« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の7件の記事

2016年4月26日 (火)

世界農業遺産、能登、輪島の白米千枚田(しろよねせんまいだ、石川県)、イルミネーション、とは(2016.4.26)   

 2011年(平成23年)6月、日本で初めて、能登半島に広がる「能登の里山里海」が、佐渡市の「トキと共生する佐渡の里山」と共に、国際連合食糧農業機関(FAO)により、世界農業遺産(GIAHS:Globally  Important Agricultural Heritage Systems)に認定されました。

 中でも、輪島市(石川県)の国指定名勝「白米千枚田(しろよねせんまいだ))」は、日本の農業原風景で、そこでの米づくりは田の平均面積が18㎡と小さく、1004枚の棚田が連なり、ほとんどが昔ながらの人力による過酷な作業となっています。

Pk2016041102100138_size01

_20160425_4

くわで田起こし、あぜ塗りに励む家族連れのオーナー会員ら、輪島市白米町の白米千枚田で北陸中日新聞、2016.4.25

 輪島の白米千枚田は、日本農業の聖地の象徴として、全国発信されています。この景勝保存は、棚田オーナー制度に支えられています。

 この田んぼで2016年4月24日田の水漏れを防ぐあぜ塗りがあり、県内外のオーナー会員、オーナー田の管理と耕作指導をする地元ボランティア団体「白米千枚田愛好会」メンバーら計約60人が作業に励みました。

   オーナー会員制度は本年度で10年目。1004枚の田んぼのうち、現在220枚がオーナー会員の田んぼ。会員は4月時点で162組で、同時期で比べると過去最多だという。

 今年初めてオーナーになった堀文彦さん(38、会社員、金沢市)は「思ったより重労働。地元の皆さんの大変さを感じた」と話しました。田植え5月15日に予定されています。

 輪島・白米千枚田(ホームページ、石川県輪島市白米町): http://senmaida.wajima-kankou.jp/ 

P5050219

P50502471

P5050248_2

P5050246_2

P50502261_3

P5050231_2

P5050230

P5050254_3

世界農業遺産、能登、輪島の白米千枚田、石川県輪島市白米町、2015.5.5

(Link)

〇 能登行楽 ドライブ(5月5日)、のと里山海道を行楽ドライブ、能登最北端、狼煙の禄剛埼灯台、揚げ浜式製塩のすず塩田村、輪島の白米千枚田の棚田、とは(2015.5.6):http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-e7ae.html

 世界農業遺産「能登の里山里海」情報ポータル(石川県金沢市鞍月1-1 石川県農林水産部里山振興室内): http://www.pref.ishikawa.jp/satoyama/noto-giahs/

○ 千枚田は、2017年(平成29年)4月現在、1004枚のうち、オーナー田が443枚、このほか輪島市やJAおおぞらなどが耕作しています。地元白米町で耕作しているのは一軒。オーナー158人の田は、ボランティア団体「白米千枚田愛耕会」が管理、耕作指導をしています。2017年5月14日、田植えイベントがあり、オーナー158組、市内の児童センターや高校のボランティア約300人が日本海を望みながら、さわやかな汗を流しました。

〇 あぜのきらめきー輪島・米白千枚田、発光ダイオード(LED)でライトアップ

 冬季も千枚田に観光客を呼び込もうと輪島市などが実施し、今年で7回目、来年3月11日まで続く。約2万1千個のLEDが日没と共に光り、千枚田が日本海を背に幻想的に浮かび上がる。

 あぜに並べたLED装置「ペットボタル」は10月8日、ボランティアら約250人が設置した。LEDは太陽光電池で点灯。約30分ごとに黄色とピンクに色を変え、日没から約4時間点灯する。今年は色が変化する際に「リーン、リーン」とスズムシの鳴き声のような音で知らせるペットボタルも散策路沿いに設置された。(朝日新聞、2017.11.17)

(Link)

〇 あぜのきらめき、白米千枚田(輪島市、石川県): http://senmaida.wajima-kankou.jp/calendar/lightup/

 

2016年4月22日 (金)

熊本大震災のお見舞い、路傍の野草の花(2016.4.16)、カラスノエンドウ(マメ科)、セイヨウタンポポ(キク科)、コバンソウ(イネ科)、とは(2016.4.22)

熊本大地震のお見舞い申し上げます
 この度の大震災により、亡くなられた方々にはご冥福を、また、被害を受けられた皆さまには、心からお見舞い申し上げます。 
 熊本地震は過去例の規則に当てはまらず、余震の動きにもご心痛のこととお察しいたします。災害がこれ以上拡大しないよう、また、これからの早い復旧と皆さまのご健康を心からお祈り申し上げます。
路傍の野草の花
 春の訪れと共に、金沢の市街地を歩いていると、街路樹の足回り、路傍にも色とりどりの個性的な野草の花が咲いています。
 よく見ると、蝶のような形をして可愛らしい、カラスノエンドウ(マメ科)、舌状花の集まった頭花、セイヨウタンポポ(キク科)、コバンの金貨にどことなく似ている、コバンソウ(イネ科)を、しばらく鑑賞し、その光景をデジカメに収めました。
〇 カラスノエンドウ
P4163042

P4163041

P4163040


カラスノエンドウ(烏の豌豆、マメ科)
 人間の食べるエンドウより小さく、ごく小さなスズメのエンドウより大きいので、”カラス”の名前がつきました。小さい葉の付け根に紅紫色の花が付き、よく見ると、蝶のような形をして可愛い。栽培植物、野菜のエンドウは欧州原産の1、2年草で、食用としてよく食べられいます。
〇 セイヨウタンポポとその綿毛
P4163045

P4163044

P4163043

セイヨウタンポポ(西洋蒲公英、キク科)とその綿毛
 このタンポポの花は、花の基部を包んでいる緑の部分、外総包片が反り返っているので、外来種のセイヨウタンポポです。欧州原産で、明治時代、北海道で食用の野菜や牧草として輸入しましたが、全国に広まった、と言われています。
 花をつけていた柄(花茎)の先端には、やがて、まん丸に綿毛が展開します。この綿毛の展開には、湿度が低いことが大切です。セイヨウタンポポのタネは、風に飛ばされて、いろいろな場所に落下、そこで季節を問わず発芽します。
〇 コバンソウ
P4163277

P4163276

P4163274

コバンソウ(小判草、タワラムギ、俵麦とも、イネ科)
 小花(しょうか)の集合(小穂、しょうすい)が、江戸時代に流通した金貨の”小判”にどことなく似ているので、コバンソウと呼ばれています。欧州原産で、明治時代初期に観賞用として日本に渡来しました。当初は庭で栽培されていましたが、飽きられて捨てられ、野生化しました。
P4163241
P4163021_2
P4163272_3

金沢市街地の道路(県庁の西側、金沢市鞍月)
(Link)
 〇 野草名にまつわる歴史伝承、雑草ということ(草)はない(昭和天皇のお言葉)、タンポポ(キク科)、カラスノエンドウ(マメ科)、シロツメクサ(クローバーとも、マメ科)、とは(2011.5.9): http: //kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/177.html

2016年4月18日 (月)

県民の杜の八重桜、菊桜(.4月15日、18日)八重桜、イチヨウ、カンザン、フゲンゾウ、テマリ、ヨウキヒ、ウコン、ヤエベニシダレ、菊桜、ケタノシロキクザ、ゼンショウジキクザクラ、ケンロクエンキクザクラ、ドバト、とは(2016.4.25)

 石川県庁・本庁舎(鞍月、金沢)南入口前、東西駐車場の遊歩道沿いに、遅咲きの7種の八重桜、イチヨウ(一葉)、カンザン(関山)、フゲンゾウ(普賢象)、手毬(テマリ)、楊貴妃(ヨウキヒ)、鬱金(ウコン)、八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)などが植栽され、満開を迎えていました。

 また、石川県には、菊桜として、かって国の天然記念物に指定された兼六園菊桜(ケンロクエンキクザクラ)のほか、県指定天然記念物のケタノシロキクザクラ(気多白菊桜)やゼンショウジキクザクラ(善正寺菊桜)などが、県民の杜で、豪華な花を咲かせていました。

八重桜

〇 イチヨウ

P4142818
P4142819_2

 P4142823_4

P4142824_4

① イチヨウ(一葉)

〇 カンザン

P4142826_2

P4142827

② カンザン(関山)

〇 フゲンゾウ

P4142836_11

P4142837_4

③ フゲンゾウ(普賢象)

〇 テマリ

P4142840_3

P4142842_3

④ テマリ(手毬)

〇 ヨウキヒ

P4152988

P4142845_2

⑤ ヨウキヒ(楊貴妃)

〇 ウコン

P4142833

P4142834

⑥ ウコン(鬱金)

〇 ヤエベニシダレ

P4152995

P4142848_2

⑦ ヤエベニシダレ(八重紅枝垂れ)

菊桜

〇 ケタノシロキクザクラ

P4152882

P4152877

① ケタノシロキクザクラ(気多白菊桜)

〇 ゼンショウジキクザクラ

P4142809_2

P4142807

② ゼンショウジキクザクラ(善正寺菊桜)

〇  ケンロクエンキクザクラ

P4152915

P4152913

 ③ ケンロクエンキクザクラ(兼六園菊桜)

〇 ドバト

P4152924

P4152922

ドバト(土鳩)

(解説)
  桜の名は、花びらが5枚を一重桜、約10~50枚を八重桜、特に約50~300枚と非常に多い花を菊桜と呼んでいます。八重咲きや菊咲きの多くの花びら(花弁)は、オシベ(雄シベ)やメシベ(雌しべ)が変化したものと考えられています。

 菊咲き段咲きとも)の桜は、蕾(つぼみ)の時、はじめ濃紅色か淡紅色です。花が開くにつれ、次第に淡紅色、白色となり、また、花びらを50~300枚ほどつけます。開花期は、八重桜より少し遅く、一輪の花でも、丸くふんわり、豪華な花姿をしています。

 兼六園菊桜の花びら(花弁)は、日本で最も多く300枚ほどあります。その桜木は、原木(枯死)を枝接ぎした2代目の育成種です。 

 これらの八重桜、菊桜などが、見ごろを迎えていたので、4月15日、18日午後、晴れ間に、これらの美しい花姿を鑑賞しました。その途中、県民の杜で、ドバト(土鳩)とも出会い、その光景をデジカメに収めました。

(Link)
 〇 八重桜(4月15日、18日、20日、24日)、県庁(鞍月、金沢)駐車場の八重桜並木の遊歩道沿い、遅咲きの見頃の八重桜、イチヨウ(一葉)、カンザン(関山)、フゲンゾウ(普賢象)、手毬(テマリ)、楊貴妃(ヨウキヒ)、鬱金(ウコン)など、その個性的な美しい花姿、とは(2015.4.21): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-44ec.html

〇 菊桜(4月24日)、かって国の天然記念物で、日本一花びらの多い兼六園菊桜(ケンロクエンキクザクラ)のほか、石川県指定天然記念物のケタノシロキクザクラ(気多白菊桜)、ゼンショウジキクザクラ(善正寺菊桜)、とは215.4.25): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-0826.html

 

 

2016年4月11日 (月)

石川県樹木公園の花見(4月10日)、珍しい淡黄緑の花びらのウコン(鬱金)、気品のある淡桃色のオトメツバキ(乙女椿)、芝生広場の家族連れの花見客、とは(2016.4.11)

 石川県の 樹木公園( 白山市 三宮町)は、白山比咩神社近くにあり、その敷地には、サクラ(桜)は約130品種、約900本、また、ツバキ(椿)は約140品種、850本と多く、全国的にも有数の規模となっています。

 昨日、4月10日(日)石川県は、晴れ間が広がり、気温も11~20℃と暖かく、杉の森地蔵水の水汲み途中、樹木公園に立ち寄り、息子と桜見物しました。ソメイヨシノは、花吹雪の
舞う散り際でしたが、家族連れの花見客で賑わっていました。 

01
ウコン(鬱金)

02
オトメツバキ(乙女椿)

07

03_3

ヤエベニシダレ(八重紅枝垂)

04
芝生広場の周辺、家族ずれの花見の光景 

05_2
エドヒガン(江戸彼岸)

06

10

08
ヤマザクラ(山桜) 

09
オオヤマザクラ(大山桜

11
芝生広場の周辺、家族連れの花見のパロラマ光景 

(解説)
 ウコン(鬱金)は、オオシマザクラ(大島桜)から園芸的に作られた変種、花びらは八重咲き、数百品種の桜で唯一、うす萌黄色の花です。また、オトメツバキ(乙女椿)は、ユキツバキ(雪椿)系の園芸品種の代表で、花びらの多い淡桃色の花です。

 桜並木を散策中、ふと目に付いた、珍しい淡黄緑の花びらのウコン(鬱金)、気品のある淡桃色のオトメツバキ(乙女椿)、美しい各種の花を鑑賞し、また芝生広場で憩う家族連れの花見客などの光景をデジカメに収めました。なお、今日の息子運転のマイカー全走行距離は、77kmでした。

(Link)
 〇 樹木公園のサクラの花(4月12日、19日)、石川県樹木公園( 白山市 三宮町)の花見と各種サクラ(桜)の開花状況、とは(2015.4.30):
http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-303d.html

 

2016年4月 8日 (金)

春の草花、花木(4月6日)、草花、スイセン、イカリソウ、シャガ、タンポポ、ベニシダ、ヒメオドリコソウ、花木、モクレン、コブシ、熊谷桜、ヤエベニシダレ、オオシマザクラ、手毬桜、ソメイヨシノ、ミツバツツジ、ベニカナメモチ、とは(2016.4.8)

 一昨日(4月6日)金沢は、久しぶり晴れ、気温も10~18℃の暖かさとなりました。そこで、春の草花、花木の花々を観たく、石川県庁近く、県民の杜、ケヤキ大通り、金沢地方気象台を散策しました。

 その途中、多彩な美しい草花として、スイセン、イカリソウ、シャガ、タンポポ、ベニシダ、ホトケノザ、また、花木として、モクレン、コブシ、熊谷桜、ヤエベニシダレ、オオシマザクラ、手毬桜、ソメイヨシノ、ミツバツツジ、ベニカナメモチのほか、ハトも目に留まり、しばらく鑑賞したのち、その光景をデジカメに収めました。

(解説) 桜、柳など、枝垂れの原因として、一般に樹木の枝は先端部で植物ホルモンのオーキシンにより上に向かって長く伸び、また、ジベレリンにより肥大して成長します。が、何らかの原因で枝の上側にジベレリンが作用せず、肥大成長できず、枝が重力に抗しきれなくなり枝垂れることが確認されています。

 春の野草

〇 スイセン

P4062360

P4062358_5

                     スイセン(ヒガンバナ科)

〇 イカリソウ

P4062364_2

P4062343

P4062349

P4062338
                        イカリソウ(メギ科)

〇 シャガ

P4062614
P4062617

P4062618_2

                       シャガ(アヤメ科)

〇 タンポポ

P4062274

P4062307
P4062272

P4062270
                          タンポポ(キク科)

〇 ベニシダ

P4062267
P4062268

P4062265
                        ベニシダ(オシダ科)
〇 ヒメオドリコソウ

P4062442
P4062443
                         ヒメオドリコソウ(シソ科)

 春の花木

〇 モクレン

P4062373
P4062372

 モクレン(モクレン科)

〇 コブシ
 P4062323_2
P4062320

P4062325_2

P4062282

P4062283_2

P4062281

P4062280

P4062293

P4062292

コブシ(モクレン科)

〇 熊谷桜

P4062250

P4062263
P4062247
                         熊谷桜(バラ科)

P4062264
                                                           県民の杜、遊歩道


 ヤエベニシダレ

P4062390
P4062389
P4062393

                     ヤエベニシダレ(バラ科)

P4062398

P4062399
                   石川県庁裏門、八重桜並木、両脇は駐車場

P4062410
                       石川県庁、職員用東駐車場

〇 オオシマザクラ

P4062298
P4062297
P4062295
P4062294

                      オオシマザクラ(バラ科)
  

P4062333_2
                        県民の杜、庭園

 〇 手毬桜



P4062402
P4062396
P4062404

P4062394
                          手毬桜(バラ科)

〇 ソメイヨシノ

P4062487
P4062490
P4062506
P4062485
                          ソメイソシノ(バラ科)

P4062537

                   金沢地方気象台、敷地内観測

P4062540

〇 ミツバツツジ

P4062597

P4062601
P4062602
P4062596
                ミツバツツジ(ツツジ科)、県民の杜、庭園

〇 レッドロビン

P4062572
P4062573

P4062574_2

              ベニカナメモチ(バラ科)、ケヤキ大道り

 P4062652

                ベニカナメモチ(バラ科)、県民の杜

P4062621_2
                               ハト(ハト科)、県民の杜

(参考資料)

 〇 金沢の桜咲く(3月31日)、ソメイヨシノ(開花宣言、3月30日)、オオシマザクラ、ヤエベニシダレ、とは(2016.4.1): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/331330201641--1.html

 〇 春の花木の開花状況(3月28日)、ソメイヨシノ(植物季節観測用標本)、モモ、トサミズキ、ヒメコブシ、ハクモクレン、ユキヤナギ、とは(2016.3.29): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-12ff.html

 〇 桜、柳など樹木の枝垂れの原因 (1)みんなのひろば(日本植物生理学会):https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=486; (2)Botanical Artsalon:http://botanicalartsalon.com/index.php?QBlog-20140307-3

 

 

 

2016年4月 3日 (日)

満開のソメイヨシノ(4月2日)、辰口橋近く、手取川堤防の桜並木、冠雪の白山、飛行機雲、北陸先端科学技術大学院大学キャンパス、山麓の桜 並木、とは(2016.4.3)

 北陸地方は、ここ数日、朝から快晴となり、日中の気温も20℃と高く、春の暖かさが続いています。そして、今日(4月2日)、石川県内のソメイヨシノの桜も満開となりました。  

 そこで、今日の午後、スーパーセンターPLANT3 川北店に買い物に出かけ、帰途、辰口橋近く、手取川の堤防の満開のメイヨシノの桜並木の花見を愉しみました。また、そこから冠雪の白山、飛行機雲、北陸先端科学技術大学院大学キャンパス、山麓の満開の桜並木を遠望し、それらの光景をデジカメに収めました。 

〇 辰口橋近く、手取川堤防の桜並木

P4022237_2

oooooooooooooooo

01
P4022242
P4022243
Photo
P4022170
P4022192
P4022187

P4022245
P4022246

P4022218

P4022223_3  

                         辰口橋近く、手取川堤防の桜並木

 冠雪の白山、飛行機雲、山麓の桜並木

P4022152

P4022158

P4022140_2
P4022145

P4022136

  P4022176
P4022175

           冠雪の白山、飛行機雲、北陸先端科学技術大学院大学キャンパス、山麓の桜並木

(参考資料)

〇 金沢の桜咲く(3月31日)、ソメイヨシノ(開花宣言、3月30日)、オオシマザクラ、ヤエベニシダレ、とは(2016.4.1): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/331330201641--1.html

 

 

2016年4月 1日 (金)

金沢の桜咲く(3月31日)、ソメイヨシノ(開花宣言、3月30日)、オオシマザクラ、ヤエベニシダレ、とは(2016.4.1)

 気象庁は1953年(昭和28年)から全国の気象台や測候所で「生物季節観測」を続けています。現在58ヵ所で観測中で、全国共通の観測対象は動物11種と植物12種です。代表的な植物季節観測用標本に、桜の開花の標本木、ソメイヨシノ(染井吉野、バラ科)があります。 

 金沢地方気象台は30日、金沢市でソメイヨシノが開花したと発表しました。金沢市西念3丁目の気象台敷地内にある標本木に、開花の基本となる5、6輪以上の花が咲いているのを職員が確認しました。 開花は平年より5日早く、昨年より1日早い。 

 この日の最高気温は金沢市で18.3℃と4月下旬並みの暖かさで、天候にもよりますが、4月4~6日ごろ満開を迎えそうです。桜の花を眺めると、本格的な春の訪れを実感します。

 そこで、金沢は、昨日(31日)、好天気に恵まれ、日中は6~17℃と暖かかったので、気象台敷地内の標本木、シメノヨシノ、また、県民の杜の桜花、オオシマザクラ、ヤエベニシダレの開花状況を観察し、その光景をデジカメに収めました。 

〇 ソメイヨシノ

P3311953_2
P3311960

P3311958
P3311968_3
P3311975_3
                            ソメイヨシノ(染井吉野、バラ科)

〇 オオシマザクラ

P3311817
P3311835

P3311827
P3311834
P3311841

                         オオシマザクラ(大島桜、」バラ科)

〇 ヤエベニシダレ

P3311893

P3311892

P3311898
P3311880
                           ヤエベニシダレ(八重紅枝垂、バラ科)

(解説) ソメイヨシノ(染井吉野)は、幕末から明治時代にかけて広まり、遺伝子の解析から、雄しべ(父親)は伊豆諸島周辺に分布するオオシマザクラ(大島桜)、雌しべ(母親)は本州から九州にかけて広く分布するエドヒガン(江戸彼岸)であることが確認されています。

 桜の花の色は、白色、淡紅色から濃紅色の五弁花を開くものが多いのですが、この紅色は、アントシアニン系色素シアニジンであり、カーネーションの花と同じ色素です。が、白色の花には、何の色素もなく、花弁の細胞小器官の空気の泡を光が乱反射して白く見えます。

(参考資料)

〇 サクラ開花(3月31日)、金沢地方気象台(金沢市西念3丁目)の敷地に植えられた標本木のソメイヨシノの開花状態、とは(2015.4.1): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/201541-e8ed.html

 
























« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ