さんにいろんなことをお尋ねし、ご教示いただいたことがあります。

(Link)
 〇 お水送り(28年度)YouTube(tmgw319):
https://www.youtube.com/watch?v=BXY0Fx5BBYQ 

 〇 若狭から東大寺へ「お水送り」、福井県小浜市で伝統神事(中日新聞、2016年3月2日、22時04分): http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016030201001933.html 

 〇  お水送り(3月2日)、東大寺修二会、二月堂のお水取りに清水を送る、若狭神宮寺の修二会、遠敷川の上流、鵜の瀬でのお香水流し神事、とは(2015.3.3):  http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-b662.html

 〇 春、弥生(やよい、3月、旧暦2月)、東大寺修二会(本行、3月1日~満行、14日、
おたいまつ)、お水送り(3月2日、若狭神宮寺)とお水取り(3月12日、奈良東大寺)、
とは(2011.3.1): 
http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-e90f-1.html

2016年3月 1日 (火)

神子清水(みこしみず)の水汲み(2月28日)、白山山麓の雪解け水(伏流水)、神子清水の湧き水とその周辺の雪景色、とは(2016.3.1)

 おととい(一昨日、2月28日)金沢は、朝から快晴に恵まれ、いつものように、2週間ぶり息子と、白山麓の鳥越地域の湧き水を汲みに行ってきました。 午後12時30分頃でしたが、杉森地蔵水では、すでに先客がいて、大量のペットボトルとポリタンクに湧き水を汲んでいる姿が目につきました。

 今回は、この杉森地蔵水の横を通り過ぎ、最初の曲がり角を左折し、道路左傍に湧き出している、神子清水を汲みに行きました。石川は、4~10℃、快晴、曇、雨、降雪、時折、南東風が強く、その繰り返しで、神子清水も溢れんばかりに湧出していました。 ここは、杉森地蔵水から5分足らず、少し山手にあり、残雪が残っていました。

そこで、白山山麓の雪解け水(伏流水)、神子清水の湧き水とその周辺の雪景色をデジカメに収めました。金沢から神子清水まで、マイカー、ファミリア(1500cc)による総走行距離は、78.7kmでした。

P2281229_2

P2281244

P2281216

P2281230

------------

P2281224_3

P2281231

P2281232

P2281237

P2281245

P2281247

P2281246

P2281233_2

                                  神子清水の湧き水とその周辺の雪景色       白山市神子清水町  2016.2.28

(参考資料)

〇 神子清水(YouTube, 2016.2.28): https://youtu.be/7I2s1c4lz1c、ここでは、地元の方が農産物を洗ったり、飲料水として使っている姿が見られました。昔は、この水を使って和紙づくりも行われていたという。

〇 神子清水(みこしみず)の水汲み(2月15日)、白山山麓の雪解け水、神子清水の湧き水とその周辺の雪景色、とは(2015.2.17): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/no2015124-321f.html

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ