« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の7件の記事

2016年5月31日 (火)

懐かしいバラのヒット曲、バラが咲いた(バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラが)、五月のバラ(五月 この僕が帰るまばゆい五月 )、とは(2016.5,31)

 懐かしいバラのヒット曲には、バラが咲いた(1966年)、五月のバラ(1970年)が思い浮かびます。その作品の由来、エピソードなどをGoogle検索し、当時の人気歌手の歌をYouTubeで視聴したところ、今でも何か心に響くものが感じられました。

〇 1966年(昭和41年) バラが咲いた 作詞.・作曲 浜口康之助

 この歌は、マイク眞木(1944~)が歌ったフォークソングで、1966年にシングル盤レコードが、フィリップス・レコードから発売されました。

 この作品は、アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ、1900~1944). フランスの作家、操縦士)の童話「星の王子さまのバラ(薔薇)をテーマにした一節動機となって、浜口康之助(1917~1990)が創作したと言われています。童話の王子は作者、バラは妻のコンスエロで、二人が交わした数多くの手紙、電報にもとずく感動的な愛の物語だという。

マイク眞木(YouTube): http://www.youtube.com/watch?v=hNHlyGgcpdM 

バラが咲いた

バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラが
淋しかった ぼくの庭に バラが咲いた
たったひとつ 咲いたバラ 小さなバラで
淋しかった ぼくの庭が 明るくなった
バラよ バラよ 小さなバラ
いつまでも そこに咲いてておくれ
バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラで
淋しかった ぼくの庭が 明るくなった
 

バラが散った バラが散った いつの間にか
ぼくの庭は 前のように 淋しくなった
ぼくの庭の バラは散って しまったけれど
淋しかった ぼくの心に バラが咲いた
バラよ バラよ 心のバラ
いつまでも ここで咲いてておくれ
バラが咲いた バラが咲いた ぼくの心に
いつまでも 散らない 真赤なバラが
いつまでも 散らない 真赤なバラが

○ 1970年(昭和46年) 五月のバラ 作詞 なかしき礼、作曲・編曲 川口真

 この歌は、津川晃フランツフリーデル本名相場フランツ、1943~)が最初に歌ったもので、1970年4月、再デビュー2枚目のシングルとしてエキスプレスより発売されました。

 この作品は、作詞 なかにし礼(1938~)、作曲・編曲 川口真(1937~ )、はじめは「思い出のバラ(Omoide no Bara)」(失恋!)としてシングルリリースされ、1973年、尾崎紀世彦(1943~2012)のアルバムに「五月のバラ」として収録され、一般に楽曲として知られるようになりました。

尾崎紀世彦(YouTube): https://youtu.be/Fa2WK8yYs9Y ; http://www.uta-net.com/movie/152112/    

伊東ゆかり、塚田三喜夫(YouTube):https://youtu.be/PwX5fy_VaMU  

五月のバラ

五月 この僕が帰るまばゆい五月
赤いバラは 想い出のバラは
君の庭に 咲くだろうか
水を花びらにあげて 涙の水を
恋のバラに 悲しみのバラに
君の白い ほほよせて
 

※忘れないで 忘れないで
時は流れすぎても
むせび泣いて むせび泣いて
別れる君と 僕のために※
 

五月 花ひらきめぐる二人の五月
赤いバラを 美しいバラを
僕のもとに とどけておくれ
花にくちびるをよせて 二人の花に
恋の夢を 消え去らぬ夢を
追い求める 一人泣いて

(※くり返し)  

忘れないで 忘れないで
時は流れすぎても
むせび泣いて むせび泣いて
別れる君と 僕のために

(Link)

○ バラが咲いた

マイク眞木(YouTube): http://www.youtube.com/watch?=hNHlyGgcpdM 

○ 五月のバラ

尾崎紀世彦(YouTube): https://youtu.be/Fa2WK8yYs9Y ; http://www.uta-net.com/movie/152112/    

伊東ゆかり、塚田三喜夫(YouTube):https://youtu.be/PwX5fy_VaMU  

(追加説明)

 バラ(薔薇、バラ科)は、耐寒性落葉低木で、原産地は北半球の熱帯から亜熱帯に約120種自生している。これらの野生種を交配、改良した数多くの園芸品種も生み出され、現在、原種を含め19000種以上とも言われている。

 バラの花の色は、基準色の赤、ピンクのほか橙、黄、白と多彩です。花言葉は、白は相思相愛、黄は恋の終わりとのことです。

2016年5月27日 (金)

初夏の花木(5月26日)、花木、サツキツツジ、ヤマボウシ、アジサイ、ウツギ、シモツケ、ビヨウヤナギ、太陽と風のエネルギーによる夜間の遊歩道の照明システム、とは(2016.5.27)

 金沢は、5月24日、高温の風が山から吹き下ろすフェーン現象や南からの温かい空気の影響とみられ、33℃の真夏日となり、25日は雨で27℃と下がったものの、昨日、5月26日は、曇りがちで、日中の気温も29℃と平年より高めで、湿度も高く、少し蒸し暑くなりました。 

 そこで、晴れ間に、近くの県民の杜の周辺を散策し、遊歩道沿いで目にした、花木、サツキツツジ、ヤマボウシ、アジサイ、ウツギ、シモツケ、ビヨウヤナギ、また、太陽と風の自然エネルギーによる夜間の遊歩道の照明システムなど、そのとき目に留まった光景をデジカメに収めました。 

P5264974

P5264977

P5264981

県民の杜 、歴史の径              金沢市鞍月

花木

〇 サツキツツジ

P5264997

P5265038

P5265040_2

P5265069

サツキツツジ(皐月躑躅、ツツジ科)、他のツツジより遅く、5~7月(陰暦の5月、皐月)、枝先に朱赤色の花が1~2個咲く、これが名の由来。

〇 ヤマボウシ

P5264988

P5264987_3

P5264984

P5264983_3

ヤマボウシ(山法師、ミズキ科)、中央にある丸い花(20~30個)を法師の頭に、花びらに見える総苞片をその頭巾に見立てた、これが名の由来。

〇 アジサイ

P5265034

P5265033

P5265032_4

アジサイ(紫陽花、ユキノシタ科)、墨田の花火、園芸種

〇 ウツギ

P5265064

P5265061

P5265066

ウツギ(空木、ユキノシタ科、ウノハナとも)、茎や枝が中空、これが名の由来。花期は5~7月、旧暦4月(卯月)に咲くので、別名は卯の花。

〇 シモツケ

P5265051

P5265048

P5265047_3

シモツケ(下野、バラ科)、下野の国(栃木県)産がよく栽培された、これが名の由来。枝先に紅色の小さな花が半球状に集まり、花びらより長い雄しべが突き出て咲く。

〇 ビヨウヤナギ

P5265056

P5265055

P5265057

ビヨウヤナギ(未央栁、オトギリソウ科)、細い葉をヤナギの葉に見立てた、これが名の由来。花びらは平開し、花びらよりも長く、数の多い雄しべが目立つ。

自然エネルギー照明システム

〇 太陽光電池と風力発電装置

P5265010

P5265003_3

P5265006_2

自然エネルギー照明システム、太陽と風の力をもらって電気をつくっている。この電気で遊歩道の夜間照明を点灯している。

P5264995

P5264993_3

P5264998

県民の杜、サツキツツジと夜間の遊歩道の照明装置

P5265113

P5265111

県民の杜、朱赤色サツキツツジの生垣    金沢市鞍月

(Link)

〇 初夏の草花、花木(5月16日~18日)、草花、鞍月セントラルパークの花壇のビオラ、ネモフィラ、デージー、クリサンセマム・ムルチコーレ、花木、ハコネウツギ、シャリンバイ、カナメモチ、ハマナス、ヤマボウシ、ユリノキ、クリ、スダジイ、青空の飛行機雲、日本庭園の噴水、とは(2016.5.20):http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-6499.html

2016年5月20日 (金)

初夏の草花、花木(5月16日~18日)、草花、鞍月セントラルパークの花壇のビオラ、ネモフィラ、デージー、クリサンセマム・ムルチコーレ、花木、ハコネウツギ、シャリンバイ、カナメモチ、ハマナス、ヤマボウシ、ユリノキ、クリ、スダジイ、青空の飛行機雲、日本庭園の噴水、追加、ニワゼキショウ、ブタナ、とは(2016.5.20)

 金沢は、5月16日、フェーン現象で、晴れのち曇り、一時雨で、風も強く、日中は31.3℃の真夏となりました。が、5月17日~20日は、一日中20~25℃程の気持ち良い天気となりました。

 そこで、晴れ間に、近くの県民の杜とその周辺を散策し、途中、遊歩道沿い、日本庭園で目にした、草花、鞍月セントラルパークの花壇、多彩なビオラ、ネモフィラ、デージー、クリサンセマム・ムルチコーレなどの寄せ植え、花木、ハコネウツギ、シャリンバイ、カナメモチ、ハマナス、ヤマボウシ、ユリノキ、クリ、スダジイ、追加、ニワセキショウ、ブタナなどを鑑賞し、また、青空の飛行機雲、日本庭園の噴水など、そのとき目に留まった光景をデジカメに収めました。

〇 花壇

P5134414

鞍月セントラルパークの花壇

〇 ビオラ

P5134433

ビオラ(スミレ科)、ヨーロッパ・西フランス原産

〇 ネモフィラ

P5134420

ネモフィラ(ハゼリソウ科)、北アメリカ原産

〇 デージー

P5134422

デージー(キク科)、ヨーロッパ、地中海沿岸原産 

 クリサンセマム・ムルチコーレ

P5134418

クリサンセマム・ムルチコーレ(キク科)、アルジェリア原産

〇 花壇

P5134415

P5134525_2

P5134416

P5134424

P5134426_2

P5134427

 花壇 、鞍月セントラルパーク             金沢市鞍月

花木 

〇 ハコネウツギ(箱根空木)

P5184820

P5184818

P5184810_2

P5184826

ハコネウツギ(箱根空木、スイカズラ科)、紅白の花が、1つの木に咲く。

〇 シャリンバイ(車輪梅)

P5184781

P5134561

P5184780_2

P5164709_3

シャリンバイ(車輪梅、バラ科)、枝や葉が輪生状に出て、花にはよい香りがあり、ウメの花に似ているのが、名の由来。

〇 カナメモチ(要糯)

P5164681

P5164687

P5164677

 カナメモチ(要糯、バラ科)、赤い若葉、白い花、材はかたく、扇子の要に使われたのが、名の由来。

〇 ハマナス(浜茄子)

P5134441

P5134442

P5134443_2

P5134444

ハマナス(浜茄子、バラ科)、知床旅情の歌で北海道が有名だが、本州の海岸にも広く自生。花からはよい香りが漂い、大輪、見栄えがする。

〇 ヤマボウシ(山法師)

P5164730

P5184966

P5164749

P5164727

ヤマボウシ(山法師、ミズキ科)、中央にある丸い花を法師の頭に、花びらに見える総苞片をその頭巾に見立てたのが、名の由来。

〇 ユリノキ(百合の木)

P5164740_3

P5134553

P5134536

ユリノキ(百合の木、モクレン科、チューリップツリーとも)、チューリップの花に似た、ユリの花の木が、名の由来。

〇 クリ(栗)

P5134481

P5134479

P5134473_33

クリ(栗、ブナ科)、花序のほとんどは雄花で、雌花は基部に咲く。

〇 スダジイ(漢字無し)

P5134494

  P5134507

P5134500_11

P5134496

スダジイ(漢字無し、ブナ科)、芳香のある、穂状で黄色の雄花序がよく目立つ、基部の球形が雌花。石川県庁正面玄関前、金沢市鞍月

〇 飛行機雲

 P5134484
P5134485

P5134482

P5134477

青空の飛行機雲 、鞍月セントラルパーク上空、金沢市鞍月

〇 噴水

P5184895



P5184925

P5184924

P5184903

P5184927

ソーラーポンプシステムの日本庭園の噴水

P5184948

県民の杜、日本庭園入口階段         金沢市鞍月

(追加画像)

P5144574_13

ニワゼキショウ(庭石菖、アヤメ科)、花期 5~6月、小さな花が星形に開き、6枚の花弁に濃い紫の筋が入り、中央部は黄色で、剣状の細い葉が根際から出る。セキショウ(石菖)の葉姿に似て、庭の芝生に現れる、これが名の由来。淡い桃色の花びら。北米原産。

P5144572_2

ブタナ(豚菜、キク科)、花期 6~8月、フランス名を訳すとブタのサラダ、これが名の由来。

P5144571

ニワゼキショウ(庭石菖、アヤメ科)、ブタナ(豚菜、キク科)、黄色の舌状花で、タンポポに似ているが、葉はすべて根生葉のみで、花茎が上部でわずかに枝分かれして、その先にそれぞれ花をつける。フランス名を訳すとブタのサラダ、これが名の由来。 金沢市鞍月

(Link)

春の草花、花木(4月27日~5月2日)、草花、ハルジオン、ジシバリ、エビネ、マツバウンラン、カタバミ 、花木、 ヒラドツツジ、オオムラサキ、ドウダンツツジ、ノダフジ、ハナミズキ、ベニバナトチノキ、とは(2016.5.3): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/42527-c61b.html

2016年5月11日 (水)

能登行楽ドライブ(5月5日)、のと里山海道、のと蘭ノ国、能登食祭市場、青拍祭のでか山、七尾港の景観、とは(2016.5.11)

  北陸地方は、先週(5月5日)、朝から晴れ渡り、気持ちの良い行楽日和となり、久しぶりに、マイカーを息子が運転し、家内と3人で、のと里山海道(内灘IC~上棚矢堕IC)を通り、まず能登半島、七尾フラワーパークのと蘭ノ国を訪れました。 

 日本海側最大級ドーム型の展示温室では、熱帯性の多彩で個性的な多種のランの花、錦鯉、シダ植物ヒカゲヘゴ、食虫植物ウツボカズラ、マンゴー、カシワバゴムノキなどを鑑賞し、印象深い光景をデジカメに収めました。

 その後、七尾市中心部の能登食祭市場に行き、漁師屋で、昼食に海鮮丼を堪能しました。市場前の神社には、七尾の「青柏祭(せいはくさい)」の曳山(ひきやま)に使う、日本一の大きさを誇る山車「でか山」三基が集結し、多くの観光客で、賑わっていました。

 神社の境内では五穀豊穣を願う神事があり、それらを遠くから眺め、また、近くの七尾湾を見渡したのち、県道・のと里山海道を通り、金沢へ引き返しました。全走行距離は150km、思い出の深い行楽ドライブとなりました。

P5054300

P5054269_2

P5054268

P5054110

P5054127_2

蘭遊館、日本海側最大級ドーム型の展示温室

P5054190

P5054188

P5054193

P5054192

P5054195

P5054194

P5054198

P5054197

P5054201

P5054200

P5054204

P5054203

P5054221

P5054220

P5054223

P5054222

P5054231

P5054230

P5054235

P5054234

P5054241

P5054240

P5054156

P5054155

P5054168

P5054164

P5054181_3

多彩で個性的な花、ラン科(キトロージナ属、カトレア属、リカステ属、パフィオペディラム属、シンビジウム属、トルムニア属、ビフレナリア属)他、、原種蘭をはじめ、サボテン、多肉植物などの花々を季節ごとに鑑賞することができます。

P5054122

P5054132

P5054107

錦鯉、蘭遊館の中の小さな池には、赤、黒、黄、まだら模様の複色など、綺麗な大小の鯉が遊泳していて、餌を池に振り撒くと集まってきます。

P5054257

P5054256

P5054127

P5054134

シダ植物、ヒカゲノヘゴ(ヘゴ科)、奄美大島以南からフィリピンに分布

P5054141

P5054137

食虫植物、ウツボカズラ(ウツボカズラ科)、東南アジアに比較的広く分布

 

P5054245

P5054244

P5054243

マンゴー(ウルシ科マンゴー属)の花、インド、マレーシアに分布。

P5054211

P5054209

P5054212

P5054207

カシワバゴムノキ(クワ科イチジク属)、熱帯アフリカに分布。

P5054396

P5054393

P5054381

能登食祭市場、能登の味処、漁師屋、日替わりの新鮮な魚介類の海鮮丼が大人気の海鮮丼の専門店。

P5054387

P5054388

P5054389

青拍祭、日本一の大きさを誇る、 歌舞伎の名場面を見せ場にした、山車「でか山」、高さ12m、重さ20トン、直径2mの大きな車輪。

P5054410

P5054412

P5054413

P5054407_2

P5054400

P5054401

七尾湾、七尾港開港100周年記念絵図モニュメント広場、石川県七尾市

(参考資料)

○ 七尾フラワーパークのと蘭ノ国(5月5日)、珍しい白色のシロノダフジ、装飾花の綺麗なアジサイ、真っ赤なスーパーゼラニウムチャンピオン、多彩で個性的なラン(カトレア属、コチョウラン属、デンドロビウム属他)などの花姿、とは(2016.5.9): http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/55-e90e.html

2016年5月 9日 (月)

七尾フラワーパークのと蘭ノ国(5月5日)、珍しい白色のシロノダフジ、装飾花の綺麗なアジサイ、真っ赤なスーパーゼラニウムチャンピオン、多彩で個性的なラン(カトレア属、コチョウラン属、デンドロビウム属他)などの花姿、とは(2016.5.9)

 七尾フラワーパークのと蘭ノ国(ななおフラワーパークのとらんのくに)は、2000年(平成12年)4月29日に開園された、石川県七尾市に所在する植物園です。敷地は約60,000㎡あり、複合農業経営と観光客の減少問題の打開を目的に、4年ほどかけ建設されました。 

   先日(5月5日)北陸地方は、朝から晴れ渡り、気持ちの良い行楽日和となり、久しぶりに、マイカーを息子が運転し、家族で、七尾フラワーパークのと蘭ノ国を訪れ、全走行距離は150kmでした。

 そこでは、珍しい白色のノダフジ、装飾花の綺麗なアジサイ、真っ赤なスーパーゼラニウムチャンピオン、多彩で個性的な多種のラン(カトレア属、コチョウラン属、デンドロビウム属他)などを鑑賞し、印象に残った花姿をデジカメに収めました。

Img_4_m1

シロノダフジ(白野田藤、マメ科) 珍しい、白色の長い花房、基部から順に咲く蝶形花

Img_5_m1

カメレオンアジサイ(ユキシタ科)  ピンクの大きな装飾花、中心に小さな花。

Img_6_m1
マキシマ(ラン科カトレア属) 珍しい空色(セルレア系)タイプ、とても貴重な花。

Img_7_m1
カトレアロホ(ラン科カトレア属) オレンジと真っ赤なランの交配種の花。
Img_8_m1 

ババリアアジサイ(ユキシタ科)  装飾花の縁が白い、青紫とピンクの花。

Img_9_m1

デンドロビウム(ラン科、デンドロビウム属) バルブ(太い茎)に、優雅で品格のある白色、黄色の花。

Img_10_m1

ビグリアネギネ(原種、ラン科、デンドロビウム属) 原産地 フィリピン。

Img_11_m1

スーパーゼラニウムチャンピオン(フウロウソウ科) 真夏を越える最強のハイブリッドゼラニウムの花。

Img_12_m1

パフィオペディラム(ラン科、パフィオペディルム属、スリッパランとも) 横から見るとスリッパの形に見える花。 

Img_13_m1

Img_14_m1

タンケルビリアレ(原種、ラン科、ファイアウス属、カクチョウラン、鶴蝶蘭とも) 原産地 沖縄、種子島 日本最大のラン、鶴が飛んでいるように見える花。

Img_16_m1

Img_17_m1

Img_20_m1_2

コチョウラン(ラン科コチョウラン属) 着生ラン、熱帯産の蛾(が)に似ている花。 

Img_15_m1

コチョウラン(ラン科)、キャンディーカーネーション(ナデシコ科)の花束。

P5054301

P5054276_10

P5054268_4

P5054267

Img_18_m1

Img_19_m1

七尾フラワーパークのと蘭ノ国            石川県七尾市

(解説) 世界の蘭を一堂に集めた、日本海側最大級ドーム型の展示温室を中心に、野外植物園、庭園、レストラン等が設置されています。中でも、栽培温室「のと蘭ノ国蘭遊館」では、東洋蘭コレクションをはじめ、さまざまな蘭の魅力を楽しめます。

 蘭(ラン)はラン科植物の総称です。熱帯の降雨林地方に多く分布し、世界に約600~700属2万種が知られています。日本には約60属160種余りあります。多年生で地上または樹上などに着生、根は太く蘭菌が共生しています。

 は両性で、花弁3枚ですが、うち1枚唇弁となり、ときに距(きょ)があります。距(きょ)とは、花の萼や花冠の基部近くから突出した部分で、スミレ,ノウゼンハレン,ランなどに見られ、通常その内部に蜜腺があり,虫媒と関係があります。開花の時に上下転倒して、唇弁が下側になるものが大多数です。

(参考資料)

 ○ 七尾フラワーパークのと蘭ノ国(ホームページ、能登半島、七尾市、石川県): http://www.notorannokuni.com/

2016年5月 6日 (金)

囲碁、井山七冠、(4月20日)、前人未到の七冠(名人、棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖、十段のタイトル)独占、とは(2016.5.6)

 囲碁井山裕太名人(26才)、六冠が、2016年(平成28年)4月20日、前人未到の七冠独占を決めました。名人、棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖六冠に加え、最後に残った十段のタイトル奪取に成功し、1976年(昭和51年)に七大タイトル戦がそろった日本プロ碁会の歴史に金字塔を打ち立てました。将棋界では、羽生善治名人(45才)が1996年(平成8年)、25才のときに七冠を独占しました。

○ 七大タイトル独占に至る井山名人の対局結果

① 2015年(平成27年) 5~6  月 本因坊 防衛 ○○○●○(4-1) 山下敬吾

②              6~8  月 碁 聖  防衛 ○●○○   (3-1) 山下敬吾

③              9~10月 名 人  防衛 ○○○○   (4-0) 高尾紳路

④             10~11月 王 座  奪取 ○○○    (3-0) 村川大介

⑤             10~11月 天 元  奪取 ○○○    (3-0) 高尾紳路

⑥ 2016年(平成28年) 1~2  月 棋 聖  防衛 ○○○○   (4-0) 山下敬吾

⑦              3~4  月 十 段  奪取 ○○●○  (3-1) 伊田篤史

「力出し切れた」

 井山名人の話 今の自分の力は出し切れました。ここ数年は(七冠を)ずっと期待していただいていたので、達成することができてうれしい。特別、何かが変わるということはありません。未熟と感じることが多いので、レベルアップしていきたいです。

○ 井山七冠「徐々に実感」: 2016年(平成28年)4月21日(木)、北陸中日新聞(夕刊)

Photo 

(参考資料)

1) 井山七冠 囲碁で初: 2016年(平成28年)4月21日(木)、朝日新聞(朝刊)

2) 井山七冠「徐々に実感」: 2016年(平成28年)4月21日(木)、北陸中日新聞(夕刊)

 

 

 

2016年5月 3日 (火)

春の草花、花木(4月27日~5月2日)、草花、ハルジオン、ジシバリ、エビネ、マツバウンラン、カタバミ 、花木、 ヒラドツツジ、オオムラサキ、ドウダンツツジ、ノダフジ、ハナミズキ、ベニバナトチノキ、とは(2016.5.3)

 金沢は、4月23日~5月2日、4月28日雨の他は晴天、気温は11~22℃と寒暖差があり、今日(5月3日)は、フェーン現象で日中は30℃程になりました。

 そこで、晴れ間に、近くの市街地、県民の杜を散策し、途中、道端、遊歩道沿いの庭園で目にした、草花、ハルジオン、ジシバリ、エビネ、マツバウンラン、カタバミ 、花木、 ヒラドツツジ、オオムラサキ、ドウダンツツジ、ノダフジ、ハナミズキ、ベニバナトチノキ、などを観察し、その光景をデジカメに収めました。

草花

〇 ハルジオン

P5023961

P5023963_3

P5023959

ハルジオン(春紫菀、キク科)  シオンに似て、花は白や淡い紅色が多い

〇 ジシバリ

Photo

Photo_2

ジシバリ(地縛り、キク科)   地面に広がって、地面を縛る意に由来

〇 エビネ

P5023991

P5023984

エビネ(蝦根、海老根、ラン科) 球根の連なりが、海老の背中に見える

〇 マツバウンラン

P4253327

P5024041_2

マツバウンラン(松葉海蘭、ゴマノハグサ科) 葉は細くて松葉状、花姿がウンランによく似ている

〇 カタバミ

P5023970

P5023966

カタバミ(傍食、酢漿草、カタバミ科) 夜、閉じた葉が食べられたように見える

花木

〇 ヒラドツツジ

P5024048

P5024052

P5024054

P5024051

ヒラドツツジ(平戸躑躅、ツツジ科) 古くから長崎の平戸で栽培

〇 オオムラサキツツジ

P5024016

P5024015

オオムラサキツツジ(大紫躑躅、ツツジ科)

P5024012

県民の杜の遊歩道沿いの生け垣            金沢市鞍月

〇 ドウダンツツジ

P5023999

P5023998

ドウダンツツジ(満天星躑躅、ツツジ科) 春に壺形の花、秋に鮮やかに紅葉

P5023997

県民の杜の遊歩道沿いの生け垣            金沢市鞍月

〇 ノダフジ

P5023974

P5023972_2

P5023971

ノダフジ(野田藤、マメ科) 薄紫色の花、つるは木に左巻きに伸びる、ヤマフジ(ノフジ)は右巻き

〇 ハナミズキ

P4253349_11

P4253351

ハナミズキ(花水木、ミズキ科) 淡紅色の花びらに見えるのは苞(ほう)のベニバナハナミズキ、実際の花はどの中央に小花が15~20個集まって咲く、白色品種もある

〇 ベニバナトチノキ

P4293825

P4293824

P4293828

ベニバナトチノキ(紅花栃の木、トチノキ科)  ピンク色の花で、パリの並木に使われているセイヨウトチノキ(マロニエ)とアカバナトチノキの種間雑種

(Link)

〇 晩春の花木(5月1日)、県庁近くの憩いの場、おもいでの森のフジの花、鞍月セントラルパークと県民の杜の各種ツツジとシャクナゲの花、とは(2015.5.1):http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-bb89.html

〇 晩春の花木(5月2日)、県庁南隣の工業試験場の駐車場傍の用水沿いで目にした、紅白のハナミズキの花、また、その前庭の紅白のヒラドツツジの花、とは(2015.5.2):
http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/201552-3656.html

〇 新緑の季節(5月12日)、県庁正面玄関前 のシンボルツリー、スダジイの新緑の美しい樹姿、鞍月セントラクパークの白雲に似たハクウンボクの白色の花、近くの歩道・車道沿いの街路樹、ベニトチノキの淡紅色の花、とは(2015.5.15):
http://kanazawa-sakurada.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/2015514-3cdd.html

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

フォト

アクセス解析

無料ブログはココログ